キングダム昌平君(しょうへいくん)は裏切る?昌平君の裏切りを史実から考察

キングダム-昌平君-裏切り-史実
スポンサードリンク

キングダムの昌平君は秦では丞相(じょうしょう)の地位にあり、秦の軍略の全てを担う重要な役割を担(にな)っています。

山陽の攻略は、中華統一への足掛かりとなる一手でしたし、嫪毐(ろうあい)の乱が起こった時には呂不韋と袂(たもと)を分かつ決断を下します。

その上で昌文君と共に反乱軍を鎮圧(ちんあつ)しますが、誇張はあれど武力が蒙武級であると昌平君の配下の介億が語ります。

知略はもちろん武力にも優れた武将として昌平君は描かれていますが、史実では最後で秦を裏切って楚の王になり、王翦と蒙武に倒されたことになっています。

それでは漫画キングダムの中でも、昌平君は裏切るのでしょうか?

まずキングダムの中での昌平君の行動を見ながら、史実での昌平君の実像をひも解いていき、昌平君が裏切るのかについて考察していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

キングダム昌平君の裏切りはある?!

呂不韋の昌平君評は秦裏切りの暗示?!

まず昌平君のこれまでの行動の中での「裏切り」でいえば、呂不韋を裏切ったことがありましたね。

この時の理由としては、昌平君も中華統一を夢見ていたこと。

そして政はその中華統一の夢を任せても良いと思える王であったこと。

そのことから嫪毐(ろうあい)の反乱が起こったその時、昌平君は「世話になった」という一言を残して、呂不韋と袂(たもと)を分かつ決断を下すことになります。

この時に呂不韋は気になることを言っていました。

それは昌平君という人物に対する評価ですが、昌平君のことを”本来 人の下につくような人物ではない”と言います。

今現在は昌平君は政の下についているとはいえ、本来の気質として「人の下につくような人物ではない」のが昌平君の本質なのかもしれません。

そうすると今後は、政の下につくことにも納得できなくなる時が訪れるかもしれない―――

そんな展開があるのかもしれません。

また公式ガイドブックを見ると、気になることが書いていました。

この公式ガイドブックに書かれていたこととは何なのでしょうか?

 

キングダム公式ガイドブックでは昌平君の寝返り度100?!

キングダム-昌平君-ガイドブック

(出典 キングダム公式ガイドブック 覇道列紀)

またキングダムの公式ガイドブックによると、昌平君の「寝返り度」は100となっています!

最初に出たガイドブックでは、昌平君の「生い立ち」が「複雑」となっていました。

しかし次に出たガイドブックでは「寝返り度」が「100」に変わっていました!

呂不韋から袂を分かつことになりましたが、これだけで寝返り度が100となるのはどうなんでしょう?

これは昌平君が史実通りに楚に寝返るということを示しているのかもしれませんね。

それでは史実ではどのようにして昌平君は、楚に寝返ることになったのでしょうか?

これから史実をひも解いていきます。

 

スポンサードリンク

キングダム昌平君の史実での実像は?!

キングダム昌平君の複雑な生い立ちとは?!


では史実での昌平君を見ていきたいと思いますが、最初の公式ガイドブックでは複雑とされた「生い立ち」。

この複雑とされた生い立ちには楚と秦の関係があったようで、楚の春申君(しゅんしんくん)も関係してきます。

紀元前278年。

楚が秦に押されていき秦の白起(はくき)将軍の手によって、楚の首都である郢(えい)が奪われることになります。

そして楚は陳(ちん)という場所に首都を移すことになりますが、ここで春申君は秦の昭王に楚と同盟を結ぶように説得します。

その時に春申君は、のちの考烈王となる太子(世継ぎとなる王の子供)の完(かん)を、秦への人質として連れていきます。

この時に、この太子・完と昭王の娘の間に生まれたのが昌平君だと言われています。

それから楚王が重態になったと聞くと、春申君は秦をあざむいて太子の完を楚に脱出させることに成功。

この太子・完が考烈王として即位すると、春申君は楚の宰相に任命されることになります。

この時には昌平君は楚に行かずに秦にとどまることになりますが、この辺りの経緯としては秦の始皇帝こと政にも似たような話がありましたね。

王の子供ということで同盟の人質となることは、戦国の常(つね)ということでしょうか。

昌平君は、そのまま秦で出世していくことになります。

 

嫪毐の反乱を鎮圧して出世するも、その後に流刑に?!

そして秦で嫪毐(ろうあい)の反乱が起きると、その鎮圧に尽力したのが昌平君だと言われています。

その功績で昌平君は右丞相という地位に昇進。

ただ楚の攻略に必要な兵力の議論を巡って、王翦(おうせん)が将軍から退くことになった時、政に対して厳しい意見を言った昌平君は政の怒りを買ってしまい、丞相の地位をやめさせられることになってしまいます。

 

そして始皇21年。

これは紀元前226年のことになりますが、この年に昌平君は郢(えい)という地に流刑(るけい=罪人を辺境の地に追放する刑罰)になったという記録が残っています。

(出典 史記Ⅲ「独裁の虚実」)

昌平君が流刑になったいきさつについては詳しい記述がないのですが、政から怒りを買ったことと関係があったのかもしれません。

果たしてこの辺りは、キングダムではどう描かれるのでしょうか?

そして始皇23年には王翦が60万の軍勢で楚を攻めて、楚王を捕虜にすることに成功。

この時に楚の将軍・項燕(こうえん)は、郢(えい)に流されていた昌平君を王に立てて抵抗を続けます。

ただ翌年の始皇24年には、王翦と蒙武によって攻められて昌平君は殺されてしまい、項燕も自殺したと伝えられています。

 

蒙毅の策で昌平君が敗れる?

ちなみに蒙武の元に息子の蒙毅(もうき)が軍師として参戦するようになっています。

そして王翦と蒙武が昌平君たちを破るとすると、もしかすると蒙毅の策で昌平君が倒される展開も待っているのかもしれません。

元々は昌平君は、蒙毅が学んでいた軍師学校の師でした。

師を弟子がここで倒すことがあるとしても、昌平君を倒さなければならない蒙毅の胸の内はどうなるのか?

そこでは戦いの哀しみの場面が描かれるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キングダムで昌平君はどう裏切る?

昌平君、王翦が重用されていくことに嫉妬?!

それではここからキングダムの物語の中に話を戻していきますが、昌平君はどのようにして裏切っていくのでしょうか?

史実では政の怒りを買ったとされる昌平君。

しかしキングダムの中での秦王・政は、光ある王として描かれていますので、その政が部下に対して怒りを発する場面が想像できない面があります。

ただ昌平君が流刑になったことは史実に記録が残っていますので、昌平君の流刑は変わらないとすれば、昌平君は自らの要因で流刑になることを行ってしまう。

そうした展開が予想されます。

その一つとして謀反の可能性が考えられます。

昌平君は謀反の疑惑をかけられてしまい、流刑にせざるを得ないという状況になってしまう。

それではなぜ昌平君は謀反を起こすことを考えるようになったのか?

それは王翦(おうせん)の存在があるのかもしれません。

キングダムの中では自分が王になりたいと考えているとされる王翦。

そんな王翦はしかし鄴(ぎょう)攻めの時に、兵糧攻め合戦を仕掛けていき鄴の陥落に成功しています。

そして斉の国から食糧を買うという案も王翦の口から発せられたものでした。

そんな王翦の頭脳が今後の秦で重要視されるようになると、面白くないのは軍総司令としてこれまで献身してきた昌平君でしょう。

そこから自らの地位が脅(おびや)かされることを恐れて、謀反を起こすことを考えるようになっていく―――

そのことが明るみになることで昌平君は流刑となってしまう。

そんな展開が待っているのかもしれませんね。

 

楚との交戦のさなかに楚とのつながりを持つようになる?

または考えられるのは、他の国との深いつながりを持つことで裏切りの疑いをかけられること。

そして流刑になるという展開が考えられます。

元々は楚の公子であった昌平君。

ですので深いつながりを持つと考えられる国は楚と思われます。

そしてこの楚との戦いの中で、昌平君は楚とのつながりを深くするようなキッカケが生まれるのかもしれません。

ただ軍総司令である昌平君は、戦いの現場に向かうことは極めて珍しいことです。

他の将が他国との国境の備えで動けない中で軍を起こす必要が出てきた時。

その時には昌平君は軍を率いる立場になることも考えられますが、それはいつのことになるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム昌平君の裏切り考察 まとめ

ここまでキングダムの昌平君の裏切りと昌平君の史実の実像について考察してきましたが、いかがでしたか?

優れた軍略を披露し、秦の中華統一を夢見る昌平君には裏切って欲しくないという気持ちはありますが、どこかで楚の考烈王(こうれつおう)の子供であることを昌平君が知る時が訪れるのかもしれません。

その時に昌平君の心に何が起こるのか?

野心に似た気持ちが芽生えても不思議はないのかもしれませんね。

そうしてキングダムの中で昌平君は裏切るのかもしれませんし、史実では昌平君は流刑になってしまいますが、キングダムではこの辺りはどのように描かれるのか?

これからの展開が楽しみですが、以上でキングダムの昌平君の裏切りと史実の考察を終わります。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク