キングダムネタバレ675話『さらなる前進を貫く桓騎』

kingdom-675-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、『キングダム』の最新話675話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

674話では、羌瘣が髪を短くして登場!

李信が顔を真っ赤にしているところが少しおかしな場面でしたね。

また王賁に子供ができたことが発覚。

王賁の許嫁(いいなずけ)である彩華(さいか)は、単行本のおまけマンガにも登場していましたね。

そして六大将軍として趙との最前線に戻った桓騎は、これまでにない苛烈な攻めを見せるようになりました。

そんな苛烈な戦いをするようになった桓騎軍の元に、王賁率いる玉鳳が呼ばれたようです。

さて子供が生まれた王賁は、苛烈な戦いを見せる桓騎軍の元でどうなってしまうのでしょうか?

それではここから『キングダム』最新話675話のネタバレ・あらすじのご紹介を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ675話確定考察:玉鳳隊は桓騎軍の左翼に配置される?

kingdom-675-spoiler-1

(引用:キングダム)

さてここからキングダム675話のネタバレをご紹介していきますが、王賁率いる玉鳳隊は攻めに適さない影丘(えいきゅう)という場所を攻略することを命じられます。

この影丘という場所を攻めることに対して、玉鳳隊の関常(かんじょう)は反対の意思を示していました。

関常は、影丘を抜けないと考えています。

関常は影丘を狙うのは、無謀を通り越してバカのやることだと発言し、左翼は迂回(うかい)して中央軍に合流するべきだと主張します。

しかし桓騎軍から派遣された参謀の摩論(まろん)によって、この訴えはアッサリと却下されることになります。

関常は以前にも、手塩にかけて育てた兵士が亡くなることを残念がっていたことがありました。

兵士を育てる立場である関常は、自軍の犠牲を減らしたいという想いを強く抱いているのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ675話:王賁の考え

ちなみに王賁は、影丘を攻める戦略的意味を考えていました。

もしも桓騎軍左翼が影丘を突破することが出来た場合、その左翼軍は敵の裏に回って中央や右翼の戦場に向かうことができます。

そうなれば一気に桓騎軍の勝利が近づいてきて、桓騎軍は目的の平陽に到着します。

また王賁は影丘を抜くには、玉鳳隊だけでは兵力が足りないと考えていました。

つまり王賁は、兵力が充分であれば影丘を抜けると考えていることになります。

そこで王賁は中央軍の、特に桓騎兵を左翼の戦場に回してくれるように摩論に依頼します。

不利な戦場であるこの影丘の戦いには桓騎兵は投入されていなかったので、大将なら死地に送り込む兵の差別をするなと王賁は主張することになります。

 

キングダムネタバレ675話:摩論の主張

しかし摩論はあくまで、王賁に影丘を抜くように命令します。

軍部が理解できない勝ち方を続けてきたのが桓騎という男であり、これは六大将軍の命令だと。

また摩論は桓騎兵はまとめた方が強いためにそうしただけであり、左翼に桓騎兵以外が投入されたのは偶然だと主張します。

そして摩論は、差別しているのは逆に王賁だと主張してきます。

この命令が王翦の命令だったら、文句も言わずに攻めるだろうと。

そこから王賁は影丘攻めを開始することになります。

ちなみに桓騎軍の摩論と王賁たちとの話し合いの中で、亜花錦はやや摩論の肩を持つ発言をしています。

亜花錦は中立の立場で物事を見ているのか、それゆえ正確な状況判断をしているのかもしれません。

 

ただ実は摩論も影丘は玉鳳隊でも抜けないと考えていました。

摩論は全体で一度後退することも桓騎に進言しましたが、しかし桓騎はさらに中央と右翼を前に押し出すように指示を出します。

果たして桓騎は何を考えているのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ675話確定考察:動き出した扈輒

kingdom-675-spoiler-2

(引用:キングダム)

また桓騎軍が前進を進めていく中で、趙の扈輒(こちょう)将軍が動き出すことになります。

分厚い防衛線をしいていた趙軍であり、この背後に扈輒軍本軍15万が控えていました。

桓騎軍が前進を続けていく中で、扈輒将軍は桓騎軍に狙いを定めることになります。

 

キングダムネタバレ675話:初登場の趙将3人は史実に存在したか?

また扈輒軍が動いたことで、扈輒軍の将軍3人が初登場していました。

その名は龍白公(りゅうはくこう)、岳白公(がくはくこう)、虎白公(こはくこう)。

3人全員に白公が付いています。

この「公」というのは趙将の地位を表すものなのでしょうか?

またそれぞれの名前が龍白・岳白・虎白で、それぞれの名字が龍・岳・虎だとすると、3人の下の名前は白でそろっていることになります。

彼ら3人の名前には何かの意味があるのでしょうか?

ちなみにこの龍白公、岳白公、虎白公の3人が史実にいた人物なのかを調べてみましたが、これらの人物は史実には存在していませんでした。

この3人は全て、キングダムの創作キャラということになります。

 

キングダムネタバレ675話:さらに前進を貫く桓騎

kingdom-675-spoiler-3

(引用:キングダム)

また扈輒が本軍15万を率いて桓騎軍に狙いを定めて出陣。

この知らせに摩論は慌てふためきます。

急いで後退することを進言する摩論。

そして摩論は扈輒軍が桓騎軍に向かってきたことによって、王翦が得をすると主張します。

敵の主力が桓騎軍に向かってきたことによって、王翦軍が平陽や武城に向かいやすくなったためです。

本当は桓騎軍が平陽に向かうために、扈輒軍が他の軍に向ってくれることを望んでいた摩論でしたが、この知らせを聞いてなおも前進を貫こうとする桓騎。

果たして桓騎軍と玉鳳隊の戦いの行方はどうなっていくのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ675話確定考察 まとめ

ここまで、『キングダム』の最新話675話のネタバレ・あらすじをご紹介してきました!

674話では王賁に子供が生まれたという、おめでたい話題が出てきました。

このことに李信は少しスネた様子を見せていましたが、この王賁が桓騎軍に呼ばれたことも明らかになりました。

特に桓騎軍左翼は攻めに最悪の地形の場所に到達し、ここで大きな犠牲を強いられているようです。

675話ではそんな桓騎軍左翼に、王賁率いる玉鳳隊が向かわされることが明らかになりました。

影丘攻めに反対する関常や王賁に対し、桓騎軍から派遣された摩論は有無を言わさず命令に従うように伝達。

しかし摩論も実は、影丘攻めは無理筋だと考えていたようですが、桓騎は中央や右翼にさらに前進を指示します。

前進を続ける桓騎軍に対して、趙の第一将・扈輒将軍が本軍15万を率いて桓騎軍に狙いを定めてきます。

この知らせに慌てふためく摩論でしたが、桓騎はさらに前進をするように指示を出します。

果たして桓騎の狙いは何なのでしょうか?

今後の展開が気になりますが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話675話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク