キングダムアニメ昌平君の声優は誰?鬼滅の刃や呪術廻戦にも出演?

キングダム 昌平君 声優 しょうへいくん CV 諏訪部順一 他 キャラ 鬼滅の刃 呪術廻戦
   
スポンサードリンク
 

テレビで第4シリーズが好評放送中のメディアミックス作品『キングダム』。

『キングダム』は、原泰久先生原作の長編漫画で、現在も週刊ヤングジャンプで大人気連載中です。

このキングダムには人気キャラとして昌平君(しょうへいくん)がいます。

昌平君は知力と武力両方が備わっており、精神的にも男気のある天才軍師と呼ぶにふさわしい人物です。

そんな昌平君を演じる声優さんは誰で、他にどんなキャラクターを演じているのでしょうか?

こちらでは『キングダム』の昌平君を演じる声優さんのプロフィールやその他の出演キャラをご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>昌平君は裏切る?<<
 

   
スポンサードリンク
 

キングダム昌平君の声優は諏訪部順一!

キングダムは原作漫画だけではなく、テレビアニメや実写映画などでも注目されて、人気を集めています。

そんな人気作品のテレビアニメで昌平君を演じている声優は、諏訪部順一(すわべじゅんいち)さんです。

まずは、諏訪部順一さんの簡単なプロフィールを見ていきましょう。

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1972年3月29日(50歳)
  • 身長:173cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:東京俳優生活協同組合
  • 声優活動:1995年〜

諏訪部順一さんは、2002年に演じた「テニスの王子様」で演じた跡部景吾(あとべけいご)役でブレイク。

そこからは、多くの人気キャラクターの声を担当されています。

今では毎クール、諏訪部順一さんの声を聞かないことがないのではないかと思わせる人気ぶりです。

ちなみに諏訪部順一さんの声質は、低い中にもがあるのが特徴で、低音なのに重くならない魅力があります。

諏訪部順一さんはモテるイケメンキャラも、謎多き妖艶なキャラもぴったりとハマる声で、ファンを魅了し続けているのです。

 

キングダム昌平君の声優・諏訪部順一さんのその他の代表キャラは?

さて『キングダム』では昌平君を演じている諏訪部順一さんですが、この他にはどんなキャラクターを演じてきたのでしょうか?

諏訪部順一さんは数多くの人気作品に出演していますが、特にジャンプ作品への出演が多いと感じているファンも多いのではないでしょうか?

とはいえ、諏訪部順一さんの代表キャラはそれだけに収まりません。

ここにいくつか抜粋して紹介していきましょう。

  • テニスの王子様:跡部景吾
  • 黒執事:葬儀屋(アンダーテイカー)
  • 刀剣乱舞:千子村正
  • FATEシリーズ:アーチャー
  • 弱虫ペダル:寒咲通司

少年から大人、人間から人外まで、幅広く演じきれてしまう諏訪部順一さんを象徴するラインナップといえるでしょう。

さて、ここからは諏訪部順一さんが演じられたキャラクターでも、特に人気のある3人を紹介します。

 

諏訪部順一さんの代表キャラ①:鬼滅の刃の響凱(きょうがい)

まず2019年に第1期が放送され、社会現象となったジャンプ作品『鬼滅の刃』。

諏訪部順一さんは、こちらの作品で太鼓の鬼とも称される響凱(きょうがい)を演じています。

『鬼滅の刃』に出てくる鬼たちはみんな切ないストーリーを背負っていますが、響凱も人間だった頃売れない作家として、辛い仕打ちを受けた過去を背負っていました。

戦いの最後、炭治郎に太鼓や鬼としての強さを褒められて、嬉し涙するシーンは感動的でした。

そんな怖さと繊細さの両面を見事に表現した諏訪部順一さんは、約3話のみという短い出演ながら大きな存在感を放っていました。

 

諏訪部順一さんの代表キャラ②:呪術廻戦の両面宿儺(りょうめんすくな)

また呪術廻戦も大人気のジャンプ作品で、アニメも大人気となっている作品です。

その呪術廻戦で諏訪部順一さんが演じるのは、両面宿儺(りょうめんすくな)です。

両面宿儺は、主人公の虎杖悠仁が飲み込んだ呪物「宿儺の指」の元の人物です。

「呪いの王」と呼ばれ人間を苦しめることに喜びを感じる残忍な性格で、悠仁のことも指を飲み込んだ際に乗っ取ろうとします。

悠仁が強固な肉体と精神をもって宿儺の支配を拒んだために、表面上は宿儺は悠仁と共存しています。

しかし宿儺は虎視眈々と復活を企んでいるため、時限爆弾のようなキャラクターです。

宿儺のミステリアスで危険な性質を、諏訪部順一さんの声がより引き立てていると言っていいでしょう。

 

諏訪部順一さんの代表キャラ③:MARS REDの前田義信

またジャンプ作品への出演が目立つ諏訪部順一さんですが、他の作品の代表キャラクターも紹介したいと思います。

ご紹介したいのは「MARS RED」という作品です。

この作品は藤沢文翁作の音楽朗読劇で、人気漫画家の唐々煙(からからけむり)によって、2019年に漫画化、2021年にはテレビアニメ化もされた人気コンテンツです。

諏訪部順一さんは「MARS RED」で、朗読劇の初演2013年から前田義信(まえだよしのぶ)を演じています。

前田義信は他のキャラクターから前田大佐と呼ばれる上司役で、指揮下にある零機関を厳しく物静かに取り仕切ります。

頼れる上官として物語を牽引していくキーマンです。

ここでは諏訪部順一さんの凛々しく、また渋いお芝居を聞くことができます。

 

キングダム昌平君の声優・諏訪部順一さんのギャラはいくら?

では、『キングダム』昌平君の声優・諏訪部順一さんですが、気になるギャラはどのくらいなのでしょうか。

声優業界での出演料計算は、次のような方程式で算出されると言われています。

 

声優のギャラの計算方法

声優基本ランク×時間割増率×180%

まずはこの計算式が基本のようです。

ちなみに、声優基本ランクは15〜45のランクがあって、それぞれのランクの数字に1,000円をかけた金額です。

ランク15・・・15,000円
ランク16・・・16,000円
ランク17・・・17,000円



ランク45・・・45,000円

 

また、時間割増率は以下の通りです。

30分=1.0
60分=1.5
90分=1.9
120分=2.3

ちなみに最後にかけている180%は、劇場版の映画の場合には250%になるそうです。

 

諏訪部順一さんのギャラはいくら?

基本的にランク制度をもとに支払われる声優さんの出演料ですが、諏訪部順一さんの声優基本ランクは公式に発表されていません。

そこで、諏訪部順一さんの声優としての活動年数27年と人気度からランクを30と仮定して試算すると以下のようになります。

30,000円(ランク30)× 1.0(30分枠)×180% = 54,000円(1話当たり)

上記の金額が『キングダム』で昌平君を演じる諏訪部順一さんの 推定ギャランティーです。

なおイベント出演、ゲームアプリ、音楽活動などに関しては、こちらで紹介したものとは別のプロセスでギャラが決定・支払われるそうです。

 

キングダム昌平君の声優は?他の代表キャラやプロフィール まとめ

ここまで『キングダム』の昌平君の声優さんのプロフィールやその他の出演キャラクターを紹介してきました。

『キングダム』で昌平君を演じているのは声優の諏訪部順一さんで、ジャンプ作品での活躍が目立つもののそれ以外でも数多くのキャラクターに声をあてています。

キャストに名前があると安心する存在として、諏訪部順一さんにはこれからもさまざまな作品で活躍していただきたいものです。

それでは以上で、『キングダム』昌平君の声優さんのプロフィールやその他の代表キャラクターの紹介を終わります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク