呪術廻戦「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」の前に五条は夏油に何言った?

呪術廻戦 0巻 五条悟 夏油傑 一言 言葉 最後の言葉 セリフ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ

スポンサードリンク


呪術廻戦の映画が2021年の12月から公開されることになりました!

またその映画の内容は呪術廻戦0巻になりましたが、この呪術廻戦0巻にはまだ回収されていない伏線が存在しています。

それが五条悟の最後の言葉で、夏油傑は死亡する直前に「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」と発言しました。

そしてその前の五条悟の言葉は「―――――」とだけ描かれていました。

またこの時の五条悟の発言は、映画でも無言という形で表現されました。

それではこの時の五条悟から夏油傑への最後の言葉は、一体何だったのでしょうか?

こちらでは呪術廻戦0巻の「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」の前に、五条悟が夏油傑に何を言ったのかを徹底考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

スポンサードリンク


 

呪術廻戦0巻・五条悟の夏油傑への最後の言葉とは?

さて呪術廻戦の0巻では、夏油傑(げとうすぐる)の最後に五条悟が声を掛けていました。

その場面がこちらです。

呪術廻戦 0巻 五条悟 夏油傑 一言 言葉 最後の言葉 セリフ

(引用:呪術廻戦0巻)

この画像のように、夏油傑の最後になって五条悟は夏油傑に対して何か言葉を伝えています。

ただこのセリフの場面が「―――― ―――――」となっていて、何を言っているのか分かりません。

そして映画0巻でも、この場面は無言という形で表現されていました。

ちなみに2019年発売の「ジャンプGIGA」についていた付録の「キャラクターブック 京都交流会編」では、このセリフは「0巻の中で言ってます」と書かれています。

さて、この五条悟の最後の言葉は一体何だったのでしょうか?

これをここから考察していきたいと思います。

 

五条悟の最後の言葉は「僕の親友だよ たった一人のね」?

呪術廻戦0巻のセリフを振り返ってみると、やはり五条悟の最後の言葉はこのセリフでしょうか。

「僕の親友だよ たった一人のね」

そうすると全体の話の流れは次のようになります。

夏油傑「ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 僕の親友だよ たった一人のね」

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

個人的にはこの言葉のままだと少しだけ違和感も感じます。

そこで内容はそのままに少しアレンジさせてみたのが、以下の内容です。

 

夏油傑「ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 それでも君は僕の親友だよ たった一人のね」

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

五条悟の最後の言葉はこういうセリフだったかもしれませんね。

 

五条悟の最後の言葉は「女は怖いねぇ」?

ただ他にも五条悟の最後の言葉候補は考えられます。

それがこれです!

「女は怖いねぇ」

このセリフだとして全体の流れを見てみましょう。

夏油傑「ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 女は怖いねぇ」

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

夏油傑がリカちゃんという女子の呪霊に敗れたことから、このセリフを五条悟は最後に夏油傑に言ったのかも?と思いました。

これも無くはないという感じでしょうか。

(^_^;)

 

スポンサードリンク


 

五条悟の最後の言葉は「何か言い残すことはあるか」?

呪術廻戦 0巻 五条悟 夏油傑 一言 言葉 最後の言葉 セリフ 1

(引用:呪術廻戦0巻)

では次の五条悟の最後の言葉候補はコレです。

「何か言い残すことはあるか」

これで全体の流れを見てみましょう。

 

そうすると全体の話の流れは次のようになります。

五条悟「何か言い残すことはあるか

夏油傑「誰がなんと言おうと非術師(さるたち)は嫌いだでも 別に高専の連中まで憎かったわけじゃない

ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 何か言い残すことはあるか

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

うん、これは違和感しかありませんね!

これだと五条悟は、同じ言葉を2回繰り返したことになってしまいます。

それにこの言葉を聞いた夏油傑は、こう返すはずです。

「いや、だから言ったよな!」

「さっき、もう言い残したんやけど!!」

「ちゃんと話聞いてた?」

そうなると、やはりこの言葉ではなさそうです。

 

五条悟の最後の言葉は五条悟以外のセリフ?

また五条悟の最後のセリフは、五条悟以外の人の言葉だったかもしれません。

というのも「ジャンプGIGA」についていた付録の「キャラクターブック 京都交流会編」で書かれていたのは「0巻の中で言ってます」という内容でした。

つまり「五条悟が」と書かれてないということは、五条悟の最後の言葉は他の人のセリフという可能性も捨てきれません。

そうなると、やはり狗巻棘(いぬまきとげ)のこの言葉になるでしょうか?

「しゃけ すじこ」

これで全体の流れを見てみましょう!

夏油傑「ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 しゃけ すじこ」

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

絶対ねぇ!!!!!

これは絶対ないですね!

じゃあ書くなよ!って感じなんですけど、もう一つ別の人の0巻のセリフで候補があるので、それを見てください。

 

五条悟の最後の言葉はパンダのこの言葉?

あと気になったのは、呪術廻戦0巻のパンダのこのセリフです。

「オマエ巨乳派?微乳派?」

これで全体の流れを見てみましょう!!

夏油傑「ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった」

五条悟「傑 オマエ巨乳派?微乳派?」

夏油傑「はっ 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」

 

これも絶対に違うわ!!

流れもおかしい!!

世の中「絶対」って無いって言われますけど、これは絶対にありえません!

2人は親友ですから、すでにこの点はもう聞いてるはずですし!!!

(そういう問題?)

さて五条悟の最後の言葉は何なのでしょうか?

この点は映画0巻で明らかにされるのでしょうか?

この点も映画0巻の見どころの一つですね。

スポンサードリンク

 

呪術廻戦0巻・五条悟の最後の言葉は「僕の親友だよ たった一人のね」?

また映画を見た上で、これは結論が出たなと思いましたが、やはり五条が最後に夏油傑にかけた言葉は「僕の親友だよ たった一人のね」だと思います。

というのも夏油傑はその五条悟のセリフを聞いた後で、「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」と言うんですね。

で、この「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」の言い方として、声優の櫻井孝宏さんは少し涙が出そうな表現にしていました。

となるとですよ、ここで五条悟が言ったのは「僕の親友だよ たった一人のね」。

この一択しかないと思いました。

そして映画0巻ではこの場面に至るまでにも、五条悟と夏油傑の仲良さそうな場面も描かれていました。

この流れで夏油傑の声優の櫻井孝宏さんが、少し涙が出そうな表現で「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」と言ったのであれば、ここで五条悟が言ったのは「僕の親友だよ たった一人のね」という発言でしょう!

映画を見たら結論が出たな~と思いました♪

(^-^)

 

呪術廻戦0巻を無料で読むなら「コミック.jp」

また呪術廻戦0巻を無料で読むには「コミック.jp」がおススメです!

漫画bankも閉鎖されましたが、違法サイトはコンピューターウイルス感染のリスクも指摘されていますし、クレジットカードなどの個人情報が流出する恐れがあることも指摘されています。

ですので違法サイトの利用は控えてもらいたいですが、この「コミック.jp」では30日間の無料キャンペーンを実施中で、この無料キャンペーンでは1200ポイントがもらえるんですね。

そして呪術廻戦は0巻を含めて単行本は全て459円です。

つまり「コミック.jp」の無料キャンペーンで、呪術廻戦なら0巻を含めて単行本2冊が無料で読めることになるんですね。

または呪術廻戦の公式ファンブック(836円)も、この「コミック.jp」の無料キャンペーンで読むことができます。

そして私もこの無料キャンペーンを試してみましたが、この無料キャンペーン中にもらったポイントで買った本は、無料キャンペーンが終了した後でも読み続けることができています。

ただ以前は無料キャンペーンでもらえたポイントは1350ポイントでしたが、もらえるポイントが1200ポイントに減ることになりました。

今後もらえるポイントが減る可能性は充分にありますので、1200ポイントがもらえる今のうちに「コミック.jp」で呪術廻戦を無料で読んでおいてはいかがでしょうか?

五条悟の最後のセリフは何かな?と考えながら、呪術廻戦0巻を読むと新たな発見があるかもしれませんよ♪

\ 漫画好きには「コミック.jp」がおススメです /

コミック.jp 1000コース
 

>>コミック.jpで呪術廻戦0巻を読む!<<
 

呪術廻戦0巻の五条悟の最後の言葉とは? まとめ

ここまで呪術廻戦0巻で「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」の前に、五条悟が夏油傑へ言った最後の言葉について考察してきました!

やはり考えられる一番のセリフとしては、「僕の親友だよ たった一人のね」というセリフでしょう。

ただこの「親友」というセリフを本人に伝えるのが恥ずかしいとなれば、「女は怖いねぇ」というセリフもそれほど違和感がないセリフのようにも思えます。

その他にも五条悟以外の人物のセリフも考えましたが、他に何か良いセリフがあるでしょうか?

五条悟の最後のセリフを考えながら、呪術廻戦0巻を読んでみても良いのかもしれませんね。

それでは以上で、呪術廻戦0巻「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」の直前の五条悟の最後の言葉に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

\ 今なら呪術廻戦2冊がタダ読み! /

コミック.jp 1000コース