鬼滅の刃・煉獄さんの死亡が壮絶!死んだ日と煉獄杏寿郎の功績とは?

鬼滅の刃 煉獄杏寿郎 煉獄さん 死亡 最後 死ぬ 死んだ日
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃の無限列車編は、興行収入で歴代最高を記録したことは記憶に新しいところです。

さてこの無限列車編で400億円の男となった煉獄杏寿郎ですが、この映画の中で死亡することになってしまいました。

ではこの煉獄杏寿郎を死亡させた鬼は誰だったのでしょうか?

また煉獄さんは猗窩座に鬼になるように誘われましたが、なぜ拒んで戦いを挑んだのでしょうか?

そして煉獄さんが死亡した日付は分かっているのでしょうか?

こちらでは鬼滅の刃・煉獄杏寿郎の死亡について振り返っていきます。

最後まで読んでいただければ幸いです。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・煉獄杏寿郎が死亡!最期までカッコ良かった煉獄さん!

さてここからは無限列車編での煉獄杏寿郎さんを振り返っていきます。

彼の活躍や言葉は見るものを魅了し、「400億円の男」という通称まで生まれるほど社会現象化していきました。

作中では惜しまれつつも命を落とした煉獄杏寿郎。

死の間際まで魅力を持った煉獄杏寿郎の最期は、一体どのようなものだったのでしょうか?

 

煉獄さんが戦った鬼とは?

まず煉獄杏寿郎が最後に戦った存在。

それが十二鬼月の上弦の参・猗窩座(あかざ)でした。

十二鬼月とは、鬼の始祖である鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の直属配下であり、下弦の鬼6体・上弦の鬼6体の計12体で構成されています。

下弦の鬼よりも上弦の鬼の方が強く、数字が若くなるほど実力は上がっていきます。

つまり猗窩座は鬼舞辻無惨の配下の中で、上から3番目の実力をもっている存在ということです。

そして物語は無限列車編。

炭治郎たちは列車を襲った下弦の壱・魘夢(えんむ)を見事撃退し、列車に乗っていた乗客の無事を確認しました。

そして炭治郎や煉獄さんが一安心した直後に、空から轟音(ごうおん)と共に飛来してきたものがありました。

それが上弦の参・猗窩座でした。

炭治郎も列車での戦闘を終えた後、突然の強敵の来襲に身動きが取れない状態でしたが、猗窩座は言葉を発する間もなく炭治郎に襲いかかります。

その攻撃をすんでの所で迎撃したのが、煉獄杏寿郎でした。

そして突如として上弦の鬼vs鬼殺隊の炎柱との戦闘が始まったのです。

 

猗窩座はまず炭治郎を襲う!

また猗窩座が炭治郎を襲った理由、それは「煉獄との話の邪魔になると思ったから」。

猗窩座は煉獄杏寿郎に提案します。

「鬼にならないか?」と。

杏寿郎はそれを即答で拒否。

すると猗窩座は構えを取り、「鬼にならないなら殺す」と攻撃を仕掛けてきます。

ではなぜ煉獄杏寿郎は、猗窩座の「鬼にならないか?」という誘いを断ったのでしょうか?

 

煉獄杏寿郎はなぜ鬼にならなかった?

煉獄杏寿郎が鬼になることを拒んだ理由。

それは母・瑠火(るか)の哲学や言葉がその背景にあったのかもしれません。

その母・煉獄瑠火は生きている時に、煉獄杏寿郎に対して次のような言葉を伝えていました。

「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」

「責任を持って果たさなければいけない使命なのです」

母・瑠火のこれらの言葉からも、煉獄杏寿郎は幼い頃から秀でた剣の才能を持って強かったのでしょう。

だからこそ煉獄さんは炎柱になれたのだと思いますが、そんな強い杏寿郎に対して弱い人を助けなさいと母・瑠火は教えていたんですね。

一方の鬼という存在は、永遠の命を持っていますし傷も回復する強い存在ですが、弱い人間を喰らう存在です。

強いのに弱い人間を喰らうという行為は、母・瑠火の教えに反した行いです。

また煉獄さんは鬼に殺された人々の苦しみや悲しみも見てきたはずです。

そんな弱い人たちを助けるために、煉獄さんは心を燃やし続けてきたはずですので、そんな煉獄さんが「鬼にならないか?」という誘いに乗るはずはありません。

猗窩座としては、鬼になれば永遠の命が保証されるという点と、そのために剣技をさらに極めることができるという点が鬼になるメリットとして捉えていました。

そんな猗窩座と煉獄さんの価値観は、いつまでも交わることはなかったことになります。

 

猗窩座と煉獄杏寿郎の壮絶な死闘!

また煉獄杏寿郎と猗窩座の戦いに話を戻しますが、煉獄杏寿郎も炎の呼吸を繰り出して、猗窩座の攻撃に対応していきます。

しかし異常回復能力を持つ鬼に対し、煉獄杏寿郎は柱とはいえ人間です。

煉獄杏寿郎は猗窩座との戦いで左目はつぶれてしまい、肋骨は砕け、内臓は傷つき満身創痍(まんしんそうい)の状態となってしまいました。

しかし杏寿郎は一歩も引きません。

「俺は俺の責務を全うする、ここにいる者を誰も死なせない!」

杏寿郎は、鬼を倒すための柱」ではなく「人々を守るための柱」として戦っていたのです。

そして、煉獄杏寿郎は炎の呼吸ならぬ「火の呼吸奥義・玖ノ型 煉獄(れんごく)」を猗窩座に放ちます。

猗窩座の攻撃と交わり轟音ひしめく中、炭次郎たちの目に映った光景は、猗窩座が煉獄杏寿郎の身体を貫くシーンだったのです。

しかし、ここでもただでは倒れない煉獄杏寿郎。

煉獄さんは自らを貫いている猗窩座の腕を身体で固定して、抜けないようにしています。

しかし夜明けも迫って必死の形相(ぎょうそう)の猗窩座。

双方雄叫びを上げながら対抗しています。

ですが最期は猗窩座が自分の腕を切り離して、その場を切り抜けてしまいます。

そして猗窩座は森の中へと消えていったのです。

こうしてその場の誰も死なせずに猗窩座を撃退した煉獄杏寿郎は、自らの死を感じ取って炭治郎に言葉を預けます。

それは残った家族への遺言と、鬼化した炭治郎の妹・禰豆子(ねづこ)を鬼殺隊士として認めること。

そして今度は炭治郎が次世代の柱となって皆を守って欲しいという内容でした。

こうして炭治郎に想いを託して、煉獄杏寿郎はその生涯に幕を閉じたのでした。

スポンサードリンク


 

煉獄杏寿郎が死んだ日は分かっているの?

こうして死亡することになった煉獄杏寿郎でしたが、煉獄杏寿郎の命日はいつだったか分かっているのでしょうか?

公式ファンブックには煉獄杏寿郎の命日は「某月某日」の記載になっていますし、鬼殺隊の衣服にも違いが無く季節の検証も難しいため、実際の命日に関しては「不明」となります。

しかし意外な手法で考察した記事が話題となっています。

気象予報士である森田正光さんが月齢から考察し、当時の天気図のデータを元に割り出したそうです。

その考察によると、煉獄杏寿郎の命日は「大正5年11月19日・未明」となる様子。

この考察自体はファンの中でも広く認知されており、「煉獄杏寿郎の命日(仮)」として日付の前後は煉獄杏寿郎への追悼などがツイッターなどで確認出来ます。

もちろん正式公表ではないので断定は出来ないですが、色々な角度から考察していらっしゃる方のご意見を見ると、非常に斬新で面白いですね。

 

煉獄杏寿郎が死んだのは何巻何話?

またこの煉獄杏寿郎の死亡を描いた回は、原作8巻66話「黎明(れいめい)に散る」で描かれています。

煉獄杏寿郎が信じたもの。

これから信じるもの。

そして、自分自身が果たすべき事を全う出来たのかを問うシーン。

感動的で立派な最期が描写されています。

 

スポンサードリンク
 

煉獄杏寿郎の功績は?

ちなみに煉獄杏寿郎が倒れた後、猗窩座は鬼舞辻無惨の元に報告に行きました。

しかし猗窩座は無惨から評価されることなく、逆に叱責を浴びることになりました。

その一つの理由は無惨は鬼殺隊の殲滅を狙っていたものの、猗窩座が炭治郎たちの命を奪えなかったからです。

そして炭治郎たちを守ったのは、他ならぬ煉獄さんでした。

煉獄さんが猗窩座との死闘で粘り強く戦ったから日の出の時刻を迎えることになり、猗窩座は逃走するしかなくなりました。

もしも煉獄さんがアッサリと負けていたら、猗窩座は炭治郎たちの命まで奪ったことでしょう。

しかしそれを煉獄さんは阻止しましたし、煉獄さんは鬼殺隊の殲滅という無惨の狙いをここで打ち砕いたことになります。

 

そしてこの煉獄さんの功績はのちの打倒・無惨につながっていくことになりますが、それはまた後で分かることになってきます。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃・煉獄杏寿郎の死亡 まとめ

今回は鬼滅の刃の無限列車編の主要キャラである、炎柱・煉獄杏寿郎の死亡や死んだ日などをご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • 煉獄杏寿郎は猗窩座との戦いで命を落とした
  • 煉獄杏寿郎の命日は大正5年11月19日と予想されている
  • 杏寿郎の信念は母・煉獄瑠火の影響が大きいとされる

誇り高い柱だった煉獄杏寿郎。

無限列車編でその最後の死亡に涙した人も多いのではないでしょうか?

私はこの映画を秋に見たので紅葉の時期と重なっていたのですが、紅葉の赤い色が煉獄さんの赤と重なって悲しくなったことを思い出します。

また煉獄さんの死亡は非常に残念でしたが、煉獄さんの見事な生き様は私たちの中で確実に生き続けていくことだと思います。

それでは以上で今回の煉獄杏寿郎の死亡や死んだ日のご紹介などを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク