呪術廻戦・偽夏油(にせげとう)の正体の羂索(けんじゃく)は天元一族?

呪術廻戦 偽夏油 正体 羂索
スポンサードリンク
 

少年ジャンプの大人気マンガ呪術廻戦。

これは人間の負の感情が呪霊という化け物を生み出すダークファンタジーですが、この中に夏油傑(げとうすぐる)の肉体を借りた偽夏油(にせげとう)が登場します。

この偽夏油の正体が羂索(けんじゃく)という人物であることが明らかにされました!

この羂索はどのような人物なのでしょうか?

こちらの記事では偽夏油の正体である羂索について詳しくご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦・偽夏油(にせげとう)の正体は羂索(けんじゃく)!

さて偽夏油(にせげとう)の正体について迫っていきますが、呪術廻戦145話で夏油傑(げとうすぐる)の肉体に宿っている術師の名前が羂索(けんじゃく)であることが判明しました!

また145話では羂索について明らかになったことがありました。

それをここからご紹介していきます。

 

羂索は天元に次ぐ結界術の使い手

145話で明かされた羂索の術師としての実力

それはかなりのものであることが明らかになりました。

まず羂索は天元に次ぐ結界術の使い手であることが判明。

そのため天元のいる薨星宮(こうせいぐう)の封印も、いつ解かれるか分からないと天元は語っています。

薨星宮の封印が解かれるかもしれないリスクがあるためか、天元は乙骨・九十九由基・脹相のうち2人に護衛を依頼しています。

また羂索の術師としての実力から考えると、天元は羂索に接触した時点で取り込まれてしまうかもしれないと考えています。

さすがに加茂憲倫(かものりとし)の肉体に宿って呪胎九相図を作り上げ、夏油傑(げとうすぐる)の肉体に宿って五条悟の封印に成功したほどの人物。

羂索の術師としての実力は、かなり高いレベルであることが明らかになっています。

 

羂索は千年術師をやっている?

また145話では羂索が宿儺とも関わりがあるようで、少なくとも千年術師をやっていることも判明しました。

ですので羂索は、少なくとも千年は前にこの世に生まれた人物ということになります。

果たしてこの羂索の元々の姿は、今後の呪術廻戦で描かれることがあるのでしょうか?

もしかすると呪術廻戦0巻のように、羂索の生まれた時代の物語が描かれることがあるかもしれませんが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

羂索の術式は?

また羂索は自らの持つ術式と、乗り移った人物が元々持つ術式の2つの術式を持つことが出来るとされています。

ただ肉体を移り変わると元の肉体の術式は消えることになっています。(参照:公式ガイドブック)

この肉体を変えることができるという点は、天元と同じイメージと言えるかもしれません。

また羂索は、呪霊たちと何かを企んでいる呪詛師(じゅそし)です

ご存知のように呪詛師というのは、自分の呪力の才能を自分自身の欲望や快楽のために使う人たちです。

反対に虎杖たち呪術師(じゅじゅつし)は、呪力の才能を一般人を守るために使いますので、呪詛師は呪術師と敵対勢力の関係にあります。

 

夏油傑とは?

呪術廻戦 偽夏油 正体 1

(引用:呪術廻戦)

またこの羂索に肉体を乗っ取られた夏油傑(げとうすぐる)は、呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)を操る呪詛師であり、その位は特級とされています。

この呪霊操術というのは、呪霊を取り込んで自在に操ることができる術式で、夏油傑は特級呪霊さえ操ることができるとされていました。

また夏油傑は五条悟と同級生で、呪術高専の2年生の時には五条とかなり仲良くなっています。

その五条悟は夏油傑のことを親友だと発言したこともありました。

また夏油傑本人は非常に優秀な呪術師であったものの、非術師(呪術を使えない人)の存在価値に疑問を感じ始めてしまい、いつしか非術師を抹殺することを考えるようになってしまい、呪詛師となってしまいました。

ただこの夏油傑は、乙骨と五条との戦いに敗れて死亡しています。(呪術戦0巻参照)

 

羂索が夏油傑の肉体を狙ったワケとは?

ちなみに偽夏油の正体である羂索が、夏油傑の肉体を狙った理由は何だったのでしょうか?

一つには羂索の目的を果たすために五条悟が邪魔であること。

そのため五条悟を殺すか、五条悟を獄門疆(ごくもんきょう)によって封印する必要がありました。

ただ羂索は過去に2度六眼(りくがん)の術師に敗れていました。

2度目に敗れた時の羂索は徹底していて、生後1月以内に六眼を殺していたものの、天元の同化当日になって六眼は再び羂索の前に現れたようです。

そんな羂索は六眼の抹殺ではなく、六眼の封印に方針を変えました。

また現在の六眼の使い手である五条悟を封印しやすいのは、五条悟の親友でもあった夏油傑であり、この夏油傑の術式である「呪霊操術」も羂索は狙っていました。

以上のような理由から羂索は夏油傑の肉体を狙ったわけですが、これまで羂索の思惑通りに事が運んでいますが、羂索の狙いを虎杖たちは阻止できるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

羂索ってそもそも何?

また羂索というのは、そもそも何のことなのでしょうか?

これは調べてみると、どうも仏教用語のようです。

ちなみに呪術廻戦の中で、九十九由基はこう語っていました。

「慈悲の羂、救済の索か・・・皮肉にもなっていないね」

これだけ聞いてもさっぱり意味が分かりません!(^-^)

ただ羂索について調べてみると、九十九由基の発言の意味がハッキリしてきます。

 

羂索は古代インドの狩猟具?

羂索について調べてみると、元は古代インドの狩猟具であることが分かりました。

元は羂はワナのこと、索は縄のことを意味するとされています。

ただ仏教においては、慈悲の羂索で一切の衆生を救うという意味があるそうです。

(出典:https://www.city.taku.lg.jp/uploaded/attachment/8516.pdf)

一切の衆生を救うという羂索が、呪術廻戦の中では怪しげな行動を取っています。

そういえば獄門疆も、日本史では優れた僧である源信の成れの果てだと呪術廻戦では描かれています。

本来の意味とは違う形で、歴史上の人物名や仏教用語が呪術廻戦に登場してくるケースが多いと言えます。

 

スポンサードリンク
>

呪術廻戦・羂索って一体どこの誰?

ではこの羂索という人物は、一体どこの誰なのでしょうか?

偽夏油の正体は日本史上の人物ではないか?という予想もされていましたが、呪術廻戦の登場人物の関係者という可能性が考えられます。

さて羂索はどこの誰なのでしょうか?

 

羂索は御三家の人物?

羂索が呪術廻戦の登場人物の関係者であるのなら、やはり平安時代の御三家の人物の一人という可能性が高いと考えられます。

体を乗っ取られることになった夏油傑も、元は呪術師として一般人を助ける活動をしていました。

しかし非術師の弱さや醜さに嫌気を差していき、非術師を抹殺しようとするようになってしまいます。

同じように呪術師から呪詛師になってしまった人物が、御三家から出ていたとも考えられます。

それが羂索なのかもしれません。

とはいえ加茂憲倫(かものりとし)が明治初期の術師であり、史上最悪の術師・御三家の汚点として名を残しています。

ですので、この明治に生きた加茂憲倫より古い御三家の人物の中で、加茂憲倫より悪名高い人物はいないことになるはずです。

その点から考えると、羂索は御三家の一人という可能性は低いと言えるのかもしれません。

それでは羂索はどこの誰なのでしょうか?

 

羂索は天元の一族か?

その他で羂索と考えられるのは、天元の兄弟など天元一族である可能性です。

それは以下の点がその理由として挙げられます。

  • 天元は自分と適合する人間と同化しますが、その点が羂索の肉体を渡れる術式と似ていること
  • 羂索が天元に次ぐ結界術の使い手であること

 

天元と羂索には重要な点で共通点があると言えます。

羂索は、天元の兄弟なのか親または子供なのか?

それとも天元一族の中でも遠い血縁関係者になるのでしょうか?

術式の近さや結界術の実力から、羂索は天元一族の誰かだとは思いますが、果たして誰なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

呪術廻戦・偽夏油の正体は羂索! まとめ

さてここまで呪術廻戦の偽夏油(にせげとう)の正体である羂索について考察してきました。

呪術廻戦の漫画の中でも、脹相によって偽夏油が加茂憲倫(かものりとし)であることが判明してきました。

ただ145話になって天元の口から、偽夏油の正体となる人物が羂索(けんじゃく)という術師であることが判明!

また羂索は肉体を渡る術式を持っていますので、これまで羂索は様々な人物の肉体を渡り歩いてきたことでしょう。

ただ羂索がどこの誰なのか?

この点はまだ呪術廻戦の中で描かれていません。

私自身は羂索は天元と血のつながりのある人物だと予想していますが、果たして羂索はどこの誰なのでしょうか?

非常に興味深いところですが、それではここで呪術廻戦の偽夏油の正体である羂索に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

スポンサードリンク