キングダム羌瘣(きょうかい)の声優は変わった?結婚や代表キャラクターは?

キングダム 羌瘣 きょうかい 声優 CV 釘宮理恵 結婚 代表作 キャラクター ギャラ
   
スポンサードリンク
 

週刊ヤングジャンプにて好評連載中の大長編漫画「キングダム」。

2022年からは第4シーズンのアニメ放送も決定している大人気コンテンツです。

このキングダムの人気キャラクターに羌瘣(きょうかい)がいますが、この羌瘣の声優は誰で結婚はしているのでしょうか?

また羌瘣の声優さんは他にはどんなキャラクターを演じていて、ギャラはどのくらいもらっているのかも気になるところです。

そこでこちらでは、キングダム羌瘣の声優さんの結婚事情や代表キャラクター、ギャラなどをご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください。

>>キングダム蚩尤は史実に実在!<<
 

   
スポンサードリンク
 

キングダム羌瘣の声優は日笠陽子さん

キングダムの羌瘣(きょうかい)は、秦軍に従軍する女性剣士です。

この羌瘣は超絶的な剣技で主人公たちの手助けをするのですが、この羌瘣を演じている声優さんは「日笠陽子(ひがさようこ)」さんです。

日笠陽子さんは羌瘣をやや低めの声色で演じていますが、羌瘣はクールビューティーという印象も強く、羌瘣にピッタリとも言えそうです。

ではここで、日笠陽子さんのプロフィールを簡単にご紹介していきましょう。

  • 出身地:神奈川県
  • 生年月日:1985年7月16日
  • 身長:155cm
  • 血液型:O型
  • 事務所:アイムエンタープライズ所属
  • 声優活動:2007年

日笠陽子さんが声優を目指したきっかけは、同じく声優である三石琴乃さんの演技力に憧れたことだったそうです。

そして高校を卒業してからは、被服の専門学校と両立して日本ナレーション演技研究所に通っていたそうです。

ちなみにアニメなどで良く用いられる「てへぺろ」というワードを生み出したのも、日笠陽子さんです。(2012年に女子中高生ケータイ流行語大賞の金賞を受賞)

 

羌瘣の声優は変わった?

また羌瘣の声優は変わったのでは?という声も出ているようです。

確かにアニメ1期の羌瘣は、少女らしい高めの声色でした。

しかし2期以降の羌瘣は、やや低めの声になっています。

この点からは確かに声優さんが変わったのか?とも思えます。

ただ羌瘣の声優は、アニメ1期から日笠陽子が続けて演じていますので結論としては変わっていません

日笠陽子さんは羌瘣の成長に合わせて、声色を変えて演じているんでしょうね。

羌瘣が少女から大人に変わっていく時期を、日笠陽子さんは上手く演じているのではないでしょうか?

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・羌瘣の声優/日笠陽子さんは結婚している?

では、羌瘣の声優・日笠陽子さんの結婚事情はどうなっているのでしょうか?

日笠陽子さんは、2015年12月30日にご自身のブログ内で結婚したことを公表しています。

結婚相手の男性に関しては公表されていませんが、「同じく声優業界では?」とのウワサも流れましたが、真偽については不明ですね。

ただ日笠陽子さんの結婚相手が同じ声優業界であれば、連名で結婚を公表するイメージがありますので、それが無いと言うことはお相手は一般の方ではないか?と思われます。

 

日笠陽子さんに子どもはいるの?

また日笠陽子さんには子どもはいるのでしょうか?

結論から言うと、日笠陽子さんに子供がいるかどうかは分かっておりません。

しかし毎年数多くの作品に出演していること、特に休業をしていないことを考えると、日笠陽子さんには子供はいないのではないか?と推測されます。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・羌瘣の声優/日笠陽子さんの代表作は?

では日笠陽子さんは、他にどんなキャラクターを演じているのでしょうか?

ここでは日笠陽子さんの出演作品を、いくつか抜粋してご紹介していきましょう。

  • IS<インフィニット・ストラトス> :篠ノ之箒(しのののほうき)役
  • ハイスクールD×D:リアス・グレモリー役
  • はたらく魔王さま!:遊佐恵美(ゆさえみ)役
  • 戦姫絶唱シンフォギア:マリア・カデンツァヴナ・イヴ役
  • ノーゲーム・ノーライフ:ステファニー・ドーラ役
  • 他、多数出演

日笠陽子の声質は透明感がありつつも、クールで力強さのある声と称されています。

その凜々(りり)しい声を生かし、年長の女性役を演じることが多い日笠陽子さんですが、ご本人の明るいキャラクターもあり、ギャグ路線のキャラクター抜擢をされることも少なくありません。

そんな日笠陽子さんの出演作品の中で、印象値の高い作品を筆者の独断と偏見でいくつかピックアップしていきます。

 

日笠陽子さんの代表キャラ①:けいおん!の秋山澪役

まず1作目は、日笠陽子さんの原点ともいうべき作品、「けいおん!」の秋山澪(あきやまみお)役です。

この「けいおん!」は女子高生による軽音部の活動をアニメ化した作品です。

そして秋山澪は、作中で登場するユニット「放課後ティータイム」でベース・ボーカルを務めたキャラクターです。

その勢いは社会化現象にまで発展し、放課後ティータイムの歌う作中のOP・EDが音楽オリコンの上位にチャートインし非常に注目を浴びていました。

今でこそ当たり前となりましたが、「けいおん!」は作中キャラクターの「中の人」が実際にライブを行う、いわゆる2.5次元ライブの元祖とも言える作品だったのではないかと思われます。

 

日笠陽子さんの代表キャラ②:ダンガンロンパの霧切響子役

続いてご紹介するキャラクターは、「ダンガンロンパ」に登場するキャラクター・霧切響子(きりぎりきょうこ)役です。

ダンガンロンパは、ゲーム・アニメ・舞台など様々なコンテンツで人気の高い作品で、霧切響子は超高校級の探偵として、作中のキーパーソンとなったキャラクターです。

その霧切響子の知的でクールな役柄を、日笠陽子さんが見事に演じています。

霧切響子は感情表現の薄いキャラクターであるものの、日笠陽子さんは些細な感情の変化を巧みに演じられている様子が非常に印象的なキャラクターです。

 

日笠陽子さんの代表キャラ③:SHAMAN KINGの麻倉葉役

最後にご紹介するのは、2021年より放送開始となった「SHAMAN KING」の主人公・麻倉葉(あさくらよう)役です。

ご存じの通り「SHAMAN KING」は週刊少年ジャンプで大人気だった作品です。

この主人公・麻倉葉は、前作では佐藤ゆうこさんが声優を担当していましたが、今回は日笠陽子さんが担当を引き継いでいます。

日笠陽子さんの出演作品には珍しく少年役となりましたが、少年役だから声を低くなどの考えに囚われず、心で演じる事を心がけているそうです。

実際、リメイク版の作品の注目度・納得度も高く、日笠陽子さんの好演の証明になっていると思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・羌瘣の声優/日笠陽子さんのギャラはいくら?

ちなみに下世話な話ですが、羌瘣の声優・日笠陽子さんの気になるギャラはどのくらいなのでしょうか?

声優業界での出演料計算は、次のような方程式で算出されると言われています。

 

声優のギャラの計算方法

声優基本ランク×時間割増率×180%

まずはこの計算式が基本のようです。

ちなみに声優基本ランクは15~45のランクがあって、それぞれのランクの数字に1,000円をかけた金額です。

ランク15・・・15,000円
ランク16・・・16,000円
ランク17・・・17,000円



ランク45・・・45,000円

 

また時間割増率は以下の通りです。

30分=1.0
60分=1.5
90分=1.9
120分=2.3

ちなみに最後にかけている180%は、劇場版の映画の場合には250%になるそうです。

 

日笠陽子さんのギャラはいくら?

ではキングダム・羌瘣役においての日笠陽子さんのギャラはどのくらいなのでしょうか?

残念ながら、日笠陽子さんの声優基本ランクに関しては公表されていません。

活動歴が2007年からなので、業界歴は15年目となります。

今回は、日笠陽子さんの声優基本ランクを16と仮定して計算していきましょう。

  • 16,000円(ランク16)×1.0(30分枠)×180%=28,800円(1話辺り)

上記が、日笠陽子さんが演じる1話辺りのギャラ(推定)となります。

キングダムは、アニメ化の他、ゲームやアプリかなどもされていますので、その出演分はまた別計算でのギャラとなるそうです。

スポンサードリンク

 

キングダム羌瘣の声優さんは変わった?結婚事情は?まとめ

ここまでキングダム羌瘣(きょうかい)の声優さんが変わったのか?という点や、声優さんの結婚事情や代表キャラクターなどをご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • キングダム羌瘣の声優さんは日笠陽子さん
  • 三石琴乃さんに憧れて声優を目指す
  • 流行語「てへぺろ」の発案者
  • クールな役柄が多いが、ギャグキャラもこなす
  • 現在既婚、子供の有無は不明

日笠陽子さんは、様々な作品に出演しています。

キングダム羌瘣も女性ながら戦場の第一線に立つ力強いキャラクターとして、今後も好演されると思われます。

今後もアニメでの羌瘣の活躍も楽しみですね。

それでは以上でキングダム羌瘣の声優さんが変わったのか?という点や結婚事情や代表キャラクターのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク