キングダム羌瘣(きょうかい)は実在?史実の姿と最後の死亡を考察

kyokai-kingdom-realty
スポンサードリンク

キングダムの羌瘣(きょうかい)は可愛い女性として描かれていますが、キングダムの中では千年もの長きにわたって続く伝説の暗殺者集団・蚩尤(しゆう)の一員という設定で描かれています。

またこの羌瘣という人物は、史実にその名を刻んでいて実在していた人物としても知られています。

それではこの羌瘣という人物は、史実ではどのように描かれているのでしょうか?

こちらの記事では史実に実在した羌瘣という人物の実像をご紹介してい行きます。

また羌瘣はキングダムの中でどのような最後を迎えるのでしょうか?

信が龐煖(ほうけん)を倒した今となっては、羌瘣を倒せる人物は見当たらないように思いますが、どこかで死亡してしまうことがあるのでしょうか?

キングダムは史実を元に物語が進んでいると言われていますが、キングダムの物語の中で羌廆がどのような形で最後を迎えるのか?

羌瘣(きょうかい)の最後の死亡についても考察していきます。

最後までお楽しみください♪

 

スポンサードリンク

キングダム羌瘣(きょうかい)は史実に実在?

羌瘣の史実での記録は?

ではキングダムの羌瘣(きょうかい)について詳しくご紹介していきますが、この羌瘣は冒頭で書いたように史実にその名が刻まれています。

ただ羌瘣の歴史上での記録は多くありません。

紀元前229年(始皇18年):王翦(おうせん)と楊端和(ようたんわ)と共に趙を攻めたこと。

紀元前228年(始皇19年):王翦と共に趙の幽繆王(ゆうぼくおう)を捕らえて趙を滅ぼした。さらに兵を率いて燕(えん)を攻めるべく軍隊を中山(ちゅうざん)にとどめたこと。

羌瘣に関してはこの2つの事実だけが史実に記録が残されています。

ちなみにキングダムは史実に基づいて物語が展開されていますので、この点についてはキングダムでも史実通りに物語が進んでいくと思われます。

逆に言えば史実に記載されたこと以外の点について、羌瘣は作者の原先生の想像力によって形作られたものとも言えますし、私たちも羌瘣のことをどのように想像するのか?

この点も自由ということになります。

想像力を掻き立てられる存在。

それは歴史に詳しく記録が残されていない人物に共通する特徴と言えます。

 

羌瘣は将軍になる?!

また先ほどの史実での記録を見てみると、羌瘣は王翦と共に活躍をしていたことが分かります。

つまり羌瘣はキングダムの物語の中で、これからずっと飛信隊の中にいるというわけではないのかもしれません。

そうなると羌瘣はいずれ飛信隊から独立することが考えられますし、その場合には羌瘣は将軍まで上り詰めるのかもしれません。

将軍となって他の大将軍の副将として活躍する。

今後の羌瘣にはそんな展開が待っているのかもしれません。

 

王翦の配下になる?!

または羌瘣は王翦(おうせん)の配下になるという展開は考えられないでしょうか?

王翦はキングダムの中では野心あふれる将軍として描かれていますし、能力のある人材を自分の配下にしたいという考えの持ち主。

いつかどこかで王翦は羌廆を自らの配下にしたいと、羌廆を誘うことがあるのかもしれません。

ただキングダムの中で、羌瘣は信のことが気になっていますし、信以外の誰かの配下になることは現時点では想像しにくい面があります。

もしかすると信との関係が悪くなることがあれば、羌廆が王翦配下に入ることもあるかもしれませんが、ただそれは人気マンガのストーリーとしては少し生々しい感じがします。

 

羌瘣は女だったか?!

また羌瘣はキングダムでは女性として描かれています。

初登場あたりではそれほど可愛い感じはしませんでしたが、徐々にキレイな印象が強くなっていますね。

そういえば初登場で嫌いなことはしゃべることとも言っていました。

ですのでキングダムではクールビューティーな印象で描かれていると言えます。

ただしかし史実で将として戦場に出ていた記録が残っていたということは、史実での羌瘣はおそらく男だっただろうと想像されます。

古代中国から将として戦場で活躍した女性の記録は残っていますが、これは想像にすぎませんが女性であれば女性であるとの記録が残っているようには思います。

女性が将として戦場に出て入れば、当時からそれだけ目立っていたはずで、目立つゆえに記録に残るのではないか?とは思います。

反対に男であれば戦場に出ていても不思議が無いため、あえて男性であるという記録が残ることはないのではないか?

これは私の推測にすぎませんが、そうした理由で羌瘣というのは史実では男性だったのではないか?と思います。

 

スポンサードリンク

羌瘣(きょうかい)の最後は?死亡を考察

キングダムでは羌瘣の死亡は描かれない?!

また羌瘣(きょうかい)はキングダムで、どのような最後を迎えるのでしょうか?

史実では羌瘣は記録が多くなく、その死についても明確な記録は残されていません。

こうなれば羌瘣がどのような最後を迎えるかは、原先生の創作によって決められることになりますが、まず考えられるのはキングダムの中では羌廆が死を迎えないというパターンがあると思います。

おそらく秦の中華統一あたりまでキングダムは描かれるはずですが、秦の中華統一まで羌瘣は戦死もせず病死もしない。

 

そんな展開は充分に考えられるストーリーです。

また羌瘣が信と結婚したら、羌瘣は信との幸せな家庭を築いたままキングダムが終了することになるかもしれませんね。

 

羌瘣は禁術の影響で死亡する?!

また羌瘣は以前に信を助けるために、蚩尤(しゆう)に伝わる禁術を使ったことがありました。

この禁術を使って天地の間(はざま)の門戸に行くことになりましたが、生き返る直前に羌瘣は羌象(きょうしょう)に悪いこと1つを言われました。

この禁術を使ったために寿命が縮んでしまったこと。

このことについて羌瘣は全く後悔をしていませんでしたが、こうした展開があった以上はキングダムの中で羌瘣はその死を迎える場面が描かれるのかもしれません。

ある意味で蚩尤に伝わる禁術を使った場面は、羌瘣の死への伏線。

それでは羌瘣はどのような最後を迎えるのか?

寿命が縮んでしまったことで死亡するのであれば、戦場で死ぬわけではなく、命の火が尽きることで若くして亡くなってしまうことが考えられます。

それは信と結婚をして子供が生まれて幸せな家庭を築いている時に、羌瘣の死がどこかで突然訪れてしまう―――

そんな悲しい最後がキングダムで描かれるのかもしれませんね。

 

羌瘣は再び禁術を使って死亡する?!

または羌廆は信を助けるために禁術を使った時に、羌象(きょうしょう)からこの禁術を二度と使えないと言われていました。

理由は命の火が弱くなるから。

ただ今後の展開で、どこかで羌瘣はこの禁術を使う場面が出てくるのかもしれません。

それは信の死亡の危機、または河了貂の死亡の危機、もしくは政の死亡の危機。

それぐらいのことが起これば、羌瘣が二度目の禁術発動をしてしまう場面があるのかもしれません。

そして今度ばかりは禁術を発動したら、この世に戻ってくることができずに羌廆が最後を迎えてしまう。

そんな展開が待っているのかもしれませんね。

スポンサードリンク






 

羌瘣は次の蚩尤に殺される?!

また羌瘣が羌象の仇を討った時、幽連(ゆうれん)は「次の蚩尤が必ず貴様を殺しに行くぞ」と言っていました。

ただ蚩尤(しゆう)は一人だけが継承するものです。

そのため羌瘣は幽連の死体を隠して幽連が生きていることにしていました。

この幽連が死んだという事実が蚩尤の里に伝わらなければ、蚩尤で祭は行われず次の蚩尤が生まれることもありません。

ただこの幽連が死んだ事実が蚩尤に伝わってしまったら・・・

祭が新たに行われ新たな蚩尤が生まれることになり、その蚩尤が羌廆を亡き者にするために立ち上がる可能性はあるのかもしれません。

その時、羌廆も出世をしていて三千人将、五千人将などになっているかもしれませんが、新たな蚩尤が羌瘣の寝室に忍び込んで羌廆を殺害する―――

暗殺者集団である蚩尤が羌廆を殺害するとすれば、そうした展開もあり得るのかもしれません。

また信の命を助けるために禁術を使ったことで、他の術も使えなくなったか弱くなったかもしれないとのことでしたので、巫舞(みぶ)も深く落とせなくなっているかもしれません。

そうなれば巫舞を深く落とせる蚩尤が現れた時、羌瘣が命を落とす場面が訪れることも考えられます。

 

戦場で戦死する?!

または剣術の達人である羌瘣は、戦場で戦死することが考えられるのかもしれません。

先ほど書いたように信を助けるために蚩尤(しゆう)の禁術を使った羌瘣は、他の術を使えなくなったか弱くなったかもしれないと羌象から言われました。

もしかすると巫舞(みぶ)も使えなくなったか、術が弱くなってしまっているかもしれません。

羌瘣は頭も切れるというキャラ設定ですので、武力に衰えが見られたとしても知略型の武将として活躍するのかもしれませんが、当然ながら戦場は命の危険が伴う場所。

これまでも危機的な状況で飛信隊のピンチを何度も救ってきた羌瘣ですが、もしかするとどこかで羌廆が戦死してしまうという展開も充分に考えられると思います。

 

スポンサードリンク

まとめ

ここまでキングダム羌廆(きょうかい)が実在した史実とその最後についての考察・予想をご紹介してきました。

史実では羌瘣が実在したことは確かですが、その記録は多く残されていないため、その実像は不確かなことが多いですが、逆に言えば想像力をかき立てられる存在であることも確かなことではありますね。

また羌廆がどのような形で死亡するのか?

この点は様々な可能性が残されていますが、羌瘣が禁術を使ったために寿命が短くなったことの影響がキングダムの物語のどこかで描かれることは充分に考えられます。

または蚩尤であることが、その最後に影響してくるのかもしれません。

もしも羌瘣が最後を迎えることになれば、飛信隊にとっては大きな痛手にはなりますし、もしも信が羌瘣と結婚することになれば信にとって悲しい展開が待っていることにもなります。

とはいえキングダムの物語の中で信と羌瘣が結婚をして、羌瘣も死亡することなく物語がエンディングを迎えることも考えられますし、そうなれば信と羌瘣の家族にとっても良いことですし、飛信隊も戦力ダウンすることなく最後まで力強い存在として政を助けることになるのかもしれません。

これから様々な展開が考えられますが、以上でキングダムの羌瘣(きょうかい)が史実に実在していたこと、そしてその最後に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク