鬼滅の刃・禰豆子は誰に鬼にされた?禰豆子が呪いを外せた理由とは?

鬼滅の刃 禰豆子 誰 なぜ 鬼にされた
   
スポンサードリンク
   

鬼滅の刃は大正時代の鬼と人間の戦いが描かれた大ヒット漫画です。

2016年に連載が開始してからは、アニメや映画も大人気になりました。

今回はそんな鬼滅の刃より、主人公の妹・竃門禰豆子(かまどねづこ)をご紹介していきます。

冒頭で鬼にされた禰豆子ですが、誰がなぜ禰豆子を鬼にしたのでしょうか?

今回は「禰豆子がなぜ・誰に鬼にされたのか」を考察していきます。

 

   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・禰豆子は誰になぜ鬼にされた?

さて鬼滅の刃の本編において、もっとも重要な出来事が禰豆子の鬼化です。

本作の1話目で、竃門家は外出中だった主人公・竃門炭治郎(かまどたんじろう)を除き鬼に襲われてしまいます。

その中で生き残ったのは禰豆子のみ

しかし、禰豆子は鬼の血を取り込んでしまい、竃門家を襲った者と同じく「鬼」と化してしまったのです。

そしてそんな禰豆子を元の人間に戻すことを目的に、炭治郎の旅が始まることになりました。

では、禰豆子を鬼に変えてしまった襲撃者とは誰だったのでしょうか?

実は竃門家を襲った犯人は、本作のラスボスでもある鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)でした

そして禰豆子がこの鬼舞辻無惨に襲われた時のことを思い出す場面が、単行本22巻・第196話「私は」で描かれています。

また炭治郎は自宅に残っていた匂いから、鬼舞辻無惨にたどり着くことに成功しています。

(単行本2巻・第13話「お前が」)

これらの点から、禰豆子を鬼にしたのは鬼舞辻無惨で確定ということになります。

 

竈門家のうちなぜ禰豆子だけが鬼にされた?

では竃門家の中で、なぜ禰豆子だけが鬼とされてしまったのでしょうか?

ちなみに竃門家は炭治郎を含めて6人兄妹がいましたが、なおすでに禰豆子の父は他界していたため母親を含めると7人家族でした。

また炭治郎が不在の中、家に残っていたのは炭治郎以外の6人ですが、鬼となったのは禰豆子のみでその他の家族は炭治郎が到着したときには息を引き取っていました。

ちなみに鬼舞辻無惨が竈門家を襲った理由は、太陽を克服する鬼を作るためだったことが分かっています。

つまり禰豆子以外の炭治郎の家族は、食糧目的で鬼舞辻無惨に殺害されたわけではなく、鬼舞辻無惨の血を注入されたことで死亡したことになります。

しかも「この程度の血の注入で死ぬとは」という無惨の発言からも、禰豆子以外の家族はそれほど多くない無惨の血で死亡したのでしょう。

ということは禰豆子以外の家族は、無惨の血との相性が良くなく、また鬼になる素質が乏しかったと言えると思います。

つまり無惨は意図して禰豆子だけを鬼にした訳ではなく、禰豆子だけが無惨の血に合う体質だったために鬼になった、という言い方が正確なのでしょう。

>>鬼滅の聖地・八幡竈門神社が楽しい?<<
 

 
スポンサードリンク
 

鬼化した禰豆子がしゃべれない理由はなぜ?

そんな鬼化した禰豆子ですが、人は襲わず理性はあるものの、当初は人間の時のように言葉を話すことはしばらく出来ませんでした。

作中で登場する鬼は、普通の人間と同じように会話でのコミュニケーションが取れる中、なぜ禰豆子は言葉を話すことが出来なかったのでしょうか?

こちらも仮説となりますが、鬼が知性や言葉を得るためには、

  1. 無惨の血との結合時間
  2. 人間を食糧として得る

このどちらかが必要なのではないでしょうか?

特に禰豆子は人を襲わなかったので、2の人間を食糧にすることで知性や言語を得ることは出来なかったと推測されます。

また、禰豆子は鬼舞辻無惨本人から直接血を分け与えられたため、禰豆子の体がその強力な鬼の血に適合するまでに時間がかかったのではないでしょうか?

以上の事から、禰豆子は序盤は言葉を発せなかったのではないかと推測します。

 

鬼化した禰豆子はなぜ人を襲わないの?

さて先ほどから触れたとおり、禰豆子は鬼でありながら人間を襲うことはありません。

正確には、鬼化した直後は炭治郎に向かってくるという行動を起こすものの、その後は富岡義勇から炭治郎を守るかのように立ちふさがっていました。

では、なぜ鬼化した禰豆子は人を襲わないのでしょうか?

禰豆子は鬼舞辻無惨のオリジナルの血を与えられても鬼化出来るほど、無惨の血との親和性が高いと推測されます。

また作中では、無惨の悲願であった太陽の光を克服した最初の鬼も禰豆子でした。

ここから考えうるに、禰豆子はもとより無惨の血に対しての耐性が強いと判断されます。

無惨の血に対しての耐性が強いと言うことは、自我が強く残ることにつながると思います。

さらに公式ガイドブック弐には、禰豆子は子供の頃から聞き分けが良く、ワガママを言ったことがないと記述されています。

鬼にとって人間は食糧であるため、人を襲わないと言うことは鬼にとっては苦痛そのもののはずです。

しかし禰豆子は生来の我慢強さと、兄・炭治郎への聞き分けの良さも重なり、禰豆子は人間を襲わない鬼となったと予想されます。

>>禰豆子が小さくなれる理由は?<<
 

鬼になった禰豆子はなぜよく眠る?

また作中では、炭治郎が師である鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)の元で修行している2年もの間、禰豆子は眠りについていたという描写がありました。

禰豆子がよく寝る理由は、前述記載の「人を襲わない」事が起因しています。

他の鬼は人間を喰らうことで、身体能力の向上および回復に努めます。

しかし禰豆子は人を襲わないため、それが出来ません。

人を喰らう代わりに禰豆子が取った行動が「睡眠」だったのです。

禰豆子は眠ることで回復能力を向上させることが出来る特殊な鬼なのです。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼化した禰豆子はなぜ無惨の血の呪いを外すことができた?

また無惨の血によって鬼化したものは、無惨によって呪いがかけられます。

その無惨の呪いというのは具体的には、

  • 思考を読み取られる
  • 位置が把握される
  • 「鬼舞辻無惨」の名前を出すと細胞が破壊される

というものでした。

しかし、そんな無惨の呪いを解いた鬼が2人存在します。

1人は珠代(たまよ)。

鬼となってからも医者として活動をし、鬼の研究を続けている作中でも重要な人物です。

彼女は無惨が弱っていた時に医者としての知識を用いて、「自らの身体をいじって」呪いを解いたとされています。

そしてもう1人は禰豆子。

禰豆子も鬼舞辻無惨の呪いから解放された1人となります。

禰豆子が呪いを解いた理由は具体的に明かされてはいませんが、公式ガイドブックによると自力で呪いを外したと記載されています。

これも鬼舞辻無惨の血と禰豆子の親和性が関係しているのではないか?と推測されます。

他の鬼よりも血に対しての親和性があり、また耐性が高い禰豆子は持ち前の我慢強さもあり、自力で無惨の呪いから逃れられたのではないでしょうか?

 

鬼化した禰豆子が無惨に殺されない理由はなぜ?

また禰豆子は無惨の悲願であった、太陽の光を克服しています。

禰豆子を喰らえば無惨もまた太陽の光を克服することが出来ます。

では禰豆子はなぜ鬼舞辻無惨によって殺されずに済んだのでしょうか?

まず大前提は、禰豆子が鬼舞辻無惨の呪いから解放されたという点。

血の呪いはその鬼の位置を特定することが出来るため、呪いから解放されたことが禰豆子にとって大きなアドバンテージとなりました。

そして禰豆子は最終戦時には鬼殺隊により産屋敷家に匿われていたこともあり、無惨が禰豆子見つけることは出来なかったのだと思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・鬼化した禰豆子の血鬼術や強さは?

ちなみに鬼の中でも特殊な存在である禰豆子ですが、他の鬼と同様に身体能力は向上しており、血鬼術を使うことも出来ます。

禰豆子の血鬼術は「爆血」

禰豆子自信の血を爆発させることが出来る能力となります。

禰豆子はこの爆血を、下弦の伍・累(るい)との戦いの時に初めて使用していました。

また攻撃だけでなく特殊な効果もあり、「遊郭編」では音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の体内に残る毒を消し去るなど、回復としての効果も発揮していました。

また禰豆子は血鬼術以外でも「蹴り」を多用しています。

第2話では禰豆子は、炭次郎に襲いかかる鬼の頸(くび)を蹴りで落とすなど、その蹴りの威力はかなりのものでした。

珠代の隠れ家を襲った鬼・朱紗丸(すさまる)の繰り出す血鬼術の鞠も、禰豆子は競り合って蹴り勝つほど強力な蹴り技を禰豆子は持っているのです。

>>禰豆子が太陽克服した理由とは?<<
 

鬼になった禰豆子は上弦の強さ?

ではそんな鬼化した禰豆子ですが、鬼舞辻無惨によって作られた鬼の中ではどれほどの強さを持っているのでしょうか?

「遊郭編」にて、上弦の陸・堕姫(だき)と直接対決をした禰豆子でしたが、覚醒と称されるように禰豆子の身体自体が変化して、見た目は更に鬼化している状態です。

この状態のとき、禰豆子は堕姫に力で圧倒していました。

また禰豆子の血鬼術である爆血は、鬼の血のみを燃やすという特殊効果があり、鬼が相手であれば攻守共に優れている能力となります。

それらを総合して考えると、禰豆子の強さは上弦の鬼に位置するほどの能力はあると考えられます。

 

鬼になった禰豆子が上弦の鬼ほど強いのはなぜ?

鬼になって間もない禰豆子が、ここまでの力を持っている理由はなぜでしょうか?

ちなみに鬼舞辻無惨との最終決戦の時、兄・炭治郎も鬼化してしまいます。

炭治郎は一瞬で太陽の光を克服し、鬼の王になれると言われるほど鬼舞辻無惨の血との親和性が強かったと思われます。

その炭治郎の妹である禰豆子も同様に、無惨の血との親和性が強く鬼としての素質があったのではないかと考えられます。

また無惨の純血を取り込んでいることも、鬼としての強さの秘密ではないかと推測されます。

 

鬼滅の刃・禰豆子は誰になぜ鬼にされた? まとめ

今回は、鬼滅の刃の禰豆子は誰になぜ鬼にされたのかを考察していきました。

以下がまとめとなります。

  • 禰豆子を鬼にしたのは鬼舞辻無惨
  • 禰豆子だけを鬼にされたのではなく、禰豆子だけが鬼になった
  • 禰豆子は無惨の血との親和性が高いと予想
  • しかし耐性も高いため自我が強く残った
  • 人を襲わない代わりに睡眠で回復
  • 実力は上弦の鬼並みと推測

 

2021年から放送予定の遊郭編でも更に活躍が期待できる禰豆子。

覚醒シーンも今から楽しみですね。

それでは以上で鬼滅の刃の禰豆子は誰に・なぜ鬼にされたのか?に関する考察を終わらせていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク