鬼滅の刃・宇随天元(うずいてんげん)の年齢などプロフィールまとめ決定版

鬼滅の刃 宇随天元 音柱 誕生日 年齢 プロフィール 強さ 弱い 人気 血液型
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプにて連載されていた、大ヒット漫画です。

そして2021年には待望のアニメ2期「遊郭編」がスタートとなります。

今回は花魁の街・遊郭を舞台に活躍した鬼殺隊最高戦力である柱の一人・宇髄天元(うずいてんげん)に注目していきます。

この宇随天元の年齢は何歳なのでしょうか?

またどんな過去を持っていて、どのような強さや技を持っているのでしょうか?

そして宇随天元は弱いとも言われていますが、本当に宇随天元は弱いのでしょうか?

こちらでは宇随天元の年齢などのプロフィールをご紹介していきながら、強さや技、そして本当に弱いのかを考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・宇随天元の誕生日や年齢などプロフィールは?


では気になる宇髄天元のプロフィールですが、公式では下記の通りとなります。

  • 身長:198cm
  • 体重:95kg
  • 血液型:不明
  • 出身地:不明(忍びの里)
  • 誕生日:10月31日
  • 年齢:23歳

 

ちなみに宇随天元の血液型と出身地は不明となっています。

宇髄家は忍びの家系なので、逆に出身地が公になったら色々とマズそうですよね。

血液型は、性格から見るにB型ではないかと推測しています。

 

音柱・宇随天元の好きな食べ物は?

宇髄天元の好きな食べ物ですが、公式プロフィールではふぐ刺しとなっています。

フグ料理は毒抜きの特殊調理法を用いるため、大正時代の作中背景では東京でしか食べることが出来なかった貴重な料理となります。

勿論高価食材でしょうから、派手好きの天元にはもってこいの好物というわけですね。

 

音柱・宇随天元の性格や口癖は?

また作中きってのイケメンである宇髄天元。

そんな彼の性格ですが、派手な祭り好きな性格をしています。

自身を「祭りの神」というほどお祭りが好きで、しかも口癖が「派手」です。

作中では何度も「ド派手に行くぜ」と口にしています。

元忍だったからこそ、そのしがらみから解放されて派手な性格になったのでしょうか?

また天元は短気というか体育会系なところがあります。

善逸が「なんで嫁三人もいんだよ」と言った時や、伊之助が「嫁もう死んでんじゃねぇの?」と言った時、天元は問答無用で2人のみぞおちにパンチを入れています。

言葉で説明するよりもパンチ!

短気というか体育会系な性格は間違いないでしょう。

その割には嫁への対応は優しいものが目立ちましたし、戦いのさなかに炭治郎たち「かまぼこ隊」に対して「逃げねえ根性がある」と評価していました。

このようにしっかりと仕事をする仲間に対して、天元は優しい一面も見せています。

 

音柱・宇随天元の名前の由来は?

宇髄天元の名前の由来は作中では明らかにされていません。

一つの説としては、天元の妻3人(雛鶴・まきを・須磨)が紫式部の源氏物語になぞられており、その紫式部が誕生したのが「天元 元年」という説です。

源氏物語は今でいうところのハーレムラブコメとなりますので、まさに嫁が3人もいる天元にピッタリの名前ですね。

 

音柱・宇随天元の人気はどのくらい?

そんなイケメン宇髄天元ですが、読者からの人気はどれほどなのでしょうか。

連載していた週刊少年ジャンプでは、2017年と2020年に2回キャラクター人気投票を行っています。

気になる宇髄天元の順位ですが、なんと2回とも順位無しとなっています。

発表は25位までだったので、それ以下ではあると思いますが、完璧が故に逆に目立たなかったということだったのでしょうか。

 

音柱・宇随天元とムキムキねずみの関係は?

ちなみにムキムキねずみとは、作中で登場した宇髄天元の使いであるネズミです。

知能が高く、その名の通りムキムキ。

そのムキムキ度は、1匹で刀1本を持ち運べるほど。

作中でもこのムキムキねずみは、伊之助や善逸に刀を届けるなど活躍しました。

ちなみにねずみの選出は天元が自身で行っており、身体能力も当然のことながら、自分の肉体に心酔できるナルシズムも選考のポイントのようです。

 

音柱・宇随天元のカラスも派手?

また鬼殺隊には、伝令用として一人1話カラスがお供につきます。

宇髄天元のカラスの名前は「虹丸(にじまる)」というらしく、作者である吾峠呼世晴先生いわく、カラス界のファッションリーダーとのこと。

見た目のアクセサリーも天元と同様のものを身につけており、まさに天元に相応しい、派手なカラスといえるでしょう。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・宇随天元の生い立ちや過去は?

それでは宇髄天元の出生に関して紐解いていきましょう。

現在分かっている内容は下記の通りです。

  • 宇髄家は忍の家系
  • 宇髄家では15歳になると妻を3人娶(めと)る
  • 妻3人は本人が選ぶのでは無く、宇髄家の長が決める
  • 天元は兄妹が9人いた
  • 既に天元は里を離れ抜け忍となっている

元忍のワードは作中でも数多く登場します。

元忍なのに派手好きなのは、忍びの隠密行動に対する反旗の表れなのかもしれませんね。

 

音柱・宇随天元の兄弟は?

また天元には、前述記載の通り自身含め9人の兄妹がいました。

作中では「きょうだい」を「姉弟」と表現していたため、姉が1人・弟(天元含む)8人ではないかと推察されます。

また、宇髄家は15歳になると妻を娶る風習がありましたが、他姉弟の結婚相手に関して触れられていないため、恐らく天元は男兄弟の中では長男だったのでは無いかと思われます。

そんな大家族の宇髄家ですが、忍びの家系ということもあり修行は過酷を極めたもののようです。

9人の内3人は、年齢が一桁の時に修行で命を落としています。

また残った6人は父親の命令で顔を隠した状態で互いに殺し合いをさせられたとのことです。

そこで生き残ったのが、天元と二つ離れた弟。

弟は、冷酷な宇髄家の意思を継いでいたため、そんな意思に共感できない天元は、妻3人と共に忍びの里を抜ける決断をしたのでした。

 

音柱・宇随天元と父親の関係は?

また天元の父は、当時の宇髄家の長でした。

天元の父親は非常な人物で、先に記載した姉弟同士の殺し合いにしても、「強い子供のみを残す」という考えのもの実行したと記載されています。

そんな父親との関係は良いわけが無く、天元は忍びの里を抜けることとなります。

抜け忍となってからも、宇髄家を滅ぼすことを懊悩(おうのう)していたようですが、遂には父も弟も手をかけることは出来なかったそうです。

もしかしたら天元の中で、親からの愛情を望んでいた部分もあったのかもしれません。

 

音柱・宇随天元の母親はどんな人?

ちなみに作中では、天元の母に関しては触れられていません。

しかし宇髄家の歴史から考えると、天元の母も天元の父が15歳の時に娶られたのでは無いかと推測されます。

また宇髄家は3名の妻を選出されるため、天元の母以外にも母がいたのではないでしょうか。

姉弟9名もいることから、全部の姉弟が同じ母の出生では無く、3名の母から産まれた子供が9名となったと考えられます。

つまり天元の姉弟は、異母姉弟の可能性が高いですね。

 

音柱・宇随天元の先生や師匠は誰?宇随天元は誰かの継子だった?

また鬼滅の刃の作中で出てくる「継子(つぐこ)」とは、柱から才覚を見込まれた鬼殺隊士のことを指します。

次期柱として直々に育てられ、鬼殺隊の中でも指揮官代理を務められるような権限も与えられていたそうです。

では、宇髄天元は誰かの継子だったのでしょうか?

こちらも作中では明かされなかったので推測となりますが、鬼殺隊の中でも選ばれた9名のみが任命されるのが柱と呼ばれる存在です。

もちろん実力が高いほど、危険な任務を遂行する事が多く、公式でも柱が9名そろうことが稀(まれ)とされています。

天元自身は、元忍びということもあり身体能力は一般人から比べると非常に秀でたものと思われます。

そんな天元ですので、鬼殺隊に加入してからは誰かを師として研鑽(けんさん)するのではなく、つまり誰の継子でもなかったと予想します。

つまり天元は、素の実力で柱に選ばれたのではないかと思いますが、真相はどうなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

音柱・宇随天元(うずいてんげん)とは?その強さは?


またここからは宇随天元の強さについてクローズアップしていきます。

まず宇随天元は何柱なのかというと、音柱になります。

剣術の腕もさることながら、元忍びという経歴も持っていますが、天元本人の性格は忍びらしくはなく「派手に生きること」をモットーとしています。

 

音柱・宇随天元の戦い方は?

そんな宇髄天元の特性は「音の呼吸」と呼ばれるものです。

雷の呼吸の派生と言われており、文字通り音を利用した戦い方をしていきます。

音の反響から建物の構造や人・ものを位置を把握したり、敵の攻撃のリズムを分析し「譜面」と呼ばれる独自の戦略を組み立てたりと、秀でた聴力を活かしながら鬼と対峙していきます。

元忍びということもあり、軽い身のこなしや苦無(くない)・火薬玉といった忍具なども使用するなどといった戦い方も天元ならではといったところでしょうか?

 

音柱・宇随天元の音の呼吸の技は?

そんな音を利用した戦い方をする宇髄天元ですが。作中ではいくつか技を出しています。

それをこれからご紹介していきます。

 

音の呼吸・壱の型・轟(とどろき)

鬼滅の刃 宇随天元 技 轟

(引用:鬼滅の刃)

轟は、火薬玉の爆発と日輪刀による斬撃の威力を一点に集中させる技となります。

桁(けた)違いの威力で、喰らって生き延びた者がいないと言われています。

またこの技は、遊郭にて鬼の食料庫を探すときに使用していました。

 

音の呼吸・肆(し)の型・響斬無間(きょうざんむけん)

鬼滅の刃 宇随天元 技 肆

(引用:鬼滅の刃)

響斬無間は、範囲攻撃です。

旋回する斬撃と火薬玉の爆発で広範囲をカバーする技となります。

 

音の呼吸・伍の型・鳴弦奏々(めいげんそうそう)

鬼滅の刃 宇随天元 技 伍

(引用:鬼滅の刃)

鳴弦奏々は、天元の持つ2本の日輪刀を回転させつつ、火薬玉を蒔きながら斬り進む技です。

上弦の鬼から炭治郎を守るために、作中では使用していました。

 

譜面

鬼滅の刃 宇随天元 技 譜面

(引用:鬼滅の刃)

また宇随天元の技に、譜面(ふめん)というものがあります。

この譜面というのは天元独自の戦闘計算式です。

分析に時間はかかるものの、敵の攻撃動作の律動を読み音に変換するもので、敵のクセや死角も分かります。

そして唄に合いの手を入れるがごとく、音のすき間を攻撃すれば敵に打撃を与えられるものです。

つまり譜面ができただけで敵を倒すことができるわけではなく、この譜面に沿って攻撃を仕掛けることでこの技は完成します。

またこの譜面ができるまでは、敵の動きに関する情報収集が必要になるのでしょう。

そして天元は上弦の陸との戦いでこの譜面を完成させ、かまぼこ隊と共に上弦の陸を討ち取ることに成功することになっていきます。

 

音柱・宇随天元が戦う鬼は?

さて、今回アニメの舞台となる遊郭編ですが、上弦の陸(ろく)といわれる鬼が登場します。

堕姫(だき)」と「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」です。

堕姫と妓夫太郎は元々血の繋がった兄妹でしたが、生まれの不幸もあり共に鬼となります。

「俺たちは二人で一つ」と作中で妓夫太郎が言っているように、二人併せて上弦の陸という事になります。

ちなみに、鬼の始祖である鬼舞辻無惨の配下の中でも、上弦の陸は「上から数えて6番目に強い」事を指していますので、その実力の高さがうかがえます。

 

スポンサードリンク

音柱・宇随天元は弱い?

また音柱の宇随天元は弱いのでしょうか?

確かに伊黒が言うように、宇随天元は「たかが上弦の陸」との戦いで左手と左目を失ってしまいました。

ただこの上弦の陸・妹の堕姫(だき)は柱を7人、兄の妓夫太郎(ぎゅうたろう)は柱を15人喰っています。

つまり天元より弱い柱が過去に合計22人もいたことになるんです!

また上弦の陸とはいえ、兄の妓夫太郎は妹を操り、なおかつ妹の額の目からも情報収集して的確な判断を下せる優秀な鬼です。

しかも兄妹の首を同時に斬らないと、この上弦の陸は倒すことができません。

そして宇随天元たちが上弦の陸の鬼を倒すまでの100年間、鬼殺隊は上弦の鬼を倒すことができませんでした。

この状況から宇随天元たちが上弦の鬼を倒したことは、鬼殺隊全体に大きな影響を与えたはずです!

つまりここで重要なのは鬼殺隊の組織としての「勢い」です!

勢いというのは気持ちの問題だと思いますが、例えば練習してきて結果が出たら、その結果が嬉しいと共にこのやり方で間違いなかったと自分に自信も持ててくると思います。

そうした前向きになる気持ちが勢いだと思いますが、天元たちが上弦の陸に勝ったという結果は鬼殺隊に前向きな気持ち=勢いを与えたはずです。

この鬼殺隊の面々が「自分たちはやれる!」と思えるようになったことが、組織としての「勢い」につながった一つの要因だと思います。

その勢いを鬼殺隊に与えたことが、宇随天元たちの非常に大きな功績だったと思いますし、ここから鬼殺隊の刃は実際に鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)に届くことになっていくんです。

だから産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)は、宇随天元たちが上弦の陸を倒した時に「これは”兆し”だ」と言ったのだと思います。

もちろん妓夫太郎と堕姫の頸(くび)を斬ったのは、確かにかまぼこ隊の3人であり、宇随天元が倒したわけではありません。

しかし上弦の陸との戦いで毒を受けながらも、決して諦めることなく死を恐れず、そして炭治郎たちを鼓舞しながら戦い抜いた宇随天元は、決して弱い柱ではなかったと私は思います。

その戦いぶりは見事でしたが、この天元の戦いがアニメで再現されるのが楽しみですね♪

 

音柱・宇随天元の痣は出なかった?

鬼滅の刃において「痣(あざ)」という状態が一種のパワーアップとなる条件となります。

痣が浮かび上がると身体能力が大幅に向上するため、特に上弦の鬼との戦いにおいては痣の発現がキーポイントとなります。

では、遊郭編にて天元は「痣」を発現させたのでしょうか。

作中では天元が痣を発現した描写はされていませんが、上弦の陸との戦いの際に天元が「余裕で勝つわボケ雑魚がァ!!毒回ってるくらいの足枷あってトントンなんだよ。人間様を舐めんじゃねぇ!!」と威勢良く発言しています。

その場面では、天元の額から血が流れているのが見受けられます。

推測となりますが、実は天元はこの時「痣」を発現していたのではないでしょうか。

元忍びといえど、毒が注入されていて体が思うように動くとは考えづらいです。

痣の発現により身体能力の向上、強いてはアドレナリン放出した状態になり、一時的に毒気も痛みも引いていたのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・宇髄天元(うずいてんげん)の年齢などプロフィール まとめ

さて今回は鬼滅の刃の遊郭編のキーパーソンであり、「音柱」とも呼ばれる宇髄天元の年齢などのプロフィールをご紹介してきました。

天元の主なプロフィールに関しては以下の通りです。

  • 天元は忍びの家系(現在は抜け忍)
  • 誕生日は10月31日で年齢は23歳
  • 音の呼吸の使い手
  • 忍びの隠密に逆らってか、性格・口癖は「派手」
  • カラスの名前は虹丸で、天元に劣らず派手
  • 天元の姉弟は姉1人、弟8人の計9人であると予想

 

2021年より、音柱・宇髄天元も活躍するアニメ鬼滅の刃・遊郭編がスタートとなります。

天元の誕生日や年齢・生い立ちを知ることで、アニメの面白さもグッと深みを増すかもしれませんね。

それではここで宇随天元の年齢などのプロフィールや、その強さや技などのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク