キングダムネタバレ680話『飛信隊の主攻と助攻が決まる?』

キングダム ネタバレ 最新話 680話
スポンサードリンク
 

 

 

さて今回は、2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話680話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

679話では、飛信隊が王賁を救うことに成功。

またここから河了貂(かりょうてん)が影丘(えいきゅう)の攻略の絵図を描きましたが、その攻略の絵図に待ったをかけたのが王賁でした。

王賁は河了貂が攻め込もうと思っていたポイントに敵が狩場を作っていることを伝達します。

王賁の話を聞いた河了貂たちは影丘の攻略が難しいのでは?と考えますが、李信は王賁が影丘攻略法を見つけ出していることを見抜きます。

いがみ合いながらも、李信はどこかで王賁を信頼しているのでしょうか?

そして王賁が飛信隊に伝えた攻略法は、最も切り立った断崖を攻めることで、ここは地形が峻険(しゅんけん)なために敵も狩場を作れていないから狙い目だと王賁は語ります。

さてここから飛信隊は影丘を抜くことができるのでしょうか?

それではここから2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話680話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

 

キングダム 漫画 ただ読み 61巻

またキングダムの単行本を揃えたいところですが、61巻まで出ている人気マンガなので全巻お金を出して買うのは難しいですよね。

そんな方におススメなのが『U-NEXT』です。

U-NEXTは公式サイトで安全性が確かなのはもちろん、以下の特徴があります。

  • 31日間の無料お試しキャンペーンを実施中
  • 無料登録時にすぐに600円分のポイントがもらえる

 

つまりU-NEXTに登録すると、すぐに600円分お得にキングダムを読むことが可能なんですね♪

ちなみに私も試してみましたが、この期間内に登録を解除すれば実際に1円もかかることはありませんでした。

無料トライアルもいつ終わるか分かりませんので、今のうちにU-NEXTでキングダムをお得に読んではいかがでしょうか?

 

\ 31日間無料キャンペーン実施中 /



 
>>U-NEXTでキングダムをお得に読む!<<
 

※登録5分!すぐ見れます!

(本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ680予想:影丘攻略の主攻と助攻が決まる?

さてここからキングダム680話のネタバレ予想を行っていきますが、影丘攻略の糸口が最も切り立った崖にあることを王賁から教えてもらった飛信隊。

ここから飛信隊率いる秦軍の反撃が始まると予想されますが、単に一番切り立った崖を攻めてもその攻略は不発に終わることでしょう。

というのも飛信隊の攻め手が一つしかなかったら、相手も守るのが楽になるからです。

そこで一工夫が必要になりますが、キングダムでよく言われているのが主攻(しゅこう)と助攻(じょこう)です。

主攻で一番切り立った崖を突破するために、助攻で敵の兵を引きつける。

いわば助攻は囮(おとり)の役割になりますが、それでは誰が主攻になって、誰が助攻になるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ680話:主攻は羌瘣・羌礼部隊?

さてまず主攻から考えていきますが、やはり主攻は最も高い攻撃力を誇る部隊が担うことになるでしょう。

というのもこの戦いでは戦局を覆(くつがえ)すために、影丘を抜くことが求められます。

またそのために王賁は影丘で戦い続け、影丘の攻略を李信たちに託したわけです。

この王賁たちの奮戦と犠牲を無駄にしないためにも、ここで最も切り立った崖を必ず攻略する必要があります。

そうなれば必然と、確実に勝てる見込みがある部隊をこの一番切り立った崖に突入させることでしょう。

什虎城(じゅうこじょう)戦でも、呉鳳明は突破力のある騰と蒙武を主攻にしました。

そうなるとここでの主攻は、やはり羌瘣・羌礼の部隊が当確なのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ680話:助攻は李信?

また主攻に最も攻撃力の高い部隊を担わせるとしても、助攻があまりにも軽ければ敵は兵力を主攻側に厚くすることも可能になります。

そうなると助攻にも、一定程度は力のある部隊を投入する必要が出てきますよね。

となるとここでの助攻は李信将軍が担うことになるのかもしれません。

将軍である李信にはいやでも敵の注目が高くなると思われますし、龐煖(ほうけん)を倒した李信ということからも趙軍は李信に狙いを定めてくるのかもしれません。

注目度の高い李信を助攻にする策は以前にも見られましたが、主攻を羌瘣・羌礼部隊とし、助攻を李信将軍にする形で、飛信隊が影丘を抜く戦略が680話で見られるのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ680話:助攻に羌瘣・羌礼も?

または助攻に羌瘣・羌礼という手も充分に考えられます。

助攻となる羌瘣・羌礼の部隊が眼前の敵をメッタ斬りにしていけば、敵の兵力が薄くなりそこが抜ける可能性さえ出てきます。

そうなると敵は、助攻の羌瘣・羌礼の部隊の前に兵力を手厚くする必要が出てきますし、そうなれば飛信隊の主攻側の兵力が手薄になっていくはずです。

助攻で敵を斬りまくり、主攻側の兵力を手薄にしてしまう。

それは圧倒的な突破力を持つ羌瘣・羌礼の部隊なら可能なのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ680話:弓矢兄弟が後方から援護射撃か?

また主攻で抜くべきは最も切り立った断崖ですが、ここで弓矢兄弟が登場するのではないでしょうか?

弓矢兄弟の射撃部隊が、後方から援護射撃をする。

弓矢兄弟の放つ矢が敵の指揮官を次々に葬っていき、趙軍に混乱を生じさせる。

その上で主攻となる部隊が攻め込んでいく―――

こうすることで影丘での兵力の減少を最小限に食い止めることができるはずですし、この影丘の先には扈輒(こちょう)将軍の本陣が待っています。

ここで飛信隊は力を凝縮させて兵力の消耗を最小限に抑えた上で、影丘を抜くのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ680予想:桓騎の狙いが明らかになる?

また680話で、桓騎の狙いが明らかになるのかもしれません。

蒙恬(もうてん)は桓騎については感覚的に戦う男だが、実はあまり無意味なことはしないと評価。

そして桓騎は普通に扈輒(こちょう)の首を取るつもりだと思う、と蒙恬は続けます。

それでは桓騎の狙いとは何なのでしょうか?

 

キングダムネタバレ680話:桓騎は桓騎軍の入れ替えを考えている?

桓騎将軍が、桓騎軍8万vs扈輒軍24万の戦いを続けた理由。

それは桓騎が兵士の入れ替えを狙っているからなのかもしれません。

というのも六将になった桓騎は、一般人への虐殺や暴虐を禁止されることになりました。

しかしこれまでの桓騎軍は、その禁じられた行為を喜びにしていた面がありました。

そんな桓騎軍が一般人への虐殺や暴虐を禁じられたらどうなるか?

もしかすると軍の内部は不満が溜まってしまうのかもしれません。

それならいっそのこと、兵士の総入れ替えをした方が早い。

桓騎将軍はそう考えたのかもしれません。

「実はあまり無意味なことはしない」と評される桓騎が、負け戦を承知で進めている理由はコレなのでしょうか?

それが本当なら桓騎は怖いですね・・・

 

キングダムネタバレ680話:桓騎は裏切るつもり?

または桓騎は秦を裏切るつもりなのかもしれません。

そもそも桓騎は秦に忠誠を誓っているわけではありません。

そのことは函谷関戦での桓騎と張唐の話し合いでも明らかになりました。

また桓騎は六将就任の時にも、政に対してもタメ口で話していたほど。

そんな桓騎は六将となって一般人への虐殺や暴虐を禁止された以上、「秦にいてもつまんねェ」と考えるようになっても不思議ではありません。

「実はあまり無意味なことはしない」という桓騎が狙うのは、本人にとってメリットの無くなった秦という国との決別なのかもしれません。

その狙いのために桓騎は秦軍8万の首と優秀な将の命と引き換えに、縛りのない自由な趙に寝返る前提でこの戦いを進めているのかもしれませんが、果たして桓騎はどうするつもりなのでしょうか?

 

キングダムネタバレ680話:桓騎は裏切りをエサに扈輒の首を取るつもり?

または桓騎は裏切りをエサにしながら、扈輒将軍に直接会う機会を狙っているのかもしれません。

扈輒率いる趙軍が24万の大軍とはいえ、趙軍の総大将の命を奪えば秦軍勝利の道も見えてきます。

ただ24万もの軍勢を率いている扈輒軍ですので、扈輒のいる本陣も多くの屈強な兵士で固めていることでしょう。

そうなると総大将・扈輒の首を狙うのは容易ではありません。

しかしここで桓騎が寝返りをエサにして、扈輒に会おうとすればどうでしょうか?

単に「裏切る」という言葉だけでは信用されないかもしれませんが、実際に秦軍に無謀な戦いを強いて秦軍の犠牲を増やせば、桓騎の裏切りも信ぴょう性が増すことでしょう。

そして桓騎が扈輒に会った時、スキを突いて扈輒の首を討ち取ってしまう―――

桓騎はこの戦いで桓騎兵の入れ替えを目論みつつ、裏切りをほのめかして扈輒に直接会ってから扈輒の首を取ろうとしているのかもしれません。

桓騎はこの1戦でいくつかの狙いを達成することを狙っているのかもしれませんが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ680話最新話予想 まとめ

ここまで、2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話680話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

679話では王賁が重傷の身でありながらも、飛信隊に影丘の攻略法を伝授しました。

そんな王賁たちの奮闘を引き継いでつないでいくために、飛信隊は立ち上がります。

またこの影丘での戦いは、その後の扈輒軍本軍との戦いを控えたものですので、ここでの消耗を抑えながら戦っていくことが求められます。

そのために弓矢兄弟の登場も考えられるところで、飛信隊は総力戦の構えでこの影丘の突破を狙うのではないでしょうか?

また680話では、桓騎の狙いが明らかになるのかもしれませんが、そこにはどんな狙いがあるというのでしょうか?

それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話680話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク