キングダム政の弟・成蟜(せいきょう)の史実!最後の死亡が泣ける!

キングダム 政 弟 成蟜 史実 最後 その後 死亡 瑠衣
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中華を舞台にした長編の大人気漫画です。

このキングダムには政の弟として、成蟜が登場してきますが、この成蟜は史実ではどんな活躍があったのでしょうか?

またこの成蟜の史実での最後の死亡は、どのような形だったのでしょうか?

こちらではキングダムの政の弟・成蟜の史実をご紹介していき、キングダムでの最後の感動の場面までご紹介していきます。

またもしも成蟜が死ななかったらどうなっていたか?

そんなifも考えてみたいと思います。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダム政の弟・成蟜(せいきょう)の史実とその最後は?

さてキングダム政の弟・成蟜のご紹介ですが、成蟜は史実でも政と腹違いの兄弟になります。

ちなみにキングダムでは成蟜の母親は王族の娘でした。(どこの国の王族かは不明です。)

ただ史実での成蟜の母親は、韓の夫人だったという説があります。

父親の荘襄王がめとった相手ですので、王族の可能性もありますが、成蟜の母親が王族なのか?については史実では明らかにはされていません。

ちなみに政と成蟜はどちらも父親は荘襄王だとされていますが、政の父親は呂不韋?というウワサもあります。

>>政の父親は呂不韋だった?

もしも政の父親が呂不韋なら、政と成蟜は血のつながりが全くないことになりますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

さてそんな成蟜ですが、史実ではどんな活躍を見せたのでしょうか?

 

成蟜の史実での活躍は?

では史実での成蟜の活躍をご紹介していきますが、成蟜は韓に送り込まれて韓の宰相となり、韓の土地・百里を秦の領土にしたと伝えられています。

成蟜はこれをどのような経緯で成し遂げたのかは不明ですが、韓の宰相になったということは、成蟜はそれだけ優れた人物だったということになるのかもしれません。

ちなみにこれは紀元前242年のことでしたが、成蟜はこの功績によって長安君に封ぜられたことになっています。

そんな成蟜は史実でも政に反旗を翻していますが、それはいつのことだったのでしょうか?

 

史実の成蟜も反乱を起こした?

さて史実の成蟜の反乱ですが、これは紀元前239年とされています。

ただこれはキングダムでは屯留の蒲鶮(ほかく)が主導した反乱であり、この時の成蟜はハメられた形になっていました。

史実の成蟜の反乱はどのようなものだったのでしょうか?

 

成蟜は趙を攻めた時に反乱を起こした

さて史実の成蟜の反乱ですが、成蟜は軍を率いて趙を攻撃した時に、屯留(とんりゅう)の蒲鶮(ほかく)の軍を従えて反乱を起こしたと言われています。

ここに至るまでの経緯は不明ですが、成蟜は秦王の弟という立場でしたので、さらに欲が出て秦王の座が欲しくなったのでしょうか?

それとも秦王の弟を誰かが担ぎ上げようとして、成蟜に反乱をたきつけた人物がいたのかもしれません。

それが屯留の蒲鶮だったかもしれませんが、真偽のほどは不明です。

 

成蟜の反乱の結末とその最後は?

さて理由は定かではありませんが、成蟜は反乱を起こしましたが、成蟜の最後は秦に攻撃されて死亡したことになっています。

また成蟜は屯留の城壁の中で自殺したという説もささやかれています。

このタイミングで成蟜が死亡したことはキングダムでも同じでしたが、この反乱については真相がよく分かっておらず、不明な点も多く残されています。

 

スポンサードリンク
 

キングダムの成蟜はどんな人物?

さてここからは史実ではなくキングダムの成蟜をご紹介していきますが、成蟜の母親は公主(こうしゅ:王族の娘)であり、血筋が王族に近いのは政よりも成蟜の方でした。

ただこの弟・成蟜は幼いころから持ち上げられてきたせいか、性格はひん曲がっていました。

人を人とも思わない所業は多く、母親の公主の悪口を言っていた女性を殺害したり、平民から自分の成蟜に侍るまでになった家臣を意味なくランカイに殺害させたりしていました。

そんな成蟜は政が秦王になって2年後の紀元前245年に、反乱を起こしていくことになります。

忍者
ただ史実での成蟜は、このタイミングでは反乱を起こしてはいません。

 

成蟜の年齢は何歳?

また政の弟・成蟜の年齢は何歳なのでしょうか?

成蟜は生まれた年が史実でも分かっていませんが、兄の政は始皇帝ですので生まれた年も明確になっていて、政の生まれた年は紀元前259年となっています。

ちなみにキングダム1巻の成蟜反乱時は紀元前245年で、政の年齢は15歳となっています。

(参考:公式ガイドブック戦国七雄人物録)

また成蟜が政より2~3歳年下だと考えると、キングダム1巻の成蟜の年齢は12~13歳となります。

ちなみにキングダムでの成蟜は、最後に屯留(とんりゅう)の反乱軍に殺害されてしまいますが、この時の政の年齢は21歳となっています。

成蟜の年齢は2~3歳年下ですので、成蟜が死亡した時の年齢は18~19歳ということになります。

これはあくまで推測ですが、この辺りが史実の成蟜の年齢としても妥当な線ではないかと思います。

 

成蟜の部下は?

また成蟜の部下にはどんな人物がいたのでしょうか?

まずは巨大なランカイはその代表格ですが、闇商人が珍種のサルとして売り出していたものを成蟜が買ったのがランカイです。

また成蟜が趙軍を倒そうとして出陣した時には、袁夏(えんか)将軍と、龍羽(りゅうう)将軍という2人の将軍が成蟜軍の副将として出陣しました。

ただ龍羽将軍は、その後に成蟜を裏切って、袁夏将軍を斬ることになっていきます。

 

スポンサードリンク

キングダムですぐに反乱を起こす弟・成蟜

またキングダムでの成蟜は先ほど書いたように、初登場からすぐに兄・政から秦王の位を奪い取ろうと反乱を起こしていました。

この成蟜の初登場が何巻かと言えば、第1巻・第4話「反乱軍の手」の回でのことでした。

なぜ成蟜がこのタイミングで政から王位を奪おうとしたのか?

それは成蟜自身の母親は王族なのに対して、政の母親は趙の舞妓で平民であり、王位は純血の王族こそが望ましいという成蟜の考え方によるものでした。

ただこれはあくまで言い訳にすぎず、それまでは成蟜が次の王位を継ぐと思われていて、成蟜は周りからチヤホヤされていたんですね。

しかし次の王位を継ぐ太子の地位に、政がついたことで状況は一変。

成蟜の周りからは人が離れていってしまいました。

また成蟜は兄の政がいることは聞いておらず、突如として趙から帰ってきた政に突如として王位継承者の立場を奪われたこと。

そして成蟜は政にさげすまれたと感じたことが、成蟜の反乱のキッカケになったようです。

 

失敗に終わった成蟜の反乱

ただキングダムでのこの成蟜の反乱は、政や信たちによって鎮圧されることになっていきます。

成蟜は竭氏(けつし)を味方につけて、もう少しで秦王の座を奪うというところまで来ましたが、政の方が一枚上手で、山の民を味方につけて玉座の奪還に動きます。

また信も成蟜陣営の決め手である左慈(さじ)を倒すなどの活躍を見せました。

その他、政自身も戦場で見事な檄を飛ばして士気を挙げていましたが、政に山の民や信などを束ねる人間力があったことが、政陣営の勝因だったように思います。

この反乱の最後には、成蟜は政からボコボコに殴られることになります。

ただこの痛みが効いたのか、腐っていたはずの成蟜はその後にここから人間的に大きく成長を遂げることになっていきます。

 

スポンサードリンク

反乱のその後に人間的に変わっていった成蟜

さて最初の反乱が失敗に終わった成蟜でしたが、その後の成蟜は人間的に変貌(へんぼう)を遂げていくことになります。

その成蟜の成長を促したのは兄の政であり、特に合従軍戦で政が蕞(さい)で戦ったことは成蟜に大きな影響を与えたようでした。

この蕞に向かう政と成蟜が語りあう場面は、キングダム単行本34巻・368話「兄弟の今」の回で描かれています。

ここから成蟜は成長していき、臣下の忠誠心も高くなっていました。

そんな成蟜の妻は瑠衣(るい)でしたが、この瑠衣も成蟜の成長を身近で見ていて、おそらく成蟜の心の中には政に協力しようとする気持ちはあれど、政に対抗する気持ちさえないのではないか?と考えていました。

また成蟜が瑠衣を思って言った一言は、成蟜の成長を感じさせるものでした。

今思えば瑠衣も哀れな女だ

本当は王の后となるために俺に嫁いできたのだからな・・・

それは瑠衣の立場になって物事を考えてないと出てこない言葉であり、この言葉にも成蟜の人間的な成長が垣間見えるように思います。

これは単行本34巻・370話「不穏な影」での回のことでしたが、ただそんな成蟜がこの後で政に対して反乱を起こすことになっていきます。

これは史実と同じく紀元前239年こととになっています。

 

趙が秦国内に攻め込んでくる

さてキングダムでの成蟜反乱までのいきさつですが、まず趙が秦に攻めてくるところから始まります。

その趙は2万の軍勢を率いて、屯留(とんりゅう)を目指して軍を進めてきました。

しかしこの屯留を向える適任の将がおらず、ここで呂不韋は政に出陣を要請します。

ここで弟の成蟜が登場してきて、政を外に出してから呂不韋が何かをするのではないか?と勘繰ります。

そしてここで成蟜が屯留で趙軍を迎え撃つために出陣することになっていきます。

ちなみにこの屯留には、成蟜の妻の瑠衣が里帰りをしていました。

 

成蟜軍が趙軍を撃退

さて屯留に到着した成蟜軍ですが、敵対するのは趙の昧広(まいこう)将軍。

しかし屯留に到着した成蟜軍が強いと見るや、即座に全軍退却を命じる昧広将軍でした。

アッサリと趙軍を退けた成蟜軍でしたが、ここから屯留を取り仕切っていた蒲鶮(ほかく)が、成蟜に反乱をたきつけていきます。

 

裏で呂不韋をつながっていた蒲鶮

さてキングダムの成蟜は、蒲鶮に反乱をたきつけられても動じることはありませんでした。

そこで蒲鶮は成蟜に対して乱暴な言葉を吐いてきて、成蟜は成蟜軍の袁夏将軍に蒲鶮を討ち取らせようとします。

しかし成蟜軍だった龍羽将軍が、この袁夏将軍を殺害。

龍羽将軍と蒲鶮がつながっていたことが判明しました。

あとは蒲鶮が動いていき、ここで成蟜が主犯となり反乱が起こされたことになっていきます。

この知らせに政は成蟜がハメられたのではないか?と考えて、飛信隊に成蟜救出を依頼することになっていきます。

 

スポンサードリンク
 

成蟜の反乱を主導する蒲鶮


さて屯留では、成蟜を首謀者とする反乱を蒲鶮(ほかく)が扇動(せんどう)していきました。

1年前から屯留に現れた蒲鶮は、この辺りの有力者にお金をばらまいて手なずけていました。

そして周囲に雄弁をふるい、成蟜を秦王にしようとして周囲に蜂起(ほうき)を促していきます。

周到な準備から屯留には反乱軍が続々と集結することになり、その数7万まで膨れ上がることになっていきます。

 

討伐軍の到着

そして反乱軍と咸陽からの討伐軍が戦うことになっていきます。

反乱軍を率いるのは、成蟜軍の将軍だった龍羽将軍。

一方の討伐軍を率いるのは壁将軍でした。

反乱軍と対峙した討伐軍でしたが、その反乱軍に加勢した軍があり、それが趙の昧広将軍でした。

反乱軍を率いる蒲鶮と趙の将軍は裏
でつながっているからでした。

(そこには呂不韋と趙の郭開という人物のつながりがあったからでしたが。)

ピンチになったかと思われた討伐軍でしたが、ここにギリギリのタイミングで間に合ったのが飛信隊でした。

そこで飛信隊と共に、壁軍は反乱軍を撤退させることに成功します。

そしてここで信は壁から、成蟜がハメられている可能性があることを聞き、飛信隊は成蟜の救出に向かうことになっていきます。

 

成蟜の反乱の黒幕は?

またこの成蟜の反乱は蒲鶮が扇動していましたが、その蒲鶮を裏で操っている黒幕は呂不韋でした。

呂不韋は成蟜に反乱させ、なおかつ成蟜の軍と政陣営の軍を戦わせて、政陣営の弱体化を図ることも目的にしていました。

そして呂不韋は秦王の弟に反乱を起こさせることで、王族への不信感を秦国内に浸透させることも狙っていました。

また蒲鶮は反乱の首謀者である成蟜の首を差し出し、蒲鶮は反乱鎮圧の功績を挙げて、屯留をもらい受けて統治する。

そうした算段で、呂不韋の手によってこの反乱が仕組まれていることが明らかになっていきます。

 

見張りを寝返らせる成蟜

また討伐体の壁軍と飛信隊が屯留を攻めてきますが、城内に飛信隊が入ったことで、蒲鶮は成蟜の首をさっさと刎(は)ねてしまおうと考えます。

そこで成蟜は見張りに家族がいるかを確認していきます。

そして見張りたちは蒲鶮から大金をもらえると話していましたが、蒲鶮はすぐに見張りたちは家族もろとも皆殺しになると言います。

確かに蒲鶮としては、あとで自分の行いが知られることを避けるため、口封じをすることは充分に考えられることでした。

また成蟜は自分を救えばお金も蒲鶮の十倍は渡せることや、成蟜の場合は生き証人となる見張りを殺害しても得することがないことを伝え、見張りたちに成蟜と蒲鶮のどちらに付くかを迫ります。

そして見張りを寝返らせることに成功した成蟜は、間一髪で牢屋から脱出することに成功します。

スポンサードリンク


 

成蟜と蒲鶮の死

さて牢屋から抜け出した成蟜が向かった先は、外ではなく妻の瑠衣の元でした。

そして成蟜は瑠衣を救ってから城内からの脱出を図りますが、成蟜は瑠衣を救出するまでに敵兵と戦うことになってしまい、深手を負ってしまいました。

逃げる成蟜・瑠衣、そして追う蒲鶮という図式でしたが、飛信隊もなかなか成蟜や蒲鶮を見つけられずにいました。

そして成蟜はついに蒲鶮に見つかりますが、ここで成蟜は蒲鶮を討つことに成功します。

ただこの戦いで成蟜も致命傷を負ってしまい、身体は冷たくなっていました。

ここから成蟜は、李信と瑠衣に遺言を残すことになっていきます。

 

成蟜が李信に残した遺言とは?

では成蟜が李信に残した遺言は、どのようなものだったのでしょうか?

成蟜は最初の反乱の時に敵対していた李信のことをしっかりと調べていて、成蟜はその調査の中で李信が政の支えになりつつあることも知ったようです。

そのことは李信も飛信隊メンバーも成蟜が何を言っているのか分かっていない様子でしたが、政は成蟜には李信が頼りになる存在であることを伝えていたのかもしれませんね。

また成蟜は政の中華統一の夢も聞いていて、それを成し遂げることで中華は悲劇に覆われてしまい、政に跳ね返ってくる恨みや怨念は長平の比ではないことを語ります。

成蟜はそれを政が一人で受け止めることは難しいと考えていて、もしも政が崩れることがあれば自分が取って代わろうと考えていました。

つまりこの時の成蟜はあくまで政を手助けして、もしも政が崩れた場合には自らが先頭に立つ覚悟を内に秘めていた、ということになりますね。

ただそれができないことになった今、成蟜は李信が政の剣であり、同時に盾であることを忘れるなと忠告します。

成蟜は李信の存在自体が政の支えとなることを予想していて、さらに李信が倒れることも心配していましたが、李信は「俺は絶対に倒れねェ」と強く言い切ることになります。

その李信の言葉に成蟜は安心したのか、成蟜は安心した表情を浮かべて最後の言葉を妻の瑠衣にかけていくことになります。

 

成蟜が瑠衣に残した遺言とは?

さて成蟜が瑠衣に残した遺言は、どんな内容だったのでしょうか?

まず一つ目は成蟜の一派をまとめ上げて、政の元に一本化させることをお願いする内容でした。

そして成蟜が瑠衣に伝えた最後の内容がもう一つ。

それは成蟜が初めて瑠衣に会った時から、ずっと瑠衣にほれているという内容でした。

「知っています」という瑠衣の答えに納得したような笑顔を見せて、成蟜は笑顔で息を引き取ることになっていきます。

 

死して涙される成蟜

成蟜はその最後に、妻の瑠衣の腕の中で死亡しました。

その死後に、咸陽からついて来ていた成蟜の忠臣たちが成蟜を取り囲んでいましたが、成蟜の死に皆が涙を見せていました。

最初の成蟜の反乱の時には、本当の味方は誰もいそうになかった成蟜でしたが、忠臣たちに死を惜しまれるほどの人間に成蟜は成長していたことに、李信も思うところがあったようです。

また成蟜の死亡のその後は、成蟜の予想を超える出来事も起こっていました。

 

成蟜の死亡のその後は?

さて成蟜の死亡のその後ですが、瑠衣は成蟜の遺言通りに成蟜の一派をまとめ上げていました。

そして成蟜は自分の死後に半分は成蟜陣営を去ると予想していましたが、その予想に反して9割の人々が成蟜陣営に残ることになりました。

これを瑠衣は、成蟜の徳の業(わざ)と考えていましたが、この様子には成蟜もあの世で驚いていたのかもしれませんね。

 

成蟜の死亡は何巻何話?

ちなみに成蟜の死亡は、単行本35巻・377話「剣と盾」の回で描かれています。

この成蟜死亡の物語は、キングダムの中でも名シーンに数えられるものですが、この場面は見てもらいたい場面の一つです。

 

もしも成蟜が死ななかったら


またもしも成蟜が死ななかったら、どうなっていたでしょうか?

成蟜は政陣営の強力な助っ人として活躍して、政と呂不韋陣営の戦いをさらに早く終結させた可能性があったのかもしれません。

ただ成蟜が死亡したことで成蟜陣営はやや力を落としましたが、成蟜が死亡したからこそ成蟜陣営の人々は呂不韋を成蟜の仇だと考えて、より結束したと思われます。

呂不韋陣営との戦いは、瑠衣を筆頭にした成蟜陣営にとっては弔い合戦のようになっていたことでしょう。

つまり成蟜は死して成蟜陣営を強くして、政の力になったことは疑いの余地がありません。

ですので成蟜はもしも死亡していなかったとしても、政と呂不韋陣営の戦いの結末の時期はそれほど変わらなかったことが考えられます。

ただ成蟜の死亡後に、瑠衣は成蟜がもっと政と話をしたかったと思います、と言っていました。

ですのでもしも成蟜が生きていたら、成蟜は政と話を深めて、より政を信頼して尊敬するようになっていた可能性は高いでしょう。

また政にとって李信が支えとなっているようでしたが、もしも成蟜が生きていたら、成蟜も政にとっての支えになった可能性は高いのかもしれません。

人間的に成長した成蟜の死は、兄の政にとって損失となったことは間違いないと思われます。

スポンサードリンク

 

キングダム政の弟・成蟜(せいきょう)の史実と最後 まとめ


ここまでキングダムの政の弟・成蟜の史実や、その最後についてご紹介してきました。

成蟜は史実では韓の宰相になっていて、韓から百里の土地を得たという事実がありました。

また成蟜は史実でも反乱を起こしましたが、その詳細は分かっていないことが多く、成蟜自ら反乱を起こしたのか?それとも誰かにそそのかされたのか?という点も不明です。

そしてキングダムでは当初は性格も悪く、悪役としてピッタリだった成蟜も、その後に人間的に成長していくことになり、その最後の死亡は多くの忠臣たちの涙を誘うことになりました。

惜しまれながら最後を迎える。

それは誰もが望む死に方のように思えますが、そうなりたいなら私たちも人間的に成長しないといけないのかもしれませんね。

それではここでキングダムの政の弟・成蟜の史実や最後の死亡についてのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク