呪術廻戦143話ネタバレ確定『乙骨先輩が味方と判明!虎杖の母登場か』

jujutsu-143-spoiler-a
スポンサードリンク
 

さて今回は『呪術廻戦』の最新話143話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

142話では脹相(ちょうそう)と禪院直哉(ぜんいんなおや)の戦いが続いていきました。

直哉のスピードについていけない脹相は、赫鱗躍動・載(せきりんやくどう・さい)によって直哉のスピードに着いて行けるようになります。

しかし直哉は脹相のスピードをかいくぐっていき、直哉の一撃を受けた脹相は壁に叩きつけられましたが、この時の攻撃で直哉は刃物を使用しており、脹相はわき腹から多量の出血をしてしまいます。

赤血操術ならば止血はお手のもの。

止血を気にしながら直哉との戦いがどこまでできるか試してみろと、直哉は脹相を挑発します。

しかし脹相の足元に流れ出した大量の血が、直哉目がけて攻撃していきます。

脹相たち九相図(くそうず)は、呪力が尽きない限り失血死することもありません。

穿血と大量の血で直哉を追い込んでいく脹相でしたが、最後に超新星というオリジナル技を繰り出します。

この攻撃を受けて倒れ込む直哉でしたが、直哉を倒した脹相の背後から乙骨(おっこつ)が登場。

乙骨の拳を受けた脹相は倒れ込みましたが、さてここからどのような展開を見せていくでしょうか?

それではここから『呪術廻戦』最新話143話のネタバレ・あらすじのご紹介を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ143話:味方だった乙骨先輩

さてここから呪術廻戦143話のネタバレをご紹介していきますが、乙骨が虎杖の味方であったことがこの回で判明しました。

あんなに強い乙骨先輩が味方だったことにホッとしたというツイッターも多く投稿されていましたが、まずは143話では禪院直哉(ぜんいんなおや)を治そうとする乙骨先輩の様子が描かれていました。

 

呪術廻戦ネタバレ143話:乙骨先輩は反転術式で禪院直哉を治した?

142話で脹相(ちょうそう)の赤血操術の超新星を喰らった禪院直哉。

そこに現れた乙骨先輩は、倒れて苦しそうになっていた直哉に「治しましょうか?」と声を掛けます。

その代わりに乙骨先輩は、直哉に次のような依頼をしています。

「虎杖君の死はアナタの口からも上に報告してください」

この後で分かることになりますが、乙骨は虎杖に何か起こらないかを注意しておきたかったようです。

そのため一旦は虎杖を実際に殺害。

それを乙骨先輩は自分の口からも上に報告するものの、直哉の口からも報告させて、虎杖の死刑を執行済みということにしたかったようです。

ただ143話の時点では、乙骨先輩が直哉のことを完全に治したのかは不明です。

もしかすると直哉が乙骨先輩に対して反抗的になっていれば、乙骨先輩は直哉を治癒するどころか、ここで殺害してしまっている可能性もあるように思います。

とはいえ乙骨先輩としては、直哉の口からも虎杖の死を総監部に報告してもらいたい意図はあるはず。

結果を描かないことで小さな伏線が生まれた結果になりましたが、果たして直哉はどうなったのか?

この点も今後の注目ポイントの一つですね。

 

呪術廻戦ネタバレ143話:乙骨先輩が虎杖の死刑執行人になった理由は?

また乙骨先輩は虎杖の味方であるにも関わらず、なぜ虎杖の死刑執行人になったのか?

この理由が143話では明かされていました。

それは9月ぐらいのこと。

五条先生が乙骨先輩にわざわざ会いに訪れて、五条は自分に何かあったら今の一、二年のことを乙骨先輩に頼みたいとお願いしていました。

特に虎杖は、乙骨先輩と同じく秘匿(ひとく)死刑が決まった身。

五条先生は乙骨先輩に対して虎杖に特に注意を払ってもらうようにお願いもしています。

五条先生からのそんなお願いをされた乙骨先輩は、他の誰かが虎杖の死刑執行人になったり、虎杖の情報を断たれたりすることを避けたい狙いがあったようです。

そのため乙骨先輩は自らが虎杖の死刑執行人になって、虎杖の情報を把握しておくことがベストだと判断したようです。

また総監部も馬鹿じゃないので、乙骨先輩に対して死刑執行人を認める代わりに、虎杖を殺すという縛りを結んでいました。

そのため乙骨先輩は、虎杖を実際に殺しています。

しかし乙骨先輩は反転術式を使えます。

乙骨先輩はこの反転術式を巧みに利用し、虎杖の心臓が止まると同時に反転術式で一気に治癒して、虎杖を救っています。

ただ乙骨先輩は本当に虎杖が死なずに済んだのかは分からなかったようで、そのため虎杖が目を覚ました時に「よかった~」とホッと安心した様子を見せています。

 

呪術廻戦ネタバレ143話:なぜ乙骨先輩は虎杖を救ったのか?

乙骨先輩は虎杖を実際に殺害したことで総監部との約束を果たしましたし、このことにより虎杖の死刑は執行済みとして処理されるはずだと語ります。

乙骨先輩がどうしてそこまでするのか?

この点を虎杖は気にしていましたが、乙骨先輩は自身が大切にしている人たちが虎杖を大切にしているからだと答えます。

乙骨先輩が大事にしている人というのは、五条先生であり伏黒たち高専のメンバーのことでしょう。

また乙骨先輩は虎杖に対して、「君は悪くない」とも語ります。

宿儺が出てきたことで多くの人を殺害してしまったと感じている虎杖に対して、乙骨先輩はこう語ったのだと思いますが、それでも虎杖の心は晴れていない様子です。

そこに伏黒が登場してきますが、その前に虎杖の母親の記憶も143話で描かれましたので、この点を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ143話:虎杖の母の姿が描かれた?

さて143話では虎杖のお父さんとお母さんと思われる人物が、虎杖の回想シーンとして描かれました。

そこに虎杖のおじいちゃんの姿も描かれていましたが、おじいちゃんは不吉なことを発言します。

仁というのが虎杖のお父さんの名前のようですが、この仁という男に対して虎杖のおじいちゃんは「あの女はやめておけ 死ぬぞ」と語っています。

またこの仁という男が赤ん坊を抱いていて、これが虎杖悠二なのだろうと思いますが、仁は香織という女性との間には子供ができなかったようです。

そして「香織が死んだのは」と虎杖のおじいちゃんが語ろうとしたその時、その話をさえぎるように現れたのが虎杖の母親らしき人物です。

まだこの女性の名前は分かっていませんが、ただ額に傷のようなものが見られます。

これは血管のようにも思えますが、これはこの女性が偽夏油(にせげとう)と同じ傷なのでしょうか?

 

個人的にはこの女性は偽夏油の正体が、夏油傑(げとうすぐる)の前に肉体を乗っ取った女性で、額の傷は偽夏油と同じ傷なのだと思います。

この女性がここで登場してきた意味はその点にあるはずですが、果たしてこの女性の正体は誰なのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

呪術廻戦ネタバレ143話:死滅回游に伏黒津美紀が参加していた

jujutsu-144-spoiler-1

(引用:呪術廻戦)

また143話では、偽夏油(伏黒は加茂憲倫と言っていましたが)が始めた「死滅回游(しめつかいゆう)」という呪術を呪術を与えられた者たちによる殺し合いが始まりました。

しかもこの死滅回游に伏黒恵の姉である津美紀が参加させられていることも判明。

そこで伏黒は虎杖に対して「まずは俺を助けろ」「オマエの力が必要だ」と伝えます。

伏黒としては姉を助けるために虎杖の力を借りたいのでしょう。

ここで一つの疑問ですが、伏黒はなぜ他の高専メンバーではなく、虎杖の力を必要としているのか?

乙骨先輩の力を借りた方が早いのではないか?

またはその他の高専メンバーの力を借りる必要はないのでしょうか?

この点はまだ現時点では分からない点ですね。

 

呪術廻戦ネタバレ143話:死滅回游のルールとは?

また死滅回游のルールは以下のようになっています。

  1. プレイヤーは術式が覚醒してから19日以内に、任意の結界で死滅回游への参加を宣誓しなければならない
  2. 前項に違反したプレイヤーからは術式をはく奪する。
  3. プレイヤーでない者が結界に侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游へのへの参加を宣誓したものとみなす。
  4. プレイヤーは他のプレイヤーの生命を断つことでポイントを得る。
  5. ポイントとは管理者によってプレイヤーにかけられた価値であり、原則として術師は5点、非術師は1点とする。
  6. プレイヤーは自分にかけられたポイントを除き、100ポイントを消費して管理者と交渉し交渉し、死滅回游にルールを1つ追加できる。
  7. 管理者は死滅回游の永続が著しく困難になる場合を除き、⑥によるルール追加を認めなければならない。
  8. 参加またはポイントを取得後、19日以内にポイントの変動が見られない場合、そのプレイヤーからは術式をはく奪する

 

このルールを見て少し疑問だったのは、③のルールですね。

①と②からは、プレイヤーは19日以内に結界内で死滅回游への参加を宣誓しなければ、術式をはく奪されるはずです。

しかし③では結界に入った時点で死滅回游への参加を宣誓したとみなすとされています。

もしかするとこの③がすでに100ポイントを得た者が追加したルールなのかもしれない、とも思いました。

 

また術式をはく奪する、ということはこの戦いでどのような影響があるのでしょうか?

おそらく術式がなければ、この死滅回游を生き延びることが難しくなる。

すなわち術式のはく奪は、死を意味することになるのかもしれません。

今後の話の展開で死滅回游の詳細も分かってくるでしょうが、ここから津美紀を救うことができるのか?

この点が見どころになると思われます。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦ネタバレ143話 まとめ

ここまで2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話143話のネタバレ・あらすじをご紹介してきました!

禪院直哉との戦いの勝利したかと思われた脹相でしたが、その背後から登場した乙骨によって脹相は倒されてしまいます。

ここから143話では乙骨先輩が直哉を助けたと思われますが、乙骨先輩が虎杖の味方であることが判明して、ほっと一安心というところですね。

また虎杖の母親らしき人物も143話には描かれており、この女性が偽夏油から肉体を乗っ取られた女性なのか?

この点が今後明らかになると思われます。

また死滅回游が始まり、このルールも143話で明らかになりましたが、ここから虎杖たちは津美紀を助けることができるでしょうか?

それではここで週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の143話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク