キングダムネタバレ671話最新話『六大将軍が5人目まで確定!』

kingdom-671-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年2月25日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話671話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

670話では、羌礼が闇の淵から救われたことが確定。

飛信隊メンバーに素直に謝罪する羌礼の姿が描かれていました。

しかし李信は羌瘣が禁術を使って李信の命を救ったことに疑問を持っていました。

そのことを李信が羌瘣に直接問いただそうとしたところ、羌礼が余計なお世話というべきか、恋のキューピッドと言うべきか、羌瘣が李信のことを好きだと言ってしまいます。

羌瘣もその気持ちを認めてここから2人の恋が発展するかと思いきや、羌瘣はそれ以上のことを望みたくないと言います。

恋をすることで弱くなる気がする。

それが羌瘣の考えでした。

こうなるとしばらくまだ2人の恋は進展していかないと思われますが、羌礼も羌瘣に対して助けてくれてありがとうと素直な感謝の気持ちを伝えて、羌礼登場編は終わりを迎えました。

そして670話のラストの場面では、咸陽の様子が伝えられていて、そこで政は六大将軍を復活すると宣言!

それではここから2021年2月25日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話671話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ671話:六大将軍が復活!

kingdom-671-spoiler-1

(引用:キングダム)

さてキングダムの671話では、紀元前234年に時が進んでいきました。

そして水面下で進められてきた六大将軍制度の復活が、ついに政の口から発せられることになります。

その知らせと共に、数日後に咸陽で任命式があることを蒙恬は李信に伝えます。

急いで咸陽に向おうとする李信でしたが、すでに六大将軍は選抜済み。

咸陽にいない時点で、六大将軍から漏れていることが蒙恬の口から語られます。

そして王賁も咸陽には呼ばれていないことで、李信は納得した様子でした。

ホントに李信は王賁が嫌いですね♪

 

戦争の自由が与えられる六大将軍

また六大将軍には様々な特権が与えられますが、その中でも大きいのが「戦争の自由」

これが認められることで現場で素早く大胆な戦いができるようになることが、六大将軍制度の最大のメリットと言えます。

ただし六大将軍制度は諸刃(もろは)の剣。

裏切りや寝返りの危険性も充分にありますが、それは本営も充分に承知済み。

六大将軍制度の復活は、六国制覇のために政や昌文君が今必要だと判断した結果でした。

では誰が六大将軍に選ばれたのか?

それが671話で明かされました。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ671話:六大将軍の5人目まで確定

kingdom-671-spoiler-2

(引用:キングダム)

さてここから六大将軍が発表されていきます。

第一将には蒙武が選出。

現在の秦で、最初に大将軍の地位を与えられた蒙武が順当に第一将に選ばれています。

次の第二将は騰。

王騎将軍の副官としての活躍から、最近の什虎(じゅうこ)城戦でも見事な突破力を披露しています。

そして第三将は王翦(おうせん)。

趙王の愚かさに救われた面があったものの、李牧相手に鄴攻めを成功させた手腕は見事でした。

第四将は楊端和が選出。

政とはキングダム開始当初から共に戦ってきた盟友とも言え、蕞(さい)の戦いでは秦のピンチを見事に救うことにも成功しています。

第五将は桓騎。

黒羊の戦いでは想定の半分以下の被害で戦を勝利に導くことに成功した、戦の天才です。

 

そして最後の六人目は・・・

と政が言ったところで671話は終了。

最後の6人目の六大将軍が誰になるかも見ものですが、果たして誰が最後の六大将軍になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダム671話感想

さて六大将軍の復活が宣言されて、六大将軍の5人目までが確定した671話でした。

昭王の時代の六大将軍は、各将軍と昭王との鉄の絆があったために可能だった制度でした。

ただ選ばれた六大将軍と政の間で、どこまで信頼関係ができているのか?

謀反の可能性はないのか?

この点はやや心配な面ではあります。

謀反を起こさせないような何らかの仕組みがこれからキングダムで描かれるのかどうか?

この点が個人的には気になるポイントです。

 

また六大将軍のメンバーを振り返ると、さすがに順当と言わざるを得ない面々がそろいました。

最後の一人が気になるものの、その点はこちらの記事で予想していますので、ご参考に↓

>>キングダム六大将軍は誰になる?

 

平陽の戦いまでの経緯はどうなる?

また671話で時は紀元前234年に移りました。

この年は桓騎が扈輒(こちょう)将軍を倒した平陽の戦いが起こった年になっています。

六大将軍になった桓騎が、この年に趙に攻め込んで扈輒を倒すことになるのだろうと思いますが、趙との最前線には王翦と楊端和もいるはずで、2人は趙に対してどのような戦いを見せるのか?

魏との同盟が終了するまで、あと3年を切っています。

魏との同盟が終わるまでに、王翦や楊端和がどのような戦いを進めていくのか?

この点は非常に興味深いところですね。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ671話最新話 まとめ

ここまで、2021年2月25日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話671話のネタバレ・あらすじをご紹介してきました!

六大将軍は5人目までが確定し、あと一人が誰になるか気になるところです。

また六大将軍制度が復活したので、ここから秦が他の国を滅ぼすための戦いが加速していくことになるでしょう。

さてそれではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話671話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク