キングダム加冠の儀ネタバレ!史実の加冠の儀と嫪毐・毐国の反乱とは?

キングダム 加冠の儀 ネタバレ 嫪毐 毐国 反乱 最後 ラスト
   
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中華の秦の始皇帝の時代を描いた大人気マンガです。

このキングダムには数々のストーリーで成り立っていますが、アニメ4期では加冠の儀の内容が収録される予定です。

では加冠の儀とはどんな儀式で、あらすじネタバレはどうなっているのでしょうか?

こちらではキングダムの加冠の儀のことをまずはご紹介していき、加冠の儀のあらすじネタバレもご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>キングダムを無料で読むにはアプリ?<<
 

   
スポンサードリンク
 

キングダム加冠の儀とは?

まずキングダムの加冠の儀とは、どのような儀式なのでしょうか?

加冠の儀というのは成人の儀式のことで、通常は20歳で行います。

しかし秦王は加冠の儀を22歳で行うことになっています。

ちなみにキングダムでは咸陽の西に位置する(よう)という場所で加冠の儀を行うことになっています。

この加冠の儀を行うことで、晴れて秦王は国内外に「秦の君主」として認知されることになっています。

(単行本17巻・第179話「五年」)

 

史実でも加冠の儀はあったの?

ちなみに史実でも加冠の儀は存在したのでしょうか?

史記によるとキングダムと同じ紀元前238年に、秦王・政は戴冠・帯剣の儀を行ったと記されています。

これはキングダムと同じように成人式の意味合いを持つ儀式で、秦王・政が22歳の時にで行われています。

(参考 徳間書店 史記Ⅲ 独裁の虚実)

 

キングダム加冠の儀は何巻何話?

ちなみにキングダムの「加冠の儀」編は、単行本では何巻何話なのでしょうか?

この点ですが、始まりは単行本37巻・第402話「咸陽の動き」から40巻・第437話「親子の繋がり」までのことになります。

40巻のラストが437話ですが、「加冠の儀」編はちょうど40巻の終わりまでとなっています。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム加冠の儀ネタバレ!

ではここからキングダムの加冠の儀のネタバレをご紹介していきますが、加冠の儀では3つの勢力の争いとなっています。

その3つの勢力というのは以下になります。

  • 秦王・政陣営
  • 呂不韋陣営
  • 太后陣営

この3つの勢力のそれぞれの思惑から、まずはご紹介していきます。

 

秦王・政陣営の思惑とは?

まず秦王・政の思惑ですが、秦王・政は呂不韋陣営との勢力争いで劣勢に立たされていました。

ただこの加冠の儀を執り行えば、秦王・政は国内外から秦の君主として認知されます。

秦王・政としてはこの加冠の儀を無事に執り行って、呂不韋から実権を奪い取ることを狙っています。

そうして秦王・政は秦を取り仕切って、本格的に中華統一の構想を描いています。

 

呂不韋陣営の思惑とは?

また呂不韋の思惑は恐ろしいものでした。

呂不韋はここで嫪毐(ろうあい)に反乱を起こさせて、反乱軍に秦王一族を滅ぼさせることを狙っています。

秦王一族が反乱軍に滅ぼされた後で、呂不韋は反乱軍を鎮圧。

そして秦王一族が亡くなった後、呂不韋は秦王の座を奪い、秦の全てを手に入れることを目論んでいます。

商人から成りあがった呂不韋は、頂点を極めることを虎視眈々と狙っています。

 

太后陣営の思惑とは?

また太后自身の思惑は、比較的穏やかなものでした。

太后は嫪毐という男と密通を重ねていましたが、そのうちに嫪毐と心休まる関係を築けたようです。

そんな太后は、嫪毐という男と心を休めたいという願望を抱(いだ)くようになりました。

ちなみに太后は元は趙でも有名な美しい姫でしたが、呂不韋と激しい恋に落ちたものの、秦王・政の父親にあてがわれることになりました。

また長平の戦い以降は、趙に取り残された太后と政は、非常に苦しい生活を余儀なくされました。

太后の人生は波乱の人生と言って良いものでしたが、そんな太后が心を休めたいと考えた相手が嫪毐であり、その場所が毐国(あいこく)という場所だったのです。

ただ太后が嫪毐との間に2人の子供が生まれてしまいましたが、その子供の存在がのちに太后を苦しめることになっていきます。

 

楚の思惑も入り乱れ・・・

しかしそんな太后の思惑は、呂不韋の思惑に操られてしまいます。

呂不韋は嫪毐の反乱軍に、息のかかった人物を送り込んでいました。

また呂不韋は咸陽の城内にも手を回すなどして、反乱が成功するように仕向けていきます。

一方の楚は毐国に策士・虎歴(これき)を送り込んでおり、この虎歴は毐国を成立だけに留めることなく、咸陽へ対する反乱をたきつけていきます。

またこの虎歴は、太后と嫪毐の間に子供がいたことが咸陽にバレたと脅します。

こうして太后の思惑をよそに、嫪毐と毐国は咸陽への反乱に突き進んでいくことになります。

 

キングダム加冠の儀ネタバレ!毐国の反乱の陣容は?

さてここからは毐国の反乱の行方をご紹介していきますが、毐国の反乱には以下の人物が関与しています。

【毐国反乱軍】

  • 樊於期(はんおき)
  • 樊琉期(はんるき)
  • 戎翟公(じゅうてきこう)ワテギ

ちなみに反乱軍には、偽の玉璽(ぎょくじ)で集められた兵1万も参加していて、合計で3万の軍勢となっていました。

>>戎翟公ワテギは史実に実在?<<
 

【秦王軍】

  • 馬仁(ばじん)
  • 尚角(しょうかく)
  • 昌文君
  • 昌平君
  • 蕞(さい)の兵

ちなみに秦王側の反乱鎮圧軍は1万少しという軍勢で、戦力としてはやや分が悪い中で戦いが始まります。

果たしてこの戦いは最終的にどうなっていくのでしょうか?

結末は漫画・アニメでご覧ください。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム加冠の儀ネタバレ!嫪毐の反乱の結末とは?まとめ

ここまでキングダムの加冠の儀の詳細と、加冠の儀・嫪毐(毐国)反乱のネタバレをご紹介してきました。

この加冠の儀から嫪毐(毐国)反乱では、秦王・政と呂不韋、そして太后の思惑が入り乱れる展開となっています。

果たしてこの三つ巴の戦いは、誰が勝利を収めるのでしょうか?

またこの加冠の儀と嫪毐(毐国)の反乱が、アニメでどう表現されるか楽しみですね♪

ただ際どい場面や凄惨な場面は、カットされるか別の場面に変わることも考えられます。

それでは以上で、キングダムの加冠の儀(嫪毐・毐国の反乱)のネタバレのご紹介を終わります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク