キングダム・カイネの最後の死亡はいつ?カイネの死に方は悲劇的?

kingdom-kaine-last
スポンサードリンク
 

キングダムには女性のキャラクターも多く登場してきます。

そんなキングダムの女性キャラクターの中に、趙のカイネという女性がいます。

このカイネは李牧のことが好きな女性として描かれていて、このカイネは主人公の敵の趙に在籍していますが、このカイネは物語の中で死亡するのでしょうか?

またはカイネは物語の最後まで生き延びるのでしょうか?

こちらでは趙のカイネが最後に死亡するのか?について考察していきます。

最後までお楽しみください。

 

スポンサードリンク
 

キングダムのカイネの最後はいつ?

さてキングダムの趙の女剣士・カイネの最後ですが、物語の中で死亡するケースも考えられますし、物語の中ではカイネの最後は訪れないという可能性もあります。

カイネは創作キャラクターで史実に実在した人物ではないため、その最後がどのようになるのかは原先生の考えによることになります。

それではまずは、カイネがキングダムの最終回までに死亡するケースを考察していきます

 

李牧処刑時にカイネも死亡?

まず考えられるのは、李牧が処刑される時にカイネも死亡するパターンです。

キングダムが史実の出来事に沿って物語が展開しているのは周知の事実ですが(李牧の活躍など若干変更している点はありますが)、李牧は紀元前229年に処刑されるという最後を迎えることが分かっています。

 

この時にカイネは李牧と共に処刑されるという最後を迎えるのかもしれません。

または李牧が連れ去られようとする時に、カイネはそれを妨害しようとして殺されてしまう・・・

こうした展開が考えられます。

ちなみに以前に李牧が鄴の敗戦の責めを負わされた時、王印の騎士団が捕らえに来ましたが、カイネはこの王印の騎士団にあっさりと背後を取られていました。

この時の場面は、今後のカイネの運命を暗示していたのかもしれません。

 

李牧処刑後にカイネは自殺?

またはカイネは大好きな李牧が処刑された後、趙の未来に絶望を感じてしまい、そこから自殺してしまうかもしれません。

趙のために尽くしてきた李牧が捕まって処刑される―――

そこから来るやるせない気持ちが、カイネを自殺へ突き進ませるのかもしれません。

 

李牧処刑後の秦との戦いで戦死する?

またはカイネは李牧処刑後も生き延びる可能性がありますが、そこから秦との戦いで戦死するという展開もあり得ます。

李牧が死亡した後、秦は趙を滅ぼすことに成功しています。

この時にカイネは戦死するという最後を迎えるのかもしれません。

李牧を失った後のカイネは李牧を処刑した趙王のために戦う意味を見失う可能性もありますし、精神的な落ち込みがある間はいつもの力を発揮できなくなるかもしれません。

その時のカイネの相手は飛信隊で、カイネと仲の良かった河了貂(かりょうてん)の作戦によって戦死する―――

カイネはそんな哀しい最後を迎えるのかもしれません。

 

カイネはスパイとして潜入後にバレて死亡する?

またはカイネは李牧が死亡した後も、趙の国のために戦おうとするかもしれません。

そしてカイネは秦に降伏しようとしますが、実はカイネの目的はスパイとなることだった―――

それがバレてしまってカイネは秦で殺害されてしまうかもしれません。

ただカイネが大好きな李牧が処刑された後であれば、カイネがスパイになってまで李牧を処刑した趙王のために戦おうとする動機は低くなることでしょう。

 

代王に仕えてその後の秦との戦いで戦死する?

また趙が滅んだ後、太子・嘉(か)が代(だい)という国を作ります。

李牧亡き後、李牧の遺志をカイネが受け継ぐとすれば、太子・嘉を盛り立てていくことがカイネの重要な選択肢となることでしょう。

ただこの代という国も、のちに秦によって滅ぼされることになります。

この代と秦の戦いの時にカイネは戦死してしまうのかもしれません。

ただカイネみたいな可愛い女の子は、戦場で簡単に戦死できるのか?という点は疑問とも言えますが、飛信隊が相手であれば敵兵士に対する扱いは丁寧でしょう。

 

スポンサードリンク
 

キングダムのカイネは物語の最後まで生き延びる?

先ほどまではカイネが死亡するという展開を考えましたが、キングダムの最終回までカイネは死亡しないという展開も考えられます。

史実に登場しない創作キャラクターは、どこで死ぬか分かりませんし、死なない可能性も当然残されています。

ここからはカイネが最終回まで死亡しないケースを考察していきます。

 

カイネは秦に捕らわれる?

カイネが死亡しない展開。

それは一つには李牧亡き後の秦との戦いで、カイネは秦に捕らわれてしまうという展開が考えられます。

李牧が処刑されてしまえば、その李牧を処刑した相手(趙王や郭開)と戦いたいとカイネは願うかもしれません。

そんなカイネにとって李牧亡き後、秦軍に参加して趙と戦うことはカイネの本望となることでしょう。

カイネと仲の良い河了貂と共に趙と戦うカイネ。

そしてカイネが李牧の仇を討つ―――

そんなドラマチックな展開が考えられるのかもしれません。

 

カイネは秦に自ら向かう?

またはカイネは河了貂と仲が良いので、李牧亡き後、カイネは自ら河了貂を頼って秦軍に参加したいと願うかもしれません。

その目的は、先ほど書いたように李牧を処刑した相手に対して復讐(ふくしゅう)を果たすこと。

その目的のためにカイネは自ら秦に向かう展開も考えられます。

そこで先ほど書いたように、河了貂のいる飛信隊にカイネが参加して、そのカイネが李牧の仇を討つ展開がドラマチックで見てみたい展開と言えます。

 

代に移って太子・嘉を守る?

またカイネは趙が滅びる戦いでも生き残った場合には、李牧の遺志を受け継ぐべく、太子・嘉を補佐するために代に移ることも考えられます。

傅抵(ふてい)や舜水樹(しゅんすいじゅ)など、李牧を慕う人たち、本当に趙のことを考えていた人たちは、李牧が処刑された後でも太子・嘉を補佐することを決断するのかもしれません。

また太子・嘉の人間性を考えると、代が秦から滅ぼされてもこの嘉たちは生き残るのでは?と個人的には予想しています。

嘉は代の土地を治める地位について、この地に善政をしく―――

それは政が望んでいることかもしれず、そうなるとこの代の地でカイネは亡き李牧のことを想いながら生き続けるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダムのカイネの最後の死亡時期はいつ? まとめ

ここまでキングダムのカイネの最後の死亡について考察してきました!

まず考えられるタイミングとしては以下となります。

  • 李牧処刑時
  • 李牧処刑後の秦との戦い
  • 代に移ってからの秦との戦い

 

まず一つ目のタイミングとして、カイネは李牧が処刑された時に同時に殺害される。

またはこの時にカイネは自殺してしまうという最後を迎えるのかもしれません。

その後であれば、趙と秦との戦いで戦死するケース、または趙のために秦にスパイとして潜入。

しかしそれがバレてしまって殺害される可能性が考えられます。

また趙の太子である嘉がのちに創る「代」という国に移ってから、代と秦の戦の時に戦死するという最期を迎える可能性もあります。

そして戦場でカイネが死亡する場合、カイネを追い詰める相手が仲の良い飛信隊の河了貂だったら、カイネの最期は悲劇的になることでしょう。

とはいえカイネは、キングダムの最終回までに死亡しないという展開も考えられます。

そうなるとカイネは秦軍に参加することが考えられますし、仲の良い河了貂を頼って飛信隊にカイネが参加する可能性もあります。

そうなれば秦の天下統一にカイネが貢献していくのかもしれません。

または李牧亡き後、カイネは趙の太子・嘉と共にその代という国に移り、この代の地でカイネは生き続けるのかもしれません。

様々な可能性が考えられますが、それではここでキングダムのカイネの最後の死亡に関する考察を終わります。

スポンサードリンク