キングダム公式ガイドブック3/知力ランキング・トップ50!知力トップは誰?

キングダム 公式ガイドブック 3 戦国七雄人物録 知力 ランキング

スポンサードリンク


キングダムは古代中華を舞台にした大人気マンガです。

このキングダムは60巻以上が発行されているように長編漫画ですが、公式ガイドブックの3冊目も発売されています。

ではキングダムの公式ガイドブック3冊目の戦国七雄人物録では、知力の高い武将のランキングはどのようになっているのでしょうか?

こちらではキングダムの公式ガイドブック3冊目である戦国七雄人物録から、知力ランキングをご紹介していきます!

それでは最後までお楽しみください!

\ キングダムファンなら欲しい1冊! /

キングダム 公式ガイドブック3 知力 ランキング 戦国七雄人物録

>>戦国七雄人物録を買う<<
 

キングダム公式ガイドブック3・知力ランキングは?

さてここからキングダムの公式ガイドブック3の戦国七雄人物録から、登場キャラの知力ランキングをご紹介しています。

ちなみにキングダムの登場キャラも多いですので、知力90で線引きしました。

ですのでこちらでは、知力90以上の武将や軍師をご紹介していきます。

 

知力ランキング46位・知力90のキャラクターは?

ではまずは知力90の武将・軍師をご紹介していきます。

王賁(おうほん)・・李信と同期の武将。知将としても名高い。

紀彗(きすい)・・・趙の武将で、離眼城の城主。兵士の心をガッチリとつかむカリスマ武将。

仁凹(じんおう)・・楚の汗明の側近。蒙武に攻められた時に生死不明に。

馮忌(ふうき)・・・王騎が死亡した馬陽の戦いで、李信から討たれた知将。

摩論(まろん)・・・桓騎軍の参謀を務める。

 

このメンバーは全員46位タイなのですが、ここに5名いますので全員で50人となります。

ですのでタイトルをトップ50としました!

 

知力ランキング36位・知力91のキャラクターは?

では次に知力91のキャラクターをご紹介していきます。

河了貂(かりょうてん)・・言わずと知れた飛信隊の軍師。師の昌平君を越えることも!

慶舎(けいしゃ)・・・・・趙の本能型の武将。同じ本能型の麃公(ひょうこう)を苦しめた。

肆氏(しし)・・・・・・・最初は政の敵対勢力にいたものの、破れてからは政に協力するように。

荀早(じゅんそう)・・・・魏火龍七師・凱孟(がいもう)の軍師。河了貂と人質交換された。

趙荘(ちょうそう)・・・・趙の武将。王騎が戦死した馬陽の戦いで趙軍総大将を務める。

田里弥(でんりみ)・・・・王翦軍・第三将。田里弥軍は柔と剛を併せ持つ。

バミュウ・・・・・・・・・楚の媧燐の副官。ブサイクなのにナルシストなのがウザい。

蒙毅(もうき)・・・・・・蒙恬の弟。河了貂を狙っている?

蒙驁(もうごう)・・・・・蒙恬・蒙毅の祖父。極めて凡庸(ぼんよう)と評されるも知力は91と高め。

呂不韋(りょふい)・・・・商人から相国に成りあがった人物。政の父というウワサも。

 

この10人が知力91でしたが、呂不韋の知力91は意外でしたね。

あとはバミュウも媧燐の副官だけあって、知力は高めでした。

スポンサードリンク


 

知力ランキング29位・知力92のキャラクターは?

では、次の知力92のキャラクターは以下の7名でした。

劇辛(げきしん)・・・燕の武将。優れた武将だったものの李牧・龐煖にあっさり敗れる。

蔡沢(さいたく)・・・秦の外交官。呂氏四柱の一人で、丞相にまで上り詰めた逸材。

昌文君・・・・・・・・政を当初から支えていた数少ない人物。慧眼(けいがん:優れた眼力)の持ち主か。

趙高(ちょうこう)・・嫪毐(ろうあい)の乱で太后側に協力。馬鹿の語源となったエピソードあり。

蒙恬(もうてん)・・・李信と同期の知将。知らない軍でもすぐに見事に統率してしまう。

姚賈(ようか)・・・・趙王の側近だが、実は昌文君が送り込んだスパイ。

劉冬(りゅうとう)・・趙の離眼城城主・紀彗の右腕となっていた軍師。

 

趙高はまだ登場回数は少ないですが、のちに秦を滅亡に導いていく人物でもあります。

姚賈も登場回数は1度だけだったと記憶していますが、これから李牧が死亡する時に重要な役割があるかも?

>>李牧の史実での最後が悲惨?<<
 

知力ランキング25位・知力93のキャラクターは?

では次の知力93のキャラクターは、次の4名でした。

介億(かいおく)・・・・・・秦軍総司令の昌平君の部下。蕞では優れた采配で活躍した。

舜水樹(しゅんすいじゅ)・・趙の武将。橑陽(りょうよう)の戦いでは楊端和を苦しめた。

趙峩龍(ちょうがりゅう)・・元三大天・藺相如の側近。李信に討たれる。

隆国(りゅうこく)・・・・・王騎軍の第二軍長。細かいものの難しい仕事を任せられる武将。

 

隆国の知力93というのは、蒙恬より上で少し驚きでした。

 

知力ランキング22位・知力94のキャラクターは?

次の知力94のキャラは、次の3名でした。

嬴政(えいせい)・・のちの秦の始皇帝。中華統一後の世界観をすでに持っている。

騰(とう)・・・・・六将・王騎の副官。突破力のある武将で武力も高い。

李斯(りし)・・・・呂氏四柱の一人。法の番人の異名を持つ。

 

李斯は戦場で知力を発揮することはありませんが、法の番人として「法」とは何かを熟知している人物です。

秦王・政はそんな李斯と同レベルの知力の持ち主です。

今後の中華統一の場面で、2人が激論を交わす場面があるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

知力ランキング19位・知力95のキャラクターは?

次の知力95の武将は、以下の3名でした。

王騎(おうき)・・かつての六将。昭王亡き後、政に王としての資質を見て仕えることを決意。

摎(きょう)・・・王騎の婚約者。王騎と結ばれる前に龐煖に倒される。

王建王(斉王)・・いつも蛇をくわえている。ひそかに政の理想に期待をしている。

王騎と摎は婚約していましたが、知力も同等レベルだったんですね。

武も知も備えた2人はあの世で一緒になっていて欲しいところです。

 

知力ランキング12位・知力96のキャラクターは?

次の知力95のキャラクターは、以下の7名でした。

桓騎・・・・・・・・・・秦の新しい六将。元野盗で他の人が思いつかない作戦で出し抜く。

玄峰(げんぽう)・・・・廉頗四天王の一人。優れた軍略家だったものの忍び込んだ桓騎に首を斬られる。

扈輒(こちょう)・・・・邯鄲の守護者。燕で荒れ狂った烈将だったが平陽の戦いで桓騎に敗れる。

寿胡王(じゅこおう)・・什虎(じゅうこ)城の軍師。荀子の元で学んだ儒学者。

楊端和(ようたんわ)・・山の王。美女で「死王」の異名を持つ。

李園(りえん)・・・・・楚の宰相。春申君を暗殺した首謀者。

廉頗(れんぱ)・・・・・かつての趙・三大天の一人。王騎と酒を酌み交わした仲。

 

扈輒と李園の知力96は思っていたより高いという意味で、やや意外でした。

また廉頗の知力はもっと高いのでは?と思っていたという意味で、これも私としては意外でした。

しかしここまでくると、錚々(そうそう)たるメンバーという印象ですね。

 

知力ランキング10位タイ・知力97のキャラクターは?

次の知力97のキャラクターは以下の2人です。

呉慶(ごけい)・・・呉鳳明の父。麃公将軍と蛇甘平原の戦いで一騎討ちの末に戦死。

霊凰(れいおう)・・魏火龍七師の一人。呉鳳明に裏切られて李信に豪快に斬られた。

 

知力97の武将は登場してから比較的早く死亡してしまったキャラクターですね。

ちなみに呉慶は麃公将軍と一騎討ちをしましたが、呉慶の武力は89とかなり高めの数値でした。

武力勝負でも麃公と戦えるという計算はあったのかもしれませんね。

スポンサードリンク


 

知力ランキング6位・知力98のキャラクターは?

次の知力98のキャラは、以下の4名でした。

楽毅(がくき)・・・・・・・燕の武将。東中華の大将軍とも「軍神」とも評されているほどの知将。

媧燐(かりん)・・・・・・・楚の宰相。函谷関をあと一歩まで追い詰める。

呉鳳明(ごほうめい)・・・・優れた武器の開発も行う。什虎城で軍略の鋭さを披露。

春申君(しゅんしんくん)・・戦国四君の一人。合従軍の総大将を務めた。

 

知力98のキャラクターにも秦のキャラクターはいませんね。

ちなみに媧燐と呉鳳明は函谷関でも活躍した2人でした。

今後も秦を苦しめる?

 

知力ランキング2位・知力99のキャラクターは?

次の知力99のキャラクターは、以下の4名でした。

王翦(おうせん)・・・・・・秦の知将。王様になりたい野望を秘めている。鄴で李牧を破る。

昌平君・・・・・・・・・・・秦軍総司令でかつての呂氏四柱。呂氏の元を離れて政側についた。

白起(はくき)・・・・・・・かつての六将。長平の戦いで40万の趙の人々を生き埋めにした過去を持つ。

藺相如(りんしょうじょ)・・かつての趙の三大天の一人。完璧の語源となるエピソードを持つ。

 

この知力99のキャラクターで現役なのは、王翦と昌平君という秦の2人でした。

他にも白起も秦の六将でしたが、秦の武将が多いのは興味深いところです。

 

知力ランキング1位・知力100のキャラクターは?

さて1位となる知力100を誇るのは、やはりこの人物でした。

李牧・・・趙の三大天の一人。史実でもこの時代の秦の侵攻を食い止めた数少ない将軍の一人。

 

やはりというべきか、知力100のトップには李牧が君臨していました。

鄴では王翦に敗れたものの、史実では鄴の戦いに李牧が参加していた記録はありません。

史実では王翦の侵攻を司馬尚と共に食い止めていて、この時代のトップクラスの知将であることは間違いありません。

 

知力ランキングに割って入る武将は?

また今後の知力ランキングのトップに食い込んできそうな武将としては、やはり司馬尚がいます。

先ほどご紹介したように、司馬尚は李牧と共に王翦の侵攻を食い止めた史実を持っています。

キングダムの司馬尚は髪型だけでもかなりミステリアスですが、現時点での司馬尚の知力は「なぞ」となっています。

おそらくですが、司馬尚の知力は最低でも96はあるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

キングダム公式ガイドブック3・知力ランキング番外編

またここからは知力ランキングの番外編として、知力が下の方のキャラクターを見ていきたいと思いますが、知力が下の武将はそれぞれ以下のようになっていました。

ゼノウ・・・・・・・・・知力65

嫪毐(ろうあい)・・・・知力50

乱美迫(らんびはく)・・知力45

ランカイ・・・・・・・・知力33

オギコ・・・・・・・・・知力5

龐煖・・・・・・・・・・知力 馬鹿ではない

 

最も知力が低いのは龐煖で、知力は「馬鹿ではない」という表現で数値がないという結果に!

また桓騎軍のオギコも知力が5とかなり低い数字で、ランカイの33に比べても低い数値の設定です。

とはいえオギコは平陽の戦いでは、桓騎の作戦を雷土に命がけで伝えるなど、知力以外の面で役に立つ面を見せています。

 

キングダム公式ガイドブック3・戦国七雄人物録の内容は?

さてキングダムの公式ガイドブック3冊目の戦国七雄人物録には、それぞれのキャラクターの解説や能力値、強さが記載されています。

これまでの公式ガイドブックにも武将の能力値は書かれていましたが、3冊目の戦国七雄人物録では人物があいうえお順に掲載されていて、見つけやすくなっていますね。

(これまでの公式ガイドブックでは、国ごとに武将が掲載されていました。どの国の武将か分かれば調べやすかったですけどね。)

その他にも「列伝」として李信と嬴政の歴史が年代と年齢ごとに記録されています。

個人的にはこの部分があることで、時系列がよく分かるようになったな~と感じます。

また「秦国史書」の六国制覇編として、黒羊の戦い以降から什虎城戦、羌礼の登場までが描かれています。

その他、原先生と著名人の対談が2つとヤングジャンプに掲載されていた「戦国七雄の作り方」、キングダム総選挙の結果も収録されています。

公式ガイドブック戦国七雄人物録には、原先生の考えも盛りだくさんで掲載されていて、読んでて「そうなんだ~」と思えるところも多くありました。

キングダムファンであれば今後のキングダムを楽しむためにも、ぜひ1冊持っておきたいところですね。

 

 

キングダム公式ガイドブック知力ランキング・トップ50! まとめ

ここまでキングダム公式ガイドブック3冊目の戦国七雄人物録から、知力ランキングをご紹介してきました。

今回ご紹介したのは知力90以上のキャラクターでしたが、知力89には羌瘣もいるなど、知力90未満のキャラクターでも鋭い知略の持ち主が多いのが印象的でした。

また今後の展開によってはキングダムの公式ガイドブック4冊目も出ると思いますが、司馬尚の知力がどの程度で出てくるのかも気になるところです。

それでは以上で、キングダムの公式ガイドブック3冊目・戦国七雄人物録の知力ランキングのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク