キングダム龍白公・岳白公・虎白公はすでに死亡フラグ?

キングダム 龍白公 岳白公 虎白公
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中華を舞台にした大人気歴史マンガです。

このキングダムは個性的なキャラクターも多く登場してきますが、最近になって新しく登場してきたキャラクターがいました。

それは趙側の武将で、龍白公(りゅうはくこう)・岳白公(がくはくこう)・虎白公(こはくこう)という3人の武将です。

ただこの3人の武将はすでに死亡フラグが立っていると思うのは、考えすぎでしょうか?

またこの3人は史実に実在したのでしょうか?

強さはや武将としての方は、本能型?知略型?

そして3人の最後の死亡はどんな形になるのでしょうか?

こちらではキングダムに登場してきた趙の武将である龍白公・岳白公・虎白公の史実や強さ、また最後の死亡について予想・考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダム龍白公・岳白公・虎白公はすでに死亡フラグか?

さてキングダムでは675話で、趙の武将として龍白公(りゅうはくこう)・岳白公(がくはくこう)・虎白公(こはくこう)という3人の武将が登場してきました。

この3人の武将は扈輒(こちょう)軍の武将として登場してきましたが、すでに死亡フラグが立っているような気がします!

それはどんなところなのでしょうか?

 

龍白公・岳白公・虎白公の名前が雑!

まず3人の死亡フラグとして考えられる点は、名前が雑な点です。

(見た目はしっかりと作りこんできた印象ですが。)

それぞれの名前の頭文字1文字が違うだけで、あとは「白公」と揃(そろ)っています。

この「白公」が趙の三大天のように「地位」を示す可能性がありますが、その割にはこれまで「白公」と名前が付いた人物がキングダムで登場してきたことはありません。

そうなるとこの3人の武将はすぐに死亡させる予定であることから、簡単な名前を付けたのではないか?と思われます。

この雑なネーミングからして、龍白公・岳白公・虎白公にはすぐに死亡してしまうキャラという雰囲気がムンムンと漂っているように感じますが、3人が活躍する場面はあるのでしょうか?

 

史実で扈輒将軍は桓騎将軍に敗れているから

また龍白公・岳白公・虎白公の3人が死亡するというのは、史実で扈輒将軍が桓騎将軍に敗れていることからも推測されるんですね。

扈輒将軍が桓騎将軍に敗れた戦いは「平陽の戦い」として、歴史的に知られています。

この時の戦いで、桓騎将軍は趙軍10万の首を斬ったとも言われていますし、この戦いで扈輒将軍は戦死したとも言われています。

あまり史実を元にした考察をしたくない気持ちもあるのですが、史実を元にすれば扈輒将軍24万vs桓騎将軍8万という戦いは、桓騎将軍の勝利に終わると予想されます。

こういう面からも龍白公・岳白公・虎白公の3人の将軍はここで戦死するのではないか?と予想されます。

だからこそ3人のネーミングは力を入れなかったのかもしれませんが、果たしてこの3人はこの戦いで生き残ることができるのでしょうか?

 

龍白公・岳白公・虎白公のセリフが油断しすぎ!

また他にこの3人の武将の死亡フラグだと思われる点は、3人の初登場でのセリフも挙げられます。

何せ、そのセリフが油断しすぎなんです。

 

龍白公「勘違いをしているのであろうな 秦は」

岳白公「狩られるのは趙ではなく」

虎白公「秦」

 

もちろん戦う前に、勝つ前提で勝負に挑む気持ちは理解できます!

私も好きな競馬をやる前は、負けることなんて一切考えませんから!

(^_^;)

しかし戦場では油断は禁物のはず。

扈輒将軍の強さを知っている3人だからこそ強気な発言をしているのだと思いますが、このセリフの油断っぷりからも、3人は早めに死亡する運命が待っている気がします。

果たして3人の運命は、どうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダム龍白公・岳白公・虎白公の強さは?

次にこの趙軍の龍白公・岳白公・虎白公がどの程度の強さの武将なのか?

この点を予想・考察していきたいのですが、おそらくですがこの3人はすぐに死亡する予定のはずです。

そうなると武力の設定ができるほどの見せ場もなく、戦いを終えることも考えられます。

ちなみに公式ガイドブックも、登場人物全員の能力値を書いているわけではありません。

そのため今後新しい公式ガイドブックが出版されたとしても、この3人については能力の数値の記載なし!

という扱いに終わるのではないか?とも思いました。

ただ展開が進むにつれて、もしかして強いかも?と思える描写がありましたが、それはどんなところなのでしょうか?

 

キングダム龍白公は武力高め?

最近のキングダムでは、龍白公の息子が雷土軍に捕まってしまいました。

そのために龍白公は雷土軍の前にその姿をさらすことになってしまいます。

ここから雷土軍は龍白公の首を簡単に斬ってしまえるのか?といえば、ここから一波乱あった方が展開はドラマチックだと思います。

そこでもしかすると龍白公は武力が高めな武将であり、龍白公は雷土軍に姿をさらしてしまっても雷土軍の攻撃に耐えてしまうのかもしれません。

 

キングダム岳白公も武力高め?

また岳白公もその身長は高そうですし、武器も特徴のあるものでした。

ですので、もしかすると岳白公の武力も高めなのかもしれません。

また戦いの展開からは、岳白公は李信と一騎討ちをすることも考えられます。

李信は龐煖(ほうけん)を倒したほどの武将ですので、岳白公といえども李信に勝てる見込みは少なそうです。

しかしもし岳白公の武器に飛び道具が仕込まれているなど予想外の特徴があれば、その武器を初めて見る李信は対応が後手に回ってしまい、ピンチに陥ってしまうのかもしれません。

果たして岳白公と李信の戦いは、どんな展開が待っているのでしょうか?

 

キングダム龍白公・岳白公・虎白公は本能型?知略型?

すぐに死ぬので、本能型と知略型の設定も未設定で終わると予想していました!

ただ龍白公は息子が捕まったということで、激情に駆られて雷土軍にその身をさらすあたり、龍白公は本能型・直感型の武将と言えるようには思います。

あとの岳白公と虎白公は、本能型・知略型の要素と思える描写はまだ出てきていません。

もしも本能型・知略型と思われる描写が登場したら、追記していきます。

 

キングダム龍白公・岳白公・虎白公の性別は?

3人の性別は全て男ではないか?と思われます。

虎白公が女という可能性がなくはないかな?と思いましたが、早めに死亡する展開になると思われますし、女武将という低いのかもしれません。

 

スポンサードリンク
>

キングダム龍白公・岳白公・虎白公は史実に実在?

またこの龍白公・岳白公・虎白公ですが、史実に実在した武将なのでしょうか?

調べてみましたが、この3人がこの時代の歴史書に登場してきたという記録はやっぱりありませんでした。

扈輒将軍は史実に実在している武将なんですけど、その部下の龍白公・岳白公・虎白公という3人の武将は実在していない武将ということになります。

やっぱりこの3人はオリジナルキャラだったんですね。

(^_^;)

 

スポンサードリンク

キングダム龍白公・岳白公・虎白公はどんな最後を迎える?

さてキングダムの龍白公・岳白公・虎白公ですが、すぐに死ぬと思うんですけど、それではどんな最後を迎えるのでしょうか?

それをここから予想・考察してきます。

果たしてどんな最後が3人を待っているのでしょうか?

 

桓騎将軍に討たれて戦死?

まず考えられるのは、桓騎将軍との戦いで戦死するパターンです。

これが最も可能性が高いでしょう。

史実でも桓騎将軍と扈輒将軍の戦いは桓騎将軍の勝利に終わって、桓騎将軍は趙の兵士約10万の首を斬ったと伝えられています。

この10万の趙の兵士の中に、龍白公・岳白公・虎白公の3人も入るのではないでしょうか?

こうした最後を迎える可能性が一番高いと思いますが、3人が生き残るとすればどんな形になるでしょうか?

 

3人のうち誰かが裏切る?

龍白公・岳白公・虎白公が生き残る可能性。

それはこの3人のうち、誰かが趙を裏切れば可能なのかもしれません。

誰かが裏切る理由としては、やはり趙王の愚かさが挙げられるでしょう。

趙王の愚かさゆえに邯鄲から軍を派遣せずに、鄴(ぎょう)を奪われる事態になっています。

しかし鄴を奪われた責任は李牧にありと、李牧は現在は表舞台から姿を消しています。

現時点で趙は秦の侵攻を食い止めているものの、趙王の愚かさは趙の国内でも話題になっているはずです。

そんな王の様子を見聞きするにつれ、「この国に未来はない」と判断する武将がいたとしても不思議ではありません。

このような理由から龍白公・岳白公・虎白公の誰かが裏切って秦側につけば、その人物は生き長らえることが出来ると思いますが、果たしてどんな展開が待っているでしょうか?

 

もしかして3人とも裏切る?

または龍白公・岳白公・虎白公の3人とも秦側に寝返るという可能性があるのかもしれません。

(もしかすると扈輒将軍に人望ない?)

そうなると全員生き残ってしまいますが、その後に秦の武将になってもチョイ役での登場にとどまるのかもしれませんね。

(ネーミングが雑なんでね。)

 

裏切った武将と戦いになって共倒れ?

または3人のうち誰かが裏切って、その裏切り者と残りの武将が戦い合って共倒れというパターンがあるのかもしれません。

龍白公・岳白公・虎白公の3人の誰かが裏切って、その裏切り者と残りの武将が戦い合うことで、この戦いで全員死亡するのかもしれません。

敵の手を借りずに自ら自滅していく・・・・

それは3人にとって最悪の最後になりますが、果たして彼らにはどんな最後が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダム龍白公・岳白公・虎白公はすでに死亡フラグ?まとめ

ここまでキングダムの趙の新たな武将である龍白公・岳白公・虎白公の3人が史実に実在するのか?などの点についてご紹介してきました。

この3人は名前が雑なので、すでに死亡フラグが立っているのではないでしょうか?

というのも史実でも扈輒将軍はここで桓騎将軍に敗れることになっています。

そのためすぐに死亡する武将なので、簡単なネーミングで済ませてしまった可能性がありますよね。

またこの3人の強さや本能型・知略型という点も、あまり詳しく描かれることなく早い段階で死亡してしまうのかもしれません。

そしてその最後は、桓騎将軍に首を斬られると予想します。

もしも3人が生き延びることがあるとすれば、趙を裏切って秦側につくことですが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

それではここで、キングダムの新たな趙の将軍である龍白公・岳白公・虎白公の3人の史実や最後の死亡に関する予想・考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサードリンク