キングダム・信の声優は変わった?幼少期の声優と代表作やギャラ・結婚は?

キングダム 信 しん 声優 CV 変わった 幼少期 森田成一 代表作 ギャラ 結婚
   
スポンサードリンク
 

週刊ヤングジャンプにて大好評連載中、原泰久(はらやすひさ)先生原作の中国伝奇作「キングダム」。

2022年2月現在で既刊64巻という大作となっており、2022年4月からは第4シリーズのアニメ放送も決定しています。

このキングダムの主人公は信という青年ですが、この信の声優は変わったという声がありますが、それは本当でしょうか?

また幼少期の頃の信の声優は、別の声優さんが担当しているのでしょうか?

そして信の声優さんの代表作やギャラ、結婚事情なども気になります。

そこでこちらではキングダム信の声優が変わったのか?という点や、信の幼少期の声優さんをご紹介しつつ、信の声優さんの代表作やギャラ、結婚事情などを詳しくご紹介していきます。

それでは最後までお楽しみ下さい。

>>キングダム信の結婚相手は?<<
 

   
スポンサードリンク
 

キングダム・信の声優は森田成一さん

ヤングジャンプの長編大作「キングダム」。

本作の主人公である信をアニメで演じた声優さんは「森田成一(もりたまさかず)」さんです。

では森田成一さんのプロフィールを簡単にご紹介していきましょう。

  • 出身地:東京都墨田区
  • 生年月日:1972年10月21日(49歳)
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:所属無し(フリーで活動)

声優活動は2001年から開始されているので、2022年で21年目となる中堅声優さんである森田成一さん。

元々はNHKプロモーションにて俳優としてご活躍されていたとのこと。

あとでご紹介しますが、プレイステーション2の名作「ファイナルファンタジーX」にて声優として参加したことをきっかけに、以降は声優活動を主に行っているそうです。

 

キングダム信の声優は変わった?

ちなみにキングダムの信の声優が変わった?と言われていたそうですが、アニメ1期から3期まで信の声優は森田成一さんで変わってはいません。

ただ幼い頃の信がアニメ1期1話では登場していますが、この幼い信の声優は森田成一さんではありませんでした。

ではアニメ1期1話で登場した「幼い信」の声優は誰だったのでしょうか?

 

キングダム信の幼少期の声優は誰?

さてアニメ1期1話で幼少期の頃の信が登場しましたが、この時の「幼い信」の声優を担当していたのは福井美樹さんでした。

福井美樹さんの演じる幼い信は、声にどこかヤンチャさを感じさせるものがあって、非常に信らしい印象を持ちました。

ちなみに福井美樹さんのプロフィールは、以下の通りです

  • 出身地:岐阜県
  • 生年月日:12月14日
  • 身長:160cm
  • 血液型:O型
  • 事務所:ケンユウオフィス

ペンギンハイウェイなどでも男の子の役を演じていた福井美樹さんでしたが、2018年に声優業を引退しています。

いつか復帰してくれるとイイですね♪

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・信の声優/森田成一さんの代表作は?

ではそんな森田成一さんの出演された作品には、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは森田成一さんの代表作を、抜粋してご紹介していきましょう。

  • MAJOR:佐藤寿也役
  • 金色のコルダ:火原和樹役
  • 戦国BASARA:前田慶次役
  • バクマン。:平丸一也役
  • ドラゴンボール超:ウイス役
  • 他、多数出演

森田成一さんは元々俳優として活動されていたという事もあって、声の演技においても非常に幅の広い声優さんです。

エンドテロップを見るまでは、森田成一さんだと分からなかったキャラクターもいるので、それだけ演技力の高さとキャラクター毎の使い分けをされている証拠だと思います。

ではその中でも特に森田成一さんの代表作と言うべき作品を、筆者の独断と偏見でいくつかお届けしていきましょう。

 

森田成一さんの代表作①:BLEACHの黒崎一護役

まずは全国区で森田成一さんが有名となったであろう作品、少年ジャンプの名作「BLEACH」より、主人公の黒崎一護(くろさきいちご)役をご紹介します。

霊感の強い主人公・黒崎一護が死神の力を得て様々な強敵に立ち向かう本作です。

またこの主人公の強さや弱さも含め、森田成一さんが非常に力強い演技をされていたのが印象的な作品です。

2022年10月には実に10年ぶりとなる続編シリーズ「千年血戦篇」も放送が予定されており、ますます活躍が期待される作品となっています。

 

森田成一さんの代表作②:TIGER & BUNNYのバーナビー・ブルックスJr.役

続いて2作目は、大手制作会社サンライズ原作のヒーローアニメ「TIGER & BUNNY」の主人公の1人、バーナビー・ブルックスJrを森田成一さんが演じています。

先ほどご紹介のBLEACH・黒崎一護とは異なり、常に冷静で現実主義、言葉遣いも丁寧でビジネスライクな人物となっています。

森田成一さんが演じるキャラクターの使い分けは素晴らしく、本作も森田成一さんの演技によって非常に没入感の強い作品となっています。

 

森田成一さんの代表作③:ファイナルファンタジーXのティーダ役

最後にご紹介するのは、冒頭でもご紹介しましたPS2の名作中の名作「ファイナルファンタジーX」に登場する、主人公・ティーダ役です。

元々は俳優業の一環として、モーションアクター(作中のキャラクターの動作担当)として作品に携わる予定でしたが、同キャラクターの声優が一向に決まらず森田成一さんに白羽の矢が立ったそうです。

全世界累計850万本出荷したモンスターコンテンツが、声優業としての森田成一さんのデビュー作であることをご存じで無い方も多いとのことなので、森田成一さんの代表作として加えさせていただきました。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・信の声優/森田成一さんのギャラはいくら?

では信の声優・森田成一さんですが、気になるギャラはどのくらいなのでしょうか?

声優業界での出演料計算は、次のような方程式で算出されると言われています。

 

声優のギャラの計算方法

声優基本ランク×時間割増率×180%

まずはこの計算式が基本のようです。

ちなみに声優基本ランクは15~45のランクがあって、それぞれのランクの数字に1,000円をかけた金額です。

ランク15・・・15,000円
ランク16・・・16,000円
ランク17・・・17,000円



ランク45・・・45,000円

 

また時間割増率は以下の通りです。

30分=1.0
60分=1.5
90分=1.9
120分=2.3

ちなみに最後にかけている180%は、劇場版の映画の場合には250%になるそうです。

 

森田成一さんのギャラはいくら?

ではキングダム・信としての森田成一さんのギャラはどの位なのでしょうか?

残念ながら森田成一さんの声優基本ランクは公開されていません。

現在フリーで活動されているため、森田成一さんはご自身で自分のランクを設定していると思われますが、今回は声優歴22年=声優ランクとして計算していきたいと思います。

  • 22,000円(ランク22)×1.0(30分枠)×180%=39,600円(1話辺り)

上記が、キングダム1話辺りの森田成一さんのギャラ(推定)となります。

その他、ゲーム化やアプリ化もされている作品となりますので、その分はまた別計算での計上となるようです。

 

 
スポンサードリンク
 

キングダム・信の声優/森田成一さんは結婚している?

ではそんな人気声優である森田成一さんのプライベートは、どのようなものなのでしょうか?

ご本人は公表されていませんが、森田成一さんは左手の薬指にシルバーリングを身につけているという画像もあるため、結婚されている可能性は高いと思われます。

しかしながら、公式発表のものでは無いため、憶測の域は出ません。

人気声優さんということも有り、私生活に危険を及ぼしたくないという考えで公表していない可能性もありますので、正式な発表があるまでは見守っていた方が良さそうですね。

 

森田成一さんに子どもはいるの?

上記でも触れていますが、既婚である事も推測の状況となりますので、お子様がいるのかは定かではありません。

森田成一さんのご年齢的にも、実際ご結婚されているのであれば、子供はいるのではないかと推察されます。

 
スポンサードリンク
 

 

キングダム・信の声優さんは?まとめ

ここまでキングダム信の声優が変わったのか?幼少期の信の声優は?という点などをご紹介してきました。

以下がまとめとなります。

  • 森田成一さんは元々は俳優業出身
  • アニメ1期から信の声優は森田成一で変わっていない
  • ただ幼少期の信の声優は福井美樹さんだった
  • ファイナルファンタジーXの出演をきっかけに声優業へ
  • 現在はフリーで活動
  • 結婚している可能性はあるが公表はされていない

2022年はキングダム第4シーズン、BLEACH千年血戦篇など人気シリーズの続編が放送予定となっていますので、ますます森田成一さんのご活躍を見ることが出来そうです。

今からそれぞれ放送が楽しみですね。

それでは以上でキングダム信の声優が変わったのか?という点や、幼少期の信の声優は誰だったのか?などに関するご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク