呪術廻戦・死滅回游を分かりやすく解説!目的やルールや参加者は?

呪術廻戦 死滅回游 しめつかいゆう 目的 ルール 意味 参加者 分かりやすく 解説
   
スポンサードリンク
 

呪術廻戦は呪霊や呪術師たちとの戦いを描いたダークファンタジー漫画です。

そして143話からは死滅回游(しめつかいゆう)と言われる戦いが始まることになりました。

この戦いは羂索(けんじゃく)が始めたものですが、この死滅回游とは一体何なのでしょうか?

また死滅回游のルールはどうなっていて、どんな参加者がいるのでしょうか?

そして死滅回游の不気味な目的とは?

こちらでは呪術廻戦の死滅回游のルールや参加者、そして目的などご紹介・考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>偽夏油の正体は誰?<<
 

   
スポンサードリンク
 

呪術廻戦・死滅回游(しめつかいゆう)とは?

さて呪術廻戦の死滅回游(しめつかいゆう)についてご紹介していきますが、これは羂索(けんじゃく)が仕組んだものです。

羂索はこの死滅回游を通して、呪力や呪術を持った人たち(泳者:プレイヤー)に殺し合いをさせることを狙っています。

羂索はその死滅回游での戦いを通して、プレイヤーたちに呪力への理解を深めさせることを一つの目的にしています。

また天元は、さらに羂索の目的について言及していました。

天元の示した羂索の目的は、何なのでしょうか?

 

死滅回游を行った羂索の目的とは?

では死滅回游を行った羂索の目的とは何なのでしょうか?

天元は羂索の目的を、日本全土を対象とした人類への進化の強制だと言っています。

要するに羂索は、人類を進化させたいというワケですね。

また羂索は、16巻・第136話呪力の可能性を追求しようとしているような発言もしていました。

ですので羂索は呪力の可能性の追求のために、人類を強制的に進化させたいと考えていると思われます。

また天元によると、羂索は最終的に人類と天元を同化させることを狙っているようです。

そんな天元と人類のを同化させる前の慣らしとして、死滅回游が行われるということになっています。

 

死滅回遊魚の意味とは?

ちなみに呪術廻戦でこの死滅回游が登場した時、死滅回遊というワードもツイッターに多く投稿されていました。

この死滅回遊魚というのはどういう意味なのでしょうか?

これは日本の南側から黒潮(くろしお)という温かい海流があることをみなさんもご存知だと思いますが、この海流は九州で二股に分かれるんですね。

一つは九州の西側を抜けて日本海に向かうんですけど(対馬海流と呼ばれます)、こちらは冬になると温度が低下するので、こちらの海流に乗った南方からの魚たちは冬を越すことなく死んでしまいます。

このように温かい海流の流れに乗ってきて、冬に死んでしまう南方の魚たちのことを死滅回遊魚と呼びます。

またこの死滅回遊魚が呪術廻戦のアニメで登場していましたが、これが芥見先生の伏線だったことに驚きの声も上がっていました。

全てに何かの意味がありそうに見える呪術廻戦は、こんなところも面白いですね。

ではこの死滅回游に参加しているのは、どのような人物なのでしょうか?

 

 
スポンサードリンク
 

呪術廻戦・死滅回游の参加者とは?

さて死滅回游の参加者についてご紹介していきますが、死滅回游には以下の2通りの人物が参加しています。

  1. 呪物を取り込ませた者
  2. 術式を持っているものの脳の構造が非術師の者

羂索はこうした人物を、千年前からコツコツと増やしていたようです。

そして単行本16巻・第136話で、羂索はこうした人物たちに無為転変(むいてんぺん)を施しました。

 

無為転変で参加者はどうなった?

ここで改めて無為転変を説明しておきますが、ご存知のように無為転変は、真人(まひと)の術式で、魂の形状を変えることができるものです。

また無為転変は、魂以外にも重さなどを無視して肉体を変形することも可能です。

羂索はこの真人を、呪霊操術(じゅれいそうじゅつ:呪霊を取り込んで自在に操る術式)で取り込みました。

そのため羂索は、真人の術式:無為転変を使えるようになっていたのです。

そして羂索は無為転変を使って、上記の2種類の人物の脳の形を術師の脳の形に整えたんですね。

そのことで上記の2種類の人間は、次のような変化をそれぞれ遂げました。

  1. 呪物を取り込ませた者 → 器としての強度が増した
  2. 術式を持っていて脳が非術師の者 → 術式を発揮できるようになった

こうした人物たちが、死滅回游で戦い合うことになっていきます。

ちなみに呪物を取り込ませた者とは、どんな人物を指すのでしょうか?

 

呪物を取り込ませた者とは?

さてここで呪物を取り込ませた者について説明していきますが、簡単に説明すると虎杖のような人物です。

虎杖は両面宿儺の指を食べて、宿儺の器となっています。

この虎杖のように現代の人物に呪物を取り込ませたのが、呪物を取り込ませた者です。

また死滅回游には、千年前の術師や400年前の術師などが参加しています。

こうした過去の術師は羂索(けんじゃく)と契約を交わして、一旦は呪物となったようです。

そして呪物という形で現代まで時を過ごし、その呪物が現代の人物に受肉されて、過去の術師が現代によみがえったと思われます。

 

死滅回游の参加者一覧!

また死滅回游の参加者は以下の人物がいます。

  • 虎杖悠仁
  • 伏黒恵
  • 伏黒津美紀(つみき)
  • 乙骨憂太
  • 秤金次
  • パンダ
  • 来栖華(くるすはな)
  • 日車廣見(ひぐるまひろみ)
  • 高羽史彦(たかばふみひこ)
  • 甘井凛(あまいりん)
  • 羽生
  • 羽場
  • 麗美(れみ)
  • レジィ・スター
  • 黄櫨折(はぜのきいおり)
  • 針千鈞(はりちづる)
  • 鹿紫雲一(かしもはじめ)
  • ドルゥヴ・ラクダワラ
  • 石流龍(いしごおりりゅう)
  • 烏鷺亨子(うろたかこ)
  • 黒沐死(くろうるし)

これ以外にも参加者=泳者(プレイヤー)は続々登場してくると思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

呪術廻戦・死滅回游のルールとその意味とは?

またツイッターでも投稿されていましたが、死滅回遊のルールが難しい!という声が聞かれています。

ちなみに死滅回遊のルールは以下のようになっています。

jujutsu-shimetsu-kaiyu-1

(引用:呪術廻戦)

基本的には死滅回游では、泳者(プレイヤー)同士の殺し合いが強制されています。

ただ現在では、プレイヤー同士のポイントの移動が可能になっています。

そのため必ずしもプレイヤーは殺し合いをする必要は無くなっていますが、誰か味方がいないとポイントの移動は難しいことになってしまいます。

単独行動を行っているプレイヤーにとっては、殺し合いをしなければいけない状況に変化はないと言えます。

 

追加された死滅回游ルールとは?

また上記以外に現時点では2つのルールが追加されています。

  • 泳者(プレイヤー)の情報が開示された
  • 泳者(プレイヤー)同士のポイントの移動が可能になった

プレイヤーの情報の開示については、鹿紫雲一(かしもはじめ)が追加したルールです。

またポイントの移動については、日車廣見のポイントを使って虎杖が追加したものです。

 

 
スポンサードリンク
 

呪術廻戦・死滅回游は最終的にどうなる?

またこの死滅回游は最終的にどうなっていくのでしょうか?

この死滅回游のルールに基づいて死滅回游の結末を考察すると、この死滅回游を続けていけば最後の一人だけが生き残ることが想定されます。

そしてその最後の一人は、この死滅回游に参加した人たちの中で最も呪力量が多く、また呪力の操り方や術式が最も優れている人物だからこそ生き残ることができると考えられます。

つまり死滅回游を続けていけば、呪力量や呪力、そして術式の扱いが最も優れた人物一人が生き残る結末になることでしょう。

そしてそのような呪力の究極の可能性を体現した人物を生み出すこと。

それが死滅回游の目的であり、それは死滅回游を始めた偽夏油の目的と言えるのではないでしょうか?

 

天元と最終的に残った一人を同化させる?

また羂索は死滅回游で最終的に残った一人と天元を同化させることでしょう。

そうして人と天元を同化させた上で、人の悪意や呪力を世界に瞬時に広げることが羂索の行いたいことかもしれません。

羂索の狙いとしては、呪力の可能性の追求も考えられます。

このように呪力の強い人物と天元を同化させて、呪力の最大限の可能性を見出すことが羂索の狙いと考えられます。

 

呪術廻戦・死滅回游とは?目的やルールや参加者は? まとめ

さてここまで呪術廻戦の死滅回游についてご紹介していきました。

死滅回游は分かりにくい点があるものの、基本的には羂索によって強制的に術師とされた人たちによる殺し合いです。

またその目的としては、羂索は人間を進化させることを目論んでいるようです。

そしてそのために羂索は天元と人類を同化させることを狙っているようですが、その同化前の慣らしとして死滅回游を行っているようです。

その上で最終的には呪力の最強の形が生み出されるのではないか?とこちらでは予想します。

またこの死滅回游には伏黒の姉である津美紀が参加させられていますが、虎杖たちは津美紀を助けることができるのでしょうか?

この点が気になるところですが、それでは以上で呪術廻戦の死滅回游の目的や参加者、ルールなど関するご紹介や考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク