鬼滅の刃ネタバレ204話最新話『愈史郎が無惨の想いを受け継ぐ?』

kimetsu-204-spoiler
スポンサードリンク
 

さて、今回は2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話204話のネタバレ・あらすじの予想・考察をご紹介していきます!

203話では炭治郎が鬼から人間に戻ることに成功したようです!

おそらくですが・・・

炭治郎が鬼になってしまえば日光を克服していますし、赫(あか)い日輪刀さえ効かない鬼になってしまうところでした。

倒す術が見つからない完全な鬼。

無惨が想定していたような鬼の王に炭治郎もなりかけていましたが、カナヲが人間に戻す薬を打ち込むことに成功したこと。

またその後に無惨のウソに戸惑うことなく、自分の戻るべき家に帰ろうとしたこと。

そして特筆すべきは炭治郎が無惨の誘惑に負けなかったこと。

すなわち無限の命を得ることよりも、人間として死ぬことを選んだこと。

この無惨の誘惑は普通の人にとっては強烈なものだったかもしれませんが、その誘惑に負けなかったことが炭治郎の大きな特徴と言えるかもしれません。

反対に言えば無限の命を得ることは鬼になること―――

そのような深い命題がひそんでいるような気がします。

深すぎる欲は鬼の心を宿してしまうというか、欲もほどほどにしないといけないのかもしれません。

そんなことはさておき、炭治郎は無惨の誘惑に負けず、無惨を置き去りにして人間に戻ることに成功した模様です。

そのことを禰豆子(ねずこ)も喜び、カナヲも涙を流して喜んでいましたのでカナヲもまだ生きている模様です。

そして203話のラストでは愈史郎(ゆしろう)も喜んでいましたが、無惨を倒して炭治郎も人間に戻った今、これで鬼滅の刃は終わってしまうのでしょうか?

この点が大きな注目点になりますが、それではここから2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話204話のネタバレ・あらすじの予想・考察をご紹介していきます。

最後までお楽しみください。

>>鬼滅の刃を無料で読む!<<