キングダム竜布は史実に実在?強さや能力と最後の死亡は悲劇的?

キングダム 竜布 最後 強さ 能力
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中国を舞台にした大人気漫画で、アニメも人気になっています。

そんなキングダムに新武将が登場しました。

その武将は竜布(りゅうふ)という名前ですが、この竜布は史実に実在していたのでしょうか?

またどのくらいの強さや能力を持っていて、本能型なのでしょうか?知略型なのでしょうか?

そして竜布にはどのような最後が待っているのでしょうか?

こちらではキングダムの新武将・竜布の強さや最後の死亡について考察していきます。

 

スポンサードリンク
 

キングダム竜布は史実に実在?

さてキングダムに登場してきた新武将の竜布(りゅうふ)。

この竜布は、趙の扈輒しj将軍の片腕である龍白公の息子として登場してきました。

ちなみに龍白公には息子が2名判明していますが、竜布は龍白公の長男です。

ただこの竜布は史実に実在しているかと言えば、結論はNOとなります。

竜布という人物名は、中国の戦国時代の記録には記されていませんので、キングダムでの架空のキャラということになります。

ただ気になるのは龍白公と竜布の名字の違いです。

これは一体何を意味するのでしょうか?

 

龍白公と竜布の名字が微妙に違うのはなぜ?

さて父親の龍白公と竜布で、名字が微妙に違う理由は何なのでしょうか?

ここからはまだ事実が公表されていませんので考察になりますが、「龍白公」というのが趙の国内の武将に与えられる称号という可能性があるのかもしれません。

というのも扈輒(こちょう)将軍の元にいる3人の武将は、龍白公・岳白公・虎白公という名前でした。

この3人の名前の下2文字が一致しているという点が、どうも気になるんですね。

これが3人の本名という方が個人的には違和感がありますので、これは名前ではなく趙が国内の武将に与える称号という可能性が考えられます。

または扈輒将軍が重要な武将に与える称号なのかもしれません。

いずれにせよ龍白公という名前は本名ではなく、長男の竜布と同じく「竜」の文字が龍白公の姓という可能性が高いのではないでしょうか?

 

キングダム竜布の強さは?

また竜布の強さはどのくらいあるのでしょうか?

683話では、竜布は雷土をあっさりと落馬させるほどの強さを見せつけました。

この展開には見ていて「まさか!」と思いましたね。

あの雷土がこうも簡単に捕まるとは思っていなかったです。

ちなみに雷土の武力は、公式ガイドブックによると90

武力が90の武将としては、秦軍総司令の昌平君がいます。

昌平君もかなりの強さでしたが、竜布は雷土をあっさりと落馬させて捕まえましたので、竜布は90を軽く超える武力の持ち主なのは間違いないでしょう。

となると竜布の武力は93~95

この辺りになると予想します!

また雷土が剣を抜く前に落馬させてしまうあたり、スピードも相当なものがあるのでしょう。

これらを考えると、この竜布は秦軍にとってこれから強敵となる予感がしますね。

 

キングダム竜布は本能型?

ちなみに竜布は、知略型の武将なのでしょうか?それとも本能型の武将なのでしょうか?

かなりの武力の持ち主ですので、本能型のような気がします。

ただ雷土が龍白公にトドメを刺すのに手間取ってスキを見せたとはいえ、きっちりと雷土の周囲の兵を倒して雷土軍を倒すあたりは、しっかりと戦略を持って雷土軍を追撃してきたように思えます。

その追撃に一定の知略が垣間見えるようには思えますので、竜布は知略型の武将ではないでしょうか?

 

キングダム竜布は女?

いや男でしょう。

(結論、早!)

 

スポンサードリンク
 

キングダム竜布の最後は早く訪れる?

またキングダムの竜布の最後は、早く訪れることになるのでしょうか?

というのも史実に基づけば、この平陽の戦いは桓騎軍が勝利することになっています。

ですので龍白公も早く死亡してしまうのではないか?と予想していましたし、実際にそうなりました。

では龍白公の長男の竜布は、どうなるのでしょうか?

やはり竜布は、この戦いで戦死する可能性が高いとこちらでは予想します!

というのも史実ではこの戦いで、趙は約10万もの兵を討たれることになっています。

これだけの犠牲が出ていますので、ここで竜布も討ち取られる可能性が高いように思います。

では誰が竜布を倒すのでしょうか?

 

竜布を倒すのは李信?羌礼?

ちなみにこの竜布は、雷土を連れて扈輒将軍の元に向かっています。

一方の飛信隊が、もしも左翼の影丘(えいきゅう)を抜くことができれば、そこから飛信隊は扈輒将軍の元に向かうことでしょう。

そうなると竜布は飛信隊と相まみえる展開になってきます。

ですので竜布を倒すのは飛信隊の誰か。

それは李信になるのか?

はたまた新加入の羌礼になるのでしょうか?

または羌瘣という可能性もあるのかもしれませんし、いまだに影を潜めている弓矢兄弟が竜布を討つのかもしれません。

果たして竜布の最後は、どんな展開が待っているのでしょうか?

 

竜布はこの戦いでは死亡しない?

または竜布はこの平陽の戦いでは戦死しないという展開も考えられます。

というのも扈輒軍は24万で、史実で死亡した趙の兵士は約10万。

この10万がキングダムの中でも戦死するとしても、それは扈輒軍の半分以下の数になります。

そうなると竜布はここで生き残る可能性があるのかもしれません。

その後は、竜布は李牧と一緒に戦うのでしょうか?

それとも李牧を追い出した郭開一派に入るのでしょうか?

竜布がこの戦いで生き残ったら、そちらの展開が気になってきますね。

扈輒将軍は李牧の実力を評価していましたので、この扈輒将軍の片腕である龍白公の長男であれば、李牧と一緒に戦おうとするようには思います。

しかし扈輒将軍自身は、趙王に従って戦っています。

扈輒将軍も現実を見た上での苦渋の決断なのかもしれませんが、同じように苦渋の決断で竜布は郭開側につくのかもしれませんが、果たしてそこにはどんなドラマが待っているのでしょうか?

 

竜布は李牧との戦いで戦死する?

もしかすると苦渋の決断で郭開側についた竜布は、李牧との戦いで戦死するのかもしれません。

秦から侵攻されている時点では、趙の内部で争うことはないでしょう。

ただ秦からの侵攻が一旦収まると、郭開側は李牧打倒に動き出すのかもしれません。

とはいえ李牧は、今は司馬尚のいる青歌(せいか)城に身を寄せていますし、李牧と三大天に推薦された司馬尚の2人を相手にすれば、郭開側も苦戦することが予想されます。

苦渋の決断の末に郭開側につくことになった竜布は、本当は李牧と一緒に戦いたいと願いながらも、それが叶わずに李牧と戦って戦死するという展開になれば、竜布にとっては非常に悲しい結末となってしまいます。

果たして竜布の最後は、どんなドラマが待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダム竜布の強さと最後 まとめ

さてここまでキングダムの趙の新武将・竜布の強さや最後について考察してきました。

龍白公の長男である竜布は、桓騎軍の雷土をあっさりと落馬させて捕まえましたので、かなりの武力の持ち主と思われます。

雷土は武力90ですので、竜布は93~95程度の武力はあるのではないでしょうか?

また竜布の最後ですが、この平陽の戦いで死亡する可能性もありますし、その場合には飛信隊の誰かが竜布を倒すと予想します。

ただ竜布がここでは戦死しない可能性も考えらえるところで、竜布がこの戦いで生き延びれば趙王に可愛がられている郭開側につくのでしょうか?

それとも李牧側について戦うのでしょうか?

現時点では李牧側につくことは趙の国内では生きづらくなると思われますので、苦渋の選択として竜布は郭開側についてしまうのかもしれませんが、その後の竜布は果たしてどうなるのでしょうか?

それではこれでキングダムの竜布の強さや最後に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク