キングダム桓騎(かんき)将軍の弱点とは?李牧が見抜いた弱点を考察

kingdom-kanki-success-nankan
スポンサードリンク

キングダムの桓騎(かんき)将軍は元野盗の出身ですが、戦(いくさ)上手でも知られています。

その才能は秦の六将に匹敵するのでは?ともウワサされていて、ここまでの戦いぶりでも驚く戦い方を披露しています。

ただ信とは反りが合わない部分も浮き彫りになっています。

そして趙の三大天・李牧は、黒羊の戦いで桓騎の弱点を見つけたと言っていました。

それは少し前に信に倒された慶舎(けいしゃ)も同じことを言っていましたね。

それでは戦いに強いように見える桓騎の弱点とは何なのでしょうか?

こちらの記事では桓騎の弱点を見るために、まずこれまでの戦いぶりを振り返りながら、その弱点について考察していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

キングダム桓騎(かんき)将軍とは?

秦将になる前の桓騎は?

ではまずはキングダムの桓騎将軍について少し振り返りたいと思います。

この桓騎は元々は秦の南側の山々を縄張りにしていた大野盗団の首領でした。

その野盗集団を秦軍は討伐しようとしたようですが、ことごとく桓騎に返り討ちにあったと言われています。

 

桓騎の性格は残忍?

ただしそんな桓騎は性格が残忍だと言われています。

野盗時代に城を攻め落とした時には、桓騎自ら住人全員の首をはねたと言われています。

首切り桓騎

それが今なお続く桓騎の異名となっています。

また虐殺や略奪など「何でもあり」という姿勢が桓騎軍の特徴の一つ。

虐殺や略奪をしない信のやり方に対しては「青臭い」と桓騎は一蹴(いっしゅう)。

あとは怖いウワサですが、桓騎軍の援軍に来た隊がいくつか消失したというウワサもあります。

一緒に戦う同士であっても油断ができない相手と言えます。

 

桓騎の評価は最強?

そんな性格の桓騎ですが、秦の討伐隊が一度も勝てなかったように戦いの天才とも評されています。

かの六将・王騎も、蒙驁(もうごう)の副将二人を「化物」と評価していましたが、蒙驁の副将二人というのは桓騎と王翦(おうせん)の二人のことを指します。

 

また初登場の時にも「生まれが一世代早ければ六将に名を連ねたであろう若き才能」と記されていました。

副将として付き従った蒙驁も、「桓騎の才はひょっとしたら六将にひけをとらぬかもしれぬ」と評していたことがありました。

桓騎が最強かどうかはまだ分かりませんが、六将級という評価がすでに出ているように、戦いの天才であることは間違いないですね。

 

スポンサードリンク

キングダム桓騎(かんき)の戦い方を考察

魏軍との戦いぶりは?

それではまず桓騎(かんき)将軍の戦いぶりを振り返っていきますが、まず魏軍との戦いから振り返ってみましょう。

この時、桓騎は秦の右翼側を受け持っていました。

その桓騎と戦っていたのは、廉頗(れんぱ)四天王の一人である介子坊(かいしぼう)。

この戦いでは桓騎は正面から戦うことをせずにゲリラ戦を展開。

また敵将や敵兵の目や耳だけを荷袋に詰めて敵陣営に送る、という残忍な戦いを繰り広げていました。

このやり方で敵兵は桓騎に対する恐怖心が芽生えていき、対する介子坊は戦い方を悩んでいました。

そこで同じく廉頗(れんぱ)四天王の一人である玄峰(げんぽう)が、桓騎に対することになりますが、桓騎はここで奇襲作戦に打って出ます。

何と敵兵に紛(まぎ)れ込んで、玄峰の前に突如として姿を現します。

そして玄峰の首をはねることに成功。

この時、桓騎は「相手が嫌がることをやるだけだ」と言っていました。

そして留守中に忍び込むのも得意だと。

元野盗の戦い方として普通の将では行わない行動を見せていましたが、その異常性も浮き彫りになった戦いだったとも言えます。

 

函谷関での戦いぶりは?

また函谷関(かんこくかん)での桓騎の戦いぶりも、見せ場がいくつかありましたね。

まず魏軍が巨大な函谷関という門に対して、巨大な井闌車(せいらんしゃ)という道具を函谷関にかけてきました。

この井闌車に大量の油をかけてから、桓騎が火矢を打ち込んで燃やしてしまう場面がありました。

この時に準備していた大量の油は、秦の首都・咸陽(かんよう)の備蓄庫から、かっぱらってきたものとして描かれていました。

この辺りのやり方も普通の将にはマネできない部分でしょうね。

 

そしてもう一つの井闌車に対して煙玉(けむりだま)を投げ込みます。

前回の井闌車の火災でパニックになった魏軍の兵士たちを尻目(しりめ)に、井闌車を使って桓騎が函谷関の下に降りてくることになります。

そして敵である魏の旗や鎧(よろい)を奪って、それを身に着けて行軍。

桓騎の狙いは、韓軍総大将の成恢(せいかい)でした。

この成恢を倒したのは同行した張唐(ちょうとう)でしたが、この戦い方について張唐は、桓騎の度胸と戦術眼を評価しています。

そして桓騎はこんなことを言っていました。

身を切ってエサを差し出すから

でけェ魚が釣れんだろうが

元野盗としての経験から、こうした言葉が出たのかもしれません。

 

黒羊での戦いぶりは?vs慶舎

また黒羊(こくよう)での戦いぶりでは本能型の武将・慶舎(けいしゃ)を翻弄(ほんろう)。

桓騎軍の通常の兵同士の戦いでも、攻め方が一般的な兵法にのっとっていない戦い方で、相手の将も桓騎軍の動きが読み切れないことになりました。

そして黒羊戦3日目に訪れたチャンスに、何も行動しないという驚きの行動に出ます。

動かない桓騎に対してしびれを切らした慶舎は、自ら飛信隊に突撃。

こうして出てきた慶舎に対して、桓騎軍のゼノウ一家が襲い掛かることになります。

実戦で討ち取ることが至難のワザだと李牧にも言わせた慶舎を追い詰めましたが、紀彗(きすい)が慶舎を救ったことで桓騎の作戦は失敗に終わりました。

その後に信が慶舎を討ち取ることに成功しましたが、これは慶舎を誘い出した桓騎の作戦があってこそだったとは思います。

 

黒羊での戦いぶりは?vs紀彗

また紀彗に対しては、敵兵を拷問(ごうもん)して紀彗の過去を調べ上げました。

紀彗は離眼(りがん)城の城主ですが、父親の代で近隣の暗何(あんか)城と合戦。

そしてこの時に人質となった離眼城の者たちの身代わりとして、離眼の大人たちのほとんどが紀彗たちの目の前で殺害されるという悲劇が起こっています。

この悲劇を乗り越えて離眼城や近隣の暗何城も抑えた紀彗ですが、紀彗と離眼城の人々は深いきずなで結ばれていました。

この紀彗と離眼城の関係を桓騎は利用することになります。

まず黒羊の周辺の村落を襲って焼き払って住民に殺戮(さつりく)の限りを尽くしていき、多数の人の屍(しかばね)を貫いたものを紀彗に送ります。

その上でこれ以上の惨劇を離眼城で起こすと、紀彗へ伝文を送付。

これを知った紀彗は、砦(とりで)化を進めた黒羊の丘を下りて離眼に向かうという決断を下すことになります。

そして趙軍が作った砦も合わせて黒羊の丘を奪取することに成功。

しかも通常より少ない被害での勝利へ導いた桓騎でした。

この戦いでも相手の弱みをとことんまで突いてくるところが垣間見えましたし、罪のない人を殺害してでも勝利のためには何でもやる、という非情さも見えた一戦でした。

さてここまで桓騎の戦いぶりを振り返りましたが、それでは桓騎の弱点とは何なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム桓騎(かんき)将軍の弱点とは?

桓騎の弱点は敵の抵抗が強まること?!

桓騎の弱点―――

まず一つ目に考えられるのは、桓騎のやり方では敵の抵抗が強まることが考えられます。

これまでの桓騎の戦いぶりは、敵の嫌がることをやることがありますが、勝つためには手段を選ばない一面を持っています。

だからこそ黒羊(こくよう)戦でも近隣の住民に対する虐殺を行っています。

そんな桓騎の恐ろしさは中華に広く知れ渡ったと思いますが、ではこれから桓騎に攻められる側の人たちの心理はどうなるでしょうか?

逃げられるものなら逃げる、という選択肢も当然あると思います。

ただ逃げられずに戦わなければならないとなると、強烈な抵抗をすることが考えられるのではないでしょうか。

自らの命はもちろんのこと、自分たちの友や恋人、家族を守るため。

そんな旗を掲げて桓騎軍と戦うように自分の兵士たちを仕向けさせることで、自軍の兵士の士気を高めることができると考えられます。

また頑強な抵抗をするのは、何も兵士だけに限ったことではないことでしょう。

合従(がっしょう)戦で秦の蕞(さい)が攻められた時、その城の中にいる民衆が戦う場面がありました。

城の中に兵士がいれば当然兵士が前線で戦うとしても、その城の民衆も兵士と協力して桓騎軍の侵攻を防ごうと必死になるに違いありません。

恐ろしい桓騎軍の侵攻を食い止める―――

このことは敵対する軍と民衆のきずなを深める結果をもたらすかもしれません。

そうなると桓騎は敵を攻めることが徐々に難しくなる、ということが今後は起こってくることが考えられます。

また城を攻めるとしても、普通ならばどこかで城内の兵が降伏することはあるのかもしれませんが、桓騎が攻めていたらどうでしょうか?

桓騎に城を明け渡したら、何をされるか分からない。

そうなれば敵の城内からの降伏を引き出せることはなく、最後の一兵が亡くなるまで抵抗を続けられてしまうかもしれませんね。

 

欲で動く集団はバラバラになりやすい?!

また桓騎軍は略奪あり、というスタンスで戦っています。

ある意味では人間の欲を知っているために、臣下たちの欲望を満たすことで野盗集団をまとめている側面があるかもしれません。

しかし反対に言えば、そうしなければ人をまとめることが難しい面を桓騎は抱えていることになります。

つまり桓騎自身の人間力では人が着いてこない―――

そんな可能性もあるのかもしれません。

この点は紀彗とは反対の気質ではありますね。

それでも戦いに勝っていれば、おこぼれをもらえる桓騎軍は一つにまとまるかもしれませんが、負け戦が続くようになると桓騎軍はバラバラになることも予想されます。

また桓騎軍が欲で動く集団であれば、その中の一部に何かを与えることで裏切らせることも可能なのかもしれません。

桓騎軍の内部分裂を狙う―――

李牧はそんな手を打ってくるのかもしれません。

スポンサードリンク






 

一般兵を率いるのは難しい?!

またこれまでの桓騎軍の戦いでは、桓騎は敵の士気を下げるような戦い方(目玉だけを送りつけるなど)をしてきました。

ただ激を飛ばして味方の士気を上げるという場面は、これまで見たことがありません。

元野盗集団である今の桓騎軍であれば、同じ匂いのする桓騎になびくかもしれませんが、それ以外の一般の兵士たちを率いる場面になるとどうでしょうか?

野盗だからこそ野盗のやり方が分かってスムーズに戦いを進めることができる一方で、野盗のやり方を知らない一般兵だと指揮命令の伝達が難しくなるかもしれません。

そうなると李牧が狙うのは、桓騎兵たちなのかもしれません。

桓騎兵たちを削ることに集中していき、桓騎が一般兵を率いるように仕向けていくと、桓騎はその強さをこれまでのように発揮できなくなる場面があるのかもしれません。

 

政のやり方と合わなくなる?!

また秦王・政は中華統一を目指しています。

そんな政にとって侵攻した国の民(たみ)も、秦の国の民と同じ扱いをしたいと考えるかもしれません。

もしもそうでなく侵略した国の人たちを虐殺、または侵略した国の人たちから略奪をしていると、これから侵略していく国ではますます抵抗が強くなっていくことが予想されます。

それを避けなければ中華統一は難しい―――

政はそんな答えにたどり着くのかもしれません。

そうなると侵略した国でも虐殺や略奪をしないような命令を、秦王・政が出すことが考えられます。

ただその時、桓騎軍はどうなるか?

鄴(ぎょう)攻めの時にも王翦(おうせん)が鄴周辺の城を攻めた時、「民を傷つけた者は斬罪に処す」という命令を出したので、桓騎軍の部下たちは大変だったと摩論(まろん)は言っていました。

虐殺・略奪などが無くなると、桓騎軍はそれだけで士気が下がることが考えられますし、桓騎軍はバラバラになる可能性もあるかもしれません。

そして先ほどのように桓騎の元から野盗集団が去ってしまって一般兵を桓騎が率いるようになると、これまでのような強さを発揮できなくなることも考えられます。

また秦王・政の中華統一の構想を知る李牧は、いずれ秦王・政と桓騎のやり方が合わなくなってくるだろうことを予想していたのかもしれまんせん。

 

相手をはめる快感にはまって本陣が手薄?!

またはこれまで桓騎は自身のいる本陣を攻められたことはありませんが、相手をはめることに快感を覚えている桓騎は、自らの武にも自分の策にも自信がありすぎるのか、自分がはめられることを想定しておらず本陣が手薄ということもあるのかもしれません。

桓騎の本陣はなかなか見つからないかもしれませんが、桓騎の本陣を探り当てることができて周到に包囲してしまうことができれば、桓騎を討つことはたやすいのかもしれません。

つまり桓騎の居所を敵将が見つけることが出来るのか?

この点が桓騎の弱点であれば、この点が大きなポイントになってきます。

 

スポンサードリンク

キングダム桓騎(かんき)将軍の弱点考察 まとめ

ここまでキングダムの桓騎(かんき)将軍の弱点について考察してきましたが、いかがだったでしょうか?

桓騎の一番の弱点は、その恐ろしさゆえに敵の抵抗を強めることにあると思います。

その原因は虐殺や略奪であり、それはその場では効果的に思えることでも、長い目で見れば損をする戦い方のように思えます。

反対に信はそんな桓騎のやり方に反対していましたね。

そのために飛信隊は、桓騎軍と争いかけるところまでいってしまいましたが、信の戦い方であれば城内の兵の抵抗も強くなりすぎずに、城からの降伏を引き出しやすい状況を作れるのではないでしょうか?

そんな場面が描かれれば、桓騎と信の立場が逆転することがあり得るのかもしれませんし、できればそんな場面を見たいと私自身は願っています。

それでは、キングダム桓騎の弱点についての考察でした!

スポンサードリンク