キングダム685話ネタバレ『雷土が扈輒将軍を討つ?』

キングダム ネタバレ 685話
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話685話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

684話では、亜花錦(あかきん)がどのようにして崖上に到達して潜んでいたのか?

この点が詳しく描かれていました。

そして亜花錦と飛信隊は岳白公のいる本陣を狙って挟撃体制を整えていましたが、684話ではラストで岳白公が自らの武器を持って秦軍に立ちはだかろうとしていました。

さてここからどのような展開が待っているのでしょうか?

それではここから2021年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話685話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ684話振り返り:奇襲の別動隊

まず簡単に684話を振り返っていきますが、悪童・亜花錦が王賁の策で崖上に潜む作戦を決行したことが描かれていました。

その道中はかなり険しい道を行ったため、馬が犠牲になることも多くあったようです。

ただ敵の本陣の挟撃を狙うならば、騎兵が鍵になることを亜花錦は見抜いていました。

実際に敵の本陣が亜花錦隊を目がけて戦いに挑んだ時に、亜花錦は騎馬隊を引き連れて相手軍と距離を取ることに成功しています。

もし馬を引き連れていなければ、大軍を投じて来る趙軍に一気に殲滅(せんめつ)されてしまったことでしょう。

亜花錦が飛信隊の反対側で趙軍をけん制し続けたことから、今度は崖上に登った飛信隊が敵の本陣に向かって加速することになりました。

ただ飛信隊が敵軍の本陣に近付いてくると、敵将・岳白公が自らの武器を持ち出して戦う構えを見せてきました。

果たしてここから、どのような展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダム685話ネタバレ予想:岳白公の武が炸裂する?

ではここから685話のネタバレ予想を行っていきますが、趙軍は本陣を攻め込まれてきて岳白公が自ら武器を手に取って戦う構えを見せていました。

ここからは岳白公がどのくらい強いのか?

それが分かるような岳白公の戦いぶりが描かれることでしょう。

684話のラストシーンでも、岳白公が大巨漢であることが描かれていました。

大巨漢の岳白公が、飛信隊をなぎ倒すシーンが出てくると思いますが、もしかするとこの戦いで飛信隊のメンバーの誰かは犠牲になるのかもしれません。

果たして岳白公はどんな戦いぶりを見せるのでしょうか?

 

キングダム685話ネタバレ予想:羌礼が岳白公と対戦する?

また岳白公が強い戦いぶりを披露すれば、そこから飛信隊も切り札を出してくることが考えられます。

やはりここでの切り札は羌礼でしょう。

684話での羌礼は、田永(?)の後ろで控えているようにしていました。

これは羌礼には将を倒すという役割が与えられていて、それまで力を温存しているように思えます。

そして岳白公が表に出てくれば、ここからは羌礼の出番となることでしょう。

羌礼が本気を出せば、岳白公がいくら強いと言ってもアッサリと倒されてしまうことが予想されます。

果たして羌礼の出番はいつになるのでしょうか?

 

キングダム685話ネタバレ予想:岳白公の武器は特殊?

ただ気になるのは岳白公の武器です。

形も特殊で、普通に見られる武器とは違いがありますよね。

この岳白公の武器には、何か飛び道具のようなものが仕掛けられているのかもしれず、それが強力な仕掛けであれば、羌礼も初見であれば戸惑うことでしょう。

もしかすると羌礼はその仕掛けをかわすことができないかもしれませんが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ685話予想:関常も別動隊になっている?

また亜花錦が崖上に別動隊として登場してきました!

そうなると気になるのは、玉鳳隊ももう一人の知将・関常(かんじょう)の生死ですね!

亜花錦が崖上で別動隊として登場してきましたので、関常も同じようにどこかで別動隊として登場してくるのかもしれません。

また崖上に亜花錦が岳白公本陣の挟撃狙いで潜んでいたところを考えると、王賁は勝つつもりで岳白公本陣を討つことを考えていたことが伺えます。

そうなると、関常の別動隊はさらにその先を見据えた上での動きをしているところなのかもしれません。

おそらくですが、王賁の考えはこうなのではないでしょうか?

 

  • 扈輒軍24万vs桓騎軍8万の戦いは戦力差が大きい

  • 岳白公本人を討ち取っても、残党がそのまま趙軍として残ってしまえば、まだ趙の優位は変わらない

  • 岳白公本人を討った時に多くの兵を葬(ほうむ)る必要がある

  • 岳白公本陣の退路を断つ必要がある

 

もしも王賁にこのような考えが浮かんでいれば、関常率いる別動隊に何を任せるかと言えば、岳白公本陣の退路を断つという働きです。

そのために、関常は別動隊を率いて岳白公の退路を断つための動きをしているのではないでしょうか?

 

キングダム685話ネタバレ予想:関常は戦死した?

または最悪の展開ですが、もしかすると関常は戦死している可能性も捨てきれませんね。

もしも関常が別動隊として動いていて、しかし玉鳳隊に危機が訪れていることが分かったら、関常は王賁を救うために戻ってしまった可能性があります。

亜花錦の場合には、崖上に到達するまでに3日かかるほど険しい道のりを進んでいました。

つまり亜花錦が玉鳳隊のピンチに気づいたとしても、同じ道のりで崖の下に向かえば同じように3日かかることになります。

だから亜花錦は簡単に崖の下に下がらなかったのかもしれません。

ただ関常の進むルートが平坦な道だったら、玉鳳隊の危機を知れば戻ることが可能になるはずです。

関常も王賁のピンチに自らの身を盾にしようとしたほどですので、王賁の危機を黙って見ている男ではありませんが、果たして関常はどうなっているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ685話予想:雷土の様子が明らかになる?

また桓騎軍の雷土のその後も気になるところです。

雷土は龍白公の長男である竜布(りゅうふ)に捕まり、扈輒(こちょう)将軍の元に連れて行かれることになりました。

その扈輒将軍の元で、竜布は父親や兄弟を殺した雷土をなぶるつもりでしたね。

ですので685話以降では、雷土が竜布によってなぶられる場面が描かれるのかもしれません。

またはこの場面は詳細を漫画で描かれることなく、文章だけで終わるのかもしれませんが、雷土のその後が描かれる可能性も充分にあることでしょう。

果たして雷土の命運やいかに?

これは非常に気になるところですね。

 

キングダム685話ネタバレ予想:雷土が扈輒将軍を討つ?

また雷土は扈輒将軍の元に連れ去られてしまいましたが、扈輒将軍の近くに向かえることになった、とこの出来事をプラスにとらえることも可能です。

そして雷土たち元野盗の桓騎軍は、どんなにヘタを打ったとしても絶対に手ぶらでは帰らないというプライドを持っています。

そこから導き出される一つの答えとしては、雷土が扈輒将軍を討つという可能性も考えられるのではないでしょうか?

もちろんこうするためには、捕まってしまった雷土たちが逃げることが求められますが、それができれば雷土が扈輒将軍を討つという展開もあるのかもしれません。

果たして雷土は、捕まってしまったという汚名を返上することができるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎の策とは?

またキングダムの680話では桓騎に策がありそうなことが明らかにされましたね。

この時のオギコは頑張って雷土に伝言を伝えたのでしょうか?

桓騎の策とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎は異民族とつながりがある?

一つ考えられるのは、桓騎が今の戦場に別の戦力を投入するというものです。

例えば趙の北部には、匈奴(きょうど)という異民族があります。

この匈奴という異民族とのつながりを桓騎将軍は持っており、一緒に戦って趙を破った場合に分け前を与えるとう条件で、戦いに引き込めばどうでしょうか?

もしも趙が予想していなかった背後から匈奴に攻め込まれれば、趙の混乱は必至でしょう。

匈奴も李牧によって手痛い敗北を喫していますので、匈奴にとっても趙と戦う理由は充分にあります。

こうして桓騎は、現在の戦場に別の部隊を突然投入させることを狙っているのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎は趙の武将を寝返らせる?

または桓騎は趙の武将の誰かを寝返らせることを狙っているのかもしれません。

趙の国は李牧が排除されてからも、まだ頑強な抵抗を続けています。

ただ趙王に対する忠誠心が低い武将も多いと思われますし、不満を抱えている人物もいるはずです。

そんな趙の武将に利益をチラつかせて寝返らせることを桓騎は狙っているのかもしれません。

もしもこのような展開になる場合、裏切る趙の武将は誰になるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎は趙にニセ情報を流す?

または桓騎は、趙の国内にニセ情報を流しているのかもしれません。

そのニセ情報というのは、趙将の誰かが裏切るつもりだ、という内容です。

そのニセ情報を郭開など趙の重要人物がつかみ、それを趙王に伝えれば、趙王はその武将に対する疑念を抱き始めることでしょう。

そうして将の突然の交代という事態に趙軍内は混乱。

そのスキを桓騎は突くつもりなのかもしれません。

 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎は裏切りを条件に扈輒将軍と会う約束を取り付ける?

または桓騎は裏切りを条件に、扈輒(こちょう)将軍本人と会おうとするのかもしれません。

桓騎は六将に上り詰めたものの、一般人への虐殺や暴虐を禁じられることになっています。

桓騎はそんな状態に満足していないという点は本心に違いないはずですし、これまでの桓騎軍の行動から見ても現状に満足していないことは外から見ても分かるはずです。

この状況下で桓騎が趙に対して裏切りを打診したら、趙はどう思うでしょうか?

扈輒軍24万に対して桓騎軍は8万ですし、戦いも不利になっていて、なおかつ桓騎本人は秦国に対して不満を抱えている―――

これだけ条件がそろっていれば、趙は桓騎の裏切りを信じる可能性が高いのではないでしょうか?

そして桓騎は、扈輒将軍本人に会いたいと言うことが考えられます。

ただこの裏切り劇は本当に桓騎が裏切るのではなく、扈輒将軍に直接対面するためで、桓騎はその場で扈輒将軍の命を奪うことを狙っているのかもしれません。

敵の油断したスキを突いて将を討つ。

こうしたケースをこれまで桓騎は披露していましたが、現在の状況を逆手(さかて)にとって桓騎は逆転劇を狙っているのかもしれません。

 

キングダムネタバレ685話予想:桓騎は地下道を作っている?

または桓騎将軍は、この戦場付近に地下道を作っているのかもしれません。

これまでも地下道は、橑陽(りょうよう)の戦いでも描かれていました。

ただすでにある地下道を利用すれば、現在の戦地は趙の国内ですので、趙はその地下道を全て把握していると思われます。

そこで桓騎は別の地下道を作成しておき、その地下道を通って扈輒軍の兵糧を狙うのかもしれませんし、扈輒軍の本陣を狙うつもりなのかもしれません。

またこの地下道は、秦が鄴攻めを終わらせてから趙の住民に着々と作らせていた可能性があります。

それは桓騎将軍が六将就任の前のことであれば、六将の決まりである一般人への虐殺や暴虐を禁じるという点にも触れることはありません。

つまりこの戦いが始まる前に、桓騎将軍はすでに新たな地下道の作成を済ませており、この地下道を使って扈輒軍に混乱をもたらすことを狙っているのかもしれません。

 

キングダム685話ネタバレ最新話予想 まとめ

さてここまで、2021年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話685話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

684話では亜花錦が崖上に到着した経緯が描かれていました。

数頭の馬を犠牲にしましたが、趙軍の本陣を討つために騎馬隊が必要になるという亜花錦の読みと、実際の戦場での亜花錦の動きはうならされるものがありました。

そして飛信隊と亜花錦隊で趙軍の本陣に迫る動きを見せていましたが、大巨漢の岳白公が飛信隊に立ちはだかりそうな展開になりました。

ここからは田永の後ろで潜んでいた羌礼が、岳白公を見事に討ち取ってしまう展開も考えられます。

ただ気になるのは岳白公の武器で、この武器に何か仕掛けがあるのかもしれません。

果たして岳白公はどのような戦いを見せるのでしょうか?

また気になるのは、捕まった桓騎軍の雷土たちのその後です。

雷土は竜布たちになぶられるとは思うのですが、扈輒将軍の元に連れて行かれるということは、扈輒将軍の命を狙えるチャンスが出てきたことにもなります。

とは言っても、それも雷土が趙軍から逃げることが出きればの話ですし、それは難易度が高く難しいことであることには違いありません。

ただもし雷土が逃げることができれば、そこから雷土が扈輒将軍を討つという展開もあり得るのかもしれません。

果たして685話ではどんな展開が待っているのでしょうか?

それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話685話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク