キングダム王賁(おうほん)の嫁は彩華(さいか)!結婚後の王賁はデレデレ?

キングダム 王賁 嫁 彩華
スポンサードリンク
 

キングダムは古代中華の秦の始皇帝の時代を描いた大人気漫画です。

このキングダムには魅力的なキャラクターが多く登場してきますが、キングダムの秦国の武将・王賁がついに結婚をすることになりました!

王賁の嫁は彩華という女性で、この女性は許嫁だったことが分かっていますが、この彩華はどんな女性なのでしょうか?

また王賁と彩華の相性は良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

こちらではキングダム王賁の嫁となった彩華についての詳細に関するご紹介と、王賁と彩華の恋愛の相性に関する考察を行っていきます。

それでは最後までお楽しみください。

 

スポンサードリンク
 

キングダム王賁の嫁は彩華!彩華とはどんな女性?

さて王賁の嫁が彩華(さいか)という女性であることが判明しました!

またこの王賁と彩華は許嫁(いいなずけ)という間柄。

ご存知のように許嫁というのは、幼少の頃からお互いの両親が婚約を結んだ相手のことです。

そしてこの彩華は堅い王賁と違って、頭は柔軟で性格は明るくて優しくて、すごいかわいい女性であることが分かっています。

そんな彩華は史実に実在した女性なのでしょうか?

 

彩華は史実に実在?

さて彩華は史実に実在した女性なのか?

この点についてですが、史実では王賁には王離(おうり)という子供がいますので、王賁に妻がいたことは史実でも明らかになっています。

しかし王離の母が彩華なのか?という点は史実では定かではありません。

秦の始皇帝の時代の中華では、父と子の関係は記されるものの母の名前が出てこないことが一般的でしたが、女性は歴史を裏から支える存在だったと言えます。

さて、それでは彩華の初登場は何巻何話だったのでしょうか?

 

王賁の許嫁の彩華の初登場は何巻?

王賁の許嫁・彩華の初登場は、単行本60巻のことでした。

ただ彩華の初登場は漫画の本編ではなくて、60巻の「おまけマンガ 王賁」でのことでした。

この時の話は蒙恬が女性にモテる、王賁が女性にモテるという話があって、その後に王賁ファンクラブの女性たちも出てきます。

そんな王賁ファンクラブの女性たちに現実を突きつけたのが、許嫁の彩華だったのでした。

また王賁の許嫁が彩華に決まったのは、両家のそれぞれの親の同意によるものだと思われます。

ちなみに許嫁が決められることは、政略結婚という色合いも濃いと思われます。

では彩華が王賁の許嫁になったのは、いつ何歳のことだったのでしょうか?

 

彩華が王賁の婚約者になったのはいつ?

彩華が王賁の許嫁になったのはいつなのでしょうか?

この点はキングダムでは明らかにされていません。

今後この点が描かれることがあるのでしょうか?

またお互いが許嫁を決めたということは、王賁も彩華も高い身分の家柄であることがうかがえます。

実際にキングダムの王賁は貴士族ですし、王騎の王一族の総本家を継ぐ立場にいる武将です。

では彩華の実家の家柄は、どの程度の地位の高さがあるのでしょうか?

 

彩華の実家の家柄はどの程度?

彩華の実家の家柄。

これは秦国内でもかなり高い地位の名家だと思われます。

王家がそもそも名家ですので、その王家の後継ぎである王賁にふさわしい嫁を・・・ということになると、やはり王家に近い家柄の位の高さが求められるはずです。

この点も今後のキングダム本編で描かれるのかもしれませんが、彩華の名字は何なのでしょうか?

そこから彩華が誰の娘なのかが明らかになるのかもしれません。

(^O^)

 

彩華の名字は何?

さて彩華の名字の考察についてですが、彩華の姓は「彩」になるのでしょうか?

個人的には「彩華」というのは下の名前で、彩華の実家の姓は別にあるという気もします。

ですので彩華が王賁と結婚すれば、王一族の彩華ということで「王彩華」という名前になるのではないでしょうか?

ちなみに王賁の母親は「朱景(しゅけい)」という名前でしたが、この朱景は「関家」のお嬢様でした。

また彩華の名字が「彩」ですと、王賁と結婚すると「王華」になります。

さて彩華の名字は何なのでしょうか?

(^_^;)

 

王賁の嫁・彩華は誰の娘?

また王賁の妻となった彩華は、誰の娘なのでしょうか?

秦国内の有力者の中で、まだ娘などの子供が登場していない人物で、個人的に気になるのは秦の外交官として活躍した蔡沢(さいたく)です。

(まあ蔡沢ですと、彩華は孫やひ孫ということになるでしょうけど。)

蔡沢は呂氏四柱として活躍してきましたが、政の王としての資質を見抜いて政に斉王を引き合わせたことがありました。

この蔡沢はその時に息を引き取ってしまいましたが、蔡沢一族という名家であれば王一族にふさわしいと王賁の父・王翦も考えるのではないでしょうか?

もしも彩華が蔡沢の孫・ひ孫であれば、彩華の本名は「蔡彩華(さいさいか)」ということになります。

 

または彩華が昌平君の娘ということになれば、昌平君がその後に秦を裏切ることから、その後のストーリーに悲劇を加えることができます。

その意味では彩華が昌平君の娘だったら、ストーリー展開としては面白くなるのかもしれませんね。

(^_^;)

ちなみに彩華が昌平君の娘だった場合、昌平君の本名は「熊啓(ゆうけい)」ですので、彩華の本名は「熊彩華(ゆうさいか)」ということになります。

果たして彩華の本名は何になるのでしょうか?

 

王賁の許嫁の彩華との結婚はいつ?

また王賁と許嫁の彩華の結婚はいつだったのでしょうか?

それは秦が鄴を落とした紀元前236年のことになっています。

そのタイミングは秦が鄴を落として咸陽に戻って将軍になってから、再び鄴に出陣する直前。

調べてみると李信、王賁、蒙恬の3人が将軍になったのは、鄴攻めから5か月後。

その1か月後に李信や王賁たちは再び鄴に出陣していましたので、最低でも鄴攻めから6か月後に王賁と彩華は結婚したことになります。

また鄴攻めでは寒さを感じさせる描写はありませんでしたので、鄴攻めが行われたのは4月~6月ぐらいの春先なのかもしれません。

そうなると王賁と彩華が結婚したのは、紀元前236年の10月~12月のどこかになると思われます。

 

王賁と彩華との結婚式はどこで行った?

また王賁と彩華の結婚式はどこで行われたのでしょうか?

やっぱりそこはチャペルで、って時代が違いますのでそれはあり得ませんが、詳しい場所についてはキングダムでは描かれていませんので、秦国内であることしか分かっていません。

今後どこかで王賁たち名家の2人の結婚がどのくらいすごい規模だったのか?

これが描かれることを期待したいですね♪

 

スポンサードリンク
 

王賁と彩華との恋愛の相性は?王賁はツンツンだった?

また王賁と彩華は両家の親に決められた許嫁という関係ですが、2人の男女の相性はどうなのでしょうか?

王賁はクールで頭が堅いタイプで、コミュニケーションでも素っ気ない態度が出てくることが多いです。

一方の彩華は頭が柔軟で、性格は明るくて優しいタイプ。

普通に考えると素っ気ない態度を取ってしまいがちなツンツン王賁に対して、彩華はうまい返しで王賁を包み込んでくれるのかもしれません。

 

彩華を許嫁に決められた王賁は何を思った?

では初めて彩華に会った王賁は彩華のことをどう思ったのでしょうか?

彩華のことを可愛いと心の中では思いながらも、クールな対応しかできない不器用なツンツン王賁―――

最初はそんな感じだったかもしれませんが、徐々に明るくて優しい彩華とコミュニケーションを取っていくうちに、少しずつ王賁も彩華に打ち解けていったのではないでしょうか?

もしかして今の王賁は2人っきりの時はデレデレ?

(*^_^*)

 

彩華はあげまん?

また頭が柔軟で、性格も明るくて優しい彩華は、もしかすると「あげまん」なのかもしれません。

というのも史実の王賁は、秦の中華統一に多大な貢献をすることになっているんですね。

 

結婚するまでの王賁は、頭も堅くコミュニケーションも素っ気ない態度を取ることが多くありました。

そんな王賁の態度は、人当たりの良い蒙恬に対しても同じでした。

またこれまでの王賁は「身を切る傾向がある」と評されていました。

これらの王賁の気質や傾向が、結婚を機に変わることがあれば・・・

王賁の人当たりが少しでも良くなって、家族が出来たことで「身を切る傾向」に歯止めがかかるようになれば、王賁にはさらなる飛躍が待っていることでしょう。

王賁のそんな面を引き出すのが彩華になる―――

そんな展開が待っているのかもしれませんね♪

 

スポンサードリンク
>

キングダム王賁の嫁は彩華 まとめ

ここまでキングダム王賁の嫁の彩華についてご紹介してきました!

彩華の名字や誰の娘なのか?という点は、今後のキングダム本編で明らかにされるのかもしれません。

また恋愛の相性としては頭が堅くクールな王賁に対して、柔軟で明るく優しい彩華は相性が良いのでは?と個人的には予想します。

ちなみに王賁は史実で大活躍をしていきますので、彩華はパートナーを出世させる「あげまん」として描かれるのかもしれませんね♪

個人的な予想としては、王賁が結婚を機に変わるのではないか?と考えています。

例えばクールな王賁が彩華とのコミュニケーションの中で、人当たりが少しでも良くなる。

または頭の堅い王賁が彩華と接する中で、柔軟さを持ち合わせるようになる。

そして王賁は家族ができることで「身を切る傾向」に抑えが効くるようになる。

そんな王賁の変化は周りとのコミュニケーションを良好にさせ、それが戦場での結果に反映されてくるのではないでしょうか?

それではこれでキングダム王賁の嫁・彩華のご紹介と、王賁と彩華の恋愛の相性に関する考察を終わります。

スポンサードリンク