怪獣8号・日々野カフカの身長や年齢などプロフィール!最後はどうなる?

怪獣8号 日比野カフカ 身長 年齢 ネタバレ 最後
スポンサードリンク
 

怪獣8号は、少年ジャンプ+で連載されている大人気漫画です。

この漫画は災害のような形で怪獣が登場しているように漫画が描かれていますが、驚きなのは主人公が怪獣8号になってしまうという展開です。

その主人公が日比野カフカという人物なのですが、この日比野カフカの身長や年齢、性格や強さなどの基本情報はどうなっているのでしょうか?

また怪獣8号となった日比野カフカの最後はどうなってしまうのでしょうか?

こちらでは怪獣8号の主人公・日比野カフカの身長や年齢、強さなどの基本情報をお伝えしつつ、日比野カフカの最後についても予想・考察していきます。

それでは最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

怪獣8号・日々野カフカとは?

さて怪獣8号に登場する日々野カフカですが、この人物は先ほどご紹介したように怪獣8号の主人公です。

この日々野カフカは、日本防衛隊の第3部隊の隊長である亜白(あしろ)ミナと幼なじみで、2人で約束して日本防衛隊に入ることを夢見ていました。

として幼なじみの亜白ミナは優れた才能を発揮していき、防衛隊でも屈指の実力を誇るほどの活躍を見せるようになっていきます。

しかし日々野カフカは受験の制限とされている32歳までに防衛隊の試験に合格することができず、防衛隊に入るという幼少期の夢を諦めることになりました。

 

怪獣となった日々野カフカ

また日々野カフカは、同僚の市川レノという新人と一緒に余獣に襲われてしまいます。

この時はカフカの幼なじみの亜白ミナに救われることになりますが、ここで二人は怪我をして入院してしまいます。

そして入院している時に、謎の怪獣が日々野カフカの目の前に登場!

この怪獣は「ミツケタ」と言うと、日々野カフカはの口の中に入りこんでしまいます!

そこで驚いたことに、日々野カフカは人間の意識を保ったまま怪獣になってしまうことになります。

この怪獣が一般人に目撃されてしまい「怪獣8号」と名付けられることになります。

怪獣8号は醜い姿にすさまじいパワーを持っていますが、日々野カフカの人格を持ち、なおかつ日々野カフカの姿に戻ることもできました。

また防衛隊の受験の制限年齢が33歳未満に引き上げられることになり、日々野カフカは再び防衛隊員を目指すことになっていきます。

 

日々野カフカの身長や年齢などプロフィールは?

また日々野カフカのプロフィールは次の通りです。

  • 誕生日・・・8月5日
  • 年齢・・・32歳(1巻初登場時)
  • 身長・・・181㎝
  • 好きなもの・・・防衛隊、カレー、ハンバーグ、お酒、タバコ(防衛隊を再び目指し始めてからは控えている)

また作者のコメントとして以下のことが単行本に書かれていました。

「こいつが来てくれたらもう大丈夫!って思える主人公が好きなので、カフカもそんな主人公になっていってくれたらいいなと思っています。」

また最初の方でもお伝えしたように、日々野カフカは防衛隊の第3部隊の隊長・亜白ミナと幼なじみで、「二人で怪獣を全滅させよう」と誓った仲でもあります。

スポンサードリンク


 

日々野カフカの性格は?

基本的に日々野カフカは良いヤツですね!

まず市川レノが同じ職場に入った時に、日々野カフカが防衛隊を諦めたことについて、この市川レノに軽く責められたんですね。

でもこの市川レノの職場での初任務が怪獣の腸の清掃だったんですけど、その中身がアレ(う〇こ)で臭いにやられたため、レノはお昼ご飯を食べられない状況になっていました。

そこで日々野カフカは、市川レノに「ビタミンin スーパーチャージ 」なるウィダーインゼリー的な食べ物を与えてます。

そしてカフカは鼻せんもレノに渡すのですが、これは拒まれちゃいました。

それでも新人から嫌味なことを言われたのに、それを意に介さず、その新人が困っている時に手を差し伸べる心の広さを日々野カフカは持っています。

 

命がけで仲間を助けようとする勇敢さの持ち主

また日々野カフカと市川レノが同時に怪獣に襲われたことがありましたが、この時に日々野カフカは市川レノを助けるために体を張ることも厭(いと)わなかったほどです。

こんな性格をしている日々野カフカは、おそらく上司になっても人をうまくまとめられる好人物になることでしょう。

そんな日々野カフカは、困っている人を助けたいと願うお人よしでもありますが、善良な人物で性格としては防衛隊にピッタリと言えます。

 

清掃業者としての立ち振る舞いは?

また日々野カフカは、当初は怪獣専門清掃業者「モンスタースイーパー(株)」という会社に勤めていました。

この時の日々野カフカは怪獣の清掃業者として極めて優秀な人材で、人の嫌がる怪獣の腸の清掃を2日連続で指示されても、文句を言いながらもその任務をしっかりとこなしています。

また多くの怪獣を解体してきた経験と知識は非常に優れたものがあり、防衛隊での任務でもその知識が活かされることもあります。

そのため上司らしき人物からも「なんだかんだ立ち向かっていくんだよね 彼」と評価されています。

嫌な仕事でも率先してやっていこうとする姿勢は、良い奴以外の何物でもありませんね。

その後の様子を見ても、日々野カフカはサバサバした男らしい気持ちよさを腹の底に抱えているように思います。

日々野カフカは、今後の成長と活躍を期待したくなる好人物と言えます。

 

スポンサードリンク
 

防衛隊員としての日々野カフカの能力や強さは?

また日々野カフカは防衛隊の試験に32歳で合格することになりますが、防衛隊員としての強さはどのくらいなのでしょうか?

まず防衛隊の入隊試験では、体力検査で225人中219位という結果に。

ただこの結果は、この年の入隊試験に優秀な人材が集まりすぎていた、という事情もありました。

また防衛隊に入るとスーツを着用することになるのですが、このスーツの能力をどれだけ引き出しているかの指標に「解放戦力」というものがあります。

入隊試験では第3部隊の副隊長・保科は、解放戦力0という人を見たことがないと言っていましたが、何と日々野カフカの解放戦力は0

2か月間の訓練を通して、日々野カフカはようやく解放戦力を1%に上げることに成功します。

日々野カフカの戦闘能力は、残念ながら低いようです。

 

元解体業者としての知識を活かす!

ただ戦闘能力の低い日々野カフカは、戦闘において他のメンバーのサポートに回ることを選択します。

この日々野カフカは、元怪獣の清掃業者として怪獣の解体にも携わっていたことから、怪獣の種類や弱点・特徴をしっかりと把握していました。

そこでサポート役に回った日々野カフカは、味方のアタッカー(攻撃手)に対して自らの知識を伝えるなどしてアタッカーの攻撃を助ける動きをしていきます。

時には怪獣の体を解体して、怪獣が卵を持っているために駆除をしただけでは数が増えてしまうことを部隊に知らせることもありました。

自分のできることをしっかりと行っていく。

それは防衛隊員として優れた功績には見えないかもしれませんが、自らの役割や能力を適切に把握した上で、やれることをやっていくという責任感に基づいた行動だと思われます。

そんな日々野カフカの役割は、縁の下の力持ちと言えます。

 

スポンサードリンク
>

怪獣8号としての日々野カフカの能力や強さは?

また怪獣8号に変身した日々のカフカの能力や強さはどのくらいあるのでしょうか?

怪獣8号では、怪獣の強さを表す指標にフォルティチュードというものがあります。

マグニチュードのような名前のこのフォルティチュードは、数値が高いほど怪獣が強いことを表すものです。

また怪獣8号に変身した日々野カフカは、フォルティチュード9.8という史上最強クラスの数値を叩き出しています。

 

凄まじいパワーの持ち主

また怪獣8号となった日々野カフカは、凄まじいパワーの持ち主になります。

まず触わっただけでコンクリートの壁が破壊されます。

それも日々野カフカは、軽く触っただけのようです。

また怪獣8号となった日々野カフカが本気で殴ると、はるかに巨大な怪獣さえ粉々に粉砕していまえるほどで、その拳は「ぜったい人に向けちゃダメなやつ」と形容されています。

 

その他の奇妙な構造

また怪獣8号になった日々野カフカは、非常に奇妙な構造をしています。

例えば口の中から別の口がもう一つ出てきて、勝手に生きたままの鳥を食べることもあります。

また走り去る時に、タコのような足が何本も生えてくることがあり、これも自分では調整できずに勝手に出てきてしまうもののようです。

そしてオシッコがビーチク(乳首)から出るという、面白い構造の持ち主でもあります。

また怪獣8号としての能力は、怪獣8号になった時だけに現れるもので、日々野カフカ本人の姿になっている時にはその力は封印されるようです。

 

スポンサードリンク

怪獣8号・日々野カフカの最後はどうなる?

では怪獣8号の日々野カフカの最後はどうなるのでしょうか?

怪獣となった日比野カフカですので、以下の展開が考えられます。

  • 怪獣8号から日比野カフカとしての人間性が失われてしまい、防衛隊に倒されることになる
  • 日比野カフカが、今後登場してくる怪獣のラスボスを倒して地球を救う

 

簡単に言うと、日比野カフカが最終回で生き延びるのか、それとも死んでしまうのか?

この点に注目が集まるのだと思います。

(^O^)

さて二つの展開を考えていきましょう。

 

日比野カフカは最終回で倒される?

まず考えられる展開ですが、怪獣8号となった日比野カフカが最終回で倒されるという展開です。

現在でも怪獣8号となった日々野カフカは、その肉体を自分では制御できない状況になっています。

今後も同じように、日々野カフカが怪獣8号の肉体を制御できない状況になればどうでしょうか?

そして怪獣8号が人を襲うようになってしまえば・・・

もしもこのような状況になってしまえば、怪獣8号である日々野カフカは防衛隊から討伐対象とされることでしょう。

そして最終局面までに怪獣8号となった日比野カフカは、保科副隊長はもちろん、亜白ミナ隊長や四ノ宮キコルとも戦っていくことでしょう。

悲しい展開になるとすれば、怪獣8号となった日比野カフカが亜白ミナ隊長から倒されるという展開でしょう。

ただ個人的には日比野カフカが市川レノから倒されるという展開だったら、それまでの2人の絆を見てきた読者の一人としては、一番悲しい展開になってしまうと感じます。

さて日比野カフカの制御が効かなくなり、暴走した怪獣8号は、最後に誰に倒される展開になるのでしょうか?

 

日比野カフカは最終回でラスボスの怪獣を倒す?

または日比野カフカは怪獣8号となって、最終回に怪獣のラスボスを倒してしまうという展開も考えられます。

というのも怪獣8号となって制御が効かなくなった時、日比野カフカの肉体の内部では寄生した怪獣が「カイジュウ コロス」と言っていました。

この寄生した怪獣の目的が、世の中の怪獣を殺すことにあるのなら、日比野カフカは最終回で怪獣のラスボスを倒すという展開になることでしょう。

このような展開の方が日比野カフカらしいとも思います。

ただ現時点では日比野カフカは、防衛隊からマークされる立場になっています。

さてここからどうやって日々野カフカは、ラスボスを倒す展開になるのでしょうか?

 

防衛隊でも手に負えない怪獣が登場する

一つ考えられるのは、防衛隊でも手に負えない怪獣が登場するという展開です。

もしかすると保科副隊長四ノ宮キコル、または亜白ミナ隊長までその怪獣に倒されてしまうのかもしれません。

エース級である彼ら彼女らの戦死によって、防衛隊や人類に大きなピンチが訪れた時、さっそうと現れるのが怪獣8号となった日比野カフカ、という展開です。

ただ本当であれば、日々野カフカとしては亜白ミナ隊長などを救うために戦いたかったことでしょう。

しかし防衛隊から狙われる立場となっていた日比野カフカこと怪獣8号には、亜白ミナ隊長たちと一緒に怪獣に立ち向かうことが出来ない可能性があります。

そうなると日々野カフカは、最後まで亜白ミナ隊長の隣に行くことが出来ないということになってしまいます。

それは非常に悲しい展開ですが、そこで残った防衛隊員たち(市川レノはここで生き残っているか?)と一緒に、ラスボスである怪獣を倒すために日比野カフカが立ち上がる。

そして日比野カフカがラスボスを倒して、人類の世に平和をもたらしていく―――

そんな最終回が待っているのかもしれませんが、果たして日比野カフカにはどんな最後が待っているのでしょうか?

 

日比野カフカは人間に戻れる?

また日比野カフカの最後は、人間に戻れるのでしょうか?

それとも怪獣8号として生き続けなければいけないのでしょうか?

この点の予想は非常に難しいですが、もしかすると日比野カフカの体内に寄生した怪獣が口の中から出て行ってしまう、または日比野カフカが体内に寄生した怪獣を何らかの形で吐き出してしまう。

そうした形で日比野カフカと寄生した怪獣が切り離されれば、日比野カフカは人間に戻れることでしょう。

ただ怪獣が今後も出続けるという見込みがあって、この寄生した怪獣の目的が怪獣を殺すことであれば、この怪獣が日比野カフカから出ていくことはないのかもしれません。

または今後も現れるかもしれない怪獣と戦う道を、日比野カフカは自ら選ぶのかもしれません。

そのためにあえて怪獣8号で居続けようとする日比野カフカ―――

ナイスガイな日比野カフカなら、そんな選択を最後まで貫くのかもしれませんが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

日比野カフカとは?最後はどうなる? まとめ

ここまで怪獣8号の主人公・日比野カフカの身長や年齢、強さなどの基本情報と、その最後について考察してきました。

基本的に日々野カフカは良いヤツなので、最後も人類の味方になってラスボスの怪獣を倒して欲しいと思います。

ただ現時点の日々野カフカは、防衛隊から狙われる立場にいます。

そうなるとしばらくは、日比野カフカは防衛隊と一緒に怪獣と戦えなくなるのかもしれません。

しかし防衛隊でも手に負えない怪獣が登場してきたらどうでしょうか?

そうした展開になれば、怪獣8号である日比野カフカが防衛隊と手を組んで、共に怪獣と戦うという展開になると予想します。

ただそうなる前に、もしかすると防衛隊のスターでもある保科副隊長や四ノ宮キコル、そして亜白ミナ隊長までラスボスの怪獣に倒されてしまうのかもしれません。

それほどの危機であるからこそ、防衛隊と怪獣8号となった日比野カフカは手を組むことができるようになると思いますが、そうなれば日比野カフカは最後まで亜白ミナ隊長の隣に行けないという、悲しい結末も待っています。

さて怪獣8号となった日比野カフカの最後が気になりますが、それではこれで日比野カフカの身長や年齢などの基本情報のご紹介と、日比野カフカの最後に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク