キングダム桓騎(かんき)の怒りの謎!桓騎は元小国の王族だった?

キングダム-桓騎-かんき-怒り
スポンサードリンク
 

キングダムの秦の武将・桓騎(かんき)の根っこには怒りがあることが分かりました。(単行本45巻 484話「それぞれの出発」)

またその怒りは鉄をも溶かすほどの怒りで、何に対しての怒りかと言えば”全て”に対する怒りでした。

キングダムの桓騎の過去には何があったのでしょうか?

元野盗の桓騎には、首切り桓騎という異名もありました。

ただ桓騎の戦いぶりは鮮やかではあり、戦略眼や勇気を認めざるを得ない場面もありました。

また黒羊の戦いでは李牧や昌平君でさえも考えが及ばない斬新な戦いを披露。

想定の半分の被害で勝利を収めたこともありました。

とはいえ桓騎については謎が多く、強さの秘密や家族や出身については雷土(らいど)たち幹部でも知らないぐらいです。

これからの展開のどこかで桓騎の過去が明らかになる場面があるかもしれませんが、この記事では桓騎の怒りの謎について考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

>>キングダムを無料で読む!<<