完全自立型人工呪骸とその作り方は?パンダは夜蛾の息子か?

呪術廻戦 完全自立型 人工呪骸 作り方 パンダ 夜蛾正道 学長 息子
スポンサードリンク
 

さて今回は、呪術廻戦の完全自立型の人工呪骸についてご紹介していきます。

また呪術廻戦147話で夜蛾学長の口から完全自立型の人工呪骸の作り方が明かされました。

この情報は楽巌寺学長から呪術界の上層部(総監部)に伝えられたと思われますが、この情報を得た上層部はどんな動きを見せるのでしょうか?

そしてパンダと夜蛾学長の関係も気になるところで、夜蛾学長は「息子に会いに」と言っていましたが、この息子はパンダのことなのでしょうか?

ここでは完全自立型の人工呪骸と、この完全自立型人工呪骸の作り方を知った上層部は何をするのか?

そしてパンダは夜蛾正道学長の息子なのか?という点を考察していきます。

 

スポンサードリンク
 

完全自立型の人工呪骸とは?

さてまずは完全自立型の人工呪骸の説明からしていきますが、まず呪骸(じゅがい)とは呪いを内包していて、操作で動かされるのではなく、自立することのできる無生物の総称です。

呪術廻戦では1巻3話「自分のために」で、呪骸が初登場しました。

この時には呪術高専に入学しようとしていた虎杖に対して、夜蛾学長が入学理由を問いただしましたが、虎杖の答えに納得しなかった夜蛾学長は呪骸を虎杖に放ちました。

この呪骸には夜蛾学長の呪いがこもっていましたが、呪骸は夜蛾学長から与えらえた呪いを常に保ち続けることで、呪いを内包しつづけて自立して動くことができるものと思われます。

その後、夜蛾学長はこの呪骸の術式を解いたようですが、術式を解いて呪骸から呪いを取り除けば、呪骸は自立して動くことはできないようです。

 

人工的な呪骸には核がある?

また人工的な呪骸には「核」が内蔵されていて、この核は人間の心臓に当たるものとされています。

この核を破壊された呪骸は、本来の無機物同様に自立ができなくなってしまうことが公式ファンブックに書かれています。

また人工的な呪骸は、他の操術で自立して行動することが可能であるものの、動力となる呪力は術師から与えられたものを消費することになっています。

 

完全自立型の人工呪骸とは?

では完全自立型の人工呪骸とは、どのようなものなのでしょうか?

完全自立型の人工呪骸は術師からの呪力を必要とせず、自分の呪力によって自立して動くことができるようになったものです。

この完全自立型の呪骸に「パンダ」がいますが、これは夜蛾学長が作った最高傑作の人口呪骸となっています。

 

呪骸と傀儡の違いとは?

ちなみに呪骸と似たものに傀儡(かいらい)も呪術廻戦には登場してきますが、この2つには明確な違いがあります。

呪骸が内包する呪力による自立で動くものに対して、傀儡は呪力による遠隔操作で動かすものです。

また人工的な呪骸には核があるものの、傀儡には核がありません。

呪骸と傀儡は一見すると似ていますが、これらの点で違いがある存在です。

 

スポンサードリンク
 

完全自立型の人工呪骸の作り方とは?

また呪術廻戦の147話で、この完全自立型の人工呪骸の作り方が明かされました。

それは次のようなやり方です。

  1. 肉体の情報から魂の情報を複製する
  2. その魂の情報を呪骸の核に入力する
  3. 相性の良い3つの魂を宿した核を一つの呪骸に入れる
  4. 3つの魂にお互いの魂を常に観測させる

こうすることで初めて魂は安定して自我が芽生えて、生後3か月を過ぎたあたりで呪力の自己補完を始めていきます。

さてこの完全自立型の人工呪骸の作り方を聞いた上層部は、この後でどうしていくのでしょうか?

 

呪術廻上層部は完全自立型の人工呪骸を作る?

さて完全自立型の人工呪骸の作り方を知った上層部は、完全自立型の人工呪骸を製造したいという意図があるのかもしれません。

そうでなければ人工呪骸の製造方法を聞き出す必要がないと考えられますよね。

実際には完全自立型の人工呪骸の作成を試みるのは楽巌寺学長ではなく、呪術界・総監部の別人なのかもしれませんが、これまでも呪術界の上層部は良い印象を受けることはありませんでした。

自分たちの保身しか考えていない。

それが呪術界の上層部の人たちの考えです。

そのため虎杖にしても乙骨先輩にしても、上層部は死刑にしたいという意向を示してきました。

そんな保身しか頭にない上層部ですので、自分たちの身を守るための軍隊になり得る完全自立型の人工呪骸を作り出したいという願望があるのかもしれませんね。

 

総監部は人工呪骸の製造に成功する?

さて呪術界の総監部は、完全自立型の人工呪骸の製造に成功するのでしょうか?

総監部の中には、夜蛾学長と同じく術式・傀儡(かいらい)操術の使い手の人物がいるのかもしれません。

もし傀儡操術の使い手が存在していれば、完全自立型の人工呪骸の製造方法を聞き出した今、上層部が製造に成功する可能性は一定程度はあると考えられます。

ただ夜蛾学長でもパンダを作った時はセンセーショナルな出来事でしたので、総監部といえどもそう簡単には完全自立型の人工呪骸を製造できるとは思えません。

ですので総監部が完全自立型の人工呪骸の製造に成功するまで、ある程度は長い期間が必要になると思われます。

 

呪術界は分断される?

また総監部が完全自立型の人工呪骸の製造に成功した場合、呪術界は二分されてしまうのかもしれません。

上層部vsそれ以外の呪術師(虎杖たち)。

もしも上層部が完全自立型の人工呪骸の製造に成功した場合、そんな図式での争いが生まれてしまう可能性があります。

とはいえパンダは一定程度の強さはあるものの、準2級という階級です。

完全自立型の人工呪骸と言えども、それほどの強さがあるわけではなく、もし上層部が完全自立型の人工呪骸を作ったとしても、この人工呪骸たちに虎杖たちが勝てる可能性はあるのかもしれません。

特に五条悟の封印が解除されれば、形勢は一気に逆転するはずです。

さて五条悟の封印の解除はいつになるのでしょうか?

 

上層部は羂索と手を組む?

また呪術界が二分されてしまった場合、虎杖たちと対立した上層部は完全自立型の人工呪骸では対抗できないことを知り、羂索(けんじゃく)一派と手を組むことになるのかもしれません。

敵の敵は味方。

その言葉通り、虎杖たちを敵とする勢力同士が手を組むという展開が考えられます。

保身しか考えていない上層部は、呪詛師(じゅそし)とあまり変わりはないのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

パンダは夜蛾学長の息子?

また147話で、呪骸も連れずにどこへ行くのかと聞かれた夜蛾学長は「息子に会いに」と答えました。

ここで夜蛾学長が言っていた息子というのは、もしかするとパンダのことなのではないでしょうか?

もしかすると夜蛾学長の息子は何らかの形で死亡してしまったのかもしれません。

そして夜蛾学長はこの息子の魂を呪骸の核に入力して、さらに相性の良い三つの魂を宿した核を一つの呪骸の中に入れてみた。

そうして出来上がったのが、完全自立型の人工呪骸であるパンダだったという可能性があるのかもしれません。

夜蛾学長がパンダを誕生させた時、センセーショナルな話題となったことが公式ファンブックに書かれています。

夜蛾学長は自分の息子だったからこそ人工呪骸の製造に力がこもり、完全自立型の人工呪骸を完成させることができたのかもしれません。

夜蛾学長と日下部の関係の回想シーンでも、日下部(くさかべ)の妹の子供であるタケルの魂の情報を犬の呪骸に入力することに成功していましたが、これはパンダが出来た後のことかもしれません。

いつかそんな話が呪術廻戦の本編で描かれるかもしれませんね。

 

パンダの残り2つの核の人物は?

またパンダは3つの核がある人工呪骸として描かれています。

一つはパンダ本人の核ですが、残りはお兄ちゃんとお姉ちゃんの核ということになっています。

今後はどこかで、このパンダの核であるお兄ちゃんとお姉ちゃんの元になっている人物が描かれるのかもしれませんね。

もしかすると夜蛾学長に3人の子供がいて、パンダには全て夜蛾学長の子供の魂が核となっている可能性もあり得ます。

ここで疑問なのは、人工呪骸の核となる魂は死んだ人間の魂だけなのか?

まだこの点は明らかにされていません。

もしも死んだ人間の魂だけを人工呪骸の核にすることができるとして、夜蛾学長の子供3人の魂がパンダの核となっているとしたら、夜蛾学長は3人の子供を全て失ったことになります。

それは自宅が火事になったなどの悲劇があったのかもしれませんが、パンダの核となっているお兄ちゃんとお姉ちゃんの元になっている人物は誰なのでしょうか?

この点も気になるところですね。

 

スポンサードリンク

完全自立型人工呪骸とその作り方は?パンダは夜蛾の息子か? まとめ

ここまで完全自立型の人工呪骸と、その作り方を知った上層部がどうするのか?

そしてパンダは夜蛾学長の息子なのか?という点を考察してきました。

完全自立型の人工呪骸の作り方を知った上層部は、その製造を試みるのかもしれません。

そしてその場合には、上層部は人工呪骸を使って虎杖の捜索や死刑執行を狙うかもしれず、そうなると呪術界が二分される恐れもあります。

ただ人工呪骸の強さには限界もあるかもしれず、上層部は展開が不利になった場合には羂索と手を組むことも考えられます。

この点は呪術廻戦の今後の展開として気になるポイントですが、パンダが夜蛾学長の息子なのかという点も気になるところです。

夜蛾学長の実の息子の魂を入力した呪骸こそがパンダなのかもしれませんし、だからこそ呪骸の製造に力がこもり完全自立型の人工呪骸の製造に成功したのかもしれません。

それが明かされる日はいつか訪れるのでしょうか?

またはずっと描かれないままに呪術廻戦が最終回を迎えるのかもしれませんが、どこかの回想シーンの一コマとして明かされることを期待したいですね。

それでは以上で、完全自立型人工呪骸やパンダは夜蛾の息子なのか、という点の考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク