キングダムネタバレ676話予想『桓騎の前進は王翦との共同作戦か?』

キングダム ネタバレ 676話
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話676話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

675話では、王賁率いる玉鳳隊が攻めるのが難しい影丘(えいきゅう)という場所を攻めることになりました。

関常(かんじょう)はこの影丘を攻めることに反対。

王賁も中央軍を、その中でも特に桓騎兵を回して欲しいと桓騎軍の摩論(まろん)に伝えます。

しかし摩論は王賁たちの訴えを一蹴(いっしゅう)。

ついに王賁たちは影丘を攻めることになります。

そして前進を続ける秦の桓騎軍に対して、趙の扈輒(こちょう)将軍もついに桓騎軍に狙いを絞って本軍15万を出動させます。

この状況に摩論は軍を後退させるべきだと主張しますが、桓騎は前進を命じます。

果たしてここから秦軍はどのような戦いを見せていくのでしょうか?

キングダムは1週の休載をはさみますが、それではここから2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話676話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ676話予想:玉鳳隊は影丘をどう攻略する?

それではここから676話のネタバレ予想を行っていきますが、まず王賁たちの影丘(えいきゅう)攻めがどうなっていくのか?

この点が描かれると予想します。

そもそも影丘は、攻めるには最悪の地形であることが描かれてきました。

そんな不利な地形を王賁はどのように攻略していくのでしょうか?

 

キングダムネタバレ676話:王賁は影丘で別動隊を率いる?

キングダム ネタバレ 676話 1

(引用:キングダム)

王賁はどのように影丘を攻略するのでしょうか?

おそらく上記のような不利な地形である影丘を攻略するには、丘の下に兵力を集めて敵の目線を丘の下に集中させつつ、別動隊で敵の本陣を叩くという戦い方をするしかないように思います。

この別動隊を誰が率いるのか?

ここは悪童・亜花錦(あかきん)という可能性がある一方、個人的には王賁自らが別動隊を率いて敵の本陣を叩きにいく可能性もあるのではないか?と予想します。

要するに丘の下の軍は助攻であり、敵の本陣を狙う別動隊が主攻という構図。

その時、王賁将軍自らが危険を冒して本陣を狙う。

それは桓騎を彷彿(ほうふつ)とさせる戦い方と言えるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ676話:桓騎中央軍と右翼の前進が王賁を助ける?

また桓騎の参謀・摩論(まろん)は、玉鳳隊でも影丘は抜けないのではないか?と考えていました。

そんな摩論は桓騎に後退を進言しますが、それを聞いた桓騎は中央軍と右翼軍にもう少し前に押し出すように伝達を送ります。

桓騎軍の中央軍と右翼軍がさらに前に出ると、どうなるのでしょうか?

趙側も桓騎中央・右翼軍の前進に対応すべく、趙の中央軍と左翼軍の戦力を分厚くさせる必要性が出てくることでしょう。

また趙も戦力には限りがありますし、影丘は趙側にとって守りやすい地形となっています。

そうなると趙側は、兵力を影丘から中央と左翼に送るのかもしれません。

つまり趙側の影丘の兵力が少なくなる―――

このような状況にした上で強力な玉鳳隊を影丘に向かわせることで、桓騎は玉鳳隊に影丘を抜かせようとしているのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ676話:飛信隊も影丘攻めに呼ばれる?

また現時点では戦場が定まらず、宙ぶらりんになっている飛信隊。

この飛信隊にも新たな任務が命じられるかもしれません。

そしてそれは影丘攻めになるのでしょうか?

飛信隊の戦場がどこになるかも、676話の注目ポイントですね。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ676話予想:前進させる桓騎の狙いとは?

また扈輒(こちょう)将軍の15万の本陣が桓騎軍に向かってくる中、摩論は後退することを進言するも、桓騎はさらに前進を命じます。

一見すると桓騎軍はピンチに陥るように思えます。

ここからどのような戦いを桓騎は披露していくのでしょうか?

 

キングダムネタバレ676話:扈輒を狩りに行く桓騎?

一つ考えられるのは、六将・桓騎が自ら扈輒(こちょう)将軍を狩りに行くというケースです。

これまでも桓騎は敵兵に扮(ふん)して、敵将を倒したことがあります。

倒した相手は山陽の戦いでの廉頗(れんぱ)四天王の玄峰(げんぽう)であり、函谷関での戦いでの韓の成恢(せいかい)でした。

(成恢を直接倒したのは張唐でしたが。)

同じように前進させる桓騎軍が実は助攻で、主攻は六将・桓騎が自ら率いる別動隊だった―――

そんな戦いを桓騎は繰り広げるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ676話:暗殺部隊を投入する?

または桓騎軍に存在する暗殺部隊が、ここで登場するのかもしれません。

これまで暗殺部隊の存在は、桓騎軍の中でも登場してきたことはありませんでした。

しかし元野盗集団である桓騎軍の中には、相手の家に忍び込んで暗殺することが得意な部隊があっても不思議ではありません。

羌瘣(きょうかい)たち蚩尤(しゆう)ほどの実力はないとしても、裏の世界で暗躍できるほどの暗殺部隊が桓騎軍に存在していて、ここで扈輒将軍の暗殺を果たすのかもしれません。

 

キングダムネタバレ676話:桓騎は扈輒の弱点を突く?

または六将・桓騎は扈輒の弱点を突く戦いを繰り広げるのかもしれません。

桓騎が敵将の弱点をあぶり出して快勝した戦いとしては、黒羊の戦いがありました。

また六大将軍の復活と共に一般人への虐殺や暴虐は禁止されましたが、扈輒の弱点を聞き出すために桓騎は趙の兵士を虐待する可能性があるのかもしれません。

そうして桓騎は扈輒の弱点に関する情報を得て、これを元に扈輒将軍との戦いを勝利に導くのかもしれません。

それはアッと驚く方法なのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ676話:桓騎と王翦が扈輒を挟撃にする?

kingdom-676-spoiler-3

(引用:キングダム)

または桓騎は王翦(おうせん)との挟撃を狙っているのかもしれません。

これは桓騎と王翦が連絡を取りあって行動なのかもしれませんし、桓騎が前に出たら王翦はこう動くはずだと桓騎が読んでいるのかもしれません。

またはこの作戦は、王翦が描いたものなのか―――

それは定かではありませんが、上の画像を見る限りでは、扈輒本陣を桓騎軍と王翦軍で挟撃できるように思えなくはありません。

そういえば王翦は、負ける戦に興味のない武将として描かれています。

そんな王翦が提案してきた作戦だったら桓騎将軍は勝てると踏んで、王翦の作戦に従って行動するのかもしれません。

しかもこの時に王翦は、王翦軍を助攻に、桓騎軍を主攻にして、手柄を桓騎に挙げさせるという提案をする可能性があるのかもしれません。

一般人への虐殺や一般人からの略奪を封じられた桓騎軍に対して、手柄を挙げさせて旨味を吸わせることで桓騎軍を動かそうとする。

王翦の智謀はそんな桓騎軍の抱えている問題さえ利用して、勝利に結びつけようとするのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ676話:桓騎は王翦の動きを促す?

または桓騎の狙いは前進することによる王翦軍の呼応なのかもしれません。

扈輒軍を挟撃しようとするのは桓騎の狙いであり、桓騎は王翦であれば桓騎軍が前進すれば、扈輒将軍の挟撃に動くだろうと読んでいるのかもしれません。

以前に朱海平原の戦いの時にも、王賁の動きに亜光将軍が呼応したことがありました。

優れた将なら状況の変化に機敏に反応して、勝利につなげようという柔軟性を持っています。

王翦も自分の頭に描いた戦略を持っているはずですが、桓騎軍が前進したのを見て、さらに戦いを有利に進めるために扈輒軍を挟撃した方が良いと考えるかもしれません。

離れていても伝令を送らなくても、お互いがお互いの考えていることを理解して戦いを進める。

六大将軍の良さがここで活きることになるのかもしれませんが、そういえば以前に描かれていた六大将軍の暴走とは何なのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ676話予想:六大将軍の暴走とは桓騎軍の虐殺?

キングダム ネタバレ 最新話 676話 2

(引用:キングダム)

以前に描かれていた六大将軍の暴走。

それは桓騎軍による虐殺のことなのかもしれません。

というのも史実では、この紀元前234年に起こった戦いとして平陽の戦いというものがあります。

これは桓騎将軍が趙の扈輒(こちょう)将軍を破った戦いだったのですが、この時に趙は10万以上の兵を失ったと言われています。

また六大将軍に禁止されたこととして、一般人への虐殺や暴虐が挙げられていました。

しかしこの時に犠牲になったのは趙の兵士でした。

桓騎軍は一般人への虐殺などが禁じられたことで、投降した趙の兵士10万を虐殺するに至るのかもしれませんね。

 

李牧が見抜いた桓騎の弱点は扈輒には伝えられていない?

またこれまでのキングダム本編の中で、李牧は桓騎の弱点を見抜いたことが明らかになっています。

この桓騎軍の弱点が何なのか?

それはまだキングダムの中で描かれてはいません。

 

現時点では李牧は表舞台に立てる見込みはなく、そのため桓騎の弱点の情報は扈輒に伝わらないまま、扈輒は桓騎との戦いに挑んでいくことになります。

この扈輒と桓騎の戦いが始まった時、李牧が桓騎の弱点について明かす場面が描かれるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ676話予想:王翦軍の動きが描かれる?

キングダム ネタバレ 最新話 676話 1

(引用:キングダム)

また王翦軍のことが675話で触れられましたので、ここから王翦軍の動きが描かれることも予想されます。

ちなみに蒙恬は王翦軍に呼ばれていますので、この趙との戦いで蒙恬が活躍する場面が描かれるのかもしれません。

そして王翦将軍はおそらく桓騎の動きに合わせて効果的な動きをするのだと思いますし、もしかすると桓騎に指示を出しているのは王翦将軍という可能性もあるのかもしれません。

負ける戦に興味のない王翦は、果たしてここからどのような動きを見せるのでしょうか?

 

王翦は扈輒軍の挟撃を狙う?

kingdom-676-spoiler-3

(引用:キングダム)

王翦が狙うのは、扈輒(こちょう)軍本軍なのかもしれません。

桓騎軍に狙いを定めた扈輒は、上の図のような動きを見せています。

ここで摩論が言うように、王翦は平陽・武城を狙うことができるものの、ここで扈輒軍を桓騎軍と一緒に挟撃するという手に出るのかもしれません。

挟撃という形は、これまでのキングダムでも有利な戦型として描かれてきました。

そんな挟撃を王翦は桓騎軍と成し遂げようとするのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ676話最新話予想 まとめ

ここまで、2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話676話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

675話では王賁率いる玉鳳隊が、苦戦している桓騎軍左翼の戦いに参戦させられることになりました。

子供が生まれたばかりの王賁ですが、ここは王賁の知略で危機を乗り越えると予想します。

また桓騎が前進しようとする理由ですが、そのまま桓騎軍だけで扈輒本軍を倒す狙いがあるのかもしれません。

または桓騎が前進しようとする理由は、王翦軍との共同作戦を考えてのことなのかもしれません。

しかもこの作戦が王翦から持ち掛けられたものであれば、桓騎も王翦の作戦なら「勝てる」と判断したと思いますし、扈輒軍を挟撃できればしめたもの。

さてどのような考えで桓騎は前進命令を下したのでしょうか?

続きが気になるところですが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話676話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク