サザエさん・マスオさんの声優は死去して変わった?歴代声優と現在の声優は?

サザエさん マスオさん マスオ 声優 変わった CV 他 キャラ 歴代 現在 初代 増岡弘 死亡 田中秀幸 近藤真介
   
スポンサードリンク
 

日本の国民的アニメの代名詞ともいえる作品「サザエさん」

長寿アニメのサザエさんですが、その長期の放送がゆえに登場人物の声優さんが交代することもしばしば起こっています。

そこで今回は、サザエさんに登場するキャラクター・フグ田マスオの声優さんをご紹介していきましょう。

マスオさんの声優は変わった事はあるのでしょうか?

またマスオさんの声優はその他にどんなキャラクターを演じているのでしょうか?

今回はサザエさんのマスオさんの声優さんの基本的なプロフィールや、変わったことがあるのか?という点やその他の代表キャラについてご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください。

>>波平の声優は変わった?<<
 

   
スポンサードリンク
 

サザエさんのマスオさんの声優は変わった?現在の声優は誰?

国民アニメ「サザエさん」に登場するキャラクター・フグ田マスオ。

主人公であるフグ田サザエの夫であり、磯野家でも非常に親しまれている温和なキャラクターで知られています。

そんなマスオさんの声優ですが、過去数回声優さんの変更がされています。

  • 初代:近石真介(ちかいししんすけ)さん
  • 二代目:増岡弘(ますおかひろし)さん
  • 三代目(現在):田中秀幸(たなかひでゆき)さん

次項では、それぞれの声優さんのプロフィールなどをご紹介していきましょう。

>>サザエさんの最終回はどうなる?<<
 

サザエさん・マスオの初代声優:近石真介さんとは?

まずは、マスオさんの初代声優である近石真介さんのプロフィールを簡単にご紹介していきましょう。

  • 出身地:東京府豊多摩郡(現:東京都杉並区)
  • 生年月日:1931年1月20日(91歳)
  • 身長:164cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:ムーブマン所属
  • 声優活動:1950年代~

テレビが普及し始めた頃より活動されている俳優さんで、現在でもナレーション業を中心に声の仕事をされているベテラン声優さんである近石真介さん。

近石真介さんはアニメだけでなく、洋画・海外ドラマの吹き替えなどを多く担当しています。

 

サザエさん・マスオの二代目声優:増岡弘さんとは?

続いては、マスオさんの二代目声優である増岡弘さんのプロフィールを簡単にご紹介していきましょう。

  • 出身地:埼玉県南埼玉郡(現:さいたま市岩槻区)
  • 生年月日:1936年8月7日
  • 身長:167cm
  • 血液型:B型
  • 事務所:東京俳優生活協同組合所属
  • 声優活動:1963年~

当初は絵描きを志していたという増岡弘さん。

東京芸術大学に入学するも、「自由な絵が描きたい」という理由で2年で中退したそうです。

そんな折、舞台美術の仕事に携わるようになり、演劇の世界に踏み入れたことが役者となるキッカケとなったそうです。

 

サザエさん・マスオの三代目(現在)声優:田中秀幸さんとは?


最後は、現在のマスオさんの声優である田中秀幸さんのプロフィールを簡単にご紹介していきましょう。

  • 出身地:東京都大田区
  • 生年月日:1950年11月12日(71歳)
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • 事務所:青二プロダクション所属
  • 声優活動:1974年~

なんと5歳の頃から子役として芸能活動していたという田中秀幸さん。

芸能活動の初めがラジオドラマだったとのことで、当初から声優さんとしての実力を持っていたという事なのでしょう。

以降はテレビドラマや舞台などで活躍していましたが、本格的な声優業は1963年の海外ドラマ吹き替えとのことです。

スポンサードリンク

 

マスオさんの声優が変わった理由は声優の死亡?

ではなぜマスオさんの声優は変更になったのでしょうか?

それぞれ変更の理由は下記の通りです。

  • 初代:近石真介さん→舞台・ラジオとの両立が困難の為降板
  • 二代目:増岡弘さん→高齢に伴う自主降板

どちらも死亡などによる急な変更ではなく、自主申告をした上でゆとりを持った変更だったようです。

 

マスオさんの声優が変わったのはいつ?

では、マスオさんの声優はいつ変更されたのでしょうか?

各マスオ役の声優さんの担当期間は以下の通りです。

  • 初代:近石真介さん→1969年10月~1978年6月
  • 二代目:増岡弘さん→1978年6月~2019年8月
  • 三代目:田中秀幸さん→2019年8月~現在

一番長かったのは二代目・増岡弘さんで、実に41年もの間マスオ役を担当していました。

初代の近石真介さんも約9年担当していたので、十分に長いですね。

 

マスオさんの初代・二代目の声優は死亡した?

では、降板したマスオさんの初代・二代目の声優さんは、現在どのようにお過ごしなのでしょうか?

初代マスオ声優である近石真介さんは、2022年6月現在もご存命で、ナレーションなどの声の仕事を中心にご活躍中です。

二代目マスオ声優である増岡弘さんは、マスオ役を降板した翌年(2020年3月)に直腸がんのため死亡されています。(享年83歳)

 

マスオさんの声優が変わって違和感はあった?

ではマスオさんの声優が変更となり、視聴者としての違和感はあったのでしょうか?

初代・近石真介さん→二代目・増岡弘さんの変更に関しては、私もリアルタイムで視聴はしておらず、またSNSなども発展していなかったため違和感があったかは不明です。

ですが、二代目・増岡弘さん→三代目・田中秀幸さんの変更の際は、視聴者から賛否含む様々な意見が飛び交っていました。

特にSNSでは10週に渡り「マスオさんの声」がTwitterのトレンド入りを果たしていることから見ても、視聴者が違和感を持っていたことが伺えます。

しかしながら、これは現マスオ声優である田中秀幸さんが原因というわけではなく、41年もの間マスオ役を担当していた増岡弘さんの功績ではないかと思います♪

 

マスオさんの声優の交代はオーディション?

では、マスオさんの声優交代はどのように決まったのでしょうか?

マスオさんの声優に関しては、先ほど書いた通り急な変更ではなく、どちらも事前申告に基づく変更となっています。

現在のマスオさんの声優である田中秀幸さんが後任決定した際も、制作会社より「オーディションにオーディションを重ねた結果」と発表されています。

ですので初代から2代目の声優変更についても、オーディションによる決定だったと推測されます。

 

 
スポンサードリンク
 

サザエさん・マスオさんの現在の声優・田中秀幸さんのその他の代表作は?

では、マスオさんの現在の声優である田中秀幸さんは、その他どのようなキャラクターを演じているのでしょうか?

ここでは田中秀幸さんの出演作を、いくつか抜粋してご紹介していきましょう。

  • 宇宙戦艦ヤマト:土門竜介役
  • キン肉マン:テリーマン役
  • シティーハンター:槇村秀幸役
  • スラムダンク:小暮公延役
  • カードキャプターさくら:木之本藤隆役
  • 他、多数出演

これまでに数々の名作に出演してきた田中秀幸さん。

そんな田中秀幸さんの演じたキャラクターの中で、特に人気の高いキャラクターを更にピックアップしてご紹介していきましょう。

 

田中秀幸さんの代表キャラ①:ワンピースのドンキホーテ・ドフラミンゴ役

まずは、週刊少年ジャンプの大人気作「ワンピース」より、ドンキホーテ・ドフラミンゴ役を田中秀幸さんが演じています。

元王下七武海の1人で、ワンピース本編「ドレスローザ編」のボスキャラクターとしても登場したドンキホーテ・ドフラミンゴ。

マスオさんの温和な性格とは真逆に、「力こそ全て」「勝者が正義」という非常に好戦的な思考を持つキャラクターでもあります。

そのキャラクター性と、主人公達を苦しめた難敵としての強さもあり、田中秀幸さん演じるキャラクターの中でも非常に人気の高いキャラクターとなります。

 

田中秀幸さんの代表キャラ②:ドカベンの山田太郎役

お次のキャラクターは、日本の野球マンガの元祖ともいえる作品「ドカベン」に登場する主人公・山田太郎役です。

1976年のアニメ作品ですが、「田中秀幸さんと言えば?」という質問にドカベンを選ぶファンの方も多いのではないでしょうか?

マスオさん同様温和な性格で、周りから慕われるキャラクターである山田太郎。

一方でや捕手としては非常に高い能力を持ち、時にはしたたかさも見せる本キャラクターを、見事に田中秀幸さんが演じている作品でもあります。

 

田中秀幸さんの代表キャラ③:名探偵コナンの工藤優作役

最後にご紹介するのは、こちらも長寿作である「名探偵コナン」より、工藤優作役を田中秀幸さんが演じています。

世界でも名の知れた推理小説家であり、主人公の父親でもある工藤優作。

登場シーンは作品全体としては多くないものの、その類い希なる推理力と、主人公の秘密を知っている数少ないキャラクターとして非常に人気の高いキャラクターとなっています。

 

 
スポンサードリンク
 

サザエさん・マスオさんの前任声優・増岡弘さんのその他の代表キャラは?

では、マスオさんの前声優である増岡弘さんは、その他にどのような作品に出演していたのでしょうか?

増岡弘さんの出演作品も、いくつか抜粋してご紹介していきましょう。

  • サイボーグ009:ジェロニモ・ジュニア/005役
  • それいけ!アンパンマン:ジャムおじさん役
  • ドラゴンボールZ:亀仙人役(2代目)
  • タッチ:浅倉俊夫役
  • 南国少年パプワくん:チャッピー役
  • 他、多数出演

国民的アニメであるサザエさんにて、マスオさんの声優を41年もの間担当していたため、マスオさんのイメージが非常に強いですが、他にも様々なキャラクターを演じていらっしゃいました。

特に、同じく国民的アニメである「それいけ!アンパンマン」でも、メインキャラクターであるジャムおじさん役を長年演じており、老若男女問わず親しまれた声優さんである事が伺えますね。

 

 
スポンサードリンク
 

サザエさんの・マスオさんの声優/田中秀幸さんのギャラはいくら?

ではマスオさんの現在の声優・田中秀幸さんですが、気になるギャラはどのくらいなのでしょうか?

声優業界での出演料計算は、次のような方程式で算出されると言われています。

 

声優のギャラの計算方法

声優基本ランク×時間割増率×180%

声優さんのアニメでのギャラは、この計算式が基本のようです。

ちなみに声優基本ランクは15~45のランクがあって、それぞれのランクの数字に1,000円をかけた金額です。

ランク15・・・15,000円
ランク16・・・16,000円
ランク17・・・17,000円



ランク45・・・45,000円

 

また時間割増率は以下の通りです。

30分=1.0
60分=1.5
90分=1.9
120分=2.3

ちなみに最後にかけている180%は、劇場版の映画の場合には250%になるそうです。

 

田中秀幸さんのギャラはいくら?

では、サザエさんに登場するマスオさん役の田中秀幸さんのギャラはどの位なのでしょうか?

残念ながら田中秀幸さんの声優基本ランクは公開されておりません。

田中秀幸さんの声優活動歴が38年となりますので、今回は活動歴=声優基本ランクとして計算していきましょう。

38,000円(ランク38)×1.0(30分枠)×180%=68,400円(1話あたり)

上記が、マスオさん役・田中秀幸さんのギャラ(推定)となります。

なお、サザエさんに関しては30分で3話分放送となっていますが、今回は30分=1話として計算しています。

 

国民アニメ「サザエさん」のマスオさん役の声優さんは?まとめ

今回は、国民的アニメ「サザエさん」に登場するキャラクター・フグ田マスオの声優さんが変わったのか?という点や、その他の代表キャラなどをご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • マスオさんの声優は2022年6月現在で3代目
  • 初代:近藤真介さん
  • 二代目:増岡弘さん
  • 三代目:田中秀幸さん
  • マスオさん担当期間は増岡弘さんが最長。約41年演じた
  • マスオさんの声優変更は声優さんからの申し出による自主降板
  • 増岡弘さんは、マスオさん声優変更の翌年に死去

53年もの放送期間を誇る長寿番組だからこそ、キャラクターを演じる声優さんにも様々な事情が発生すると思います。

古くから見てきた視聴者にとって、最初は違和感を感じるかも知れませんが、こういった世代交代を経て長寿作品になっていくのだと思います。

今後も日本アニメを牽引する作品となって欲しいですね。

それでは今回の「サザエさん」に登場する、マスオさんの声優さんが変わったのか?という点や、その他の代表キャラのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク