キングダム悼襄王(とうじょうおう)の死因は毒殺?犯人・黒幕はこの人?

キングダム 悼襄王 とうじょうおう 趙王 死亡 死因 毒殺 犯人 黒幕 誰
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中華を舞台にした大人気漫画ですが、このキングダムには趙の悼襄王(とうじょうおう)という人物が登場しました。

この悼襄王は、キングダムでは59巻・644話「桃泉殿」の回で死亡しました。

ではこの悼襄王の死因は何だったのでしょうか?

また悼襄王は毒殺の可能性がありますが、もしも悼襄王が毒殺された場合、その犯人や黒幕はだれなのでしょうか?

こちらではキングダムの悼襄王の死因と、それが人の手による殺害であった場合、犯人や黒幕は誰になるのかを予想・考察していきます。

それでは最後までお楽しみください。

 

スポンサードリンク
 

キングダム悼襄王の死亡

ではまずは実際のキングダムでの悼襄王の最後を見ていきましょう。

悼襄王が死んだのは、キングダムでは59巻・第644話でのことでしたが、その回までに李牧は鄴を王翦に奪われてしまい、戦犯の扱いを受けていました。

この李牧処刑を思い止まるように悼襄王を諫(いさ)めていたのが、悼襄王の息子である太子(よつぎ)・嘉(か)でした。

しかし悼襄王は太子・嘉の右耳を噛みちぎるという奇行に走ります。

一方で李牧を慕うカイネや舜水樹たちも、李牧救出のために処刑場に李牧が現れた時に救出することを考えていました。

李牧を巡って様々な人たちの思惑が行き交う中、悼襄王は桃泉殿(とうせんでん)と名付けられた風呂場で子供たちと一緒に過ごしていました。

ここで悼襄王は自分に天が与えてくれたのは、この風呂場と子どもたちだけだと語ります。

「あとはどいつもこいつもこの俺を」というその後の悼襄王の発言からは、周囲の大人たちが心の底では悼襄王をバカにしていることを、悼襄王自身が感じ取っていた様子が伺えます。

そして悼襄王はお風呂の中でお酒を飲んでいましたが、お酒を飲んでは咳き込む場面が見られ、お風呂から上がろうとします。

そこで悼襄王は胸に強い痛みを感じたようで、そのまま右に倒れ込んでしまいました。

医者を呼べと悼襄王は周囲の子供たちに伝えるものの、子どもたちは動く様子を見せることなく、悼襄王は口やお尻からも血を吹き出してきました。

それでも悼襄王は早く医者をと周囲の子供たちに訴えますが、子供たちは悼襄王をさげすんでいるような表情を浮かべて、最後まで医者を呼ぶことをしませんでした。

そしてついに悼襄王はここに死亡することになってしまいます。

これは紀元前236年のことで、趙が鄴(ぎょう)を失った年でもありました。

ちなみに悼襄王は死亡する間際に、信頼していた子供たちにまで小ばかにされていることが分かりましたが、その最後は非常に寂しく哀しい最後となってしまいました。

 

歴史上の悼襄王の死亡はどんな形だった?

ちなみに歴史上でも悼襄王は実在していましたが、この悼襄王の歴史上の死亡がどんな形だったかは記録が残されていません。

王という立場ですので、権力争いによって毒殺された可能性もなくはないのかもしれませんが、真相は闇の中ということになっています。

それではキングダムの悼襄王の死因は、何だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダム悼襄王(とうじょうおう)の死因は毒殺か?

さてそれでは悼襄王の死因に関する考察ですが、キングダムでは悼襄王の死因は明らかにされていません。

また悼襄王の死亡の様子からすると次の可能性が考えられます。

  • 病死
  • 毒殺

それではそれぞれを詳しく検証してみたいと思います。

 

悼襄王の死因は病死?

まず悼襄王の死因として考えられるのは、病死による死亡です。

元々キングダムでは、趙の悼襄王は病(やまい)がちな王として描かれていました。

そのためか悼襄王は「国がどうとか 民がどうとか 後のことまで知ったことか」とキングダムの中では語る場面があります。

それは王としては非常に問題のある発言でしたが、悼襄王が死ぬ間際に胸が痛んだのも、口やお尻から血を吹き出したのも、病気によるものだったと考えられなくはありません。

ただ口やお尻からも血を吹き出した様子からは、病死以外の可能性もあると思います。

 

悼襄王の死因は毒殺?

さて次に悼襄王の死因として考えられるのは、毒殺による死亡です。

キングダムでの悼襄王は、口やお尻からも血を吹き出して死亡していました。

この様子からは、悼襄王の死因としては毒殺の可能性が高いようにも思います。

それでは悼襄王を毒殺した犯人は誰なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム悼襄王の死因は毒殺?犯人や黒幕は誰?

ではもしも悼襄王の死因が毒殺だった場合、犯人や黒幕は誰なのでしょうか?

考えられるのは以下の人物だと思われます。

  • 舜水樹や扈輒(こちょう)将軍など李牧派の一派
  • 太子・嘉(か)
  • 郭開(かくかい)
  • 悼襄王の周辺の子供たち
  • 江姫(こうひ)

さてそれぞれの可能性を詳しく見ていくことにしましょう。

 

悼襄王を毒殺したのは舜水樹などの李牧一派か?

まずは悼襄王を毒殺したのは、舜水樹や扈輒将軍たち李牧を慕う人たちという可能性です。

実際にキングダムの640話では、扈輒将軍はこの悼襄王を愚かだと評しています。

そして李牧を斬首にするという行為に対して、舜水樹も悼襄王に対して怒りをあらわにしていました。

また馬南慈も李牧を救うのに力を貸して欲しいと、列尾の扈輒将軍や舜水樹に依頼していました。

そして舜水樹の言葉だったのか、「王を殺してでも李牧様を助ける」という不穏な発言も聞かれています。

ここから李牧を救うために、悼襄王を毒殺したのは舜水樹たち李牧を慕う一派という可能性が浮上します。

ただこの時の舜水樹たちは毒殺による悼襄王暗殺ではなく、武力行使による李牧の救出を試みていました。

おそらく人数的にも劣勢だった李牧一派ですので、武力行使という方法を選んでいるのであれば、と襄王毒殺まで手を回す余力はなかったのではないでしょうか?

またこのタイミングで悼襄王が毒殺と思われる死亡をした場合、疑われるのは舜水樹たち李牧一派です。

実際にキングダムの645話でも、李牧派は毒殺の犯人と疑われていました。

王を毒殺したまたは王を毒殺した犯人に仕立て上げられてしまうと、王に歯向かう逆賊というレッテルを貼られてしまい、李牧派の立場が不利になることも考えられます。

舜水樹は知略のある武将ですし、そうした可能性は考えていたはずで、そうした事態にならないように毒殺という手法は取らなかったと思います。

果たして真相はどうなのでしょうか?

 

悼襄王を毒殺したのは太子・嘉か?

では次の悼襄王毒殺の黒幕の可能性としては、太子だった嘉も挙げられます。

悼襄王が死亡する直前に、太子・嘉は悼襄王から耳を嚙みちぎられるという蛮行を受けることになりました。

この行為を受けた太子・嘉が、悼襄王毒殺に踏み切った可能性も捨てきれません。

ただ名君の予感が漂うと言われる嘉が、悼襄王から耳を噛みちぎられたとしても、悼襄王毒殺という行為に及ぶことは考えにくいところはあります。

ですのでおそらくですが、太子・嘉は悼襄王毒殺の犯人ではないと私は思います。

 

悼襄王を毒殺したのは郭開か?

また悼襄王を毒殺した可能性がある人物としては、郭開も挙げられます。

ただこの郭開は悼襄王から信頼されていて、李牧が鄴を奪われてからは宰相として実権を握っていました。

その意味では悼襄王が死亡しても、郭開は得をしない立場ではありました。

また悼襄王が死亡して太子・嘉が次の王位につくか?という段階では、郭開は慌てた素振りで逃げ惑っていました。

この様子から見ても、郭開は悼襄王毒殺の犯人・黒幕ではないと思われます。

 

悼襄王を毒殺したのは悼襄王周辺の子供たち?

また悼襄王毒殺の犯人として他に考えられるのは、悼襄王の周辺にいた子供たちという可能性です。

この子どもたちも悼襄王からはキツい扱いを受けていたようで、悼襄王を心から慕っているというわけではありませんでした。

ただこの子供たちが毒を手に入れることはやや難易度が高いと思われますし、そうした行為に及ぼうとした時点で周囲の大人はかぎつけることでしょう。

特に悼襄王から信頼を受けて実権を握っていた郭開としては、悼襄王が毒殺や暗殺によって死なないように目を光らせていたはずです。

子供たちがこの郭開の目をかいくぐることができたのか?

この点はやや疑問が残るのかもしれません。

 

悼襄王を毒殺したのは江姫か?

最後に悼襄王を毒殺した可能性があると思われるのは、遷のお母さんである江姫(こうひ)です。

私はこの江姫が悼襄王毒殺の黒幕としての可能性が一番高いと考えています。

というのも太子・嘉が悼襄王から耳を噛みちぎられた直後に、悼襄王は江姫に英書記官を呼ばせています。

そしてのちにこの英書記官の口から悼襄王の遺言として、次の趙王の王位はそれまで太子だった嘉ではなく、遷にすることが発表されました。

そしてこの遷の母親は江姫です。

この江姫は英書記官を呼んでいましたので、悼襄王が英書記官に何を伝えたのかも知っていたはずです。

それはつまり次の趙王には江姫の息子の遷が即位するということです。

さてここからは推測にはなりますが、この条件がそろった場合、自分の息子の遷を早く次の趙王にしたいと江姫が考えたとしたら、どうでしょうか?

早く今の趙王・悼襄王に亡くなってもらった方が都合が良いですよね?

つまり悼襄王が亡くなって得をするのは誰なのか?

この点を考えた場合には、遷の母親である江姫が悼襄王毒殺の犯人・黒幕である可能性が非常に高いと思いますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム悼襄王の死因は?毒殺なら犯人は誰? まとめ

さてここまで、キングダム悼襄王の死因や毒殺であれば犯人や黒幕は誰なのか?を考察してきました。

まず悼襄王の死因ですが、キングダムでは明らかにされていませんが、病死と毒殺の可能性が考えられます。

また毒殺が悼襄王の死因であれば、その犯人・黒幕は次の王位についた遷の母親の江姫という可能性が最も高いと個人的には予想します。

その理由としては、悼襄王が死亡して誰が得をするのか?という点からの考察になりますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

それでは以上で、キングダム悼襄王の死因と毒殺の場合の犯人・黒幕の予想・考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク