キングダム樊於期(はんおき)は史実に実在?亡命後の最後がヤバい?

キングダム 樊於期 はんおき 史実 実在 最後 死亡 予想 考察
   
スポンサードリンク
   

キングダムは秦の始皇帝の時代を描いた大人気歴史マンガです。

このキングダムには様々なキャラクターが登場してきますが、その中に樊於期(はんおき)という将軍がいます。

ではこの樊於期という人物は、史実に実在した武将なのでしょうか?

そして樊於期将軍の最後はどうなるのでしょうか?

こちらではキングダムの樊於期将軍が史実に実在したのか?という点や、最後の死亡はどのような形になるのか?を予想・考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

   
スポンサードリンク
 

キングダム樊於期とは?

まずキングダムの樊於期(はんおき)ですが、この人物はキングダムの中で毐国の反乱の将軍として登場してきました。

またこの樊於期将軍は、呂不韋の息のかかった武将で、呂不韋から咸陽の城内の情報などを得て戦いを優位に進めていきます。

そして樊於期は寄せ集めである反乱兵士たちを追い詰めることで、反乱軍としての結束を強めることに成功するなど、武人としての腕は確かな様子でした。

ただこれはネタバレになってしまいますが、毐国の反乱は秦王・政陣営によって鎮圧されてしまいます。

しかしキングダムではその後の樊於期の消息は、分かっていません。

 

樊於期の能力値は?

ちなみに樊於期の能力値は、以下のようになっています。

  • 武力・・・86
  • 知力・・・85
  • 指揮力・・86
  • 経験値・・B
  • 復讐心・・90

将軍としては一定程度の能力はあることが伺えます。

また復讐心が90という点は、今後のキングダムの展開に影響を及ぼすものになるのかもしれません。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム樊於期は史実に実在?

ではこの樊於期という人物は、史実に実在したのでしょうか?

この点ですが、樊於期という武将は史実に記録が残されている実在した武将です。

ちなみに樊於期将軍の戦歴は、史実に詳しい記録は残されていません。

史実に残されている樊於期の記録は、まず秦王・政の怒りを買って燕の国に亡命したというものです。

樊於期が秦王・政の怒りを買った理由としては、政が軍を少数精鋭にしようとしたことに樊於期が反対したからだそうです。

また燕の太子(王の世継ぎ)である丹(たん)は、周囲の反対があったにも関わらず、秦から亡命してきた樊於期将軍を燕に迎え入れました。

しかし亡命した樊於期の首には、多数の黄金や一万戸の町という懸賞金がかけられていました。

秦は亡命した樊於期将軍を探すことに躍起になっていたことが伺えます。

 

史実の樊於期は最後に自害する

そんな樊於期は、史実では自害したと記録されています。

樊於期将軍をかくまってくれた燕の太子・丹は、秦王政を暗殺しようと考えていました。

そしてこの太子・丹は、荊軻(けいか)という人物に白羽の矢を立てることになります。

この荊軻という人物は、多額の懸賞金がかけられている樊於期将軍の首を差し出して、秦王と引見するチャンスを伺いたいと太子・丹に申し出ます。

しかし太子・丹は、樊於期将軍は苦しんで自分を頼りにしてきたため、樊於期将軍の首を秦王に差し出すことはできないと、荊軻の申し出を断ります。

そこで荊軻は仕方なく、ひっそりと樊於期に会うことにしました。

>>荊軻暗殺事件の結末はどうなる?<<
 

荊軻と樊於期のやり取りとは?

そこで荊軻は樊於期の両親や一族が皆殺しにされていて、なおかつ樊於期の首に多額の懸賞金がかけられていることを改めて伝えました。

樊於期としてもこの仕打ちには、骨がうずくほど悔しい気持ちがあったようです。

そこで荊軻は樊於期の首を秦王に差し出して引見し、そのチャンスに秦王を暗殺するという策を提案します。

それを聞いた樊於期は、片肌を脱いで荊軻の腕を握りしめ、「是非頼む」と言って自ら首をはねたと言われています。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム樊於期は桓騎と同一人物?

また樊於期は、桓騎と同一人物という説があります。

この説の背景については定かではありません。

ただ桓騎は宜安を巡る戦いで李牧に敗れてしまいますし、宜安で敗れた桓騎は戦国策によると死亡したとされています。

しかし、もしも桓騎がその場から逃走することに成功していれば、桓騎が名前を樊於期に改名して、燕に亡命したという可能性は否定できないかもしれません。

 

キングダムでは桓騎と樊於期は登場

とはいえキングダムでは、桓騎と樊於期はそれぞれが別人物として登場しています。

そんなキングダムでは、桓騎が樊於期と名前を変えるという展開になるのでしょうか?

個人的には桓騎が宜安を巡る戦いで敗れて逃亡したとしても、そこで桓騎が他の武将ではなく樊於期の名前を語る必要があるのか?という点は疑問が残ります。

そうなると桓騎が樊於期と名乗る場合は、少なくとも2人の出会いが必要になると思います。

この2人の出会いがない場合、桓騎が樊於期の名を語る展開にはならないのでは?と予想します。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム樊於期の最後はどうなる?

またキングダムの樊於期は、最後にどうなっていくのでしょうか?

おそらく史実(史記の記述)通りに、樊於期は燕に亡命することが予想されます。

ただキングダムは、政(始皇帝)が名君という立ち位置で物語が展開されている漫画です。

そうなると樊於期が秦王・政の怒りを買った理由は、毐国の反乱軍の将軍だったことということになるでしょう。

また、キングダムでは政が樊於期に多額の懸賞金をかけるのでしょうか?

毐国の反乱軍の将軍が生き延びているというのは、秦にとっては禍根を残すことになりますので、やはり樊於期を徹底的に探そうとすることも考えられます。

そのため秦王・政はそうしたくはなくても、周囲の圧力などによって樊於期の首に懸賞金がかけられる可能性は高いでしょう。

また反乱に敗れた樊於期は、逆恨みのように秦王・政を恨んでいて、燕の太子・丹と手を組んで政を暗殺しようとする、という展開になるのかもしれません。

 

樊於期は自害する?

また史実での樊於期は、最後に自害しています。

同じようにキングダムでも、樊於期は最後に自害する展開も予想されます。

反乱に敗れた樊於期が、秦王・政の暗殺を試みる荊軻(けいか)の話を聞いて、自分の首を差し出してでも秦王に恨みを晴らそうとするのかもしれませんね。

 

樊於期は荊軻に殺される?

またはキングダムの樊於期は最後に、荊軻に命を奪われてしまうのかもしれません。

というのもキングダムの樊於期は、反乱軍を率いる将軍として登場してきましたし、反乱が敗れたからと秦王・政に恨みを抱くなら、それは逆恨みに等しいものです。

そのような人物であれば、荊軻の提案を聞いたからと言って、自らの首を差し出すのか?という点は疑問が残ります。

もしもキングダムの樊於期が秦王・政に自らの首を差し出すことを拒めば、荊軻は強引に樊於期の首を斬ってしまう展開が考えられます。

このように秦王に樊於期の首を差し出すことを狙った荊軻の手によって、樊於期はあっけない最後を迎えてしまうのかもしれません。

 

樊於期は毒殺される?

または樊於期は毒殺される可能性もあり得ます。

秦王の暗殺を狙う荊軻としては、秦王・政と引見する機会を狙うためにも、何としても樊於期の首が欲しいところです。

もしも荊軻が、武力の差で樊於期を倒せないと判断した場合、樊於期を毒殺する可能性が考えられます。

ただ荊軻は、秦王・政の暗殺を成功させようとする人物です。

この荊軻が武力で樊於期を倒せなければ、警護が固められている秦王・政を倒すことは不可能に近いことでしょう。

そうなると荊軻が樊於期を武力で討ち取ることができないため毒殺する、という可能性は低いと言えるのかもしれません。

 

樊於期は荊軻以外の人物に殺害される?

または樊於期は、荊軻ではない他の人物に命を奪われる可能性も充分にあり得ます。

というのも樊於期の首には、多額の懸賞金がかけられる見込みだからです。

この多額の懸賞金狙いで、樊於期の命を狙う人物が他に出てきたとしても不思議ではありません。

また多額の懸賞金が得られると分かっていれば、一定程度の財産を使ってでも樊於期の首を狙う人物が出てくる可能性も考えられます。

ただ他の人物が樊於期の首を取ってしまうと、荊軻は秦王・政に樊於期の首を届けることはできなくなります。

そうなると史実と異なる展開となってしまうため、荊軻以外の人物が樊於期の命を奪う可能性も低いと言えそうです。

 
スポンサードリンク
 

 

キングダム樊於期は史実に実在?亡命後の最後がヤバい?まとめ

ここまでキングダムの樊於期(はんおき)が史実に実在するのか?という点と、樊於期の最後を予想・考察してきました。

樊於期は史実に実在する武将で、一説には桓騎と同一人物という説もあります。

もしも桓騎が宜安の戦いの後で逃亡することができていれば、樊於期という全く違う人物になりすました可能性は考えられます。

ただキングダムの中では、桓騎と樊於期は別人として描かれています。

そのためキングダムでは、桓騎と樊於期が同一人物という説は採用しないのではないか?と予想します。

また樊於期将軍の最後ですが、秦王・政の暗殺を試みる荊軻という人物に殺害される可能性が高いと思いますが、果たして樊於期将軍の最後はどうなるのでしょうか?

それでは以上で、キングダムの樊於期将軍の史実のご紹介と、樊於期の最後の死亡に関する予想・考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 
スポンサードリンク