キングダム凱孟(ガイモウ)の声優は誰?その他の代表キャラは何?

キングダム 凱孟 声優
   
スポンサードリンク
 

今年でテレビアニメも第4シリーズに突入した『キングダム』は、原泰久先生原作の長編歴史漫画です。

原作漫画も64巻まで発売されていて、まだまだ盛り上がりを期待させる人気作品です。

今回は、そんな人気漫画『キングダム』の登場人物、凱孟(がいもう)の声優さんを紹介したいと思います。

凱孟は魏国の将軍で、圧倒的な武力で魏火龍七師の一人にまでなった剛将です。

夢や想いを背負って戦場に出るものをバカにするところがありますが、それも純粋な強さへのこだわりの表れと言えます。

そんな凱孟を演じている声優さんは誰で、他にはどんなキャラクターを演じてきたのでしょうか。

ここでは『キングダム』で凱孟を演じる声優さんのプロフィールやその他の担当キャラを紹介していきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>凱孟の最後は悲惨?<<
 

   
スポンサードリンク
 

キングダム凱孟の声優は大塚明夫さん!

数々の武将たちが中国大陸を舞台に戦を繰り広げる大人気漫画『キングダム』。

そんな壮大な世界観の作品に登場す凱孟(がいもう)担当声優さんは大塚明夫(おおつかあきお)さんです。

さっそく大塚明夫さんのプロフィールをみていきましょう。

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1959年11月24日(62歳)
  • 身長:182cm
  • 血液型:B型
  • 事務所:マウスプロモーション
  • 声優活動:1988〜

大塚明夫さんといえば、父親も有名声優の大塚周夫(ちかお)さんということでも有名なのではないでしょうか?

父が役者だからといって、大人になるまで役者という仕事に対する憧れはなかったと大塚明夫さんは言います。

しかし実際に声優になった今では、(仕事帰りに急逝された)周夫さんのように「現役のまま逝きたい」と思っているそうです。

そんな大塚明夫さんの声といえば渋くて落ち着いたトーンの声ですね。

低いというよりは深い声といった方がしっくりくる、独特の声をもった声優さんです。

 

大塚明夫さんはどんな人?

こんどは、声優界を代表する存在といっても過言ではない大塚明夫さんの人柄にも注目してみたいと思います。

大塚明夫さんが声優のトーク番組に出演された際のエピソードを紹介します。

司会で声優の関智一さんとの対談方式で番組が進む中、アシスタント役の声優・大河元気さんがテーブルにさりげなく飲み物を置きました。

すると、大塚明夫さんは話の途中にも関わらず大河元気さんの顔を見て「ありがとう」と伝えたのです。

ゲストで呼ばれたトーク番組ですから、「どうも」くらいでも十分良いマナーだと思います。

しかし、しっかり顔をあげて「ありがとう」と言える大塚明夫さんはとても紳士的で大人として素敵だと感じました。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム凱孟の声優・大塚明夫さんのその他の代表キャラは?

さて『キングダム』では凱孟役を演じている大塚明夫さんですが、当然このほかにも多くの人気キャラクターの声を担当しています。

アニメだけでなくゲームの「メタルギアソリッド」シリーズや、ハリウッド俳優スティーブン・セガールの吹き替えで知っているという人も多いと思います。

ですので、ここでは大塚明夫さんの代表キャラをアニメにしぼって紹介します。

  • ブラック・ジャック:ブラック・ジャック
  • 不思議の海のナディア:ネモ船長
  • 僕のヒーローアカデミア:オール・フォー・ワン
  • BLEACH:京楽春水
  • ルパン三世 PART6:次元大介(2代目)

大塚明夫さんは、渋い声をベースに優しさや怖さなどの要素を落とし込んでそれぞれのキャラクターに合った表現をしているという印象が強いです。

独特の空気感がある声なのにどれも同じに聞こえないのは、大塚明夫さんの声優としての高いスキルをがあってこそだと思います。

さて、ここからは大塚明夫さんの代表キャラの中でも特に注目したいキャラクターを3人紹介していきます。

>>河了貂の声優は変わった?<<
 

大塚明夫さんの代表キャラ①:SPY×FAMILYのWISE局長

ジャンプアプリでの連載から今年テレビアニメ化された『SPY FAMILY』

主人公アーニャがかわいい、正体を隠して家族として暮らすという設定がおもしろい、と今人気の作品です。

そこで大塚明夫さんが演じるWISEの局長は、アーニャの父親でありスパイであるロイド・フォージャーが所属する秘密組織のリーダーです。

顔は出さずいつも影や声のみの出演ですが、その声からあふれる風格はまさに秘密組織のボスにふさわしいといえます。

ただしそこはSPY×FAMILY、部下に翻弄されて戸惑うかわいいところもあり、大塚明夫さんの魅力が2倍堪能できるキャラクターだと思います。

 

大塚明夫さんの代表キャラ②:攻殻機動隊シリーズのバトー

『攻殻機動隊』は士郎政宗(しろうまさむね)原作のSF漫画で、1989年の初掲載以来アニメ、コミックス、ハリウッド実写映画などさまざまな形で展開してきた作品です。

おしゃれでかっこいいアクションとメッセージ性の高いストーリーで、長年に渡ってファンを魅了し続けています。

大塚明夫さん演じるバトーは、ほぼ全身を義体化しているサイボーグで、作品の舞台でもある政府組織「公安9課」に所属しています。

作品によって描写が多少異なりますが、基本的にはコワモテだけどユーモアセンスももっている仕事人という印象のキャラクターです。

大塚明夫さんの渋さと暖かさが同居する声質で、バトーの魅力がさらに引き立っていると思います。

 

大塚明夫さんの代表キャラ③:忍たま乱太郎の山田伝蔵先生

最後にご紹介するのはNHK・Eテレのテレビアニメ『忍たま乱太郎』で、この作品は今年放送30年を迎える長寿番組です。

『忍たま乱太郎』で大塚明夫さんが演じているのは実技教師の山田伝蔵先生で、担当しているのは2015年からです。

というのも、山田伝蔵先生の声優はもともとお父様の大塚周夫さんだったのです。

山田先生は厳しい中にも必ず優しさがある先生ですが、大塚明夫さんに声優が変わってもその印象はしっかり受け継がれていました。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム凱孟の声優・大塚明夫さんのギャラはいくら?

『キングダム』で凱孟を担当している声優の大塚明夫さんですが、気になるギャラはどのくらいなのでしょうか?

声優業界での出演料計算は、次のような方程式で算出されると言われています。

 

声優のギャラの計算方法

声優基本ランク×時間割増率×180%

まずはこの計算式が基本のようです。

ちなみに声優基本ランクは15~45のランクがあって、それぞれのランクの数字に1,000円をかけた金額です。

ランク15・・・15,000円
ランク16・・・16,000円
ランク17・・・17,000円



ランク45・・・45,000円

 

また時間割増率は以下の通りです。

30分=1.0
60分=1.5
90分=1.9
120分=2.3

ちなみに最後にかけている180%は、劇場版の映画の場合には250%になるそうです。

 

大塚明夫さんのギャラはいくら?

上記で紹介した声優基本ランクですが、大塚明夫さんのランクがいくつなのか公式には発表されていません。

大塚明夫さんが30年以上声優として活躍されていることをふまえて、ここでは基本ランクを30と仮定して計算をしてみます。

30,000(ランク15) × 1.0(30分枠)× 180% = 54,000円(1話当たり)

こちらが大塚明夫さんのアニメ1話当たりのギャラの推定金額です。

アニメ以外で、例えば外画吹き替えやイベント登壇をされた際には、こちらとはまた違う方法で出演料が計算、支払いされるそうです。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム凱孟の声優は誰?まとめ

現在テレビアニメ第4シリーズが放送中で、夏には実写映画の第二弾も公開される『キングダム』。

今回はその中で凱孟(がいもう)を演じている声優さんのプロフィールやその他の代表キャラをご紹介をしてきました。

  • 『キングダム』で凱孟を演じている声優は大塚明夫さん
  • 大塚明夫さんは深みのある暖かい渋い声が特徴
  • お父様であり声優の大塚周夫さんとは親子で引き継いだ役もある
  • イベントやインタビューからは、謙虚で紳士的な人柄がみえる

クールで怖い役ダンディで優しい役も、大塚明夫さんの声がのると一気に魅力的になるから不思議です。

今回紹介した凱孟も、大塚明夫さんの声のおかげでパワー一点張りではない信念も伝わってくるのだと思います。

以上で『キングダム』で凱孟を演じる声優さんのプロフィールやエピソード、そしてその他の代表キャラの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 
スポンサードリンク