キングダム昌平君(しょうへいくん)は裏切る?史実の最後から裏切りを考察

キングダム-昌平君-裏切り-史実
スポンサードリンク
 

キングダムの昌平君は秦では丞相(じょうしょう)の地位にあり、秦の軍略の全てを担う重要な役割を担(にな)っています。

山陽の攻略は、中華統一への足掛かりとなる一手でしたし、嫪毐(ろうあい)の乱が起こった時には呂不韋と袂(たもと)を分かつ決断を下します。

その上で昌文君と共に反乱軍を鎮圧(ちんあつ)しますが、誇張はあれど武力が蒙武級であると昌平君の配下の介億が語ります。

知略はもちろん武力にも優れた武将として昌平君は描かれていますが、史実では最後で秦を裏切って楚の王になり、王翦と蒙武に倒されたことになっています。

それでは漫画キングダムの中でも、昌平君は裏切るのでしょうか?

まずキングダムの中での昌平君の行動を見ながら、史実での昌平君の実像をひも解いていき、昌平君が裏切るのかについて考察していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダム昌平君の裏切りはある?!

呂不韋の昌平君評は秦裏切りの暗示?!

まず昌平君のこれまでの行動の中での「裏切り」でいえば、呂不韋を裏切ったことがありましたね。

この時の理由としては、昌平君も中華統一を夢見ていたこと。

そして政はその中華統一の夢を任せても良いと思える王であったこと。

そのことから嫪毐(ろうあい)の反乱が起こったその時、昌平君は「世話になった」という一言を残して、呂不韋と袂(たもと)を分かつ決断を下すことになります。

この時に呂不韋は気になることを言っていました。

それは昌平君という人物に対する評価ですが、昌平君のことを”本来 人の下につくような人物ではない“と言います。

今現在は昌平君は政の下についているとはいえ、本来の気質として「人の下につくような人物ではない」のが昌平君の本質なのかもしれません。

そうすると今後は、政の下につくことにも納得できなくなる時が訪れるかもしれない―――

そんな展開があるのかもしれません。

また公式ガイドブックを見ると、気になることが書いていました。

この公式ガイドブックに書かれていたこととは何なのでしょうか?

 

キングダム公式ガイドブックでは昌平君の寝返り度100?!

キングダム-昌平君-ガイドブック

(出典 キングダム公式ガイドブック 覇道列紀)

またキングダムの公式ガイドブックによると、昌平君の「寝返り度」は100となっています!

最初に出たガイドブックでは、昌平君の「生い立ち」が「複雑」となっていました。

しかし次に出たガイドブックでは「寝返り度」が「100」に変わっていました!

呂不韋から袂を分かつことになりましたが、これだけで寝返り度が100となるのはどうなんでしょう?

これは昌平君が史実通りに楚に寝返るということを示しているのかもしれませんね。

それでは史実ではどのようにして昌平君は、楚に寝返ることになったのでしょうか?

これから昌平君の史実のエピソードをひも解いていきます。

 

スポンサードリンク
 

キングダム昌平君の史実でのエピソードは?

昌平君の父親は楚王?

さて、それではキングダムの昌平君の史実のエピソードをご紹介していきますが、まずその血筋から見ていきましょう。

実は昌平君のお父さんは楚の考烈王(こうれつおう)で、お母さんは秦の昭襄王(しょうじょうおう)の娘です。

つまり昌平君は楚の王族を父に持ち、母も秦の王族の娘という血筋です。

ちなみに秦の昭襄王は、キングダムでも昭王(しょうおう)として描かれていた人物で、戦神(いくさがみ)とも呼ばれていましたね。

そしてキングダムでは、この昭王の時代に六大将軍が存在していたことになっています。

それはここでは置いておきますが、昌平君にはこの昭王の血も流れていたということになります。

キングダムでは高い武力を見せることもありますが、それは昭王の血のなせる業(わざ)と言えるのかもしれませんね。

 

昌平君の本名・名前は?

また昌平君の本名は何というのでしょうか?

昌平君というのは称号のことで、これは名前でも本名でもありません。

例えば趙の李牧は、秦軍を退けた功績によって武安君(ぶあんくん)に封じられたことがあります。

この武安君ような称号として「昌平君」というものがあったことになりますが、そのためこれは名前ではないことになります。

では昌平君の本名は何なのか?

これが詳しくは分かっていないんです。

姓は「羋(び)」、氏は「熊(ゆう)」と記録には残されています。

このように姓と氏が分かっていながら、名が分かってないんですね!

だから本名が分からないということになります。

ちなみに中国での姓と氏の関係は、「姓」という大集団があって、そこから分かれた小集団を「氏」と呼ぶそうです。

また一説には、発掘された古代の銅製品に「丞相啓」という文字があって、これが昌平君だと主張している専門家もいます。

この「啓」が昌平君の名前だとすれば、氏が「熊」ですので、昌平君の本名は「熊啓(ゆうけい)」ということになりますが、真相は定かではありません。

 

昌平君の命日は?

また昌平君の命日ですが、これは月日までは分かっていません。

紀元前223年に戦死したことが分かっていますが、それ以上の細かな日付は古代の中国のことだけに分かっていないままです。

やはり古い時代のことだけに、この辺りは仕方ないところですね。

こうなると古代中国のことで今後も明らかになることはないだろうと思うと、いっそのことキングダムの中で決めてもらいたい!なんて少し思います。

 

昌平君と昌文君との関係は?

そういえば昌平君と似た名前の人物に、昌文君(しょうぶんくん)がいます。

この昌文君も史実に実在した人物として知られていますが、歴史上では昌文君は昌平君の叔父(おじ)に当たる人物になっています。

先ほど書いたように昌平君は楚の考烈王の子供ですが、昌文君はこの考烈王と腹違いの兄弟なんですね。

だから昌文君は昌平君の叔父さんということになります。

まだキングダムでもこの2人の関係は明らかになっていませんが、これからどこかで2人の関係が明らかになるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
>

昌平君の史実での活躍とその最後の死に方は?

昌平君、嫪毐(ろうあい)の反乱を鎮圧

それではここから昌平君の史実での活躍と死ぬまでを見ていきたいと思いますが、昌平君の史実での活躍はそれほど多く記録は残されていません。

それは紀元前238年。

この年に嫪毐(ろうあい)の反乱があり、これを昌平君は叔父さんの昌文君と一緒に鎮圧したという記録が残されています。

昌平君の活躍らしい活躍といえば、この記録のみ。

他には紀元前246年。

秦王・政の時代に昌平君は御史大夫(ぎょしたいふ)という地位についていたことが記録に残されていますが、これは政策立案能力など文官としての優秀さが認められたことでこの地位につけたのでしょうか?

何らかの功績や実績があっての出世だと思いますが、この御史大夫という地位についていた時に呂不韋を補佐したことになっています。

ちなみに呂不韋は、同じく紀元前246年に相国(しょうこく:丞相(じょうしょう)がさらに位をすすめたもの)になっています。

 

秦王・政の怒りを買った?

その後、紀元前237年に呂不韋が相国の地位を失うことになりますが、ここで昌平君は嫪毐(ろうあい)の反乱の鎮圧の功績を評価されて右丞相になったと言われています。

ちなみに叔父さんの昌文君が左丞相になっていますが、丞相の地位は右と左ではどちらが上だったのでしょうか?

秦と漢の時代には右の方が地位が上だったとされていますが、のちの魏と晋の時代には左の方が地位が上になったと言われています。

この辺りは時代によって変わったことになりますが、秦の時代は右丞相が左丞相より上。

つまり、昌平君>昌文君という図式だったことになります。

位(くらい)人臣(じんしん)を極めた(臣下として最高の地位についた)昌平君。

しかしここからこの丞相という地位を辞めさせられるという事態が起こってしまいます。

時は紀元前226年。

楚の攻略のために秦王・政は李信と王翦(おうせん)に必要な兵数を質問したことがありました。

この時、李信は20万と言い、一方の王翦は60万だと答えましたが、秦王・政は王翦は年老いて気力が衰えたと判断。

李信の方が気概があって頼りになると考えて、秦王・政は李信と蒙恬(もうてん)に20万の兵を与えて楚に出陣させることになりました。

ここで王翦は将軍をやめさせられることになりますが、この時に秦王・政を諫(いさ)めた(目上の人に対して過ちを指摘して改善を求めた)のが昌平君でした。

しかしここで昌平君は秦王・政の怒りを買うことになり、丞相の地位をやめさせられることになります。

 

う~ん、史実の秦王・政は短気でしょうか。

思い通りにならない人をやめさせれば良いという訳ではないはずで、王たるもの道理の通った意見には耳を傾ける度量を持つべきだと思います。

 

昌平君の最後と項燕との関係は?

そして史実では昌平君は、楚の項燕との関係ものちに出てきます。

 

歴史上では、紀元前230年。

郢陳(えいちん)という土地の民衆が動揺したので、この民衆を落ち着かせるために楚の王族でもある昌平君がこの地に送られたそうです。

(この点は流刑になった、との解釈もあるようです。)

その5年後の紀元前225年。

秦の李信と蒙恬率いる20万の軍勢が楚の攻略に出陣。

ここで昌平君のいた郢陳で反乱が発生してしまいます。

この反乱を李信の軍が討伐に向かったところ、李信軍は楚の項燕の奇襲を受けて大敗北を喫することになります。

 

そして紀元前223年。

楚王が秦によって捕まると、昌平君は項燕によって新たな楚王として担ぎ上げられることになります。

その要請を受けてしまった昌平君。

秦に背く形となりましたが、その最後は王翦(おうせん)と蒙武の軍に敗れて昌平君は戦死することになってしまいます。

秦が中華を統一したように、時代の流れはすでに秦に傾いていたはず。

それなのになぜか秦に背いた昌平君。

その背景には何があったのでしょうか?

 

丞相を辞めさせられた恨みがあった?

史実で昌平君が秦を裏切った理由として考えられるのは、やはり丞相という地位を辞めさせられたことでしょうか?

王翦(おうせん)という名将をかばって、秦王・政の過ちを指摘した昌平君。

このことによって書平君は丞相の地位を辞めさせられることになりますが、この出来事は昌平君の心の奥底にやり切れないわだかまりを生んだのかもしれません。

そのことが昌平君が楚に向かってから、項燕の要請を受けて秦に背いて楚王になってしまった理由に思えて仕方ありません。

秦王・政のこうしたやり方は、秦の中華統一に向けては大きな問題とならなかったものの、その後の秦が短命政権だったことと何か関係があったと言えるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダムで昌平君はどう裏切る?

郢陳の反乱は昌平君が扇動した?!

それではここからキングダムの物語に話を戻していきますが、キングダムではどのようにして昌平君は裏切っていくのでしょうか?

史実では政の怒りを買ったとされる昌平君。

しかしキングダムの中での秦王・政は、光ある王として描かれていますので、キングダムの中では政が部下に対して怒りを発する場面が想像できない面があります。

ただ昌平君は郢陳(えいちん)という土地の人々を落ち着かせるため、この地に派遣されたとも言われています。

しかしこの郢陳で起きた反乱を鎮めるために、李信たち秦軍は楚の項燕の手によって大惨敗を喫してしまうんでしたね。

ただ、もしかするとこの郢陳での反乱

丞相という地位を辞めさせられて恨みを抱いていた昌平君のしわざだったという展開が、キングダムで描かれるのかもしれません。

この時点で昌平君は秦からすでに心が離れていたことから、項燕から楚王になるように要請された時に引き受けたという展開になるのかもしれません。

さてそうなると昌平君が丞相の地位を辞めさせられる理由は、キングダムではどのように描かれるのでしょうか?

史実では楚の攻略に60万の兵力が必要だと答えた王翦を辞めさせたこと、それを注意したことで昌平君は丞相の地位を失う結果になりましたが、キングダムの中では光ある王と描かれている秦王・政。

同様の展開で秦王・政は、昌平君から丞相の地位を奪うのでしょうか?

 

裏切りの疑いをかけられる?

キングダムの中で昌平君が丞相の地位を追われることになる理由。

それは裏切りの疑いをかけられてしまうという理由のかもしれません。

趙の名将・李牧も、史実では謀反の疑いをかけられたことでその最後を迎えることになりました。

 

同じような理由で昌平君も、裏切り・謀反の疑いをかけられることで昌平君は丞相の地位を失った。

そうした展開も考えられるのかもしれません。

ただキングダムでは光ある王として描かれている秦王・政。

呂不韋に謀反の疑いがかけられた時のように、政はここでも昌平君を信じようとするのかもしれませんが、周り(呂不韋の時と同じように特に肆氏(しし)?)が昌平君の謀反の疑いを放置することを許さないかもしれません。

そうした周りの声もあったため、やむなく政は昌平君から丞相の地位を奪うことにした―――

そんな展開も考えらえます。

またここで裏切りや謀反の疑いをかけられる理由としては、昌平君の姉だと予想されている媧燐(かりん)が関係しているのかもしれませんし、昌平君に謀反の疑いありというウワサを流すのが媧燐なのかもしれません。

または昌平君と媧燐の2人が男女の深い仲になることで、昌平君は疑われることになるのか?

いくつかの可能性がありますが、これは今後の大きな見どころの一つと言えます。

ただ謀反の気持ちが無いのに処分されたということになれば、それは昌平君が本当に裏切るのに充分な理由になると言えます。

 

昌平君、王翦が重用されていくことに嫉妬?!

また裏切りや謀反の疑いをかけられる理由としては、王翦(おうせん)の存在もあるのかもしれません。

キングダムの中では自分が王になりたいと考えている王翦。

そんな王翦はしかし鄴(ぎょう)攻めの時に、兵糧攻め合戦を仕掛けていき鄴の陥落に成功しています。

そして斉の国から食糧を買うという案も、戦う前から王翦の口から発せられたものでした。

そんな王翦の頭脳が今後の秦で重要視されるようになると、面白くないのは軍総司令としてこれまで献身してきた昌平君でしょう。

そこから自らの地位が脅(おびや)かされることを恐れて、謀反を起こすことを考えるようになっていく―――

そのことが明るみになることで昌平君は丞相の地位を失うことになっていく。

そんな展開が待っているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

キングダム昌平君の最後はどうなる?

昌平君、蒙武に討たれる?

またキングダムでの昌平君の最後は、どのようになるでしょうか?

史実では昌平君は、王翦と蒙武との戦いに敗れて戦死したという最後を迎えています。

ちなみにキングダムの原先生の読み切り作品に、昌平君と蒙武の関係を描いた「蒙武と楚子」という漫画がありますが、この中では昌平君と蒙武の熱い友情が描かれています。

そうなると昌平君の最後の予想としては、蒙武の手によって討ち取られるという可能性があるのかもしれません。

そういえばキングダムの657話でも、蒙武が背負っているものの描写の一コマに昌平君が描かれていたことがありました。

蒙武と昌平君はキングダム本編でも、深い友情で結ばれた関係として描かれるのかもしれません。

しかし昌平君はその最後に、親友・蒙武の手によって討ち取られるとすれば、そこに至るまでの2人の哀しみも同時に描かれていくのかもしれません。

 

蒙毅の策で昌平君が敗れる?

またはキングダムでは、蒙武の元で息子の蒙毅(もうき)が軍師として参戦するようになっています。

そして王翦と蒙武が昌平君たちを破るとすると、もしかすると蒙毅の策で昌平君が倒される展開も待っているのかもしれません。

元々は昌平君は、蒙毅が学んでいた軍師学校の師でした。

師を弟子がここで倒すことがあるとしても、昌平君を倒さなければならない蒙毅の胸の内はどうなるのか?

そして蒙武に加えて蒙毅も昌平君を倒すことに関与することになる・・・

ここでも戦いの何とも言えない哀しみが表現されるのかもしれません。

 

キングダム昌平君の裏切りと最後の考察 まとめ

ここまでキングダムの昌平君の裏切りと昌平君の史実の実像について考察してきましたが、いかがでしたか?

優れた軍略を披露し、秦の中華統一を夢見る昌平君には、秦を裏切って欲しくないという気持ちはありますが、丞相という地位を失うことが秦に反旗をひるがえすことの理由になるのかもしれません。

または楚の媧燐(かりん)との関係が、昌平君裏切りのキッカケになっていくのか?

はたまた知将・王翦(おうせん)の存在が、昌平君の心の底に闇を生み出してしまうのか?

さて昌平君の裏切りはどのような形で描かれるのでしょうか?

これからの展開が非常に楽しみですが、以上でキングダムの昌平君の裏切りと史実の考察を終わります。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク