鬼滅の刃・伊之助の日輪刀が刃こぼれしている理由は?二刀流なのはなぜ?

鬼滅の刃 伊之助 日輪刀 刀 刃こぼれ ギザギザ ツバ 鍔 二刀流 二本
スポンサードリンク
 

日本中で社会現象化している大ヒット作・鬼滅の刃は、2016年連載以降もアニメ化・映画化とヒットを続けています。

今回はそんな鬼滅の刃から、かまぼこ隊の一員である嘴平伊之助(はしびらいのすけ)の日輪刀に関してご紹介していきます。

なぜ伊之助の刀は刃こぼれしているのでしょうか?

また伊之助が二刀流の理由は何かあるのでしょうか?

今回は伊之助の日輪刀の刃こぼれや二刀流の理由を考察していきます。

それでは最後までお楽しみください。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・伊之助が刀を刃こぼれさせている理由は?

さて主人公の炭治郎と同期入隊の鬼殺隊士、それが嘴平伊之助です。

普段はイノシシのかぶり物をしていて、戦闘時は「獣の呼吸」という独自の呼吸法を使用します。

そんな野性味あぶれる伊之助ですが、彼の持つ日輪刀は刃の部分がギザギザで刃こぼれをおこしています。

なぜ伊之助の刀は刃こぼれをしているのでしょうか?

公式ガイドブックには「刃こぼれさせた状態がイカしている、とてもかっこいいと思っているから」と記載されています。

そう、いわゆるファッションとして、刀をあえて刃こぼれさせているのです。

また刃こぼれすることによって刀がのこぎりのようになる事で、伊之助の使用する獣の呼吸の予測不能な動きに対して、効果を発揮させる狙いもあるのではないでしょうか?

その他にも通常の刀ですと「斬る」事に重きを置きますが、のこぎり上になることで斬る以外にも「引き裂く」ことや「削る」ような用途にも使えるのかもしれませんね。

実際に伊之助は初登場の時に、次のように発言していました。

「俺の刀は痛いぜ!!坊ちゃんが使うような刀じゃねぇからよォ。千切り裂くような切れ味が自慢なのさ」

(単行本3巻 第22話「突然の猪」)

刃こぼれしている方が相手が痛いと思っている。

それが伊之助が刀を、わざと刃こぼれさせている理由でもあると思われます。

 

伊之助が刀を刃こぼれさせる場面は何巻何話?

なお原作にて、伊之助が自分の日輪刀を石でたたいて刃こぼれをさせている場面があります。

それが原作6巻51話「日輪刀還る」の回でしたが、ここでそのシーンが描写されています。

貰った刀をその場で石で叩く暴挙。

厄介なのは本人に悪気は無いという点ですね♪

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃・伊之助はなぜ2本の刀を使う二刀流なのか?

そんな野生児・嘴平伊之助ですが、作中では刀を2本振りかざす、いわゆる「二刀流」で敵と対峙しています。

幼い頃に獣に育てられた伊之助は剣術という技術を学んでいなかったはずなのですが、なぜ二刀流スタイルとなったのでしょうか。

原作5巻36話「これはやべぇ」にて、その理由が描写されています。

那田蜘蛛山(なたぐもやま)編にて父親の蜘蛛鬼と対峙する伊之助。

太刀が通らないほど硬い皮膚の相手に伊之助が取った行動が、「2本目の刀で1本目の刀を叩き敵を斬る」ということ。

伊之助に二刀流の心得や技術があったわけでは無く、「刀は1本よりも2本の方が強い」という直感的思考が、伊之助の二刀流スタイルを生み出したのです。

 

伊之助の刀は鬼殺隊員から奪ったもの?

また日輪刀は鬼殺隊士それぞれが自分の特性に合ったものを、刀鍛冶に作製してもらって使用します。

ですが実は伊之助、登場当初は自分専用の日輪刀を使っていなかったのです。

では伊之助が初めに持っていた刀は、どのように手に入れたのでしょうか。

原作4巻27話「嘴平伊之助」にて、「伊之助は鬼殺隊の隊員と力比べをして刀を奪い、最終選別のことや鬼の存在についてを聞き出した」とあります。

そう、伊之助の最初の刀は強奪品だったのです。

しかも2本あるので被害者は2名でしょう。

獣に育てられて世間を知らないはずの伊之助が、鬼殺隊の最終選別に参加できた理由も明白になりましたね。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃・伊之助の刀を作っている刀鍛冶は誰?

ちなみに伊之助の刀鍛冶は鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)です。

他の刀鍛冶同様、ひょっとこのお面を着用しています。

炭治郎の刀鍛冶である鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)とは違い、落ち着きのある穏やかな人物。

ちなみに年齢は26歳で、既婚です。

 

伊之助が刀を刃こぼれさせた時の刀鍛冶の反応は?

そんな穏やかな鉄穴森ですが、原作6巻51話「日輪刀還る」で行われた伊之助の暴挙を目の当たりにし、感情を爆発させていました。

「ぶっ殺してやる!このくそガキ!!」

と息荒く伊之助を追いかけ回しています。

伊之助自身はなぜ鉄穴森が怒っているのかは自覚していないでしょう。

特に鉄穴森は刀への愛着心が強く、刀をずさんに扱われることを嫌うようです。

 

伊之助の日輪刀の色は?

また伊之助の日輪刀の色は「藍鼠色(あいねずいろ)」です。

公式ファンブックによると、藍鼠色は「風の呼吸」の派生とのことですが、色合いが灰色を帯びた青色ということもあり、「岩の呼吸」や「水の呼吸」の系統も含まれていそうです。

伊之助の使用する獣の呼吸は、自然界に通ずる流派となりますので、様々な色が混ざった色になった可能性は高いと考えられます。

 

伊之助の刀は鍔(つば)がない?

ちなみに伊之助の持つ日輪刀には、鍔(つば)も鞘(さや)もありません。

抜き身の状態で、腰に布を巻いて帯刀しています。

前述記載の通り、登場当初に伊之助が持っていた刀は鬼殺隊士から奪ったものです。

ではその隊士の刀が既にツバ・サヤ共に無かったのかというと、その可能性は低いと考えられます。

なぜなら、「二本・2名分強奪されているから」です。

本来の日輪刀にはツバとサヤがあるのが一般的のため、たまたま2名の鬼殺隊士のツバ・サヤが無かったとは考えづらいです。

つまり、結論としては「伊之助が捨てた」のでしょう。

野生育ちの彼には、ツバもサヤも邪魔だったのでしょう。

ちなみに、鉄穴森が作った伊之助の日輪刀には鳥の翼をモチーフにしたようなツバが付いていました。

が、その後の無限列車編では既に伊之助の刀にはツバはついていませんでした。

つまり、そういうことです。

 

伊之助の刀の鍔の形は?

鬼滅の刃 伊之助 刀 日輪刀 刃こぼれ ギザギザ 二刀流 ツバ 鍔

(引用:鬼滅の刃)

ちなみに伊之助の日輪等のツバは、この上の画像のような形をしていました。

これは伊之助にとっては必要ないものなんですね。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃・伊之助の刀はなぜ刃こぼれしている? まとめ

ここまで、鬼滅の刃・嘴平伊之助の日輪刀に関して考察してきました。

以下がまとめとなります。

  • 日輪刀の刃こぼれの理由は「カッコいいから」
  • 二刀流の理由は「二本の方が強いから」
  • 刀を持っている理由は「力比べで勝ったから」
  • ツバが無い理由は「捨てたから」

 

獣に育てられただけあって野性味溢れる伊之助ですが、作中では徐々に「人間として成長していく様子」が描かれています。

炭次郎たちかまぼこ隊の面々として活躍する伊之助に、今後も目が離せないですね。

それでは以上で、鬼滅の刃・伊之助の日輪刀の刃こぼれの理由や二刀流がなぜなのかに関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク