キングダム697話ネタバレ予想『桓騎は趙の一般人まで殺害する?』

キングダム ネタバレ 予想 697話 いつ
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年10月28日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話697話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

簡単に696話を振り返ると以下の点が描かれていました。

  • 咸陽へ届けられた桓騎軍の勝利の知らせ
  • 邯鄲へ届けられた扈輒軍の敗北の知らせ
  • 桓騎軍による10万の趙兵の虐殺

 

696話では、史実通りに桓騎が趙兵10万の首を斬った場面が描かれました。

またそこでは摩論は何かを悩んでいたのか、机の上で顔を覆っていました。

さてここからどのような展開が描かれるのでしょうか?

それでは2021年10月28日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話697話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:六大将軍の暴走が明らかに?

さて697話のネタバレ予想をしていきますが、ここから六大将軍の暴走が明らかになるのかもしれません。

というのも過去の673話の終わりでは、「懸念されていた六大将軍の”暴走”が起きてしまうのである」と記載されていました。

また六大将軍には、敵国の一般人に対する虐殺や暴虐は禁じられています。

となると673話の「六大将軍の暴走」というのは、桓騎が趙の一般人に対して虐殺や暴虐を行うところが描かれるのかな?と私自身は思っていました。

さて桓騎の怒りは趙兵10万を殺害してもまだ収まることがなく、趙の一般人にまで向けられてしまうのでしょうか?

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:桓騎は六大将軍から降格させられる?

またもしも桓騎が趙の一般人まで虐殺や暴虐を行えば、桓騎は六大将軍から降格させられる可能性は高いでしょう。

秦で六大将軍の制度が復活させられた時点で、六大将軍に対する禁止事項はその場で六将に伝えられましたね。

その禁止事項を破った桓騎をそのままにしていれば、今後もその禁止事項を破る六将が出てくることでしょう。

そうした事態を防ぐには、桓騎が禁止事項だと伝えた決まりを破ったのであれば、桓騎に対する処分を行う必要があるでしょう。

ですので、もしも桓騎が趙の一般人にまで虐殺などを行えば、最低でも桓騎は六将から降格させられると思います。

とはいえ政としては、六大将軍の制度を復活させて六将を任命した直後に、桓騎を六将から降格させるという処置は行いたくないところでしょう。

というのも簡単に六将が降格するような人選を行ったのであれば、六将制度に対する権威が失墜してしまい、他国から見下される可能性があるからです。

果たして桓騎は趙の一般人まで虐殺するのでしょうか?

またその場合、政は桓騎を六将から降格させるのでしょうか?

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:桓騎は一般人まで手を出さない?

ただ桓騎が趙の一般人にまで手を出すかは、まだ分からないところです。

桓騎としても「六将の禁」は理解していることでしょう。

ですので673話で書かれていた「六大将軍の暴走」というのは、桓騎が投降した趙の兵士10万を全員虐殺したということなのかもしれません。

またそうなれば桓騎は、六将の禁を破ったわけではありませんので、六将を降格させられることはなくなるでしょう。

というのも「六将の禁」というのは、あくまで敵国の一般人に対する虐殺や暴虐です。

また敵兵10万の首を斬ったとしても、それは戦場で戦っても起こり得ることです。

そして696話では解放されそうになった趙兵は感謝ではなく憎しみを抱いていましたし、解放されたら前線に戻ったら桓騎兵を殺害する意向を示していました。

ですので安易に捕虜を解放することが、秦にとって良いことだとは判断できないと思います。

その意味でも捕虜とはいえ、敵兵10万の首を斬ったことは趙の兵力の削減につながったことは確かですし、それが趙を滅ぼすための一つの手段であったことは間違いないはずです。

ですので捕虜となった趙兵10万の首を斬ったことは咸陽にどよめきをもたらすものの、この点だけで桓騎は六将を降格させられることはないと思います。

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:六将の暴走とは味方の大きな犠牲?

また桓騎はこの平陽の戦いで、自軍に大きな損害が出ることを分かっていながら危険な作戦を実行しました。

「六大将軍の暴走」が何だったか?という点は気になるところですが、それは桓騎の危険な作戦そのものを指しているのかもしれません。

また「六大将軍の暴走」については本編の仲では明確に明らかにされず、読者の想像にゆだねるというケースも考えられます。

696話までですと、六大将軍の暴走の可能性は以下が挙げられると思います。

  • 捕虜とした趙兵10万の虐殺
  • 自軍を大幅に削った危険な作戦

 

マンガの伏線は、必ずしも回収されるわけではありませんので、六大将軍の暴走についてはこのどちらかではないか?ということを読者の想像に任せるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:摩論の悩みとは?

またキングダムの696話では、摩論が机の上で顔を覆っていた場面が描かれていました。

これは10万の捕虜を虐殺したことへの苦悶なのでしょうか?

もしかすると他の悩みである可能性があると思いましたが、摩論の悩みとは何なのでしょうか?

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:摩論の悩みは今後の桓騎軍?

さて摩論の悩みは何なのでしょうか?

おそらくですが、今後の桓騎軍をどうすれば良いのか?

この点を摩論は悩んでいたのではないでしょうか?

今回の平陽の戦いでは、桓騎軍8万vs扈輒軍24万という兵力差で戦いが始まりました。

そして桓騎軍の犠牲がどれだけなのかは、まだ明らかにされてなかったと思います。

その犠牲になった分の兵力をどうするのか?

この点を摩論は悩んでいたのではないでしょうか?

もしも捕虜となっていた趙兵を桓騎兵として使うなら、すでに兵としての訓練をされていますので、あとは新たな兵には桓騎軍の戦い方に慣れてもらうだけで済みます。

それを摩論は考えていたはずですが、それでも元野盗集団の戦い方に一般兵を馴染ませることは難しいことかもしれません。

しかし捕虜とした趙の兵士は、全て桓騎の命令によって殺害されました。

そうなると桓騎軍は一般人から募るしか方法はなくなりますが、練兵から始めることになりますので、この点に摩論は頭を悩ませていた可能性が高くなります。

果たして摩論の悩みとは、どんなものなのでしょうか?

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:減った桓騎軍はどうやって補充する?

また減少した桓騎軍は、どうやって立て直すのでしょうか?

一つには趙の国内にいる野盗集団を桓騎軍が抱え込む、という方法があるのかもしれません。

桓騎軍は元野盗集団という特殊な軍勢です。

また元野盗であれば桓騎軍に馴染むのも簡単でしょうし、野盗集団であれば趙国の中枢とのつながりは非常に薄いはずですので、スパイというリスクも少ないのではないでしょうか?

そう考えると失われた桓騎軍の補充として、趙の野盗集団を抱え込むという可能性もあるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダム697話最新話ネタバレ予想:郭開は趙軍を立て直せるか?

また697話以降の展開として、郭開の苦悩も描かれることでしょう。

これまでの郭開は李牧たちを追い詰めて一掃していき、自らの権力基盤を確かなものにしました。

自らの権力基盤を確かなものにするという点では、郭開は成功しています。

また李牧の軍略を聞いた郭開は、その李牧の意見を採用して軍を固めていました。

しかし郭開には、千変万化する戦場の変化に対応できる能力や軍を統率する力はそもそもありません。

そして頼みの綱だった扈輒将軍も敗北して戦死しています。

ここからの郭開としては、まずは郭開派の将軍を頼みに戦局を乗り切ろうとするのかもしれません。

果たして郭開は、趙の軍を立て直すことができるのでしょうか?

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:匈奴が趙に攻め込んでくる?

また平陽の戦いで趙が敗れたという結果は、他の国にも届いていることでしょう。

そうすると趙の領土をさらに削らんとして、他の国が動き出すことも考えられます。

ただ燕のオルドは、司馬尚を相手に苦戦を強いられましたので、ここでも司馬尚の強さを警戒して動かないことも考えられます。

あとは動く可能性があるのは、匈奴(きょうど)という異民族でしょうか?

匈奴は趙の北に存在する異民族集団で、李牧は史実ではこの匈奴との戦いで功績を挙げて、その功績を評価されて大将軍に任命されました。

この展開についてはすでにキングダムでも描かれていましたし、匈奴は李牧を相手に大損害を受けていたこともキングダムで明かされていました。

しかし現時点のキングダムでは、李牧は司馬尚の元に潜んでいますし、匈奴との国境沿いは別の将軍が守っていることになるはずです。

李牧以外の将軍であれば匈奴は怖くないと思いますし、積年の恨みを晴らすために弱っている趙を襲うという展開は充分に考えられます。

そこで郭開がこの匈奴の攻撃を跳ね返すことができるのか?

ここがポイントになってくるのかもしれません。

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:郭開は匈奴を倒せない?

ただ郭開は有能な人物を排除してまで、自らの地位の保身を図っていました。

646話でも郭開は人気も実力もある太子・嘉や李牧を排除しようと躍起になっていました。

それは自らの地位を守りたいがためであり、決して趙のためを思っての行為ではありません。

ですので郭開派の中に有能な将軍が残っているか?と言えば、そうではないと思います。

そのため郭開は、扈輒将軍亡き後の趙が攻められた場合に、趙を守ることができないことが予想されます。

郭開はそうした苦境に立たされて、ようやく李牧や司馬尚に頭を下げるのかもしれません。

 

キングダム697話最新話ネタバレ予想:匈奴打倒に李牧が自ら動き出す?

また趙が匈奴に攻め込まれた場合には、李牧は指令を受けずに自ら軍を率いて匈奴を討ち取ろうとするのかもしれません。

李牧であれば趙が蹂躙されるのを黙って見ているわけにはいかないと、強い責任感で匈奴に立ち向かう可能性も考えました。

ただし郭開たちは李牧の命を狙っている状況ですので、安易に李牧が自ら動き出したとしても、匈奴と郭開の軍によって挟撃されてしまうかもしれません。

そうなるとやはり李牧は自ら軍を率いて、単独で匈奴と対戦することはないでしょう。

さてどのようにして郭開は李牧を呼び戻すのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム697話最新話ネタバレ予想 まとめ

さてここまで、2021年10月28日(木)発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話697話のネタバレ・あらすじ予想を行ってきました。

696話では史実どおりに、桓騎が趙兵の首10万を斬った場面が描かれました。

また以前に「六大将軍の暴走」と書かれていましたが、もしも桓騎が六大将軍の禁を破るとすれば、趙の一般人まで虐殺してしまう展開も考えられます。

ただ桓騎も雷土を殺されたとはいえ、禁じられていることをすぐに行うほど愚かではないとは思います。

その意味では六大将軍の暴走というのは、桓騎が捕虜10万の首を斬ったことか、桓騎が自軍に多大な被害が及ぶような危険な作戦を実行したことのどちらかになると予想します。

また摩論が苦悶しているように見えましたが、今後の桓騎軍の兵力をどうするかについて悩んでいたと考えると、つじつまが合うのでは?と思いますが、果たして摩論は何に悩んでいるのでしょうか?

その他、今後の展開としては趙軍の動向が描かれるでしょうが、まずは郭開は自らの手駒となっている将軍を用いて趙軍の立て直しを図るでしょう。

ただこの趙の敗北の結果を受けて、他の国が趙を脅かす可能性もあります。

この難局を郭開が乗り越えられるのか?という点が描かれる可能性は充分にあると思います。

さて今後の展開が気になるところですが、それでは以上で週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話697話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク