キングダムネタバレ677話『桓騎は一般人にまぎれて平陽に入る?』

キングダム ネタバレ 最新話 677話
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話677話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

676話では、王翦軍の本陣の様子が描かれていました。

桓騎軍が前に出ていることで、王翦軍に優位に働いているように思われますが、田里弥は扈輒(こちょう)が策士である可能性に言及。

王翦もこのまま桓騎の動きを見て静観することを決めました。

また王翦は桓騎のことを、王翦をもってしても考えが考えがはっきりと読み取れぬ男だと評しています。

一方の趙側では、扈輒将軍が元は燕との戦いで荒れ狂った烈将であり、戦場において本当に恐ろしいのが扈輒将軍だと語られていました。

そんな中で676話では桓騎軍に関することも描かれていて、摩論は扈輒軍が到来したことに慌てていました。

しかし桓騎一家の雷土は、六将になってもなお戦い方に変化が見られない、いやさらに苛烈になった戦いぶりに驚いていました。

そんな雷土は桓騎が何と戦っているのか?気になっている様子でした。

そして676話の最後の一コマは、桓騎軍8万vs扈輒軍24万が開戦することになっていきます。

さてこれだけの兵力差がある中で、桓騎はどんな戦いぶりを見せるのでしょうか?

それではここから2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話677話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ677話予想:3倍の敵に対する桓騎の策は?

さて677話のネタバレ予想を始めていきますが、桓騎軍8万vs扈輒軍24万。

実に3倍もの敵と桓騎軍は戦うことになりましたが、あの桓騎が無策でこの戦いに臨んでいるはずはありません。

では桓騎はどんな策を講じているのでしょうか?

 

キングダムネタバレ677話:桓騎は平陽の城に向かっている?

桓騎が講じている策。

それは平陽の城を奪い取ることなのかもしれません。

というのも676話の冒頭で避難している人々が向かっている先も平陽の城でした。

ここに桓騎は自ら紛れ込んでいき、平陽の城の兵糧を焼き討ちしたり、平陽の城を奪い取ることまで考えているのかもしれません。

つまり676話の冒頭の話は、桓騎が平陽の城に忍び込むための伏線だった。

そして扈輒軍24万と戦っている8万の桓騎軍が実は助攻(じょこう)であり囮(おとり)だった―――

そんな展開が待っているのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ677話:桓騎は平陽の城を奪って民衆を脅す?

また桓騎は平陽の城を奪い取ってから、平陽の城内の人々を脅して自軍の兵士にするのかもしれません。

その上で桓騎は戻ってきた扈輒軍を、正面から戦っている8万の桓騎軍と挟撃することを狙っている可能性が考えられます。

一般人への虐殺や暴虐は行わないが、家族を使った脅しはする。

もしかするとこれが六大将軍の暴走であり、羌瘣(きょうかい)たちの胸騒ぎの正体なのかもしれません。

 

キングダムネタバレ677話:桓騎が狙うのは扈輒の家族?

または桓騎が狙うのは、平陽にいる扈輒の家族という可能性があるのかもしれません。

それは扈輒の弱点であり、この扈輒の弱点を桓騎はつかんだのかもしれません。

この扈輒の家族を脅して扈輒を思い通りに操ってしまう―――

黒羊戦での紀彗(きすい)と同じような展開になることも考えられますね。

 

キングダムネタバレ677話:桓騎が狙うのは扈輒軍の兵糧?

または桓騎が狙っているのは、扈輒軍の兵糧なのかもしれません。

軍が多ければそれだけ必要な兵糧も多くなりますが、それは軍勢の多さの負の側面と言えます。

そういえば鄴攻めの時に王翦(おうせん)は兵糧攻め合戦に持ち込んで、秦軍を勝利に導いたことがあります。

この時の王翦の戦い方は、桓騎に何らかの戦いのヒントを与えたのかもしれません。

また桓騎は敵の嫌がることをする戦いを得意としています。

今の扈輒軍にとって多くの兵糧を失うことになってしまえば、その軍勢の多さが逆に仇(あだ)になってくるでしょう。

果たして桓騎の狙いは何なのでしょうか?

 

キングダムネタバレ677話:桓騎が狙うのは扈輒本人の暗殺?

または桓騎が狙うのは扈輒本人なのかもしれません。

ただこの扈輒将軍本人を狙うとすれば、普通に考えればこの戦力差では難しいというよりも不可能に近いことのように思えます。

そこで考えらえる手段は暗殺。

桓騎は飛信隊を自らの戦場に呼び、羌礼に扈輒暗殺を依頼する。

ご存知のように羌礼や羌瘣は暗殺集団・蚩尤(しゆう)の剣士です。

彼女たちに扈輒本人の暗殺を依頼することが、扈輒将軍殺害の最も近道と言えるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ677話:桓騎が狙うのは扈輒本人の殺害?

または桓騎軍が扈輒将軍本人を狙うとすれば、別の手段もあるかもしれません。

ここも飛信隊のメンバーが鍵になるのですが、弓矢兄弟による遠距離射撃での扈輒殺害。

これを桓騎は狙ってくるのかもしれません。

ただ羌礼、羌瘣の暗殺部隊にしても、弓矢兄弟による遠距離射撃での殺害にしても、これが効果を発揮するようになれば戦いはあっさりと決着してしまいます。

その意味では羌礼や羌瘣による将軍の暗殺や、弓矢兄弟の遠距離射撃での将軍殺害という手法は、キングダムの中では見られないのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ677話予想:王賁の戦いが描かれる?

また子供ができた王賁がどのような戦いを繰り広げるのか?

この点も非常に興味深いところです。

この王賁たち玉鳳隊の戦いが677話で描かれるかもしれません。

果たして王賁はこの局面をどのように打開していくのでしょうか?

 

キングダムネタバレ677話:弓矢部隊による戦局の打開を狙う?

不利な地形であることは明白な影丘の地。

ここで王賁がどのように局面を打開するのか?

一つ考えられるのは弓矢部隊による局面の打開です。

味方は低地、敵は高地で戦いを進めていますので、この高地に陣取っている敵を倒すには、遠距離狙撃による高地の敵の撃破が考えられます。

ただこれまで玉鳳隊には弓矢部隊は登場してきませんでした。

とはいえ将軍となった王賁は戦力を増やしていますので、増やした戦力の中に弓矢部隊がいる可能性はあるのかもしれません。

その中に中華十弓に匹敵する新キャラクターが登場するのか?

そうした事態がなければ、この局面は打開できないほど厳しいものになると予想されます。

 

キングダムネタバレ677話:王賁本人による敵陣突破を狙う?

または王賁本人による敵陣突破。

これも考えられる方法かもしれません。

他の部隊にも攻撃をさせつつ、玉鳳隊から選りすぐりの手練れの人物のみを集めた精鋭部隊を王賁自らが率いていく。

その精鋭部隊による一点突破。

これを王賁は狙うかもしれません。

身を切る傾向にある王賁ならば、このような作戦も考えることでしょう。

(子供が生まれて、この傾向が変わった方が王賁にとっても良いのでしょうけど。)

一点突破さえ果たしてしまえば、突破した部分から玉鳳隊は敵の背後を突けることになります。

とはいえ扈輒軍15万が参戦してきたことで、この影丘にも敵軍が増してくることは必定(ひつじょう)でしょう。

そうなるとこの作戦でも、王賁は苦戦することが予想されます。

 

キングダムネタバレ677話:亜花錦が活躍する?

またはここで活躍するのは、亜花錦(あかきん)になるのかもしれません。

口が悪く場の空機を読めない発言をすることもある亜花錦。

しかし王賁が手綱を緩めるように、亜花錦の戦場での動きはやはり的を得ているようです。

さて亜花錦はこの局面を打開するほどの力を発揮するのか?

玉鳳隊の戦いぶりが気になりますね。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ677話最新話予想 まとめ

ここまで、2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話677話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

676話の前半は、逃げ惑う趙の人々と王翦軍の動きが描かれていました。

王翦軍としては平陽・武城という城に向かう選択肢もあるものの、扈輒はこの王翦軍の出撃を本当の狙いにしているかもしれず、簡単には動けない状況となりました。

また桓騎は王翦をもってしてもその考えがはっきりと読み取れない男として描かれていました。

そんな桓騎軍では摩論が慌ただしく動いていたものの、雷土は戦うことに腹をくくっていました。

桓騎軍8万vs扈輒軍24万。

この戦いが幕を開けることになりましたが、桓騎が無策でこの戦いに挑んでいるはずはありません。

そこで桓騎の策についてですが、以下が考えられるのではないでしょうか?

  • 平陽の城を狙う
  • 扈輒軍の兵糧を狙う
  • 扈輒の家族を狙う
  • 扈輒本人の殺害を狙う

 

また王賁の影丘(えいきゅう)での戦いも苦戦を強いられることは確実で、子供ができた王賁がどのような戦いを繰り広げるのか?

この点も注目ポイントですね。

桓騎がどのような戦いをするのかが気になるところですが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話677話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク