鬼滅の刃・煉獄家の髪の色は遺伝子が影響?煉獄家の遺伝子はパネぇ?

鬼滅の刃 煉獄家 髪の色 遺伝子焔色 なぜ 理由
   
スポンサードリンク
   

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生原作の大ヒット作「鬼滅の刃」。

大ヒットした映画の「鬼滅の刃・無限列車編」が2021年10月からリメイクしてアニメ放送され、っまだブームが冷めない本作です。

今回は、そんな無限列車編で登場した煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)の一家に関して考察していきます。

作中で登場した杏寿郎の父や弟も杏寿郎と同じ髪の色をしていましたが、この髪の色は遺伝子による影響なのでしょうか?

今回は鬼滅の刃の煉獄家の髪の色は遺伝子が影響しているのか?について深掘りしていきます。

それでは最後までお読みください。

>>煉獄家の場所や間取りは?<<
 

   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・煉獄家の髪の色は代々同じ?


さて鬼滅の刃に登場する炎柱・煉獄杏寿郎ですが、黄色に赤いメッシュが入っているその髪色は、柱の名の通り炎を連想させる髪型です。

また作中で登場した、煉獄杏寿郎の父・槇寿郎(しんじゅろう)や弟・千寿郎も杏寿郎と同様に炎を連想させるような髪色となっています。

煉獄家は代々この炎のような髪色をしているのでしょうか?

結論から申し上げると、煉獄家はある「しきたり」をする事により、代々この髪色を受け継いでいるようです。

では、煉獄家にはどのような「しきたり」があるのでしょうか?

 

煉獄家の髪の色が同じなのはなぜ?遺伝子が強い?

煉獄家の家系において、みな同様の髪の色になるのは、当初は遺伝子の影響ではないか?とされていました。

しかし、劇場版「鬼滅の刃・無限列車編」の特典として同封された「鬼滅の刃零巻」で、煉獄家の髪の色の謎が明かされたのです。

零巻によると、煉獄家は古くから伝わる「観篝(かんがり)」というしきたりを行っており、その内容は子供を授かった妻が「7日おきに2時間ほど大篝火(おおかがりび)を見る」というものでした。

この「しきたり」を行うことで、煉獄家の男子の髪の色は炎のような色(焔色=ほむらいろ)に染まるとされています。

ちなみに、最終話で登場した煉獄桃寿郎(れんごくとうじゅろう)も同様に炎のような髪色をしているため、煉獄家の「しきたり」は現代もなお続いていると推測されるでしょう。

しかしこの「しきたり」は、「妊娠中に大きな火を見ることは良くないとされているため、真似しないように」と注釈がついていました。

元々は夜間の警護として辺りを照らす「篝火」を更に大きく燃やしているため、付近の温度やその明るさは確かに身体には良くなさそうなイメージはありますので、決して真似だけはしないようにしてください。

>>炭治郎は煉獄家に行ってどうなった?<<
 

煉獄家では女の子の髪も焔色?

また「しきたり」上は、大篝火を見た時に生まれた男子は髪の毛が焔色になるとされていますが、女児が誕生した際は焔色にはならないのでしょうか?

作中に登場する煉獄家の女性としては、煉獄杏寿郎の母である煉獄瑠火(れんごくるか)だけです。

しかし煉獄瑠火は、煉獄槇寿郎に嫁いだ別の家の女性であり、もちろん髪の毛は焔色ではありません。

また作中の煉獄家では女児がいた描写はされていないため、正確な情報は不明のままとなります。

しかし妊娠中には授かっている子供が男児か女児かは、明治・大正時代以前は医学的に分からなかった可能性は高いと考えられます。

「しきたり」の内容は「妻が子を授かったとき」とされているため、その時点では性別は分からない状態であると考えて間違いないでしょう。

そのため煉獄家の女子も、髪の色は焔色になっていた可能性はあったのではないかと思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・煉獄家の髪色は遺伝子の影響ではない? まとめ

今回は、鬼滅の刃に登場する煉獄家の髪色は遺伝子の影響なのかをご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • 煉獄家の髪色に関しては、劇場版の特典である零巻に記載あり
  • 零巻によると、煉獄家の髪色は遺伝ではなく「しきたり」によって生まれたもの
  • 「しきたり」の内容は大篝火を7日ごとに2時間見ること
  • 男児だけで無く女児の髪色も焔色であった可能性はあると推測

 

煉獄家は代々同じ髪色なので非常に強い遺伝子なのかと思いきや、こんな設定があったんですね。

代々炎柱を務める煉獄家として、しきたりも継承されるべきものということなのでしょう。

それでは以上で鬼滅の刃の煉獄家の髪色は遺伝子の影響なのか?に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク