キングダムネタバレ674話確定考察『桓騎軍が無理な戦いを進めるのはなぜ?』

kingdom-674-spoiler-2
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年3月25日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話674話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

673話では、六大将軍復活の知らせを聞いた他の国の様子が描かれていました。

魏は呉鳳明が什虎(じゅうこ)城に向かい、さらに版図(はんと)を広げようと狙います。

韓は楚とのつながりを強化したい意向を示し、斉は秦の軍事的な動きに対して中立という約束があるためか、特に軍事上の変更は見られていません。

また燕では太子・丹(たん)が嬴政(えいせい)と顔見知りということで、燕王は燕の首都と思われる薊(けい)に太子・丹を読んで情報収集を図ろうとします。

楚では媧燐(かりん)と李園(りえん)の宰相2人が六大将軍制度の危険性を指摘します。

また趙では李牧が再登場するものの、李牧が表舞台に立つ様子は見られません。

郭開(かくかい)も軍事的に難しい判断を迫られますが、適切な対応が取れない模様。

趙の現在の軍総司令は扈輒(こちょう)将軍ですが、趙はこの扈輒将軍の力に託すしかないという状況です。

 

そして六将になった王翦・楊端和・桓騎が趙の最前線に戻ってきましたが、空気が一変しているという描写がありました。

そこで李信と羌瘣が話し合う場面が描かれましたが、羌瘣は嫌な胸騒ぎがする、よくないことが起こると李信に伝えます。

この羌瘣の予感が的中するのか、最後の一コマでは懸念されていた六大将軍の”暴走”が起きてしまうと描かれていました。

さて六大将軍の暴走とは何が起こっているのか?

この点が気になるところですが、それではここから『キングダム』最新話674話のネタバレ・あらすじのご紹介を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ674話:嫌な予感を感じる羌瘣たち?

kingdom-674-spoiler-10

(引用:キングダム)

さてここから674話のネタバレをご紹介していきますが、オープニングで登場したのは羌瘣と羌礼でした。

羌礼が嫌な夢を見たことや、最近胸騒ぎがすることを羌瘣に話していました。

羌礼が見た夢は羌識がよくないことがあるという内容だったようですが、どうも羌瘣は寝ぼけているのか、羌瘣と羌礼の話は少し噛み合っていませんでした。

羌瘣は少し顔を赤らめて、「むしろ嬉しいような 不安なような」と発言しています。

これは伏線回収の兆しなのか、それとも単なる羌瘣の夢なのでしょうか?

 

キングダムネタバレ674話:羌瘣は李信に関する夢を見た?

羌瘣のこの発言。

「むしろ嬉しいような 不安なような」

この発言からは、羌瘣は李信のことを考えているに違いありません!

もしくは李信との夢を見たのでしょうか・・・

または以前に羌瘣が李信の命を救った時、羌象(きょうしょう)に言われた二つのいいことの残りの一つのことを考えていたのでしょうか?

羌瘣はこの一つのことを「忘れた」と以前に話していましたが、実はそれを覚えていて、ここでそのことを思い起こしていたのかもしれないとも思いました。

その内容が李信との内容だったのでは?と個人的には推測しています。

 

さてここで羌瘣が何を思ったのか?

それは今後も描かれることはないのかもしれませんね。(多分、この程度の描写では伏線にはならない印象です。)

 

キングダムネタバレ674話:髪を切った羌瘣に李信の顔が真っ赤になる!

kingdom-674-spoiler-11

(引用:キングダム)

また羌瘣は朝起きて外に出てから、長くなった髪を自分の緑水(りょくすい)で切ってしまいます!

羌礼からは寝ぼけていたと言われていましたが、羌瘣本人は寝ぼけてないと主張。

しかし羌瘣本人が切ったのは適当だったので、羌礼が髪型を整えたようです。

その羌瘣の髪型が可愛いと飛信隊でも評判に!

我呂も「かわいー」と口を滑らせたかと思えば、李信は顔を真っ赤にしていました!

羌瘣が李信に想いを伝えたことで少しギクシャクしてもいましたが、少しずつ距離が近いづいていっているのかもしれませんね♪

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ674話:王賁の大事件

kingdom-674-spoiler-12

(引用:キングダム)

また674話では、王賁の大事件も描かれました。

それは王賁に子供ができたこと。

このニュースを蒙恬から聞いた李信は、上の画像のような表情を浮かべました。

王賁に対して強烈なライバル心を抱いている李信。

というよりもこれまでの流れを考えると、王賁の方が先に李信を見下していましたし、からかいがいのない王賁のことを李信がやや苦手意識を持っていると言った方が良いでしょうか。

お祝いの言葉は絶対にかけないという李信でしたが、羌瘣はこの時、どこか李信のことを考えていたような気がしますが・・・

 

またここで王賁のお嫁さんも登場してきました。

このお嫁さんに関する情報は以下のリンクをご参照ください。

>>キングダム王賁の結婚相手は誰の娘? 

 

王賁のお嫁さんは羌瘣やカイネに似た美人でしたが、今後は王賁のお嫁さんに関する情報が描かれることでしょう。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ674話:苛烈な攻めをする桓騎

kingdom-674-spoiler-14

(引用:キングダム)

また六大将軍が復活した秦は、趙に対して侵攻を仕掛けていきます。

狙いは邯鄲(かんたん)の喉元にある武城(ぶじょう)と平陽(へいよう)という2つの城です。

ここを目がけて王翦・楊端和・桓騎が侵攻を開始。

そして李信たちも趙との前線に呼ばれることになります。

 

キングダムネタバレ674話:蒙恬は王翦に呼ばれる

趙との前線に呼び出された李信たち。

しかしまだ飛信隊はどの軍と一緒に戦うかは決まっていませんでした。

そしてそんな李信たちに蒙恬が合流。

蒙恬は王翦軍に呼ばれたことを明かします。

王翦は朱海平原での戦いでも、蒙恬を秦左翼軍の将軍に抜擢したほどでした。

王翦は蒙恬を認めているんでしょう。

また李信たちの前に、王賁たちが趙の最前線に呼ばれていることも判明。

まだこの時点では、李信や王賁が王翦と桓騎のどちらに呼ばれるのか?

この点が分かっていませんでしたが、ここから桓騎軍の無茶な戦いぶりが描かれることになっていきます。

 

キングダムネタバレ674話:なぜ桓騎軍は無謀な戦いを繰り広げる?

自由に戦いを展開しはじめた六大将軍たち。

そんな中で桓騎は周囲の隊を巻き込みながら、無茶な侵攻をしていることが描かれています。

これまでにない苛烈な攻めで、多くの敵を葬る一方、味方にも大きな犠牲を出していた桓騎。

その桓騎の目は笑っているようにも描かれています。

これまで桓騎はどちらかと言えば知略を元に戦いを進めていたはずですが、なぜここで桓騎は無茶な戦いをするようになったのか?

それは一般人への虐殺や暴虐を禁止されたことが影響しているのかもしれません。

桓騎軍は元は野盗集団。

そんな桓騎軍は勝てば一般人への虐殺や略奪ができることで、その士気を維持していたのかもしれません。

また一般人への虐殺や略奪などを容認することで、桓騎はその軍をまとめていたとも言えます。

しかし一般人への虐殺や暴虐が禁止されてしまった。

それは桓騎軍の中で不満が噴出する要因となったことでしょう。

そんな桓騎軍の内部の不満をそらすために、桓騎はこれまでと違って無茶な戦いを繰り広げるようになったのではないでしょうか?

果たして真相はどうなのでしょうか?

 

キングダムネタバレ674話:危険地帯に呼ばれた王賁

そして桓騎軍の左翼は影丘(えいきゅう)という場所にさしかかりましたが、この場所は攻めるのに適さない場所でした。

桓騎軍左翼はここで大苦戦することになり、ほぼ壊滅状態となりました。

ここで桓騎軍の誰かが死亡したのかどうか?

しかし桓騎軍であれば、これほど不利な状況であれば「火兎(かと)」を鳴らして脱出を図ったことでしょう。(単行本42巻参照)

そうなるとここで全滅したのは、秦の他の部隊なのでしょうか?

この点はまだ描かれていませんが、玉鳳隊の野営地の跡まで進んできた飛信隊は、玉鳳隊がまさにその影丘に呼ばれて行ったことを知ることになります。

果たして王賁たちはどうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ674話確定 まとめ

ここまで、2021年3月25日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話674話のネタバレ・あらすじをご紹介してきました!

674話では、王賁の大事件として子供が生まれたことが描かれました。

また自由な戦いを始めた六大将軍でしたが、桓騎はこれまでと違い無茶な戦いを繰り広げていました。

それは桓騎軍がこれまで行ってきた一般人への虐殺や暴虐ができなくなったことが影響しているのかもしれません。

そして特に桓騎軍左翼は、攻めに適さない影丘(えいきゅう)という場所に到達してしまい、ほぼ壊滅状態になったと描かれています。

しかしそんな影丘に王賁率いる玉鳳隊が呼ばれたことが明らかになりました。

果たして子供が生まれた王賁の運命やいかに?

続きが気になるところですが、それではここで『キングダム』の674話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク