鬼滅の刃・伊之助はなぜ呼吸を使えるの?獣の呼吸を使えるのは伊之助だけ?

鬼滅の刃 伊之助 なぜ 呼吸 獣の呼吸
   
スポンサードリンク
   

鬼滅の刃は吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生原作の大ヒット漫画です。

2021年にもアニメが放送され、今後も話題性が高いコンテンツです。

今回はそんな鬼滅の刃より、主人公・竃門炭治郎(かまどたんじろう)と同期入隊の鬼殺隊員・嘴平伊之助(はしびらいのすけ)に関して考察していきます。

山でイノシシに育てられたという異色のエピソードを持っている伊之助ですが、彼はなぜ呼吸を使うことが出来るのでしょうか?

今回は鬼滅の刃の伊之助がなぜ呼吸を使えるのかを深掘りしていきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>伊之助が被り物をしている理由とは?<<
 

   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・伊之助はなぜ呼吸を使えるの?

嘴平伊之助は、作中では山育ちという異色のエピソードに加え、本人もイノシシの被り物をしているという変わったキャラクターです。

そんな伊之助ですが、初登場の鼓屋敷編から「獣(けだもの)の呼吸」という呼吸法を使用することが出来ていました

同期の炭治郎や我妻善逸(あがつまぜんいつ)とは異なり、伊之助は育手を介さずに自力で最終選別を突破しているということは公式ファンブック1でも記載されています。

ではなぜ、伊之助は獣の呼吸を使うことが出来るのでしょうか?

上記でも記載の通り、呼吸を教えてくれた師匠や育手は不在です。

公式ファンブックによると、「獣の呼吸は我流で会得した」とのこと。

更に、攻撃の型については他の鬼殺隊士とは異なり「○○ノ型」ではなく「○○ノ牙」と呼んでいます。

伊之助の野生児独特の勘とでも言うべきでしょうか。

強くなるために呼吸法が重要である事を、伊之助は肌で感じて会得したというわけですね。

>>伊之助とアオイが結婚した理由は?<<
 

全集中の呼吸は炭治郎が教えてくれた?

ちなみに我流で呼吸法を会得した伊之助ですが、呼吸法を教えてくれる師匠はいなかったため、あくまで我流の域を脱していない可能性は大いにあったと思います。

そのため、肺を大きくし血中に大量の空気を取り込むことで、爆発的に力を増幅する「全集中の呼吸」に関しては、炭治郎が教えてくれた可能性が高いのではないかと推測されます。

そんな炭治郎もまた、強敵との戦いの中、善逸や伊之助の言葉を思い出して進化したこともありました。

3人とも戦い方がバラバラで三者三様ですので、お互いの戦い方や考え方などはよく共有していたのかもしれませんね。

同期隊士同士で情報共有や協力をしながら、お互いが切磋琢磨していたのではないかと思われます。

 

獣の呼吸は風の呼吸の派生?

また伊之助の使う「獣の呼吸」は、公式ファンブックによると風の呼吸の派生と記述されています。

もちろん伊之助自身は風の呼吸を学んでいませんので、あくまで我流の型が風の呼吸に似ていたということなのでしょう。

自然の中で育ったがゆえに、岩や風などの性質を無意識に取り込んだ結果、風の呼吸に近しい呼吸法となったものだと考えられます。

>>伊之助の母の過去が悲しい!<<
 

獣の呼吸を会得できるのは伊之助のみ?

では風の呼吸の素質のある人は、訓練すれば獣の呼吸を使用することは出来るのでしょうか?

結論としては、伊之助以外は使用は難しいでしょう。

その答えは公式ガイドブック弐に記載されています。

公式ガイドブックによると、獣の呼吸を使うためには次の条件が必須とされています。

  • 二刀流の素質
  • 柔軟な関節
  • 並外れた戦闘本能

 

これらの全てが該当する鬼殺隊士はそうそういないと思われます。

そのために獣の呼吸は、名実ともに伊之助独自の呼吸法であり、唯一無二の呼吸であると言えるでしょうね。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・嘴平伊之助はなぜ呼吸を使える?まとめ

今回は、鬼滅の刃に登場する鬼殺隊士・嘴平伊之助の呼吸に関して考察してきました。

以下がまとめとなります。

  • 伊之助の呼吸は「獣の呼吸」
  • 炭次郎たちとは異なり、師はおらず我流で呼吸法を会得した
  • 獣の呼吸が風の呼吸の派生である理由は、伊之助が自然育ちだからと推測
  • 獣の呼吸は伊之助にしか使えないと思われる

 

伊之助は初登場時から誰彼構わず戦いを挑むほどの戦闘好きでしたが、炭治郎たち「かまぼこ隊」と行動を共にする事で人間味が増してきました。

現在放送中の無限列車編や、次回放送の遊郭編でも良い味を出してくれるキャラクターです。

これからのアニメでの活躍が楽しみですね。

それでは以上で、鬼滅の刃の伊之助がなぜ呼吸を使えるのか?に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク