ダイヤのA・御幸一也はプロ入りする?卒業引退後は大学進学はしない?

ダイヤのA 御幸一也 卒業 1
スポンサードリンク
 

ダイヤのAは、週刊少年マガジンで絶賛連載中の野球漫画です。

ダイヤのAでは、主人公の沢村栄純を初め、魅力的なキャラクターが存在しています。

その中で、現在キャプテンとしてチームをまとめているのは、1年生の時から正捕手として青道高校を牽引する御幸一也。

現在、ダイヤのA actⅡでは3年生となった御幸一也ですが、彼もまもなく青道高校を卒業します。

そんな青道高校の要である御幸一也は卒業した後でプロに進むのでしょうか?

それとも大学進学を選ぶのでしょうか?

こちらではダイヤのA・御幸一也の卒業後の進路がプロなのか?大学なのか?を考察していきます。

 

スポンサードリンク
 

ダイヤのA・御幸一也の卒業引退後の進路はプロ?

青道高校4番キャプテン 正捕手の御幸一也。

現在連載中のactⅡでは、3年生としてチームをまとめ上げる存在となっています。

そんな御幸一也も、この1年で卒業を迎えます。

作中ではプロ入り確実と言われるほどの実力の持ち主ですが、果たしてプロとして声は掛かるのでしょうか。

 

御幸一也をドラフトで指名する球団はどこ?

ダイヤのAでは、時々実在の選手の名前が出てきます。

例えば倉持が青道高校にスカウトされたときは「稼頭央に憧れて野球を始めた」と言っています。

なので、今回は実在の野球チームからドラフト指名をもらった場合を仮定して進めていきます。

御幸の持ち味は、投手の能力を最大発揮するリード力・盗塁阻止率8割を誇る強肩と、捕手としてのゲームメイク力(りょく)となります。

そんな御幸を欲しがる球団はズバリ「横浜DeNAベイスターズ」であると予想します。

投手陣が比較的若手の多いDeNAですが、捕手次第では投球内容がガラッと変わる可能性があると言われるほど、ゲームの要となる捕手を欲していると考えます。

稲実の成宮や、薬師の轟のように派手さは無いですが、堅実にゲームを作り上げる御幸の魅力を発揮できるチームではないでしょうか。

または広島カープも金銭的な面では厳しい球団で有力選手が別チームに移籍することの多いチームです。

逆に言えばそれゆえに、広島カープも即戦力となり得る御幸一也をドラフトで指名するかもしれません。

 

御幸一也はドラフトで何球団に指名される?

またキャッチャーの重要性は以前に比べるとはるかに高くなっていますし、御幸一也が入れば10年はキャッチャーは安泰となるかもしれません。

そうなると、その他の球団も御幸一也を欲しがることも考えられます。

では御幸一也がプロ入りをすると、何球団からドラフト指名を受けるでしょうか?

御幸一也世代には、成宮などの好投手もいます。

ですが御幸一也も、この世代のキャッチャーとしては屈指の存在感を誇るでしょう。

ですので御幸一也を指名する球団は、最低でも2球団は出てくるのではないでしょうか?

 

御幸一也が入団する球団はどこ?

では御幸自身は希望球団はあるのでしょうか。

作中では、プロとも進学とも明言していない御幸ですので推測にはなりますが、恐らく「より面白い方」に動くと予想されます。

では御幸一也が望む球団はどこになるのでしょうか?

 

DeNA

まずは前述で推察しました「DeNA」にスカウトされた場合、課題が明確になっている為喜んで受けるのでは無いかと思われます。

投手を輝かせるために何でもする御幸だからこそ、捕手として輝ける場面を求めて「DeNA」というチームでプロの世界に入るのではないでしょうか?

 

広島カープ

また広島カープは、金銭的な課題から有力選手が他のチームに移籍しやすい状況となっています。

こういうチームで強いチームを相手に戦うことを、御幸一也は楽しみにするのかもしれません。

そういえば御幸一也は成宮たちから稲実に行くように誘われた時にも、スゲェメンツが集まるチームだったら余計に戦ってみたくなると言っていました。

弱いチームにいながら相手を倒すために目を輝かせる御幸一也が、そのメンタリティをそのまま維持し続けるとすれば、広島カープ一筋でプロ生活を終えるのかもしれませんね。

そして将来的にはノムさんのように、監督となって新たな野球の勝負理論を打ち立てるキャッチャーになるのかもしれません。

 

どのチームにも行く?

ただ御幸一也はダイヤのA(act2)の256話で、プロに行きたい理由として、「これまで好きに野球をやらせてくれた親父に恩返しをしたい」と言っていました。

御幸一也のお父さんが苦労している様子も垣間(かいま)見えていましたが、そんなお父さんに恩返しをしたい御幸一也であれば、どのチームからの誘いでも断らないのかもしれません。

ただ御幸一也であれば行きたいチームを選べるだけの実力がありますので、複数チームが御幸に声をかけてくれば、自分の気持ちに沿ってチームを選択するのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

ダイヤのA・御幸一也の卒業引退後の進路は大学?

またこれまでは、プロ入りを前提とした考察となりましたが、御幸一也が大学進学する可能性はないのでしょうか。

大学進学の可能性にスポットを当てて考察していきます。

 

御幸一也が大学進学するならどの大学に行く?

では、もし御幸が大学進学を選んだ場合、どの学校に進学をするのでしょうか。

可能性として考えるのであれば、御幸が唯一同ポジションで尊敬をしていた先輩、滝川クリス優の通う大学だと考えます。

特に、怪我をしたまま引退を迎えたクリスが、大学リーグで復帰している事も有り、憧れの先輩から色々盗もうと画策するのではないでしょうか。

 

御幸一也は家庭の事情で大学に行かない?

しかしながら御幸一也自身、複雑な家庭状況であると予想されます。

シニア時代から、父と二人暮らし。

正月に帰省したときには、あまり実家の町工場が上手くいっていないような表現がありました。

家庭的な事情を考えると、御幸自身は進んで大学進学は望まなのではないかと予想されます。

ただ、不器用ながらずっと野球だけは続けさせていた御幸のお父さんの事なので、御幸自身が強く進学を願ったら、何とかして進学をさせてあげようと行動する可能性も高いですね。

 

スポンサードリンク

ダイヤのA・御幸一也の引退後も漫画は続く?

また御幸一也が引退してから、ダイヤのAの漫画は続くのでしょうか?

この点についてはまだ公表されていませんので、どうなるかは分かりません。

ですので漫画が継続しないケースもあれば、継続するパターンも考えられるところで、個人的にはダイヤのAの漫画自体は続いて欲しいとは思います。

それだけ面白い漫画だと思いますので。

また終了時期については、作者の寺嶋先生がどこでダイヤのAを終わらせたいと考えているか?という点も左右してくると思います。

ちなみに呪術廻戦の芥見先生は、早く完結まで書いてしまいたいという意向があるそうで、約1か月の休載時にその内容のコメントを出していました。

さて寺嶋先生はどう考えているのでしょうか?

またダイヤのAが続くのであれば、沢村や降谷の球を奥村や由井が受けることになるのでしょう。

奥村と由井のどちらが正捕手の座を射止めるのか?という点は確かに今後の見所となってくるでしょうね。

ただ御幸一也はダイヤのAでも大きな存在ですし、御幸一也のいない青道高校をイメージしにくいところは確かにあります。

果たして御幸一也たち現在の3年生が卒業引退してからも、漫画は続くのでしょうか?

 

スポンサードリンク

ダイヤのA・御幸一也の卒業引退後はプロ?大学? まとめ

ここまでダイヤのA・青道高校のキャプテン御幸一也の卒業引退後の進路の考察をご紹介してきました。

家庭的な事情や御幸の実力を考えると、プロへの道が現実的ではないかと推測しますが、本誌ではまだまだダイヤのA actⅡが連載中となります。

青道高校キャプテンとしての御幸一也の活躍は、この後も熱くなることは間違いありません。

願わくば、卒業・引退その後もストーリー(番外編でも)として一読者としては拝読したい所です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

スポンサードリンク