鬼滅の刃・冨岡義勇の最終回のその後の生活は?痣で死んだのは早かった?

鬼滅の刃 冨岡義勇 最終回 その後
   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃は吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生原作の大ヒット漫画です。

原作は完結(全23巻)していますが、今なお人気健在のコンテンツですね。

今回はそんな完結後の鬼滅の刃における、水柱・冨岡義勇の最終回のその後を考察していきます。

最終決戦の後、冨岡義勇はどのような人生を送ったのでしょうか?

こちらでは最終回のその後の冨岡義勇の生活を深掘りしていきます。

それでは最後までお楽しみください。

>>冨岡義勇の過去が悲しい?<<
 

   
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・冨岡義勇の最終回のその後は?

さて鬼滅の刃では、最後に鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)を倒して平和が訪れました。

そして無惨との壮絶な戦いの後で生き残った者の中に、水柱・冨岡義勇の姿もありました。

今までの人生を戦いに身を置いてきた義勇ですが、無惨との最終決戦後はどのような暮らしをしたのでしょうか?

公式ファンブック弐では以下のように記載があります。

  • 義勇の羽織は決戦でボロボロになったが、禰豆子(ねずこ)が繕った
  • それに感動し山ほどのプレゼントをしたら、我妻善逸(あがつまぜんいつ)から敵認定された
  • 宇髄家の面々と親しくしてもらったいる模様
  • 宇髄家の赤ちゃんを触らせて貰った
  • 最終決戦後は昏睡状態で一時危篤だったとのこと

 

無惨との戦いの際には右腕が欠損するなどの重体だった義勇は、一時は生死をさまよっていましたが、一命を取り留めてからは徐々に平和な世界に馴染めたようです。

それにしても宇髄家と親交を深めているとは、意外なその後ですね。

>>冨岡義勇が最後まで生き残れた理由は?<<
 

冨岡義勇は痣の影響で寿命が縮んだ?何歳で死亡した?

さて最終回のその後は平和な生活を送ったとされる冨岡義勇ですが、彼は上弦の参・猗窩座(あかざ)との戦いの際に身体能力を向上させる「痣」を発現させています。

痣が出た鬼殺隊士は例外なく25歳までに命を落とすといわれていますが、冨岡義勇の寿命も縮んでしまったのでしょうか?

公式的に義勇の享年は明かされてはいませんので正確には不明です。

ただ「痣」の発症は身体に大きな負担を伴う事は実証されているため、寿命は縮んだ可能性は高いと考えます。

しかし鬼殺隊士の早世(そうせい)は戦いに身を置いていることが前提だとも考えられます。

痣持ちの隊士についても「痣」を発症させて身体に負担を強いている状態だったからこそ、25歳を待たず亡くなっていた可能性は高いと考えます。

そのため鬼舞辻無惨が去った後の平和な世であれば、冨岡義勇はこれまでの痣持ちの隊士よりも長生きした可能性が高いのではないかと推測されます。

また後に義勇の子孫がいたことから、30歳前後までは少なくとも生きていたのではないかと思っています。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・冨岡義勇は最終回のその後に結婚した?

さて前述でも記載しましたが、冨岡義勇の子孫として冨岡義一(とみおかぎいち)というキャラクターがいることが原作でも明かされています。

義一は冨岡義勇の「子孫」と明記されていますので、冨岡義勇が転生した姿でないことは明らかです。

つまり冨岡義勇は、鬼舞辻無惨との最終決戦後に結婚している事になります。

では義勇の結婚相手は、誰だったのでしょうか?

 

冨岡義勇の結婚相手は誰だった?

さて冨岡義勇の結婚相手ですが、こちらも公式では公表されていません。

ではどんな相手であれば、冨岡義勇は結婚に踏み切る事が出来たのでしょうか?

まずは冨岡義勇の人間関係から好きなタイプを割り出したいと思います。

冨岡義勇から見た他の柱の印象を見ると、以下のようになっています。

  • 好きなタイプ:良く話しかけてくれる人(悲鳴嶼行冥・煉獄杏寿郎・胡蝶しのぶ)
  • 苦手なタイプ:悪口を言う人(伊黒小芭内)、怒りっぽい(不死川実弥)
  • 憧れ:自由な人(宇髄天元)
  • 不明:肌を露出しすぎな人(甘露寺蜜璃)

 

義勇は非常に口下手で、かつ人見知りな所もあるため、向こうから話しかけてくれる人のことを好むことが分かります。

また人の悪口を言ったり怒りっぽい人は苦手ということなので、感情の起伏が激しい女性は苦手なのでしょう。

作中のイメージだと、胡蝶しのぶの様な女性に惹かれる可能性は高いと思いますが、あまり似ていると面影を思い出してしまう可能性もあるため、多少タイプの違う女性と結婚したのではないかと思います。

一番しっくりくるのは、炭治郎の先祖である炭吉の妻・すやこの様に、自由人で底抜けに明るそうな女性と結ばれたのではないかと予想しています。

>>冨岡義勇と胡蝶しのぶは恋人だった?<<
 

冨岡義勇の死亡後の家族はどうなった?

とはいえ冨岡義勇は痣持ちの隊士がゆえに、人生を謳歌出来るほどの年齢までは生きられなかったであろうと思われます。

では義勇の亡き後、その家族はどうなったのでしょうか?

おそらく生活に関しては、産屋敷家からの援助は引き続きあったのではないかと思います。

また柱であった義勇は、鬼殺隊士だったころには欲しいだけ無限に収入をもらえていましたので(公式ファンブック参照)、資産も間違いなく多く残していたはずです。

ですので冨岡義勇が亡くなった後でも、家族が安心して暮らせるほどの蓄えや支援は問題なかったのではないかと思われます。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・冨岡義勇の最終回のその後の職業は何?

では最後の戦いを終えた後、冨岡義勇はどのような職業に付いたのでしょうか?

考えられるのは剣術道場の師範でしょうか。

義勇自身口下手なので、経営というよりは道場の師範という仕事に就いた可能性はあるのではないかと思います。

もしくはスピンオフ作品「キメツ学園」内と同じく教員職に就いていた可能性もあると思います。

元々義勇は世話焼きな気質を持っているため、学校の先生という選択肢もイメージしやすいのではないでしょうか?

とはいえ、働かなくても暮らしていけるだけの資産と蓄えはあったと思うので、特定の仕事に就くことはなく余生を過ごした可能性も否定は出来ませんが。

 

 
スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・冨岡義勇の最終回のその後はどうなった? まとめ

今回は、鬼滅の刃に登場する冨岡義勇の最終回のその後を考察してきました。

以下がまとめとなります。

  • 最終決戦後、一時昏睡で危篤状態となっていた義勇
  • 一命を取り留めてからは宇髄家と親交が深い
  • 子孫がいることから結婚をしたことは確定
  • 痣持ちのため短命であったと予想
  • 結婚相手は自由人で明るく話しかけてくれる人と推測

 

皆で勝ち取った平和な世の中で、最後にどのように生きたのかは明確化されてはいないですが、幸せな人生だったと思える最後であれば良いなと思ってしまいます。

それでは以上で、鬼滅の刃・冨岡義勇の最終回のその後の考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク