鬼滅の刃・善逸はなぜ鬼殺隊に入った?善逸が鬼殺隊に入った理由を調べてみた

鬼滅の刃 善逸 なぜ 鬼殺隊
   
スポンサードリンク
   

鬼滅の刃は吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生原作の大人気漫画です。

2021年からは「無限列車編」や「遊郭編」も放送が始まり、今後も話題のコンテンツとなりそうです。

今回そんな鬼滅の刃から、主人公・竃門炭治郎と同期入隊の隊士である「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」に関して考察していきます。

作中では臆病者の善逸ですが、なぜ彼は鬼と戦う鬼殺隊士になったのでしょうか?

ここでは鬼滅の刃の善逸がなぜ鬼殺隊に入ったのか?についてご紹介していきます。

それでは最後までお付き合いください!

>>善逸と禰豆子が結婚した理由は?<<
 

   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・善逸はなぜ鬼殺隊に入ったのか?

さて鬼滅の刃では、我妻善逸は非常に気弱な性格を披露しています。

善逸は自分の意識が無くなると本当の力を発揮するという少し変わったタイプですが、そもそも善逸自身は戦いを望んでいるキャラクターではありません。

ではなぜ善逸は、鬼と戦う鬼殺隊士という道を選んだのでしょうか?

結論から述べると、善逸の育手である爺ちゃん(桑島慈悟郎:くわじまじごろう)に最終選別に行かされたためです。

元々善逸は、借金の肩代わりの代償として桑島慈悟郎に引き取られることになりました。

そのため善逸は桑島慈悟郎の元で、自分の意志とは関係なく厳しい修行が行われ、善逸が非常に嫌がっている様子が本編でも描かれていました。

また公式ファンブック1には以下の記載があります。

「最終選別の前から負傷している理由として、善逸が選別を嫌がって一悶着(ひともんちゃく)あり、爺ちゃんにめちゃくちゃビンタされた」とのこと。

ここからも善逸本人は、一切鬼殺隊に入るつもりはなかったと言えるでしょう。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・善逸はなぜ育手の桑島慈悟郎と出会ったの?

さて善逸と慈悟郎の出会いは先ほど書いた通り、借金の肩代わりをした代わりに桑島慈悟郎の元で修行をする事となります。

ちなみに詳細は公式ファンブック1に以下のように記載されています。

「好きな女性に騙されて借金を背負い万事休すのところを、「育手」である師範に助けられた。」

女性好きの善逸ならではのトラブルですね。

>>善逸にすずめが付けられている理由は?<<
 

善逸はいつどこで桑島慈悟郎と出会ったの?

また公式ファンブックによると、善逸が桑島慈悟郎の元で修業したのは1年であることが記載されています。

つまり善逸が慈悟郎と出会い修行した時期は、最終選別の1年ほど前のことということでしょう。

また善逸の出身地は新宿・牛込であることが記載されているので、この辺りで桑島慈悟郎と出会ったと推測されます。

ではなぜ慈悟郎は、見ず知らずの善逸を助けようと思ったのでしょうか?

 

桑島慈悟郎はなぜ善逸を救ったの?

さて慈悟郎が善逸を助けた理由、それは「善逸に剣士としての素質があると見抜いたから」に他なりません。

この点は公式ファンブック1に記載があります。

慈悟郎が後に、兄弟子・獪岳(かいがく)と善逸が自分を継いでくれると信じていたほど、善逸の潜在能力は高かったということでしょう。

現に、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)の元で修行した主人公・竃門炭治郎が2年かけて最終選別へと向かったのに対し、我妻善逸は僅か1年で最終選別行きの切符を手にしていることとなります。

本人が望む望まないは別として、慈悟郎が見抜いた善逸の素質は間違いなかったということでしょう。

>>善逸の兄弟子が鬼になった理由は?<<
 

桑島慈悟郎は善逸の借金の肩代わりをしてくれた?

では善逸の背負った借金はどのくらいだったのでしょうか?

こちらも公式ガイドブックに記載があり、善逸の借金額は現在で換算すると約60万円ほどだったということです。

鬼殺隊の最高位である鳴柱(なりばしら)だった桑島慈悟郎は、柱であるために望むだけの収入をもらう事が出来たようです。

つまり、善逸の借金の肩代わりをするのは容易であったと考えられます。

素質のある剣士候補生を育てるための先行投資と考えれば、慈悟郎の中でもそう高くはない投資だったのではないかと思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・我妻善逸はなぜ鬼殺隊士となった? まとめ

今回は、主人公・竃門炭治郎と同期入隊の鬼殺隊士・我妻善逸がなぜ鬼殺隊に入ったのか?についてご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • 善逸は借金の肩代わりをしてくれた慈悟郎の元で修行を開始した
  • 慈悟郎が善逸を助けた理由は剣技の素質ありと判断されたため
  • 善逸と慈悟郎の出会いは最終選別の1年ほど前
  • 善逸は鬼殺隊に入ることを望んでいたわけでは無かった

 

結果として、善逸は作中でも多くの人を救うために奮起し、慈悟郎を無念の死に追いやった兄弟子をも打ち勝てるほどの実力を得ることとなります。

気弱な善逸ですが、やる時はやる男である事は鬼滅の刃の本編でもしっかり描写されています。

そんな善逸の素質を、見た瞬間から見抜いた慈悟郎はさすが元柱と言わざるを得ないでしょう。

それでは以上で、鬼滅の刃の善逸がなぜ鬼殺隊に入ったのか?のご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク