鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『炭治郎は人間に戻るのか?!』

kimetsu-203-spoiler
スポンサードリンク
 

さて、今回は2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話203話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介していきます!

202話では鬼になった炭治郎が伊之助に襲い掛かるのを、禰豆子(ねずこ)が止める場面から始まりました!

「負けないで」と伝える禰豆子に対して、爪を立てて抵抗を見せる炭治郎。

そこに善逸(ぜんいつ)も近づいてきて炭治郎が禰豆子を傷つけるのを止めようとしていきます。

伊之助も炭治郎をボカボカとなぐり、「あんなに優しかったのに・・・」と元の炭治郎に戻れよと叫びます。

それでも炭治郎は攻撃を続けてきます。

しかし冨岡義勇は考えます。

日光も赫(あか)い日輪刀も炭治郎には効かない。

つまり炭治郎を殺す方法がないのです。

鬼の王になったのか?

しかし炭治郎はなぜか禰豆子を殺して食べるわけではなく、自分を取り戻すべく抗(あらが)っているように思われます。

そして炭治郎に近づいてきたのは、栗花落(つゆり)カナヲ。

カナヲは胡蝶しのぶから譲(ゆず)り受けていた鬼を人間に戻す薬を持っていました。

これを炭治郎に打ち込むことに成功したカナヲ。

ここから炭治郎はどうなっていくのでしょうか?

炭治郎が鬼から人間に戻るのかもしれませんが、それではここから2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話203話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください。

>>鬼滅の刃単行本を無料で読む!<<
 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『炭治郎は人間に戻る?!』

薬が効いて炭治郎は人間に戻る?!

さて202話では、カナヲが炭治郎に対して人間に戻る薬を打ち込むことに成功しました!

ここから炭治郎がどうなるか?ですが、まず考えられるのが薬が効いて人間に戻るパターンですね。

人間に戻った炭治郎が禰豆子(ねずこ)のことを思い出していく。

そして炭治郎は鬼になっていたころの記憶を失っていて、人間に戻った炭治郎は伊之助や善逸(ぜんいつ)に対して「何をしているんだ?」と声を掛けるのかもしれません。

優しい炭治郎に戻ったことに伊之助も善逸も安心。

冨岡義勇も奇跡が起こったことに、この兄弟はやっぱり違ったと感動する場面があるのかもしれません。

 

炭治郎が人間に戻って鬼滅の刃も終わる?!

またカナヲの打ちこんが薬が効いて、炭治郎が人間に戻ってしまうと、鬼滅の刃はその物語が終了することになっていくでしょうね。

無惨(むざん)を倒して、無惨の血と力を受け継いだ炭治郎が鬼にならずに人間に戻れば、鬼殺隊はその役割を完全に終えることになります。

また産屋敷(うぶやしき)家も一族から鬼を出した呪(のろ)いから解放されるのかもしれませんし、このあたりの展開が鬼滅の刃が終わるまでに描かれることも考えられます。

炭治郎と禰豆子、また他の鬼殺隊の面々が故郷に戻っていき、仲良く暮らしていくことになった―――

そんなエンディングが待っているのかもしれません。

 

愈史郎が消滅する?!

また炭治郎が人間に戻れば、愈史郎(ゆしろう)も消滅してしまうことでしょうね。

珠代の力で鬼になっていた愈史郎。

しかし鬼は無惨が倒れると同時に消滅することになっていました。

ですので無惨の血と力を受け継いだ炭治郎が人間に戻ってしまうと、まだ消滅していない愈史郎もこのタイミングで消滅してしまうと考えられます。

愈史郎は他の人たちに知られないまま、ひっそりと消滅しながらこう思うかもしれません。

「これで良かったんだ」

そんな切ない場面が描かれるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『炭治郎は人間には戻らない?!』

人間に戻る薬は量が足りない?!

または考えられるパターンとしては、カナヲが人間に戻る薬を炭治郎に打ち込んだものの、その薬が効かずに炭治郎が人間に戻らないことも考えられます!

考えられる要因としては、薬の量が足りないこと。

またはカナヲが打ち込んだのは珠代が作った薬ではなく、胡蝶しのぶが藤の花から作った薬でしたので、効き目が少し弱いことも考えられるのかもしれません。

そして炭治郎が再び鬼の形相(ぎょうそう)で攻撃を仕掛け始める。

そこに禰豆子や伊之助たちの絶望感が広がるのかもしれません。

 

炭治郎を倒す方法はあるのか?!

しかし鬼となった炭治郎には、日の光も効かず赫(あか)い日輪刀も効かないと冨岡義勇が言っていました。

それではどのようにすれば、鬼となった炭治郎を倒せるのでしょうか?

藤の花から炭治郎に効く強力な毒薬を作ることができるのかもしれませんし、珠代が作ったような老化の薬や細胞破壊の薬を将来誰かが作るのかもしれません。

ただそうした薬も分解する能力を炭治郎が引き継いでいたら、炭治郎を倒す手段は見つかりにくいと考えられます。

 

鬼狩りを倒せば目的終了?!

とはいえ炭治郎が無惨から受け継いだ想い。

それは鬼狩りを滅ぼすことでした。

現時点で鬼殺隊の面々はまだダメージを抱えていて、炭治郎にとっては倒すなら今!というタイミングなのは間違いないところ。

ここで鬼殺隊全員を倒すことがまず炭治郎の目指すべきところですが、あとはまだ見つかっていないのは産屋敷(うぶやしき)家。

この産屋敷家を探し当てるまで、炭治郎は人に危害を加えていく可能性があるのかもしれません。

そして産屋敷家まで倒すことができれば、そこから先は目的を見失った炭治郎は人を襲うことをやめて、静かに余生を暮らしていくのかもしれません。

スポンサードリンク






 

鬼殺隊が生き延びれば物語も長引く。

または鬼となってすぐの炭治郎は、まだしっかりと頭で考えられる状態ではなさそうです。

炭治郎は本能的、直感的に行動している中で、鬼殺隊の面々を取り逃がしてしまうかもしれませんし、倒す方法が無いと分かった鬼殺隊は体制を立て直すために一旦引くことも考えられます。

そこから鬼の王となった炭治郎と鬼殺隊の戦いが始まっていくのかもしれませんね。

 

禰豆子が鬼殺隊の頂点に立つ?!

また現在の鬼殺隊は産屋敷(うぶやしき)家が頂点に立つ組織となっていますが、これは無惨という鬼を産屋敷一族から出していたことが要因でした。

炭治郎が鬼となった今、一族から鬼を出したという意味では禰豆子がその役割を担(にな)うべきなのかもしれません。

そうなれば産屋敷家から竈門(かまど)家に鬼殺隊結成のノウハウがゆずり渡される場面が描かれることも考えられます。

 

産屋敷家の呪いが解ける?!

また産屋敷家から鬼を出したことで、産屋敷家の人々は短命で終わることになっていましたね。

それは産屋敷家の呪いと言えますが、無惨が倒れた今、この呪いが解けると考えられます。

ここから先、どこかで産屋敷家の呪いが解ける場面が描かれるかもしれません。

 

スポンサードリンク
>

鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『倒れたカナヲの運命は?!』

カナヲはここで死亡?!


また炭治郎に人間に戻す薬を打ち込むことにカナヲは成功しますが、その代償は大きかったのかもしれません。

カナヲは炭治郎に薬を打ち込んだ瞬間、炭治郎の左腕の攻撃を受けてしまっています。

血しぶきを上げたカナヲ。

そしてドッと倒れこんだカナヲを心配する禰豆子。

この後もしもカナヲが死亡してしまって、炭治郎が人間に戻ったとしたら、倒れたカナヲを見て炭治郎は何を思うでしょうか?

そのカナヲを倒したのが自分であることに対して、優しい炭治郎は強い罪悪感を感じることでしょう。

鬼になってしまったとはいえ、炭治郎は自分自身を責めてしまい自分の命を縮める選択をしてしまうのかもしれません。

 

カナヲが死ねば炭治郎の鬼化は確定?!

またはここでカナヲが死亡してしまえば、炭治郎の鬼化が確定するかもしれませんね。

鬼を倒すために共に戦ったカナヲを殺してしまうことは、炭治郎にとって越えてはならない一線を越えることを意味すると思います。

その意味ではここでカナヲが死亡してしまえば、炭治郎の鬼化は確定と言えるのかもしれません。

 

カナヲは助かる?!

またはカナヲはここから助かるかもしれません。

もしも炭治郎がここで人間に戻ることができればですが、そうすると炭治郎との戦いはここで終了することになります。

そうなると隠(かくし)たちが治療を施(ほどこ)せるようになるはずで、ここからカナヲの命が助かる展開も考えられますね。

ただしこれはあくまで炭治郎が人間に戻れば、という前提であって、炭治郎が人間に戻らなければ戦いが続いて治療を施せないカナヲは出血多量になってしまうことが想定されます。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『伊黒と甘露寺はどうなる?!』

伊黒と甘露寺は死亡する?!

また伊黒と甘露寺はどうなるのでしょうか?

これまでも甘露寺に近づくなと甘露寺への恋心をあらわにしていた伊黒でしたが、底抜けに明るい甘露寺に救われたと言っていました。

一方の甘露寺も伊黒のすごく優しい目が好きなようで、伊黒と食べるご飯が一番美味しいと言っていました。

甘露寺は言います。

「人間に生まれ変われたら、私のことお嫁さんにしてくれる?」

そして伊黒は答えます。

「勿論(もちろん)だ」

「今度こそ死なせない 必ず守る…」

この2人の言葉からは、2人の命が長くないことを想像させます。

お互いの気持ちを伝えあった今、生き延びて恋を実らせて欲しいとも思いますが、そんな2人の想いも無惨に断ち切られてしまうのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃203話ネタバレ最新話『善逸や伊之助はどうなる?!』

炭治郎が鬼になった場合には

また生き残っている善逸や伊之助はどのようになっていくでしょうか?

まず炭治郎が鬼になってしまう場合には、この2人は鬼殺隊の柱になることが予想されます。

そして話が進むごとに2人は成長していくことでしょう。

善逸の女好きは変わらないとしても、雷の他の型も習得していくかもしれません。

また眠らずとも力を発揮できるようになるのかもしれません。

そして伊之助は猪突猛進タイプから、戦略を駆使して他の鬼殺隊員を華麗に操るタイプに変身する。

というのは少し変化が大きすぎるかもしれませんね。

 

炭治郎が鬼にならなければ

またもしも炭治郎が鬼にならなければ、善逸と伊之助の2人はどうなるでしょうか?

無惨を倒して炭治郎が人間に戻ってしまえば、鬼殺隊の役割は終了していきます。

生き残った2人は故郷に戻って暮らすのかもしれませんが、伊之助は鬼殺隊に入る前は山で暮らしていた青年で、善逸もおじいちゃんが亡くなっています。

もしかしたら炭治郎が人間に戻っても、炭治郎、禰豆子と一緒に善逸と伊之助が暮らしていくというストーリーもあるのかもしれませんね。

 

『鬼滅の刃203話ネタバレ最新話』まとめ

さて、2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新203話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきましたがいかがでしたか?

202話では禰豆子が暴走する炭治郎を止めていましたが、禰豆子のことを認識できていない炭治郎。

しかし禰豆子のことを殺すことはせず、人を攻撃する鬼になることを抗(あらが)っているように見える炭治郎。

そこにカナヲが近づいてきて、しのぶから預かっていた人間に戻す薬を炭治郎に打ち込むことに成功していきます。

さてこれで炭治郎は人間に戻るのかどうか?

これが203話以降での大きなポイントになりますが、もしも炭治郎が人間に戻るのであれば、鬼滅の刃という物語そのものの終了が見えてくると思いますし、ハッピーエンドも見えてくると思います。

ただ炭治郎が人間に戻らなければ鬼滅の刃という物語は続くものの、炭治郎を倒す方法が見つからない中で、その後の展開は重たいものになるかもしれません。

その後にどこかで希望の光が見えてくるのかもしれませんが、炭治郎はここからどうなっていくでしょうか?

それではここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新203話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク