ダイヤのA・御幸一也の怪我は何巻何話?その後の大会の結末は?

ダイヤのA 御幸一也 怪我
スポンサードリンク
 

週刊少年マガジンの大人気野球漫画・ダイヤのA(エース)。

青道高校のメンバーが甲子園を目指していくストーリーですが、この漫画には魅力的なキャラクターも多く登場してきます。

その青道高校の不動のキャッチャー御幸一也は、試合中に怪我をしてしまったことがありました。

それはどんな怪我で、その後の試合はどんな結果になったのでしょうか?

こちらではダイヤのAの御幸一也の怪我について、詳しくご紹介していきます!

 

スポンサードリンク
 

ダイヤのA・御幸一也の怪我はどんな怪我?

青道高校の正捕手、御幸一也。

青道高校の守護神ともいえる御幸ですが、秋大会準決勝 成孔学園戦の9回表に事件は起こります。

9回表成孔学園の攻撃でピッチャー 小川常松が勝ち越しのチャンスをかけ、ホームへ強引にタックルを仕掛けてきます。

小川はピッチャーながら、193cm・95kgのヘビー級。

そんな小川のタックルを御幸は体を張って何とかアウトを取りましたが、そんな御幸の体に異変が・・・

 

御幸一也が怪我をしたのは漫画で何巻何話?

御幸の怪我をしたシーンは、成孔学園戦に収録されています。

単行本39巻第346話「守護神」にて、御幸vs小川の描写が描かれています。

全力のタックルを体で受け止めた御幸、そして倒されてもボールをこぼさずに相手を静かに見据える御幸の表情が描かれた1話となっています。

 

御幸一也が怪我をしたのはアニメで何話?

前述の御幸が怪我をするシーンはアニメでも描かれています。

第2期にあたる、セカンドシーズン34話「イノセント」が問題のシーンのエピソード回となっています。

スポンサードリンク

 

御幸一也が怪我を隠したのはなぜ?

御幸一也が怪我を隠した理由は、片岡監督の進退が関係していると推察されます。

秋大会に敗れた時点で監督を辞任、現コーチに就任している落合コーチと交代する話になっていました。

秋大会は、片岡監督残留の為の最終手段としてチームにも発破をかけてここまで勝ち進んできた経緯があるため、自分の怪我でそれが不意になることが許せなかったのでしょう。

 

御幸一也の怪我に気付いたのは降谷?

ちなみに、一番最初に御幸の異変に気づいたのは降谷でした。

10回裏の攻撃中、御幸に対して降谷が「汗すごいですね」と指摘していることから、コンディションが悪かったことには気づいていたのでしょう。

試合後、御幸から病院に行くように指示された降谷でしたが、御幸に対して「いいんですか?御幸センパイはいかなくて?」と確認しています。

御幸はその言葉に対してすっとぼけた顔で返したので、降谷自身、御幸が怪我をしたという事実までは見抜けなかったのかもしれません。

 

御幸一也の怪我に気付いたのは倉持?

前述の通り、御幸は信念を持ってチームメイトに怪我を隠していましたが、そんな彼の異変に気づいたメンバーが倉持でした。

場面が変わり、決勝戦前日の夜に倉持が白州に対して「御幸の奴、どこか傷めてるかもしれねぇぜ」と伝えています。

白州曰く、いつもと変わらないと言うことなので確信は持てているわけではないのでしょうが、決勝前に御幸が一人の時を狙って「勝ってから倒れろ」と喝を入れていることから、ほぼ怪我を確信していたのでしょう。

白州には俺らが止めなきゃと言っていた倉持ですが、いざ本人を目の前にすると檄を飛ばすあたり、御幸と倉持の「友達」では無く「研鑽し合うチームメイト」としての立場をうまく表現していると言えるでしょう。

 

スポンサードリンク
 

ダイヤのA・御幸一也が怪我をした後はどうなった?

そんな秋季大会準決勝で怪我をした青道高校守護神 御幸一也ですが、怪我の後はどの様な試合展開を見せたのでしょうか。

男気あふれる御幸のその後にスポットを当てていきます。

 

御幸一也が怪我をした試合の結末は?

まずは、御幸の怪我の原因となった試合、秋季大会準決勝 成孔学園戦。

御幸の体を張った好セーブ、小川の気合いのピッチングで両チーム無得点により、そのまま延長戦に突入します。

10回表は、沢村・そしてリリーフとして川上が好ピッチを見せて、何とか無得点に抑えます。

10回裏、青道高校の先頭バッターは小湊でしたが、残念ながら小川の気迫のピッチングに凡打で終わります。

そして迎えた青道4番 御幸一也。

怪我を抱えた状態でバッターボックスに入りますが、そこで思い浮かぶのは苦渋を舐めた夏大会決勝。

あの悔しさをバネに成長した投手陣に対して、「勝つことでしか見えないその先の世界をあいつらに見せてやりたい」と思いを馳せ、バットを振ります。

結果は、サヨナラホームラン。

大きく腕を上げマウンドを走る御幸に、感動を覚えた一幕でした。

 

御幸一也が怪我をした大会の結末は?

秋大会決勝、相手は青道高校ライバルの1校 薬師高校。

怪物スラッガー轟雷市を筆頭に、苦戦を強いられる青道高校。

9回表 青道3-4薬師。

2アウトを取られ絶体絶命でしたが、3番小湊春市が執念のセンター前ヒット。

続く4番は、キャプテン御幸一也。

決勝戦、痛みにも耐えながら迎えた9回。

もうすでに痛いかどうかも分からないくらい感覚が無くなっている御幸ですが、次打席で待機している前園に託すように渾身のヒット。

そしてすべてを託された前園は、、、見事にショート頭上を越えるタイムリーヒット。

そして春市がホームへ。

御幸も最後はクロスプレーとなりましたが、ホームイン。

9回表 青道5-4薬師 大逆転。

9回裏は降谷がしっかり3人で押さえ、青道高校は秋大会制覇・センバツへの切符を手に入れることが出来ました。

 

御幸一也の怪我は治療して完治したの?

そんな手に汗に握る展開が続いた青道ですが、御幸の怪我はあれからどうなったのでしょうか?

原作では、そのままセンバツ大会が始まり、御幸も何事も無かったかのように試合に参加しています。

選手生命に関わる程の大けがでは無かったのか、はたまた怪我とうまく付き合いながら試合をしていたのかは定かではありません。

ただ薬師戦9回裏で「こんな面白ぇ場所誰にも譲りたくねぇ」と笑顔で心の中で叫んでいる御幸の姿を見るに、例え怪我があったとしても誰にも譲りたくないのでしょう。

誰よりも「面白い」を求める御幸一也、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク

ダイヤのA・御幸一也の怪我はどんな怪我? まとめ

ここまでダイヤのA・御幸一也の怪我について詳しくご紹介してきました!

試合中に怪我をした御幸一也でしたが、その怪我を隠した状態で試合に出続けるという決断を下しました。

その後の青道高校は、秋大会を制覇するという結果を出すことに成功していますが、これは御幸一也が怪我を隠して試合に出続けた結果だったのかもしれません。

ただ気になるのは御幸一也が大きな怪我をしながらも無理な試合を重ねたことで、身体に異常をきたしてしまいプロの道が途絶えてしまう、という展開にならないことを祈ります。

それではここでダイヤのA・御幸一也の怪我のご紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク