鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『炭治郎は人間に戻るのか?!』

kimetsu-203-spoiler
スポンサードリンク
 

さて、今回は2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話203話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介していきます!

202話では鬼になった炭治郎が伊之助に襲い掛かるのを、禰豆子(ねずこ)が止める場面から始まりました!

「負けないで」と伝える禰豆子に対して、爪を立てて抵抗を見せる炭治郎。

そこに善逸(ぜんいつ)も近づいてきて炭治郎が禰豆子を傷つけるのを止めようとしていきます。

伊之助も炭治郎をボカボカとなぐり、「あんなに優しかったのに・・・」と元の炭治郎に戻れよと叫びます。

それでも炭治郎は攻撃を続けてきます。

しかし冨岡義勇は考えます。

日光も赫(あか)い日輪刀も炭治郎には効かない。

つまり炭治郎を殺す方法がないのです。

鬼の王になったのか?

しかし炭治郎はなぜか禰豆子を殺して食べるわけではなく、自分を取り戻すべく抗(あらが)っているように思われます。

そして炭治郎に近づいてきたのは、栗花落(つゆり)カナヲ。

カナヲは胡蝶しのぶから譲(ゆず)り受けていた鬼を人間に戻す薬を持っていました。

これを炭治郎に打ち込むことに成功したカナヲ。

ここから炭治郎はどうなっていくのでしょうか?

炭治郎が鬼から人間に戻るのかもしれませんが、それではここから2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話203話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください。

Contents