鬼滅の刃ネタバレ204話最新話『愈史郎が無惨の想いを受け継ぐ?』

kimetsu-204-spoiler
スポンサードリンク
 

さて、今回は2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話204話のネタバレ・あらすじの予想・考察をご紹介していきます!

203話では炭治郎が鬼から人間に戻ることに成功したようです!

おそらくですが・・・

炭治郎が鬼になってしまえば日光を克服していますし、赫(あか)い日輪刀さえ効かない鬼になってしまうところでした。

倒す術が見つからない完全な鬼。

無惨が想定していたような鬼の王に炭治郎もなりかけていましたが、カナヲが人間に戻す薬を打ち込むことに成功したこと。

またその後に無惨のウソに戸惑うことなく、自分の戻るべき家に帰ろうとしたこと。

そして特筆すべきは炭治郎が無惨の誘惑に負けなかったこと。

すなわち無限の命を得ることよりも、人間として死ぬことを選んだこと。

この無惨の誘惑は普通の人にとっては強烈なものだったかもしれませんが、その誘惑に負けなかったことが炭治郎の大きな特徴と言えるかもしれません。

反対に言えば無限の命を得ることは鬼になること―――

そのような深い命題がひそんでいるような気がします。

深すぎる欲は鬼の心を宿してしまうというか、欲もほどほどにしないといけないのかもしれません。

そんなことはさておき、炭治郎は無惨の誘惑に負けず、無惨を置き去りにして人間に戻ることに成功した模様です。

そのことを禰豆子(ねずこ)も喜び、カナヲも涙を流して喜んでいましたのでカナヲもまだ生きている模様です。

そして203話のラストでは愈史郎(ゆしろう)も喜んでいましたが、無惨を倒して炭治郎も人間に戻った今、これで鬼滅の刃は終わってしまうのでしょうか?

この点が大きな注目点になりますが、それではここから2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話204話のネタバレ・あらすじの予想・考察をご紹介していきます。

最後までお楽しみください。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ204話最新話『鬼滅の刃は終わる?!』

炭治郎は人間に戻った?!

さて203話では炭治郎は人間に戻ったようでしたね!

ただここは非常に大きなポイントで、炭治郎が人間に戻っていれば、もしかすると鬼滅の刃そのものが終わる可能性が見えてきます。

無惨は「禰豆子は死んだ お前が殺した」と炭治郎に話しますが、それを炭治郎は嘘だと見抜きます。

その他にも仲間を傷つけたこと、死んだ大勢の人たちに憎まれていると、あの手この手で無惨は炭治郎を鬼にするべく引き留めようとします。

しかし無惨の言葉全てに耳を貸さない炭治郎

それゆえに炭治郎は人間に戻れたと言えますが、このまま炭治郎が人間に戻れば、炭治郎と禰豆子は2人の望み通りに家に帰ってこれまで通りの暮らしを再開していくのかもしれません。

 

産屋敷家に戻る鬼殺隊員?!

また無惨を倒した鬼殺隊員は、全員で産屋敷(うぶやしき)家に報告に戻ると予想されます。

そこで亡くなった鬼殺隊員の姿を見て、目頭を熱くする産屋敷輝利哉(うぶやしき きりや)。

そして全員でこの戦いで亡くなった隊員の冥福を祈る場面が描かれるはずです。

 

産屋敷家の呪いが解ける?!

また同じ一族から無惨という鬼を出したことで、産屋敷(うぶやしき)家の人々は短命に終わることが多かったのですが、無惨を倒した今、ようやく産屋敷家と無惨のおよそ千年にわたる戦いは終わったということになります。

そうなれば産屋敷家の呪いが解けるのかもしれませんし、現在の当主でまだ8歳の産屋敷輝利哉(うぶやしき きりや)とその子孫がこれから長生きすることがどこかで描かれるのかもしれません。

ようやく終わった長い戦いに、歴代の産屋敷家の当主のこれまでの戦いぶりを振り返る場面が描かれるかも?

 

他の鬼殺隊員はどうなる?!

またその他の鬼殺隊員も故郷に戻るなどして、それぞれの人生を全うしていくことでしょう。

全員がサヨナラを言って、故郷に向かって立ち去っていく場面。

そんな場面が204話以降で描かれるかもしれません。

とはいえ伊之助は鬼殺隊に入る前は山で暮らしていた青年であり、善逸もおじいちゃんを亡くしています。

特に善逸(ぜんいつ)は禰豆子に付いてこようとするかもしれませんね♪

炭治郎を「お兄さん!」と呼びながら。(笑)

そして伊之助も山に帰るのであれば、炭治郎の家の近くの山に帰っていき、時折炭治郎の元に姿を現すようになる。

その時、伊之助と炭治郎は腕比べをするのかもしれません。

スポンサードリンク






 

伊黒と甘露寺の死亡が確定した?!

また炭治郎が人間に戻る際、下から炭治郎を支えた手はすでに死亡した仲間の手。

上から炭治郎を引っ張った手はまだ生きている仲間の手だと思いますが、下から出ていた手の中には伊黒や甘露寺と思われる手が見えています。

ですので伊黒と甘露寺の死の描写はありませんでしたが、ここで伊黒と甘露寺の死亡が確定したものと思われます。

最後に実った恋は何とも儚(はかな)く、そして切ない終わりを迎えたことになります。

 

カナヲと炭治郎が恋をする?!

また栗花落(つゆり)カナヲは炭治郎に恋をしているともささやかれていますね。

炭治郎に人間に戻る薬を打ち込んだカナヲ。

そして炭治郎から攻撃を受けてしまったものの、まだ生存していることが203話では分かりました。

ただここでカナヲは目が見えなくなっているのかもしれません。

そしてそれを知った炭治郎はどうするのか?

優しい炭治郎のことですので、これから目の見えなくなったカナヲの面倒を見ていくことを決意するのかもしれません。

カナヲが花の呼吸 終ノ型を繰り出したのも、炭治郎を人間に戻すため。

そのことを知れば余計に炭治郎は、カナヲの面倒を見ていくことを決意するように思います。

そして一緒に暮らしているうちに炭治郎もカナヲに恋をしていく―――

そんな展開が描かれるのかもしれません。

 

愈史郎が消滅する?!

またこのまま炭治郎が人間に戻っていき、無惨の命が尽きてしまえば、珠代の力で鬼になっていた愈史郎(ゆしろう)もその最後を迎えてしまうのかもしれません。

無惨が倒れれば、全ての鬼は消滅する。

鬼はそうした宿命を背負っていますので、203話のラストで描かれていた愈史郎が消滅していく場面が描かれることも予想されます。

愈史郎は他の誰にも知られないまま、ひっそりと消滅していく。

「炭治郎も人間に戻ったことだし、これで良かったんだ。」

そんなことをつぶやいて珠代のことを想像しながら、愈史郎は切ない最後を迎えるのかもしれません。

 

鬼を滅ぼした事実は世間に伏せられたまま・・

また鬼を倒した功績を世間に知って欲しいところですが、鬼殺隊は政府非公認の組織。

鬼舞辻無惨を倒して鬼を世の中から消滅させた鬼殺隊の功績は誰にも知られることなく、ゆえに評価されることもなくひっそりと鬼殺隊はその幕を閉じることになるでしょう。

もっとも炭治郎をはじめ、産屋敷家の当主から鬼殺隊士は全員が評価されたいがゆえに鬼を倒したわけではありません。

「世間から評価されてぇなぁ。だってあの鬼を滅ぼしたんだぜ。」なんて伊之助あたりが言いそうですが、「良いんだ、これで。」と炭治郎が諭(さと)す場面が見られるのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ204話最新話『愈史郎が無惨の想いを受け継いでしまう?!』

愈史郎を操る無惨?!

ただ鬼滅の刃は大人気マンガです。

そのため鬼滅の刃そのものが終わらないことも考えられますが、そうすると愈史郎(ゆしろう)が無惨の想いを受け継いだ鬼になってしまうことも想定されるところです。

203話のラストで描かれた愈史郎が、誰にも知られないうちにひっそりと無惨の想いを受け継いでしまう。

ちなみに無惨は他の鬼が無惨の情報を流すとみなすと、鬼の体内にある無惨の細胞で鬼の体を破壊することができていました。

つまり鬼の体には無惨の細胞が備わっているはずですし、愈史郎の体内にも無惨の細胞はあるはずです。

そして炭治郎に想いを受け継いでもらえなかった無惨は、最後の希望として愈史郎に狙いをつける。

おそらく無惨は執念深いはずです。

そして無惨の想いを愈史郎が引き継いでしまうことがあれば、そこから鬼滅の刃シーズン2が始まることが想定されます。

 

炭治郎の左腕や右目を復活させる必要は?!

また炭治郎が鬼になったのは、炭治郎の吹き飛んだ左腕や右目を復活させるためだったと思います。

ただこのまま鬼滅の刃がもうすぐ終わるのだとすれば、炭治郎の左腕や右目はストーリーとして復活させなければならなかったのでしょうか?

これは個人的な推測ですが、このまま鬼滅の刃が終わるのであれば、炭治郎の体は復活する必要はなかったように思います。

炭治郎の傷は鬼を倒すための名誉の負傷。

それを抱えたまま鬼滅の刃がエンディングを迎えても問題はなかったように思います。

炭治郎の体を復活させる必要があったのは、炭治郎が唯一のヒノカミ神楽の伝承者であることと関係があるのではないでしょうか?

炭治郎の体が復活したのは、今後も続く鬼との対決に備えるための伏線―――

そう考えられるようにも思います。

 

愈史郎を支える人が少ないことが影響する?!

ではなぜ愈史郎は無惨の想いを受け継いでしまうのでしょうか?

それは愈史郎とつながりの深い人物が少ないことが関係していたのかもしれません。

炭治郎の場合には禰豆子がいて、伊之助や善逸、カナヲや冨岡義勇など、多くの仲間がいました。

しかし愈史郎には珠代以外には、それほど絆(きずな)が深い仲間がいるわけではないかもしれません。

そのために心の支えがなかったことで、無惨のウソに戸惑い、無惨の強い誘惑に負けてしまう。

そうして愈史郎は無惨の想いを引き継いでしまう―――

そんな展開になるのかもしれんせんね。

 

愈史郎の異変に誰もが気づかない?!

また愈史郎の周囲には誰もいませんでしたので、もしも無惨の想いを愈史郎が受け継いだとしても、誰も気づくことはないのかもしれません。

炭治郎が人間に戻って喜ぶ鬼殺隊員。

そして誰もが愈史郎の異変に気付かないまま、それぞれが役割を終えて故郷に戻っていくのかもしれませんが、その裏でひそかに進む愈史郎の鬼化。

また愈史郎は日の光を克服できていませんので、ここからまた青い彼岸花を探すため、あるいは日の光を克服する鬼を探すために、鬼を増やしていくのかもしれません。

無惨も日の光を克服するために、増やしたくもない鬼を増やしてきたと言っていました。

同じような道を無惨の想いを受け継いだ愈史郎もたどるのではないでしょうか?

そして再び増殖した鬼が人に危害を加えていくことで、新たな鬼殺隊と愈史郎を含めた鬼たちが交錯(こうさく)していく―――

そんな展開になっていくのかもしれません。

スポンサードリンク






 

産屋敷家の戦いは続く?!

またそうなると産屋敷家の戦いはここからまだ続くことになります。

無惨を倒した鬼殺隊が産屋敷家に報告をして、亡くなった隊員たちの冥福(めいふく)を祈れば一段落がつくと思いますが、産屋敷輝利哉の寿命がやはり短いことが将来のどこかで発覚!

まだ鬼が生きていることが分かった産屋敷家は、再び炭治郎や冨岡らを招集して、新たな鬼殺隊を結成。

この時には炭治郎や伊之助、善逸も柱になっているかもしれず、この3人も柱稽古をほどこす側になって鬼殺隊員を育てることにも力を注ぐのかもしれません。

そしてまだ鬼の数が少なく、無惨の想いを受け継いだ愈史郎が強くないうちに、早めに決着を図るべく鬼殺隊が動き始めるのかもしれません。

ただ無惨は太陽の光を克服した禰豆子を求めて自ら産屋敷家を訪れましたが、愈史郎が身を隠していれば、なかなか愈史郎を見つけることは困難なのかもしれません。

 

愈史郎を倒すのは昭和・平成の時代?!

また鬼滅の刃は大正時代の話ですが、無惨の想いを受け継いだ愈史郎を探し出すまでに時間を要してしまうかもしれません。

鬼が人を殺すことが増えていく中で、鬼殺隊は鬼を倒すべく奔走していきますが、愈史郎を見つけるのは昭和や平成の時代になってから・・・

その時には炭治郎の子孫が愈史郎を追い詰めていくかもしれませんし、ヒノカミ神楽の継承を炭治郎は行っていくのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
>

『鬼滅の刃ネタバレ204話最新話』まとめ

さて、2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新204話のネタバレ・あらすじ予想・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

203話では炭治郎が人間に戻ることに成功しました!

無惨のウソに戸惑わず、無惨の誘惑に負けなかったこと、そして生来の炭治郎の優しい性格と欲の少なさが炭治郎を人間に戻したと言えます。

もしも炭治郎が人間に戻ったのであれば、このまま鬼滅の刃も終わってしまうのかもしれません。

それは寂しいことではありますが、多大な犠牲を払ったとはいえ炭治郎が人間に戻って禰豆子(ねずこ)と一緒に暮らしていくと思われますし、生き残った鬼殺隊員にとってのハッピーエンドが描かれると予想します。

また炭治郎が鬼になったのも作者の吾峠(ごとうげ)先生からすると、炭治郎の右目と吹き飛んだ左手を復活させるため、でもあったのかもしれません。

ただ鬼滅の刃は大人気マンガ。

ここで鬼滅の刃が終わらないとすれば、無惨の想いを受け継ぐ存在として愈史郎(ゆしろう)に白羽の矢が立ってしまうのかもしれません。

そして愈史郎の周りには誰もいませんでしたので、愈史郎の鬼化には誰も気づかず、ゆえに鬼殺隊が解散したにも関わらず、鬼が増えていることが判明して再び鬼殺隊が結成される―――

そんな展開もあり得るのかもしれません。

ここから鬼滅の刃が終わるのかどうか?

これが大きな注目ポイントですが、それではここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新204話のネタバレ・あらすじ予想・考察を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク