薬屋のひとりごとの漫画が2種類あるのはなぜ?違い比較とどっちがおススメ?

薬屋のひとりごと 漫画 2種類 なぜ どっち おすすめ
スポンサードリンク
 

「薬屋のひとりごと」は、2011年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始された日向夏(ひゅうがなつ)によるファンタジー小説です。

花街で薬師をしていたそばかす少女「猫猫(マオマオ)」が、売られた後宮で起こる謎を解くミステリーであり、美貌の宦官・壬氏(ジンシ)とのラブコメ要素も楽しめるストーリになっています。(舞台が架空の国なので、ファンタジー要素も)

この小説、実は、2種類の漫画が同時に発売されています。

同じ原作「薬屋のひとりごと」なのに漫画が2種類???一体なぜ???

今回は、「薬屋のひとりごと」という小説の漫画がなぜ2種類発売されているか、2種類の漫画の違いについても見ていきます。

 

スポンサードリンク
 

薬屋のひとりごとの漫画が2種類あるのはなぜ?


結論から言うと「具体的な理由はない」です。

少なくても公式には発表されていません。

なので仮定として考えてみますと、こういう理由があったのではないでしょうか?

「とてもいい原作なので、ファンを増やしたかった」

  1. 話題作りになる。同じ原作で漫画が2種類発売される!ということで話題になる。
    周知される。
  2. 作品を知る機会、伝える機会が増える2つ漫画が発売されるということは、その都度話題になるので、「薬屋のひとりごと」という作品自体を知ってもらえる機会がそれだけ増える。
  3. 男女問わず読める(大袈裟に言うと、老若男女問わず)後述しますが、漫画の作者が違うので、好みの方を読むことができる。すなわち、色んな好みの人が手に取ることができる。
  4. 漫画家による表現の違いを楽しめる両方読むと、それぞれの良さや、1つだけでは理解できなかった事なども理解できる(復習の意味合いもある)さらには、違いについても楽しめる。

 

こうした理由から、薬屋のひとりごとの漫画が2種類あるのではないか?と思います。

それではビッグガンガンとサンデーGXでは、漫画にどのような違いがあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

薬屋のひとりごとの漫画の2種類の違いを比較!

さてそれでは、「薬屋のひとりごと」の2種類の漫画の違いについて見ていくことにしましょう。

ビッグガンガンとサンデーGXの漫画では、次のような違いがあります。

 

作画の違いを比較!

「ビックガンガン」

キャラがデフォルメされており、全体的にかわいい仕上がりになっています。

 

「サンデーGX」

原作により近いリアルなタッチになっている。

また背景についてもよりリアルで、手書きの部分まで中華風になっています。

 

構成の違いを比較!

「ビックガンガン」

一人一人のキャラが深掘りされ、細かく書かれているため、進みは少し遅めになっています。

ちなみにビッグガンガンは単行本が8巻まで発行されていて、小説の3巻の序盤までが描かれています。

 

「サンデーGX」

原作の主要箇所をピックアップしてうまくつなげているため、進みは早めになっています。

ちなみにサンデーGXは単行本が10巻まで発行されていて、小説の3巻の中盤までが描かれています。

 

セリフの違いを比較!

どちらかと言うと、ビッグガンガンの方がより原作に忠実です。

 

小説忠実度の違いを比較!

両方とも原作準拠ですが、サンデーGXの方が原作の軸となる部分を忠実に演出していますね。

 

薬屋のひとりごと・ビッグガンガンの特徴は?

また『薬屋のひとりごと』のビッグガンガンについて、さらに細かな特徴は次の通りです。

  • マンガ大賞2019受賞作品。
  • かわいい。とにかく可愛く書かれている。
  • デフォルメされたキャラクター。
  • 一人一人の表情が豊かに書かれている。
  • 少女漫画っぽい。
  • セリフが原作に忠実。

ビッグガンガンの漫画は、こんな特徴があるんですよね。

 

薬屋のひとりごと・サンデーGXの特徴は?

次に『薬屋のひとりごと』のサンデーGXについて、さらに細かい特徴は次の通りです。

  • 背景等原作に忠実。
  • 背景描写繊細に描かれている。(手書きの部分まで中華風で徹底されている)
  • 原作の空気感がよく出ている。
  • キャラは少しクールに書かれている。
  • リアル寄りの落ち着いた絵柄。
  • 原作の主要箇所をピックアップしてうまく繋げて描かれている。
  • 進みが早い。

サンデーGXでは、こんな特徴があります。

 

スポンサードリンク
>

薬屋のひとりごとの漫画はどっちがおススメ?

どっちかを選ばないといけないなら、私は「ガンガン」をオススメします。

絵が可愛くて読みやすい。

これぞ少女漫画!というような漫画に仕上がっているので、読みやすいです。

ただそれは、私自身が原作読者でもあるからかも・・・。

内容が概ね分かった上で読む漫画としては、ガンガンは最適です。

しかし原作を読んだ事ない読者の場合なら「サンデーGX」の方がいいかもしれません。

前述にも書きましたが、サンデーGXは原作の主要箇所をうまく繋げてあり、サクサクと話が進んでいきます。

そしてサンデーGXは原作の空気感がよく出ており、背景描写も「中華風」にリアルに描かれているため、理解しやすいと思います。

 

スポンサードリンク

「薬屋のひとりごと」の漫画が2種類あるのはなぜ? まとめ

以上、「薬屋のひとりごと」という小説の漫画がなぜ2種類発売されているかをご紹介いたしました。

結論としては、2つとも読むのがオススメです(笑)

キャラが魅力な「ガンガン」、背景・ストーリーが忠実な「サンデーGX」。

両方読むと、より「薬屋のひとりごと」が理解できると思います。

ぜひ両方をご一読を。

それではここで「薬屋のひとりごと」という小説の漫画がなぜ2種類発売されているかのご紹介を終わります。

スポンサードリンク