呪術廻戦の作者は死亡?芥見下々先生が死亡したら連載は終了して打ち切り?

呪術廻戦 作者 死亡 死亡説 真相 連載 打ち切り
   
スポンサードリンク
   

呪術廻戦は呪いを題材にした大人気のダークファンタジー漫画です。

この呪術廻戦はアニメや映画も人気が高まっていますが、Googleで検索すると「呪術廻戦 作者 死亡」と出てきます。

では呪術廻戦の作者は死亡しているのでしょうか?

また死亡していないとすれば、なぜ呪術廻戦の作者の死亡が検索されているのでしょうか?

こちらでは漫画・呪術廻戦の作者の死亡と死亡説について検証していきます。

>>呪術廻戦を無料で読む方法は?<<
 

   
スポンサードリンク
 

呪術廻戦の作者・芥見下下先生は死亡?

結論としては死亡していません。

現在でも週刊少年ジャンプで、呪術廻戦は掲載が続いています。

ただ「呪術廻戦 作者」と検索すると「呪術廻戦 作者 死亡」と出てきます。

ということは「呪術廻戦の作者が死亡しているの?」と一定数の人が検索していることは間違いなさそうです。

なぜ呪術廻戦の作者・芥見下々先生の死亡が検索されているのでしょうか?

ここからは推測にはなりますが、呪術廻戦の作者の死亡が検索されている理由を考察していきます。

 

休載があったことで死亡説が流れた?

まず呪術廻戦は週刊少年ジャンプで休載したこともあり、そこから作者の芥見下々先生の死亡が気になっている人がいるのかもしれません。

最近では2022年3月14日発売の週刊少年ジャンプで、作者・芥見下々先生の体調不良による休載がありました。

また2021年6月21日発売の週刊少年ジャンプでも、作者・芥見下々の体調不良により約1カ月ほどの休載期間がありました。

このように作者の芥見下々先生の体調不良によって何度か連載が休載したこともあって、呪術廻戦の作者の死亡を気になっている人がいると思われます。

 

漫画の連載を読んでいない人が検索?

また連載漫画を読んでいる人は、連載が続いていることを知っています。

つまりジャンプを毎週読んで呪術廻戦の最新話まで読んでいる人は、作者の芥見下々先生が死亡していないことは分かっているはずです。

ただアニメしか見ないという人もいますので、連載漫画を読んでいない人が「呪術廻戦 作者 死亡」と検索しているのだと思われます。

 

人気漫画・アニメのため作者死亡後の打ち切りが気になるから?

また呪術廻戦は人気の高い作品ですので、作者の死亡後に漫画の連載がどうなるのか?

打ち切りになってしまうのか?という点を気にしている人もいるのかもしれません。

やっぱり呪術廻戦は面白い漫画ですので、最終回まで読みたいですよね。

ちなみに芥見下々先生は、現在何歳なのでしょうか?

 

呪術廻戦の作者の年齢は何歳?

さて呪術廻戦の作者・芥見下々先生の年齢ですが、2022年5月の時点でまだ30歳の若さです。

ただ過去には若くして亡くなった漫画家の先生もいます。

もしかするとそうした知識のある人が、呪術廻戦の作者の死亡について気になって検索しているのかもしれません。

ではここからは、過去の漫画家の先生の死亡時の年齢やその後の連載がどうなったかを振り返りたいと思います。

 

 
スポンサードリンク
 

呪術廻戦の作者が死亡したら連載は終わるの?

また気になるのは、もしも呪術廻戦の作者・芥見下々先生が死亡した場合、その後の連載がどうなるのか?という点ですね。

そこでこれまでの漫画作者の死亡後に、当時の連載漫画がどうなったかを振り返っていきます。

 

作者死亡後に連載が終了した漫画は?

まずこれまで作者が死亡した後で、連載が終了した漫画は次のようになっています。

作品名 作者名 死亡時の年齢
ドラえもん 藤子・F・不二雄 62歳
サイボーグ009 石ノ森章太郎 60歳
いたずらなKiss 多田かおる 38歳
チャンプ ちばあきお 41歳
鮫島、最後の十五日 佐藤タカヒロ 41歳
かつて魔法少女と悪は敵対していた。 藤原ここあ 31歳
あまねあたためる 佐渡川準 34歳
ベルセルク 三浦健太郎 54歳

※この他にも作者が死亡して連載が終了した漫画はありますが、ここでは一部を挙げています。

ちなみに上記のうち「チャンプ」は作者ちばあきお先生が死亡してからも、チーフアシスタントの手によって最終話となった8話までが完成させられたと言われています。

ただその後の連載は続かなかったという点で、ここでは連載終了とさせていただいています。

 

作者死亡後も連載が継続した漫画は?

では次に、作者が死亡した後も連載が継続した漫画をご紹介していきます。

作品名 作者名 死亡時の年齢
ゴルゴ13 さいとう・たかを 84歳
クレヨンしんちゃん 臼井儀人 51歳

ご存知のように「ゴルゴ13」では、さいとう・たかを先生の『さいとう・プロダクション』で分業体制が取り入れられていたそうです。

そしてさいとう・たかを先生の死亡後は、さいとう・プロダクションと脚本スタッフ、そしてビッグコミック編集部の協力の元で連載が継続することになりました。

また「クレヨンしんちゃん」は、2010年から新スタッフの力で『新クレヨンしんちゃん』が連載再開となっています。

 

呪術廻戦は作者死亡後に連載が終了する?

では漫画・呪術廻戦は作者・芥見下々先生が死亡した後に、連載が継続するのでしょうか?

それとも連載は打ち切りになってしまうのでしょうか?

これまでの漫画の歴史を振り返ると、作者死亡後もも連載が継続した漫画は、ゴルゴ13とクレヨンしんちゃんなど国民的な人気マンガだけです。

しかしドラえもんも国民的マンガと言えますが、それでも連載は継続していません。

呪術廻戦は非常に面白い漫画で、高い人気を誇るものの、ゴルゴ13やクレヨンしんちゃんに匹敵するほどなのか?という点はやや疑問が残ります。

 

また分業体制がどの程度確立しているか?という点も、連載継続の条件になると思われます。

ただ作者の芥見下々先生が体調不良によって休載するということは、芥見下々先生は忙しく分業体制はできていないのでは?と思われます。

ですので呪術廻戦は、作者の芥見下々先生が死亡してしまうと連載が終了して打ち切りになってしまう可能性が高いのではないか?とは思います。

 

呪術廻戦の連載が継続する可能性は?

とはいえ将来のことはまだ分かりません。

また以下の点で変化が見られれば、作者・芥見下々先生が死亡した後にも連載が継続される可能性はありそうです。

  • 呪術廻戦の人気の高まり具合
  • 周囲のスタッフとの分業体制の確立
  • その後のストーリー展開の他のスタッフとの共有

その他にも連載が継続する要因はあるかもしれませんが、呪術廻戦の最終回まで読みたいですので、芥見下々先生には健康に気をつけて執筆活動に取り組んでいただきたいですね。

もしも体調不良になった場合には、無理せず休んでいただきたいと思います。

 

 
スポンサードリンク
 

呪術廻戦の作者は死亡?死亡したら打ち切り?まとめ

ここまで呪術廻戦の作者が死亡したのか?

また呪術廻戦の作者・芥見下々が死亡した場合、呪術廻戦のマンガ連載は終了して打ち切りになるのか?について考察してきました。

現時点では、呪術廻戦の作者・芥見下々先生は死亡してはいません。

ただ芥見下々先生は何度か体調不良で呪術廻戦が休載したこともありました。

その他ではアニメだけを見ている人などが「呪術廻戦 作者 死亡」と検索するケースも考えられます。

また若くして死亡した漫画家の先生もいますので、そうした知識のある人が呪術廻戦の作者が死亡していないか?と気にして検索されている可能性も考えられます。

漫画家の先生も漫画がヒットすれば、仕事が激務になってしまうのかもしれません。

ですので分業体制を確立するなどして漫画家の先生の負担が減って、そして健康にも気を付けて執筆活動にも取り組んでもらいたいですね。

それでは以上で、呪術廻戦の作者・芥見下々先生が死亡したのか?という点や、死亡した場合には連載が終了して打ち切りになるのか?という点の予想・考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク