鬼滅の刃・煉獄杏寿郎の恋愛事情!好きな人や彼女・恋人や甘露寺との関係は?

鬼滅の刃 煉獄杏寿郎 恋愛 好きな人 恋人 結婚 彼女
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃は大正時代を舞台にした、人間と鬼の戦いを描いた大人気漫画です。

この鬼滅の刃は映画も大ヒットしましたが、この映画の主人公が煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)です。

この煉獄杏寿郎は20歳で命を落とすことになりましたが、煉獄杏寿郎の生前の恋愛事情も気になるところです。

さて煉獄杏寿郎には好きな人がいたのでしょうか?

またどんな女性がタイプで、生きている頃には彼女はいたのでしょうか?

そして甘露寺蜜璃(かんろじみつり)は煉獄杏寿郎の継子でしたが、煉獄杏寿郎と甘露寺蜜璃は恋に落ちることはなかったのでしょうか?

今回は煉獄杏寿郎の恋愛事情として、好きな人がいたのか?または彼女はいたのか?甘露寺蜜璃との関係はどうだったのかを考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

煉獄杏寿郎の恋愛事情!好きな人はいたの?

さて煉獄杏寿郎の恋愛事情についてですが、公式では煉獄杏寿郎の恋愛について何も情報が明かされていません。

でも煉獄杏寿郎も、思春期から好きな女の子はいたと思います。

ちなみに鬼滅の刃の舞台となっている大正時代は、小学校の6年間だけが義務教育で、それ以降は進学できる子どもは裕福な家庭の子どもに限られていたと言われています。

ただ煉獄家は炎柱を継ぐ一家でしたし、煉獄家の家も立派でしたので、煉獄家は裕福な家庭ではないか?と思われます。

そのため煉獄杏寿郎は、小学校6年の義務教育を終えた後も、進学した可能性は高いのではないでしょうか?

そうするとですよ、出会いがありますよね♪現在の中学以降で女の子との出会いが。

ただこの頃は、男子と女子では進学ルートに違いがあったようです。

そのため煉獄杏寿郎が小学校卒業後に進学していても、学校では女子との接点はあまりなかったかもしれません。

 

煉獄杏寿郎は剣の道場に通っていた?

また煉獄杏寿郎は炎柱を継ぐために剣を学んでいましたので、子どもの頃から道場に通っていた可能性もあります。

そうなるとありますよね、女の子との出会いが♪

しかし大正時代に剣道をする女子がいたのかどうかは若干疑わしいところで、この頃の女子が剣道をすることを親が認めていなかった時代だったような気はします。

さてそうなると、煉獄杏寿郎はどこで女の子との出会いがあったのでしょうか?

鬼殺隊か、または近所の若者たちとの遊びの中で、女の子との出会いがあったのかもしれませんね。

そんな女の子との出会いの中で、煉獄杏寿郎にも好きな女の子はいた可能性は高かったでしょう。

↓ 甘露寺が煉獄の継子だった話が掲載 ↓

煉獄杏寿郎の恋愛事情!彼女はいたのか?

では煉獄杏寿郎には彼女はいたのでしょうか?

これも公式には発表されていませんし、鬼滅の刃の本編の中では彼女がいそうな場面はありませんでした。

もしも煉獄杏寿郎に彼女がいたら、鬼滅の刃の本編でも少しはその様子が描かれても不思議ではないように思います。

また鬼殺隊の中の女性と煉獄杏寿郎が恋愛関係になっていれば、それこそ本編で描くべき内容ですがそうした描写はありませんでした。

ですので少なくとも、鬼殺隊の女性が煉獄杏寿郎の彼女になっていた可能性は0と考えられます。

ただもしかすると鬼殺隊に入る前に煉獄杏寿郎に彼女はいたものの、鬼殺隊に入ると忙しくなって会えなくなったことで、別れることになった可能性はあったのかもしれません。

または鬼殺隊員は命を落とす危険性が高いことから、鬼殺隊員となった煉獄杏寿郎の方から彼女に別れを切り出すことになったのかもしれません。

この辺りは推測になってしまいますが、煉獄杏寿郎には彼女がいた形跡は見当たらないものの、煉獄杏寿郎はイイ男ですのでモテた可能性は高く、杏寿郎が鬼殺隊に入る前に彼女がいた可能性はあったのかもしれませんね。

(あくまで可能性の話です。)

 

煉獄杏寿郎が好きなタイプはどんな女性?

では煉獄杏寿郎はどんなタイプの女性が好みだったのでしょうか?

こちらも公式には何も発表されていませんので推測になりますが、まず見た目では煉獄杏寿郎のお母さんが美人ですので、お母さんクラスの美人が好みだった可能性はあると思います。

そうなると結構、煉獄杏寿郎の恋愛のハードルは高いかもしれませんね。

(^O^)

また煉獄杏寿郎の好みのタイプの女性の「性格」はどうでしょうか?

煉獄杏寿郎の性格としてはややせっかちなところがあって、スパっと結論を出したいタイプのため、話をあまり聞いてないこともあります。

また頭の切り替えが早すぎてついてこれない人も多かったことが、公式ガイドブックでも書かれています。

ただ煉獄杏寿郎は、人の感情の機微には敏感なため気遣いはできますし、そのため他の柱からも好かれていました。

こんな煉獄杏寿郎ですので、出来る限り相手に合わせてくれるタイプの女性の方が、杏寿郎自身も落ち着いて居心地が良いのではないか?とは思います♪

 

スポンサードリンク
 

煉獄杏寿郎と甘露寺蜜璃は恋愛に発展しなかった?

ちなみに鬼殺隊の甘露寺蜜璃は、煉獄杏寿郎の継子でした。

ちなみに甘露寺蜜璃が煉獄杏寿郎の継子だったことが描かれていたのは何巻何話かと言えば、原作の単行本ではなく「煉獄杏寿郎・外伝」(前編・後編)の中でした。

またこの外伝を描いたのはワニ先生ではなく、平野稜二という方です。

では、煉獄杏寿郎と甘露寺蜜璃の2人の関係は恋愛に発展しなかったのでしょうか?

この2人が恋愛関係にあったことは鬼滅の刃では一切描かれていませんので、この2人が付き合った事実はないと思われます。

(あれば回想シーンなどで描かれても良いはずですからね。)

\ 『U-NEXT』なら無料で煉獄外伝を読める! /

 

煉獄杏寿郎は甘露寺蜜璃のことをどう思っていた?

ちなみに煉獄杏寿郎・外伝では、甘露寺蜜璃が鬼殺隊の隊服を初めて来たときに、煉獄杏寿郎が「なんだ その恰好は!!」と驚いて、少し顔を赤らめているような場面はありました。

ただそれ以外では、煉獄杏寿郎が甘露寺蜜璃に対して恋心を抱いているような描写はありませんでした。

甘露寺蜜璃ちゃんはそのビジュアルや明るい性格からモテるタイプだと思いますが、煉獄杏寿郎にとって継子の甘露寺蜜璃ちゃんは妹のような存在だったのかもしれませんね。

もしくは煉獄杏寿郎には他に好きな女の子がいたために、甘露寺蜜璃ちゃんに対して恋心を抱くことがなかったのかもしれません。

 

甘露寺蜜璃は煉獄杏寿郎のことをどう思っていた?

一方の甘露寺蜜璃ちゃんといえば、誰に対しても比較的ポジティブな気持ちを抱くことが多く、指示を出している煉獄を見て「素敵だ」と感じている時がありました。

(煉獄外伝より)

その他にも甘露寺蜜璃ちゃんは、男性隊員の様々な言動に対して好意を抱きやすく、「素敵な殿方を見つける」という自分の目的にまい進しているところがあります。

ですので煉獄杏寿郎に対しても恋心を抱いたことはあったと思いますが、伊黒小芭内(いぐろおばない)と出会ったことで、伊黒小芭内に対して気持ちが傾いていったようですね。

そのため甘露寺蜜璃は煉獄杏寿郎の継子となったものの、2人の関係は恋愛関係には発展しなかったようです。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃・煉獄杏寿郎の恋愛事情や好きな人は? まとめ

ここまで鬼滅の刃の煉獄杏寿郎の恋愛事情として、好きな人や彼女はいたのか?そして甘露寺蜜璃とは恋愛関係だったのかを推測・考察してきました。

鬼滅の刃では、煉獄杏寿郎の恋愛事情は全く描かれていませんでしたので、鬼殺隊の誰かと恋愛関係だった可能性はありません。

とはいえ煉獄杏寿郎には好きな人ぐらいはいたでしょうし、もしかすると鬼殺隊に入る前に煉獄杏寿郎には彼女がいた可能性はあったかもしれません。

また煉獄杏寿郎の継子には甘露寺蜜璃がいましたが、この2人が恋愛関係に発展したという描写はありませんでしたので、この2人が付き合っていたという可能性もなかったと思われます。

煉獄杏寿郎は若くして亡くなり、結婚することはありませんでしたが、煉獄杏寿郎の熱い魂は確かに炭治郎たちに受け継がれていき、その熱い魂が無惨打倒に向かっていくことになっていきます。

それでは以上で、煉獄杏寿郎の恋愛事情として好きな人や彼女はいたのか?という点や甘露寺蜜璃との関係についての考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク