キングダム信はいつ将軍になる?六大将軍も予想

kingdom-shin-general
スポンサードリンク
 

キングダムの主人公・信。

この信は大将軍を夢見る戦争孤児としてキングダムの物語はスタートしました。

そこから親友の漂(ひょう)が政の身代わりとなって死去。

そして漂の代わりに信が政と共に危機をかいくぐることになっていきます。

戦場に出てからも信は着々と武功を上げていき、何と趙との戦いでは趙三大天であり武神である龐煖(ほうけん)を倒すことにも成功しました。

着々と力をつけていく信ですが、一方で秦では秦王・政が六大将軍の復活を考えています。

それでは信はいつ将軍になるのでしょうか?

また信はこの六大将軍の中に入れるのでしょうか?

信が六大将軍になるのはいつのことでしょうか?

ここではキングダムの主人公・信が六大将軍まで成り上がるのか?

その時期と六大将軍のメンバーを考察していきます。

最後までお楽しみください♪

 

スポンサードリンク
 

キングダム信が将軍になるのはいつ?

鄴攻め後に信は将軍に昇格する?

まず信が将軍になるのはいつなのか?

この点を考察していきますが、627話「道の行方」で信は武神・龐煖(ほうけん)を倒すことに成功しています。

この鄴攻めでの朱海平原の戦いでは、信はその他にも岳嬰(がくえい)や趙峩龍(ちょうがりゅう)と言った将軍を討ち取ることにも成功しています。

そしてこの記事を書いている時点ではキングダムは640話まで進んでいますが、407話「五千人将」で信は王賁(おうほん)と一緒に五千人将に昇格しています。

この五千人将の上は将軍の位(くらい)です。

趙三大天の龐煖を葬(ほうむ)った信は最大の武功を上げたと評価されるはずですし、この鄴攻めの後の論功行賞で将軍になることが予想されます!

※追記

642話の鄴攻めの後の論功行賞で、李信は見事に将軍への昇格を果たしました!

信は漂に最後にこう言われていました。

「お前が羽ばたけば俺もそこにいる 信・・・俺を天下に連れて行ってくれ」

信が将軍になったのならば、漂も将軍の地位に到達したんだと李信は思っていたかもしれませんね。

 

鄴攻め後には王賁も将軍になる?!

また鄴攻めの前には、信と王賁と蒙恬の3人は軍議に呼ばれて、その場で政から武功を上げて将軍になるようにと伝えられていました。

ですのでこの鄴攻めの後の論功行賞では、信と王賁と蒙恬がそろって将軍になることも予想されます!

王賁は朱海平原の戦いで尭雲(ぎょううん)を倒すという武功を上げています。

またこの前の著雍(ちょよう)の戦いの時には、戦いの絵図を描いた王賁は将軍へ昇格する予定ではありました。

ただ将軍の下の五千人将の立場でこそ見えることがあるとして、騰(とう)と昌平君の進言によって王賁が五千人将止まりになった経緯がありました。

つまり著雍(ちょよう)の戦いでの「貯金」とでも言える評価が王賁には存在していることになります。

ですので王賁の鄴攻めでの武功は信に劣るものの、この貯金があることで王賁は鄴攻めの後の論功行賞で将軍になるのかもしれません。

 

また蒙恬についてですが、朱海平原の戦いでは秦左翼を任されたものの、王翦(おうせん)の第二将・麻鉱(まこう)が李牧に討たれる事態になりました。

ここで趙側に傾いた流れは誰にも止められないと誰もが諦めかけていたその時、趙に傾いた流れを止めないとこの戦(いくさ)そのものが負けてしまうと、麻鉱軍の立て直しを図ったのが蒙恬でした。

そして麻鉱軍の立て直しに成功した蒙恬は、総大将の王翦から朱海平原の戦いに限り”将軍”に格上げされることになります。

蒙恬は武功として将軍を倒した訳ではありませんでしたが、王翦本陣を救いに行き馬南慈を負傷させることにも成功しています。

戦いが見えていること、王翦本陣を救った功績から蒙恬も鄴攻めの後で将軍に昇格するのではないでしょうか?

※追記

こちらも予想通りというか、伏線が回収された形となったと言えるかもしれませんが、642話の論功行賞で李信と同時に王賁・蒙恬も将軍に昇格することが決まりました!

あとは六大将軍になれるか?この点が注目ポイントになりますね。

 

スポンサードリンク
 

キングダム信は六大将軍になれる?

史実での信は大将軍まで昇進している?

またキングダムでは信は六大将軍の座を射止めることができるのでしょうか?

ちなみに信のモデルと言われている史実の李信将軍は大将軍まで出世しています。

 

少し史実と異なる部分もあるキングダムですが、このまま成長を続けていけばキングダムでも信は大将軍になれるのではないか?と予想します。

また六大将軍とは他の六国を滅ぼした将軍なのかもしれません。

それでは史実で六国を滅ぼした将軍は、一体誰だったのでしょうか?

 

六国を滅ぼした歴史上の将軍は?!

では六国を滅ぼした秦の将軍を順を追って見ていきたいと思います。

  1. 紀元前230年・・・騰(とう)が韓を滅ぼす。
  2. 紀元前228年・・・王翦が趙を滅ぼす。(羌瘣(きょうかい)参戦)
  3. 紀元前225年・・・王賁(おうほん)が魏を滅ぼす。
  4. 紀元前223年・・・王翦と蒙武が楚を滅ぼす。
  5. 紀元前222年・・・王賁が燕を滅ぼす。
  6. 紀元前221年・・・王賁、李信、蒙恬が斉を滅ぼす。

ここから導き出される六大将軍は以下のメンバーになります。

①騰 ②王翦 ③王賁 ④蒙武 ⑤李信 ⑥蒙恬

すでの④蒙武と①騰は大将軍の地位を授けられています。

この後、王翦が大将軍に任命されて、李信・王賁・蒙恬も今後の活躍によって大将軍に任命されるのかもしれませんね。

 

信が大将軍になるのはいつ?!

では信はいつ大将軍になるのでしょうか?

史実から見ていくと信のモデルである李信将軍は、荊軻(けいか)による暗殺未遂事件を起こした燕の太子・丹(たん)を討ち取ったことから、秦王・政の信頼を得たことになっています。

 

ですので一つの可能性としては、この燕の太子・丹を討ち取ったタイミングで大将軍になるのかもしれません。

実際にその後には、李信は蒙恬と共に20万の軍勢を率いて楚を攻めています。

これだけの軍勢を率いていれば、この時点で大将軍になっていてもおかしくないと言えます。

ただこの楚との戦いで李信は大敗をしてしまうことになります。

 

大将軍として出陣しながらヘマをしてしまう信は、大将軍から降格してしまうことになるのか?

またはこの大敗のことはキングダムでは、楚の将軍が優れていたがゆえの敗戦として描かれるのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク
>

まとめ

ここまでキングダムの主人公・信が六大将軍になれるのか?

また六大将軍になるのはいつか?

そして将軍になるのはいつかを考察してきました。

将軍への昇格は鄴攻めの後の論功行賞だと予想しますし、ここで蒙恬や王賁と一緒に将軍に昇格することも考えられます。

またキングダムでは史実を元にストーリーが進んでいて、少し史実とは違う面もありますが、信のモデルである李信が史実では大将軍なっていますので、キングダムの信も大将軍になると思われます。

そして六大将軍に誰がなるか?この点について私は史実で六国を滅ぼした将軍を候補として考えてみましたが、他にも桓騎や楊端和や羌瘣といった候補者がいます。

この3人が六大将軍になることがあるのかもしれませんし、この3人のうちの誰かが六大将軍になりながらも、どこかで誰かが死を迎えることで六大将軍の席が空いて、別の将が六大将軍に昇格するという展開もあるのかもしれません。

そうなると旧六大将軍の摎(きょう)のような悲劇が再び起こるのかもしれませんが、ただ六大将軍ほどの人物が簡単に入れ替わるようでは、六大将軍の地位が軽いようにも感じます。

ですので個人的には六大将軍になった人物の「戦死」はあって欲しくないとは思います。

藺相如(りんしょうじょ)のように病死したのであれば、まだ地位の気高さは保たれるとは思うのですが・・・

ただ六大将軍に誰がなるのかはまだ不透明なところが多く、今後の展開が楽しみなところですが、それではここでキングダム信の六大将軍に関する考察を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク