呪術廻戦・禪院直哉に死亡フラグ?登場は何巻で最後は命乞いをする?

呪術廻戦禪院 直哉 死亡フラグ 最後
スポンサードリンク
 

呪術廻戦は少年ジャンプに掲載されている大人気のダークファンタジー漫画です。

この呪術廻戦は様々なキャラクターが登場してきますが、その中に禪院直哉(ぜんいん なおや)という人物がいます。

この人物は死亡フラグが立っているともっぱらの噂になっています。

さてそれでは禪院直哉には、どのような最後が待っているのでしょうか?

こちらでは禪院直哉の基本情報を振り返りながら、禪院直哉の最後の死亡について考察していきます。

それでは最後までお楽しみください

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦・禪院直哉は死亡フラグ?真希と直哉の戦いの行方は?

さて真希乱心という知らせから、禪院家の男子が真希に襲い掛かることになりました。

しかし躯倶留隊(くくるたい)も禪院家の術師集団・炳(へい)も、真希に倒される展開になりました。

ここで炳筆頭の直哉が真希の前に立ちふさがることになります。

真希が伏黒甚爾なみのフィジカルギフテッドになったならば、真希は直哉を倒してしまうと思われますが、それはどんな形になるのでしょうか?

 

真希は直哉の術式に合わせてきた!

それは151話で明らかになりましたが、真希は直哉の術式に合わせた動きをすることに成功しました。

戦いの序盤から、真希は何かの数を数えていました。

それは直哉の動きのコマ数で、1秒間に24コマの動きをしていることを、今の体になった真希は見抜くことに成功します。

ただそれまでは、真希は直哉から攻撃を受け続けるばかり。

意識も朦朧(もうろう)としてくる中で、最後の最後で亜音速の動きをしていた直哉に強烈なカウンターとなった一撃をお見舞いすることになります。

ここで直哉は顔が誰だか分からないほど痛めつけられていますが、このまま直哉は死亡するのでしょうか?

 

直哉は無理な動きを作って自滅する?

またここから直哉はまだ勝負をあきらめないのかもしれません。

ただ直哉の術式は、過度に物理法則や軌道を無視した動きを作れば、自らもフリーズしてしまう弱点があります。

おそらくですが、ここからの直哉は真希との戦いで不利な戦いを強いられてくるでしょう。

そこで苦戦した直哉は、苦し紛れに無理な動きの投射呪法を実行

そして自らがフリーズしてしまい、真希に倒されてしまう―――

そんな結末が待っているのかもしれません。

 

直哉は命乞いをする?

また真希との戦いに苦戦する直哉は、直前で命乞(ご)いをしてくるのかもしれません。

直哉は禪院家の当主になりたいわけですし、五条悟の封印を解除することができれば、伏黒恵が禪院家の当主になるという条件は白紙に戻ります。

直哉は禪院家の当主になるために、真希たちと協力して五条悟の封印を解除しようとするのかもしれません。

その条件を提示して、直哉は真希に命乞いをすることも考えられます。

こうなると真希は直哉を助けるのでしょうか?

一つ気になるのは真依の言葉です。

全部壊して 全部だからね お姉ちゃん

この全部という意味が何なのかは、呪術廻戦で明らかにされていませんが、もしかすると「禪院家の全て」という可能性もあります。

そうなると真希は禪院家の全てを壊すべく、命乞いをする直哉でも真希は一刀両断にしてしまうのかもしれません。

果たして禪院直哉には、どんな最後が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦・禪院直哉の死亡フラグに関するツイートは?

世間でも、直哉の死亡フラグがビンビン立っているというウワサで持ち切りですね。

ただ直哉のルックスやこの性格を評価する声もあり、直哉の死亡を惜しむ声もあるようです。

果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

呪術廻戦・禪院直哉とは?

また呪術廻戦の禪院直哉(ぜんいん なおや)についてご紹介していきますが、この人物は呪術界の御三家の一つ「禪院家」の実力者です。

この禪院家の前の当主は、禪院直毘人(ぜんいん なおびと)でしたが、この直毘人の息子が禪院直哉になります。

また禪院直毘人が亡くなってから、この直哉が次の禪院家の当主になる予定でした。

しかし五条悟が封印されてしまったことで、伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)との誓約状が履行(りこう)されることになりました。

その結果として、禪院家の当主は伏黒恵が継ぐことになりました。

ただ直哉は禪院家当主の座を諦めきれず、ここから伏黒恵の命を狙うことになっていきます。

 

禪院直哉のプロフィールは?

また禪院直哉のプロフィールは次のようになります。

  • 身長・・・不明。175㎝ほどと予想
  • 体重・・・不明。80㎏ほどと予想
  • 出身地・・京都府(禪院真希・真依と同じ禪院家のため)
  • 誕生日・・不明。
  • 年齢・・・27歳と判明(16巻で五条悟(28歳)の1個下と表記)
  • 階級・・・特別1級呪術師
  • 髪の色・・金髪
  • 声優・・・不明

禪院直哉はまだ登場して間もないキャラクターで、不明な点が多くあります。

ちなみに主人公の虎杖悠二(いたどり ゆうじ)は、身長が173㎝(まだ伸びそう)で体重は80㎏以上あります。

そして直哉は虎杖や脹相(ちょうそう)と戦ったことがあります。

呪術廻戦 禪院直哉 身長

(引用:呪術廻戦)

これがその場面ですが、禪院直哉は虎杖と身長や体重が近いと思われます。

ですので直哉の身長は175㎝ほど体重は80㎏程度と予想しました。

ちなみに髪の色が金髪なのは、脹相が直哉のことを金髪だと言っていたことが根拠です。

呪術廻戦 禪院直哉 髪の色 金髪

(引用:呪術廻戦)

 

禪院直哉の初登場はいつ何巻?

ちなみに禪院直哉の初登場はいつだったでしょうか?

単行本では16巻・138話「禪院家」でのことになります。

この回で禪院直哉は、禪院家の当主になれないことが確定しました。

そこからの直哉は、禪院家の当主となった伏黒恵の命を狙うことになっていきます。

スポンサードリンク

 

禪院直哉の性格はクズ?

また禪院直哉の性格はクズとも言われています。

直哉のビジュアルを好む人も多いようですが、なにせ口の悪さは最悪レベル

直哉は面と向かって言わなくていいことを、本人に直接言ってしまう性格の悪さです。

「(禪院扇に対して)叔父・・・弟のアンタもパッとせぇへん」

「(禪院甚壱に対して)甚壱くんはなぁ・・・顔がアカンわ」

初登場でこの発言でした。

(^_^;)

こういう言葉を相手に直接向けてしまいますので、裏で人に嫌がられてしまうことでしょうね。

また非常にプライドや自尊心が高く、権力・権威志向も強い面が見られます。

そのため禪院家の当主の座を伏黒恵に奪われたことに対して、直哉は激怒しています。

 

禪院直哉の兄弟は?

また禪院直哉の兄弟はどんな人物なのでしょうか?

まだ具体的に直哉の兄弟が描かれたことはありませんが、直哉は「俺の兄さん方は皆ポンコツやし」と言っています。

また直哉の兄さんたちは得物=刀を持っているようで、「俺の兄さん方もブラブラとみっともないねん」と、直哉は刀を帯刀(たいとう)している兄たちをバカにしている様子も描かれています。

そしてのちに躯俱留隊(くくるたい)と呼ばれる禪院家の組織が描かれました。

ここには術式を持たない禪院家の男児が入隊を義務付けられている組織で、炳(へい)という優れた術師集団の下部組織でもあります。

(ちなみに直哉は炳の筆頭です。)

直哉の兄弟に関する発言からすると、もしかするとこの躯倶留隊に直哉の兄弟が在籍しているのかもしれませんね。

 

禪院直哉の能力や術式は?

また禪院直哉の能力はどの程度なのでしょうか?

術師としては特別1級呪術師という階級ですので、能力はかなり高いと言えます。

また禪院直哉の術式は、父・直毘人と同じ「投射呪法(とうしゃじゅほう)」です。

この投射呪法は、禪院家が相伝する術式の一つです。

具体的には自分の視界を画角として1秒間を24分割した上で、予め作った動きをトレース(後追い)する術式です。

この術式を使えば自らは速く移動でき、相手の動きを封じ込めることも可能で、この術式の種が分からない相手を一方的に倒すことも可能です。

ただこの術式にも弱点はあります。

  • 作った動きは途中で修正できないこと
  • 過度に物理法則や軌道を無視した動きを作れば、自らもフリーズすること

そのため相手に動きを読まれたり、相手の強さに自らが無理な動きを作ったりしてしまえば、直哉にとって不利な展開になっていきます。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦・禪院直哉と乙骨憂太・伏黒恵・禪院真希との関係は?

また禪院直哉は最近登場してきたキャラクターですが、この人物は多くのキャラクターとの接点がありました。

では禪院直哉と他のキャラクターの関係はどのようなものでしょうか?

 

禪院直哉と伏黒恵の関係は?

まず禪院直哉と伏黒恵の関係ですが、先ほど書いたように禪院直哉は伏黒恵の命を狙っています

というのも禪院直哉は権力志向の強い男です。

しかし実の父親が亡くなった後、禪院家の当主の座は伏黒恵が継ぐことになりました。

その怒りから禪院直哉は伏黒恵の命を狙うことになっています。

つまり直哉は、虎杖や真希たちと敵対関係にあることになります。

ただ現時点では、まだ直哉は伏黒恵と対戦したことはありません。

 

禪院直哉と乙骨憂太の関係は?

また禪院直哉と乙骨憂太(おっこつ ゆうた)との関係ですが、乙骨憂太は虎杖の死刑執行人という立場で本編に登場してきました。

また禪院直哉は、新たな禪院家の当主となった伏黒恵の命を狙って虎杖と脹相の元に現れましたが、この場に伏黒恵はいませんでした。

ここで乙骨憂太と禪院直哉は協力関係を結びます。

その協力関係はこうです。

  • 禪院直哉は、乙骨憂太が虎杖の死刑を執行する邪魔をしない。
  • 代わりに乙骨憂太が虎杖を殺しても、そのことを上層部にはしばらく黙っておくこと。

乙骨に虎杖の死亡を隠して欲しいと思ったのは、直哉は虎杖をエサにして伏黒恵に会おうとしていたからでした。

ここから虎杖・脹相vs乙骨・直哉の戦いが始まりますが、乙骨憂太の圧倒的な力がここで発揮されることになっていきます。

 

禪院直哉と禪院真希・真依の関係は?

また直哉と真希・真依の関係は、いとこの関係になります。

禪院直毘人(ぜんいん なおびと)・・・息子:直哉

 ↓ 弟

禪院扇(ぜんいん おうぎ)・・・娘:真希・真依

禪院家の直哉と真希・真依の関係はこのようになっています。

また直哉は昔、真希をいじめていたようです。

ただここにきて、真希は伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)並みのフィジカルギフテッドになった模様です。

そして直也は真希を倒そうとしています。

ここからどのような展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦・禪院直哉は死亡フラグ? まとめ

ここまで呪術廻戦の禪院直哉(ぜんいん なおや)の最後の死亡や、年齢や術式など基本情報についてお伝えしてきました。

禪院直哉はルックスが好まれている一方で、性格はクズとも評価されています。

そのために真希など他人に対する言葉遣いは、非常に辛辣(しんらつ)なものがあります。

その直哉のいつもながらのその言葉遣いの悪さは、死亡フラグか?と思わせるものがあります。

また現在の直哉は、禪院家の当主の座を伏黒恵から奪い返すために、伏黒恵の命を狙っています。

そして真希の前に立ちふさがる直哉ですが、真希と直哉の戦いの行方はどうなるのでしょうか?

また禪院直哉が命乞いをする展開もあるかもしれませんが、真希は真依の願いを聞き入れるとすれば直哉の命乞いを聞き入れることはないように思います。

それではここまで呪術廻戦の禪院直哉の死亡フラグと、年齢や術式などのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク