キングダムの作者は死亡した?死亡したら連載は終了して打ち切りになる?

キングダム 作者 死亡 連載 終了 打ち切り
   
スポンサードリンク
 

漫画キングダムは古代中華を舞台にした大人気マンガです。

このキングダムは2006年1月から連載が始められていますが、Googleで検索すると「キングダム 作者 死亡」と出てきます。

では漫画キングダムの作者は死亡しているのでしょうか?

また死亡していないとすれば、なぜ漫画キングダムの作者の死亡説が出ているのでしょうか?

こちらでは漫画キングダムの作者の死亡と死亡説について検証していきます。

 

   
スポンサードリンク
 

キングダムの作者・原泰久さんは死亡?

さてキングダムの作者・原泰久先生は死亡しているのでしょうか?

結論としては作者の原泰久先生は死亡していません。

現在もキングダムを精力的に執筆中です。

2022年4月28日発売の週刊ヤングジャンプでは、最新話718話が公開されています。

またキングダムの作者の原泰久先生に、病気の話も出ていません。

それでは、なぜキングダムの作者・原泰久さんの死亡が検索されているのでしょうか?

 

キングダムの原作の読者ではない人が検索?

まず考えられるのは、漫画キングダムの最新話を継続して読んでいない人が、「キングダム 作者 死亡」と検索している可能性が考えられます。

もしもキングダムの最新話を継続して読んでいる人なら、原泰久先生が死亡していないことは分かっているはずです。

中にはキングダムのアニメだけを見る方もいるでしょう。

または以前は最新話まで読んでいた方でも、最近は最新話まで読まなくなった人など、様々な方がいると思われます。

このようにキングダム最新話を継続して読んでいない方が、キングダムの作者の原泰久先生が死亡してない?と気になって検索しているのかもしれませんね。

 

キングダムが長編漫画だから?

またはキングダムが長編漫画のため、作者の死亡説が流れてしまうのかもしれません。

キングダムは2006年1月から連載開始となりましたので、2022年5月時点ではすでに16年の歳月が流れています。

ちなみに2022年5月時点では、まだどの国も滅亡していません。

そうなるとキングダムの最終回はかなり遅くなると思われますし、キングダムの最終回が見れるのか?という点は多くの人が気になるかもしれません。

このような理由で、「キングダム 作者 死亡」と検索する人がいるのかもしれませんね。

>>キングダム最終回はいつ?<<
 

若くして死亡した漫画家の先生がいたから?

またこれまでにも、漫画家の先生が連載中に死亡したケースがありました。

そして若くして死亡した漫画家の先生もいます。(この点はのちほどご紹介します。)

そのためキングダムの作者の原泰久先生が死亡したかも?と心配する人がいるのかもしれません。

ちなみに原泰久先生は、2022年5月時点では46歳です。

まだまだ若いですが、健康には気を付けて過ごしてもらいたいですね。

 

作者死亡後の漫画の打ち切りが気になっている?

またキングダムは、2022年5月現在で64巻までが発売されている長編マンガです。

「キングダム 作者 死亡」と検索しているのは、作者が死亡した後で漫画が打ち切りになるのか?という点が気になっているのかもしれませんね。

その他にも「キングダム 作者 死亡」と検索されている理由があるのかもしれません。

ちなみにキングダムの作者が死亡した場合、漫画キングダムは連載が終了してしまうのでしょうか?

 

 
スポンサードリンク
 

キングダムの作者が死亡したら連載は終わるの?

ではキングダムの作者・原泰久さんが死亡したら、キングダムの連載は終了してしまうのでしょうか?

これまでも、漫画の連載中に作者が死亡してしまったケースがあります。

これまでは漫画作者が死亡した後で、当時の連載漫画はどうなったのでしょうか?

まずこの点を振り返っていきます。

 

作者死亡後に連載が終了した漫画は?

まず作者が死亡した後で、連載が終了した漫画は以下になります。

作品名 作者名 死亡時の年齢
ドラえもん 藤子・F・不二雄 62歳
サイボーグ009 石ノ森章太郎 60歳
いたずらなKiss 多田かおる 38歳
チャンプ ちばあきお 41歳
鮫島、最後の十五日 佐藤タカヒロ 41歳
かつて魔法少女と悪は敵対していた。 藤原ここあ 31歳
あまねあたためる 佐渡川準 34歳
ベルセルク 三浦健太郎 54歳

※この他にも作者が死亡して連載が終了した漫画はありますが、ここでは一部を挙げています。

ちなみに上記のうち「チャンプ」は作者・ちばあきおさんが死亡した後も、チーフアシスタントの手で最終話となった8話が完成させられたと言われています。

ただその後の連載が継続しなかったという意味で、連載終了としています。

 

作者死亡後も連載が継続した漫画は?

では次に、作者が死亡した後も連載が継続した漫画をご紹介していきます。

作品名 作者名 死亡時の年齢
ゴルゴ13 さいとう・たかを 84歳
クレヨンしんちゃん 臼井儀人 51歳

ちなみに「ゴルゴ13」では、さいとう・たかを先生が立ち上げた『さいとう・プロダクション』で分業体制を取り入れられていたと言われています。

そしてさいとう・たかを先生が死亡した後は、さいとう・プロダクションと脚本スタッフ、そしてビッグコミック編集部が協力して連載が継続することになりました。

また「クレヨンしんちゃん」については、2010年からは新たなスタッフの手によって『新クレヨンしんちゃん』が連載再開となっています。

 

キングダムは作者死亡後に連載が終了する?

では漫画キングダムは作者・原泰久先生が死亡した後に、連載が継続するのでしょうか?

これまでの漫画を振り返ると作者が死亡しても連載が継続された漫画は、ゴルゴ13とクレヨンしんちゃんなど国民的な人気マンガでした。

ただドラえもんは連載が継続していません。

またキングダムは非常に面白い漫画ですし、高い人気を誇ります。

ただキングダムがゴルゴ13やクレヨンしんちゃんに匹敵する国民的な人気マンガなのか?と言われると、そこまでの人気ではないと思われます。

そうなるとキングダムは、作者が死亡した場合には連載が終了して打ち切りになってしまう可能性が高いのではないでしょうか?

 

キングダムが連載が継続する可能性はある?

ただ今後のことはまだ分かりませんし、以下の点で変化が見られれば、作者・原泰久先生の死亡後にも連載が継続される可能性はあるのかもしれません。

  • キングダムの人気の高まり具合
  • 周囲のスタッフとの分業体制の確立

個人的にはキングダムを完結まで読みたいと思いますので、作者の原泰久先生には健康に気を付けて過ごしていただきたいですね。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダムの作者は死亡した?死亡したら打ち切り?まとめ

ここまでキングダムの作者が死亡したのか?

またキングダムの作者が死亡したら、漫画キングダムの連載は終了して打ち切りになるのか?について予想してきました。

現時点では、キングダムの作者の原泰久先生は死亡してはいません。

ただアニメだけを見ている人や、今後の連載が終了することを心配する人などが「キングダム 作者 死亡」と検索するのかもしれません。

また若くして死亡した漫画家の先生もいますが、他の人に任せられる作業は他の人に任せて、分業することで漫画家の先生の負担も減ると思います。

特に人気漫画になればストーリーは他の人を雇うなどしてでも、分業して漫画家の先生の負担を減らしても良いのでは?と個人的には思います。

そうして連載が途中で終了しないことは、ファンにとっても良いことだな~とも思いますね。

それでは以上で、キングダムの作者・原泰久先生が死亡したのか?という点や、死亡した場合には連載が終了するのか?という点の予想を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 
スポンサードリンク